24時間サバイバルウォーキング

DSCN2889_convert_20161031210137.jpg

サバイバル登山
サバイバルサイクリング
サバイバルキャンプ
サバイバルヒッチハイク

に続く24時間シリーズの最新作がついに誕生!

第5弾は「24時間サバイバルウォーキング」
いつもと同じく24時間以内で目的地まで歩き切るというイベントです。

ありそうでなかったウォーキング。
何故かというと単刀直入に僕が歩くの嫌いだからです。

しかし世は空前のウォーキングブーム。
こりゃのるしかないか・・・。

そうして綿密に組まれた今回の企画ですが・・・、
なんと・・・、
参加者・・・、

1名のみ!
あーまったくブームにのれてねぇ~!

それでもいいのです。
1名でもいれば盛大に開催されるのです。
前回のサバイバル登山に続いて小4の息子も再び参戦。

さー3人で楽しく行ってみよう!
今回目指すは大分県の東にある佐賀関。
遠いぞー。
気合い入れて歩こう。

まずは山を越えて軽く別府までだ!
別府湾を望む大展望台にて。 
(サバイバル2時間半経過)

DSCN2896_convert_20161031210156.jpg

通常は別府まで歩いて、
はいイベント終了~
となるのですがこれはまだまだこの壮大な物語の序章にすぎないのです。

細い路地をクネクネとすり抜け別府の街中を進んでいきます。
空は晴天。
吹き抜ける秋の風は体温を静かに冷ましてくれます。
まさに歩き日和!

そして別府タワーに到着!
相変わらずしょぼいけどレトロで格好いいタワーだぜ。
(サバイバル6時間経過)

DSCN2901_convert_20161031210217.jpg

途中で由布院でマラソン大会を走り終えた奥さんが別府まで来てくれた。
ここで荷物を夜用に入れ替え。

服も防寒仕様に着替えます。
しかしここまでの走行距離30kmを超えたあたりで息子に異変が。

徐々に足が痛み出したらしい。
そりゃそーだろう。
もちろん彼は今までの人生でこんな距離を歩いたことはありません。
それでも文句や弱音は一切吐かない彼。
どんな時もニコニコ。


でも気を抜くなよ。
まだまだお前の知らない世界はこれから始まるんだぜぇ~。
(サバイバル7時間半経過)

DSCN2903_convert_20161031210232.jpg

そして一気に沈み始める太陽。
日が落ちると気温は一気に下がってきます。

もうすっかりと歩くことに飽きはじめた息子は、
ひたすら「何か面白い話ない?」と無茶振りしてきます。

必死に想い出を紡ぎながら場を盛り上げようと話を続けるのですが、
なにせこの企画24時間続きますからね。

辛い・・・。
息子からの非常にハードルの高い要求がとても辛い・・・。

それでも彼の疲れを誤魔化すために話し続ける父。
僕はこのイベントでほぼ自分の半生を彼に語り尽くしました。
(サバイバル8時間経過)

DSCN2915_convert_20161031210248.jpg

暗くなると歩く目標がずっと先にある光になるのですが、
これが歩きだと全く近づかないのです。

ユラユラと煌めく光を求めひたすら一歩一歩進むのみ。
もはやこのあたりで息子の足の痛みはかなりきていて、
左足はびっこを引き始めました。

冷たい風が吹き付ける中黙々と歩き続ける我ら。
ずっと何かをやり続けることがいかに大変かを身をもって知りました。
肉体的にも精神的にもかなり追い詰められ始めたのです。

しかし当然今回もきちんと休憩ポイントは押さえてあるのです。
途中のカラオケ店です。

何店か漫画喫茶やサウナを調べたのですが、
小学生を夜連れて行っていい場所がない!
全て条例で規制されているのです!

当然と言えば当然ですが・・・。
こんな時間に小学生を連れ回す親の方が普通はおかしいですよね。
ただ僕は「この世の中のルールをきちんと守る」という教えよりも
この「24時間かけて目的地まで歩き切る」という体験の方が、
きっと彼の人生の実になるはずだと信じてるのでどうか大目に見て下さい。

そんな厳しい世の中ですがあるカラオケ店だけは事情を説明すると、
今回だけは例外でお部屋を利用してもいいですよ!と言ってくれたのです。

この店の深夜フリーパックは5時間。
閉店時間が3時なので早く到着できればそれだけ長く休めるという公算です。

しかしやはり厳しかった大分市街地ウォーキング。
予定時間を大幅に過ぎてしまい、
結局カラオケ店に入れたのは0時前。

まったく歌う気0の3名は借りたマイクは速攻で放りだし即仮眠へ。
息子はこの写真の後瞬殺で眠ってました。
(サバイバル14時間半経過)

DSCN2916_convert_20161031210328.jpg

カラオケルームで目覚める出発の時。
少しの睡眠はきっと少しは身体を休めてくれたはずなのですが、
心がすっかりと落ち着きモードに入ってしまっており、
再び戦闘モードに入れるのが超辛かった・・・。

この頃はもう僕も参加者のNさんも足のどこかが痛んでいます。
息子も相当辛そう。

車もほとんど通らない深夜の道を歩いていると、
とても不思議な感覚に陥りました。

きちんと目を開けて歩いているのですが、
周りが暗いので、
目が瞼を閉じてるものとして信号を脳に送るのです。

すると一気に脳は「んじゃ眠ってもいいよ」という許可をおろしてくれます。
半端なく広がる眠気zzzzz。

必死に目を開けて歩こうとするのですが、
この暗がりの中絶え間なく降りてくる「眠れ」という指令。

ここがこの旅一番の難所でしたね。
3人とも無言でフラフラと眠気に耐え続けて歩いていたのですが朝方の5時。
目の前に現れたオアシス ファミリーマートにて全員撃沈。

店内の休憩スペースの椅子に座った瞬間に全員眠ってしまいました。
(サバイバル19時間半経過)

DSCN2920_convert_20161031210341.jpg

Nさんの呼びかけで目覚めたのは1時間が経過した時。
びっくりして飛び起きるともう外はすっかりと明るくなっていました。

慌てて再び歩き出す3人の男たち。
ただ人間の身体はなんて精密に作られているんでしょう。
さっきまであれ程眠たくてしょうがなかったのが嘘のようにみなぎる力!

そう。
明るいっていうだけでこんなにも人は力強くなれるんです!
ここで息子のテンションも一気に回復!
海沿いを歩きながら大はしゃぎです。

いったいどこにこんな力があるんだ?

僕は正直前半部分の別府辺りで彼が足が痛いと言い出した時点で、
今回彼は完歩するのは難しいかなと思っていました。
なにせまだ9歳。

大人の僕ですら足が痛くて厳しい状況なので彼はもっともっときつかったはずです。
しかし彼の中で「やめる」という文字はなかったです。

「足が痛ーい!」
とは時々いうのですが絶対に止めたいとは言いませんでした。
そしてどんな状況でもずっと元気に笑顔でしゃべり続けた彼。

僕は親子という関係を抜きにして、
実は彼を相当に尊敬してます。
僕が9歳の時にはこんなに強くて前向きなハートは持てなかったです。
こいつはいい男になるだろうなー、と密かに思っております。

世の中の女性の皆さん、決して弱音を吐かないこんな彼どうですか?
ただし世の中の常識を測る物差しはかなり歪みまくっていますが・・・。
(サバイバル22時間経過)

DSCN2921_convert_20161031210352.jpg

元気になった心をエネルギーに佐賀関の岬の細い海沿いを東へと歩を進める。
今回の最終目的地は「海星館」という岬の先端にある施設でした。
しかしその手前の佐賀関フェリー乗り場の時点でついにサバイバル23時間30分を迎えてしまうのです。

目的地まで示す看板に刻まれた距離はあと5km。
すでに左足を引きずる息子を含め今の我らのペースでは5kmは難しいな。

よし、諦めよう!
一変の未練もない潔き撤退。
そのまま30分歩き切り、佐賀関の役所に着いた時点で迎えた24時間の鐘の音!

24時間サバイバルウォーキング終了でーす!
そのまま迎えに来てくれた父に乗せてもらい車で目的地の海星館に到着!
残念ながらラスト4kmを残してしまいましたが心にはやり切った満足感しかないです!

最後まで歩き切ったゐなせ。
どんな状況でも辛い顔一つせずに涼しく歩くNさん。
素晴らしいメンバーと過ごせた素晴らしい24時間でした。
一緒に僕のバカな企画につき合ってくれて心からありがとうと言いたいです。

今回歩いた距離は計65km。

僕はやっぱり歩くのは好きじゃないと再確認してしまったのですが、
やり終えた後の爽快感が半端ないのと、
後の2人が来年もまたやりたいと笑顔で言ってくれたので、
また来年もやることにします。

たとえ1人でも参加者がいれば、
僕はやりますよ!

また来年の24時間サバイバルウォーキングもご期待ください!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

ジャック・オー・ランタン 2016

DSCN2865_convert_20161025211010.jpg

さー今年もこの季節がやってきましたね。
ジャック・オー・ランタン作りの時が。

ただ今回はカボチャ準備の段階からすでに問題が発生したのです。
毎年その種を捨てるだけで翌年には勝手に芽をだし生えてくれる、
うちの生ごみ捨て場のカボチャのリサイクルの伝統がついに途絶えた!

なんと1個もカボチャが収穫できなかったという無情・・・涙涙。

なので今年手元にあるのは奥さんの実家から送ってもらった4個のカボチャのみ。

しょーがない。
今年はこれに全力彫刻だ。

DSCN2870_convert_20161025211029.jpg

夕食の前と後にセコセコと真剣に作業中。
もう何年もこれやってるので下書きなしで躊躇なくいきなり切り出します。

ただいくら慣れたとはいえ1個彫るのに約30分はかかります。
この日は計2時間じっくりとカボチャと向き合い・・・、
そしてついに完成だっ!

DSCN2881_convert_20161025211048.jpg

どーーーだ!
眼光鋭い4人のイケメンたち!
とその破片で作った愉快な仲間たち。

しかしこの作品たちもこのままゆったりとユースホステルに並ぶことはありません。
2個は末娘の保育園に。
2個は息子の小学校へと出張に出かける予定なのです。

自分たちの分は、
また新しいカボチャ買ってきて作らないとな・・・。
去年は20個以上のカボチャが収穫できたのにさみしいなぁ。

そんなわけで今年の製作後に山のように出てきた種には
強い強い願いを込めてその辺に撒いてきました。
来年は立派な子供たちを作っておくれ。

そして巣立って行った4人のランタンたちよ。
後5日間ほど干からびずに頑張って子供たちを見守ってくれよ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

志高湖オルレ

DSCN2855_convert_20161024154106.jpg

これぞ秋晴れぇ~。
久々に澄み切った空気の朝。

ただし寒さも半端じゃないですよ~。
そんな中朝から気合い入れてバイクで近くの志高湖へとツーリング。

到着した時には既に手足が冷え切ってました・・・。
このままじゃヤバい。

一気に上着を脱ぎ去り本日の目的である志高湖オルレへと早速出発だ!
行くぞ、おおぉ~!

DSCN2856_convert_20161024154119.jpg

山だけでなく地域のあらゆるシチュエーションを歩くこの「オルレ」。
とても気持ちがいいんです。

まずは身体を温めるために坂道をスーパーダッシュ。
10分も走るとやっと身体がほぐれてきました。

よーし、調子いいぞ。

そして途中の展望台から鶴見岳を望む。
このオルレコースは赤と青のマークで丁寧にコース案内が成されており、
特に展望のいい場所や特別な場所にはこの青いお馬さんがお待ちしています。

DSCN2858_convert_20161024154131.jpg

さらに細い民家横の路地や畑の畦道を走り抜けます。

途中の看板はこの青と赤のマークが目印。
一応矢印の役目も果たしており、
青コースで歩く人は左周りで。
赤コースで歩く人は右回りとなります。

あー空が青いな~。

DSCN2859_convert_20161024154144.jpg

この志高湖のオルレコースはかなり高低差があり、
一番の低所はこんなキレイな川沿いを歩きます。

木でできた看板以外にもこんな赤と青のリボンが道中沢山木々に結び付けられています。
これなら迷う心配なしっすね!

今年3度目のオルレコースですがやっぱり変化に富んでいて飽きが来ない!
(秋だけに)

DSCN2863_convert_20161024154154.jpg

気持ちよく周辺のアップダウンを走り抜け、
無事に志高湖にてゴーーール!

本来計11kmのコースを今日は少し手抜きして9kmコースで。
でも今日はかなりブッ飛ばして1時間で走り切りましたよ。

湖で出迎えてくれた白鳥さん達。
超ドアップの写真に相当照れてるご様子です。

まだまだ九州内でしか広がっていないこの「オルレ」。
日本全国にブームが飛び火するのも時間の問題ですね。

その前にぜひここ、志高湖オルレコース をまずはご堪能下さーい!

湯布院カントリーロードユースホステル  

湯布院 子ども会駅伝大会

DSCN2849_convert_20161023215246.jpg

朝から雨が降り続く中、
ここ由布院では各地域の子供達がプライドを懸けて戦う、
年に一度の地域対抗駅伝大会が開催されました。

チーム数は10チーム。
今回出場の子供達はそれぞれの地域にて厳しい選考会を勝ち抜いてきた猛者ばかり。

街中が興奮気味なテンションで舞い上がる中、いよいよ湯布院ステージがスタートしました!
(湯平ステージ・湯布院ステージとある)

第2走者はそう、我が家の真面目番長 しきゑ です。
去年も同じ区間で出場したのですが全10人中4位と屈辱の順位をつけられた彼女。

今回は燃えています。
父と2人で入念にコースの下見を何度も重ね、
スピードを上げるところ、踏ん張るところ、最後の勝負どころなどを細かくチェック済み。

そしていよいよレースがスタート。
ドキドキの僕が待ち構える場所についに彼女が登場です!
しかし順位は6番手。
こりゃ第一走者がてこずったな・・・。

さぁーーーいくぞっ!!!

DSC_2152_convert_20161023215139.jpg

親ばか丸出しで父は娘の隣を自転車で並走。
かなり登りが続く終盤ですが昨年の激しいペースの落ち込みを彼女は決して忘れていなかった。
「今年は絶対に勝つ!」
朝からわめき散らしていた言葉の通りまったく落ちないペース。

そしてそのままのスピードを維持したまま3人を抜き去り3位で次走者にタスキをつなぐ!
頑張ったな!
力走の後の笑顔の彼女。
やり切った感がにじみ出ていました。

そして第4走者は息子のゐなせです。
昨年は低学年の部で区間賞を獲得した彼ですが、
4年生となった今年はライバルはみんな5.6年生の先輩たち。

ちょっと相手が悪すぎましたね。
気合いで踏ん張り誰にも抜かれなかったのですがかなり後続に差を縮められてしまいました。
さらに息子担当の奥さんが興奮しすぎて写真撮り忘れるという愚行に走り彼の雄姿は一切なし。
まさに踏んだり蹴ったり・・・。

DSC_2161_convert_20161023215158.jpg

みんな雨の中頑張ってよく走りぬきました。
お疲れ様でした。

そしていよいよ閉会式です。
我がチームはその後2チームに抜かれてしまい、
結局総合5位でした。

しかし最後に行われた区間賞発表の瞬間。
湯布院ステージの第2区で見事長女の名前が読み上げられました~。
いえーぃ。
これは彼女の努力と執念の勝利です。

計10名選ばれるこの区間賞受賞者の中に我がチームからはなんと3名が選ばれました!
すごい。
なんでこれで5位しか取れないんだ??

しきゑは来年が最後の出場。
ぜひ来年は姉弟そろってあの場に立っていて欲しいな。

DSCN2853_convert_20161023215259.jpg

戦いが終わり、
掃除もなんとか終わり、
さーいつもの様に別府にでも遊びに行くか!

するとなんとここで負けた息子が「僕は行かない!待っとく!」
と言い出した。
表彰式の間はニコニコと遊んでいたのですがやっぱり相当悔しかったようです。

これを聞いた姉も「じゃあ私も一緒に待っててあげる」

これが勝者の余裕なのか・・・?
結局2人はそのままおうちでお留守番に。

「お出かけ」することに僅か5年の全て捧げて生きてきた末娘はもちろんおでかけで。

久々観光客らしい事をしようと、
みんなで鉄輪エリアにある貴船城に登ってきました。

有料ですがここからの別府の眺めは一番ですよ!

DSC_2171_convert_20161023215217.jpg

そして夜は地獄の蒸し窯で夕食。
ここでは持って行った食材が何でも30分で蒸し蒸しの超ヘルシーなご馳走に生まれ変わるのです。

もうもうと立ち上る湯けむりの窯に食材を投入!
後は静かに時がたつのを待つだけだ。

DSC_2172_convert_20161023215230.jpg

こうして出来上がったお野菜はほんとに美味しい。
何とも言えない甘さがあるのです。

今日のタマネギとか絶品でしたね。

ただ前までなかった食材の持ち込み料金が別途取られるようになっており若干ショックでしたが、
それでもここは行く価値ありです!

窯の使用料 500円。
食材の持ち込み料 500円。
これでこの満足度では安いもんだ。

見事勝ち組への道を歩く長女は来週は湯布院のスパマラソンに奥さんと共に参加します。
我が家の女性陣はとにかく強いんです・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  

ハローウィーン!2016

IMG_20160930_0001_convert_20161022224932.jpg

確実に日本文化の中に浸透してきているハロウィーン。
もはや国民的行事の日となりつつありますね。

湯布院でも町はカボチャとおばけ一色です。

最近は100均でも即席変装グッズが大量に売られてますね。
みなさんもぜひ気軽に化けて出てみて下さい。

ではあと1週間ちょっとトリックオアトリート!

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫