壮大なるイタズラ

DSC_3089_convert_20160928154138.jpg

先週のある晴れた日。

あまりにも空が青かったので掃除の休憩を外の駐輪場のベンチで取ることにしました。
僕と奥さんとお手伝いのスーザンと。

3人で幸せに天を仰ぎながら珈琲を飲んでいるまさにその時。
偶然にもベンチの横の草の中に可愛らしい緑の妖精を発見!

カエルちゃんだ!
太陽を避けてこんなとこに隠れてたのかい?
気持ちよさそうだねー。

DSC_3088(1)_convert_20160928154105.jpg

それにしてもりっぱなカエルだなぁ。
こんな鮮やかな色見たことないです。
周りでワイワイと騒がれているにもかかわらず微動だにせずじっと無言を貫く。

「びっくりするからあんまりかまっちゃだめよー」
と言う奥さんの忠告は僕の心には届かなかった。

思わずそーっと手を伸ばし捕まえようと試みると・・・、
いくら危機が近づいてもあくまで動こうとしないカエルちゃん。

おいおい~。
動かなくていいのか~?
捕まえちゃうよ~。

そのままそっと包み込むように手で掴んだその瞬間っ!!
手に感じる明らかにおかしな違和感。
ま、まさか・・・。

DSC_1997_convert_20160928154048.jpg

なんと!
これカエルの置物でした!

えぇぇぇぇ~!?
マ、マジで?

誰が???
何のために????
一体いつから?????

今回ここに座ってお茶したのもほんと偶然です。
人目に付く場所に仕掛けられているのならまだしも、
人の出入りの少ない駐輪場の脇の草の中にこんなにこっそりと置いとくとは・・・。

謎だ。
いつの日か気づいてもらうために仕掛けたとしたなら、
なんて壮大なイタズラか!

DSC_1998_convert_20160928154122.jpg

このドッキリには相当感動しましたね。

もしこれを読んで、
「やっと見つけてくれましたか・・・」
とほくそ笑んでる人がもしいるなら、
こそーっと教えて下さい。お願いします。
ほんと気になってるんで・・・。

現在このカエルちゃんはもっと人目に付きやすい玄関前にて、
日夜お仕事に励んでおります。
再びやってくるかもしれない主を待ちながら・・・。

繰り返される日常の中に落とされた一滴の刺激。
素敵な驚きをありがとうございました~。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

ゐなせ 初ツーリング

DSCN2600_convert_20160926163127.jpg

土曜日運動会の恩恵を授かり月曜日が振替休日となった息子。

そこで父と息子は初のバイクツーリングに出かけることになりました。
と言ってもバイクはスクーターのアドレスV100。
荷物を詰め込みヨタヨタと昼前から出発するもすでに始まりから雨。

こりゃ今回の旅は愛されてないな。
いきなり漂う不安の香り・・・。

2人でびしょびしょになりながらも北上。
今回目指すは福岡の「相島」という島です。
どうもネコの島と呼ばれてるそうです。
ネコが好きでたまらないっ!ってわけでもないのですが面白そうなので何となく選びました。

ただその船の最終が16:40分発。
これに間に合うのがまずは初日の最大のミッションとなります。

DSCN2604_convert_20160926163146.jpg

それ程時間がないくせに途中で焼肉を90分食い放題したり、
地図を見るのが面倒で直感で道を外しまくったりし、
思わず後ろでウトウトしだす息子にかまったりしているうちに、
なんと既に時刻は16時をまわった・・・。

はい終わった、相島・・・。

そこらのコンビニで2人で諦めてまったりする図。
それほど行きたかったわけでもなかったので諦めるのも早い。
相島はまた今度だね。

さー時間空いたな。
なにしょっか??
時間は湯水のように使えるぜ!
ここで息子からリクエストあり。

彼の希望はもちろん・・・。

DSCN2606_convert_20160926163159.jpg

ゲームセンターです。
最近条例が変わったのか保護者同伴なら子供も22時まで遊べるようになったんですよ。
世の中移り変わってますね。

この機械でやる釣りゲーム。
これがこやつの十八番です。
この日も100枚のコインを瞬く間に300枚に増やしてきました!
やるぜ~。

思う存分遊び倒したので、さーではいよいよ今夜の宿を探すか。
今回の旅のもう一つの目的。
それは2人で漫画喫茶に泊まる事。

漫画やゲームが自由にできる場所。
このふれこみに息子は大いに感動し、
ぜひ泊まってみたい!との要望を受け今回の旅に出たのです。

夜の国道を走る事30分。
さすがは九州の盟主 福岡。
早速漫画喫茶を発見です。

夢の国を目の前に居ても立っても居られない息子。
館内に飛び入り早速受付をしようと試みるとここでまさかの展開に。

「まことに申し訳ありません。16歳以下の方のご利用は20時までとなっています」

な、なっにぃぃぃぃーーーー!!
知らんかった・・・。

まさに崩れ落ちる息子。
彼の夢は一瞬で散り去った。
ドンマーイ、あと7年の辛抱よ~。

DSCN2608_convert_20160926163218.jpg

ただちょっと待てよ。
彼が漫画もゲームもできないのはどうでもいいんですが、
俺らの宿どうすんだ??

いきなり舞い降りたこの難題。
この時既に20時30分。

そこらで野宿でもいいのですが、
まったく装備がない上に小雨が降ってる。
しかもちゃんと寝ないとゐなせ明日のツーリング難しいな。

しかもここで問題は僕がお出かけのおこずかいを、
何も考えずに奥さんから10000円しか貰わなかったこと。

かなり使っちゃったからな、今日。
恐る恐る財布を覗き込むとなんと前回お出かけした時の残りの5000円がたまたま入ってた!
よーし!まだ天は完全に見捨ててはいないぞ!

そしてさらにその辺を走るとそこには大分の誇る亀の井グループの安いホテルがあるじゃないですか!
こうして22時前になんとか寝床を確保。
あー良かった良かった。

そして無事にベッドで2人とも死んだように眠りました。

DSCN2621_convert_20160926163308.jpg

翌日は前日の曇り空が嘘のような快晴に!
これぞ秋のツーリング日和。
ただアクセルをぐっと握るだけで超楽しいっ!!
2人ともノリノリで出発です。

息子もホテルでしっかりと眠り疲れをリセットできたようです。

DSCN2613_convert_20160926163237.jpg

2日目の今日は飯塚から南下しまずは「遠賀川の源流」の看板を発見。
早速2人で行ってみました。

深く木々に覆われた森の中に差し込む後光。
ゐなせ昇天寸前の写真です。

ちなみに「源流の地」と書かれた看板が立つ場所には、
さらに上流から脈々と水が流れてきていたんですがどういうことだ??

DSCN2619_convert_20160926163252.jpg

さらに南下を続け陶芸の郷 小石原の道の駅で休憩。
ここで息子は最近どこの観光地でも見かけるラングドゥシャのカップで食べる特製ソフト(500円)を選択。
別にあえてここで食べなくてもいいのですが・・・。

平和に味わっていた次の瞬間。
おとなしく食べられていたソフトクリームが謀反を起こす!
突如崩れた下のクッキーカップ。
いきなり支えを失ったソフトはそのまま息子の手や服や地面に落下。
辺り一面を白一色に塗りかえる甚大な被害を与えたのです。

これがのちにまで長く語り継がれる
「小石原ソフトクリームの乱」です。

DSCN2626_convert_20160926163326.jpg

そのまま無事に我が大分県に帰還。
まだまだ時間があったのでここでいつも僕が春のツアーでお邪魔している
「大谷渓谷」に来てみました。

ココは1枚岩の川をピチャピチャと気持ちよく濡れながら散策できる渓谷なのですが、
今回はここに2人でバイクで突入!

当然足元の岩は苔と水流でツルツル。
超ビビりながら走っていきます。

結局2km程入ったところで坂が急すぎて帰れる自信がなくなってきて、
そこで潔く断念しました。

もちろん足元はビチャビチャ。
ここはバイクで来る場所じゃないですね。
ほんと転ばなくて良かったです、ちょっと反省。

DSCN2627_convert_20160926163340.jpg

続いて「宇佐のマチュピチュ」に久々寄ってみました。
最近少しバージョンアップしたらしいとの情報を得たからです。

この宇佐のマチュピチュとはかの有名な世界遺産に、
少しだけ似てるような似てないようなマジでびみょーな風景が見える超B級観光名所なのです。

ただ今回行ってみてびっくり!
今までは何もなかった場所に駐車場・展望台・トイレまでできちゃってるんです!
しかもトイレは入ると目が見えない人のために配置を1分程かけて音声案内してくれる最先端の奴です!

そんな宇佐のマチュピチュですが肝心なものがなくなっとる!
以前あった世界遺産マチュピチュの写真入り看板。
ここに来た人はその看板の本家マチュピチュと目の前のなんちゃってマチュピチュを見比べ、
そのあまりの違いにクスッと笑って帰るという定番の楽しみ方があったのですが、
この看板がなければいったいここが何なのかさえ分からない。

ただの最先端のトイレのある休憩所となってしまってます。
どーした、宇佐!?
大丈夫か??

DSCN2629_convert_20160926163354.jpg

そんな宇佐を心配しつつも道を進み、
最後に院内に入った時に山の上に怪しげな建物発見。

くっそー。
もう何回もここ通ってるのにまだ知らんとこある、大分?
かなり老朽化が進んでますが不思議な形の展望台。
院内の平野が気持ちよく見渡せます。

沢山のトラブルと発見に満ちた今回の初ツーリングはこれにて無事に終了です。
しかし息子と走るバイクでの旅は想像をはるかに超えた楽しさでした。
こりゃーいい。
また絶対にやろう!
できれば年内に。

もはや息子と言う枠を超え、
完全に僕のやりたいことにつき合ってくれるパートナーとなってきています。

ありがとう、お疲れさん。
でもバイクでは眠るなよ・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  

ゐなせ 運動会 2016

DSC_1962_convert_20160924205905.jpg

今年も秋のビッグイベント 運動会の季節がやってきました~。
今年もやる気満々の息子。
僕たちも光の速度で掃除を終わらせ、
颯爽と応援に駆けつけました。

まずは4年生の徒競走からスタート。
こちらは幸先よく1位でゴール!
よっしゃよくやった!

続いて学年リレー。
第一走者の息子見事に出遅れたもののギリギリで同着1位でバトンを繋ぐ。
しかし後続で追い抜かれ無念の4位でした。

お次が各地区の名誉を懸けた地域対抗選抜リレー。
毎年もっとも盛り上がる種目です。
4年生男子で地区代表に選ばれた息子。
結局バトンを受けた時点で最下位でそのまま抜ききれずに次走者へ。
チームもそのまま這い上がれず最下位に沈みました・・・。

ちなみの上の写真は地区リレーで必死に追い上げる息子の図。

DSC_1972_convert_20160924210028.jpg

リレーで負けた傷心を・・・、
見事に一瞬で忘れた息子はニッコニコでダンス!
一生懸命にやるっていいですねー。
(右から4番目)

勝敗のない心和む一瞬でした。

DSC_1964_convert_20160924205944.jpg

お昼はみんなで奥さんが必死に作ってくれたお弁当をパクパク。
うまーーい!
これ、通常のお客様への食事提供の合間を縫って作ってます。
それがスゴイ!

DSC_1980_convert_20160924210253.jpg

結局今年は息子の白チームの勝利でした!
よかったね、おめでとう。

来年からはいよいよ高学年。
参加する競技種目も複雑になり数も増えてきます。
なによりもうちょっと足速くさせないとな・・・。
来年はちょっといい靴をか買ってやるぜ。

そして反省が一つ。
遠くからすぐに息子だと分かるように、
朝奥さんが考え抜いたあげく、、
「右と左の靴下を別にする」という秘策にでたのですが
両方黒系にしちゃったのがまずかったか。
全然ダメダメでした・・・。
まったく見分けられない。

しかしやはり同じようなことを考えてる親は沢山いるようで、
その中でもっとも目立っていたのが蛍光色のハイソックスを履いていた子。

なるほど~。
これか~。
ぜひ来年の参考にさせてもらいましょう。

休む間もなく来週末は末娘の運動会。
あー忙しいねー。

湯布院カントリーロードユースホステル  

雨のドライブ

DSCN2592_convert_20160922191405.jpg

連休・そして台風の臨時休校。
そのままの流れでやってきた秋分の日。

ひたすら続くお休みに朝から子供たちは大興奮!
しかし外は生憎の雨なのです・・・。

ただこのまま何もないままで許させるほど子供たちのテンションはおとなしくない。
よし、とにかくどっか出かけるしかないな。
ちょうどドイツ人お手伝いのスーザンもいるのでここはいっちょう定番観光コースを回ったるか!

まずは近場の湯平温泉を散策だ。
ここは濡れた石畳が雰囲気あっていいんですよね。

ほんと古き良き温泉地がそのまま残る湯平は雨の日にうってつけの観光地。
あー落ち着く~。

DSC_1930_convert_20160922191036.jpg

そのまま森林公園に流れて優雅にランチタイム。

そう。確かにこれは見た目はただの袋ラーメンです。
しかしこいつに屋外食べという特別なスパイスをかけるとあら不思議っ!
すっげーご馳走になるのです。

DSC_1934_convert_20160922191117.jpg

少々麺がのびていようが味が薄かろうが関係ねぇ~。
みんなで仲良くいただきまーす!

昨日お休みで出かけていて、湯布院のどっかでラーメン食べてきたスーザンも、
「こっちの方が超おいしぃ~!」
と流ちょうな日本語で叫んでました。

ふっふっふ。

DSC_1938_convert_20160922191156.jpg

お腹いっぱいになった後は白水鉱泉の天然炭酸水で喉を潤す。

この炭酸水に手を付けるとだんだんと痺れてくるんです。
誰が一番長く手を浸していられるかの勝負前。
これが想像を絶するほど痛くなるんです。

僕は娘に続いて早々にリタイアで惨敗。

DSC_1942_convert_20160922191211.jpg

続いて飯田高原のジェラートをデザートに。
さすがにこの天気ですからね。
お客は僕ら以外には誰もいませんでした。

でもここ本当はとてもおいしく夏は大人気店なんですよー。
甘さ控えめでサクサク食べれます。

DSC_1951_convert_20160922191314.jpg

そのままやまなみハイウェイを走り、
アトリエ 竜の通り道 へと立ち寄ってみました。

森の中にとても素敵な家やオブジェなどが立ち並ぶ場所なのですが、
2年ぶりに来てみると・・・。

なんと有料になってた・・・。
しかも500円。
これにはかなりショックです。

飯田高原エリアに向かった後の最後にちょっと立ち寄るベストスポットだったのですが、
500円となるとかなり気合入れないと来れないですね。
確かにそれくらいの価値のあるいいとこなんですが地元民としては手が出しづらいな・・・。

そんなわけで外から竜にお別れを・・・。

DSC_1953_convert_20160922191332.jpg

最後に大分の西側から国道210号線を走ってくると、
どーんと現れる大きな施設を訪問しました。
ずっと何かの大きな工事が行われていた場所です。

以前から何ができるんだ?と気になってはいたのです。

老人ホーム・会社の保養所など様々な噂は聞いていたのですが、
どうやら「HOT RAGOON」という名の温泉施設の様です。

ただし入り口には「震災のためにOPENを延期しています。」と書かれていました。
いつからかは明記されていませんでした。

どうも日本一の足湯があるらしいという情報をネットよりゲット。。
はたしてどんな施設なのか?
また楽しい近場の穴場になるのか?

こうご期待ですね。

やっぱり近くの観光地も定期的に回らないとだめですね。
それ程めまぐるしく移りゆく大分県。
湯布院の観光通りも半年もすれば2~3軒は店が新しく変わっちゃってます。

決して勝手には進ませないぜ。
がっちりとロックオンしてついてくぞー。おー!

湯布院カントリーロードユースホステル  

台風 16号

DSCN2587_convert_20160920162808.jpg

前回の12号に続き再び九州上陸を果たした今回の16号。
前日の夜には早くも小中学校から連絡が入り今回も学校のお休みが決定です。
これで9月は2本目の臨時休校。

「人命優先」

これは絶対的に当然の事なのですが、
どうも震災以降九州全体で災害に対して過敏に反応しすぎている気がしてならないのです。

結果論なのですが今回も結局夜から早朝にかけて雨は降ったのですが、
その後は穏やかなただの曇りの日となってしまいました。

このペースで反応していたら台風が来るたびに学校休みになっちゃいますよ。
もうちょっと勝負に出てもいいのになー。

ただ降った湧いたお休みに今回も子供たちは狂喜乱舞。
天候と状況をしっかりと見極めたうえで掃除終了後みんなで別府にお出掛です。

いや「お出かけ」ではなく台風の経過を探る「自然観察学習」でした。
遊びではないですよ。
あくまで自己学習の一旦です。

まだまだ雨が降り続いていた由布院と違い別府は既に雨はあがっていました。

DSCN2588_convert_20160920162823.jpg

今日は「お祭り一番」というお店で焼肉バイキング。
長く通い詰めている別府ですが先日初めてこの店の存在を知りました。
平日のランチで大人1名 980円。

焼肉とお寿司とたくさんのデザートがあるいいお店でした。
とにかく安い肉でもいいので腹いっぱい食べたい人にはお勧めです。

食後はみんなで店の前にある海岸を散歩。
防波堤には定期的に強い波が押し寄せます。

みんなでビビりながら覗き込むと・・・。

DSCN2589_convert_20160920162837.jpg

さぁー奥から強い波が徐々に押し寄せてきたっ。
まだまだ余裕をもって眺めるチビ達。

ただ末娘はもう泣きそう・・・。
そして次の瞬間には、

DSCN2590_convert_20160920162850.jpg

きったぁぁぁ~!!!
大波来訪~!!

飛び散る飛沫に全員びしょ濡れ。
僕もカメラ構えたままびしょ濡れ。

自然からの手痛い洗礼にみんな大爆笑です。
いやー、とてもいい学習になりました。

何事も身をもって体験することが一番の勉強ですからね。

濡れた服を乾かしながら少しお店をグルグル回り、
仕事の前に無事に湯布院に帰還。

これでなんとか子供達の今日という一日を終わらせることができました。
明日からはやっと通常通り学校です。

しかし恐るべし暦。
なんと明後日には爛々と輝く「秋分の日」のお休みがっ。
くっそー、君たちいったいどれだけ休むつもりかね!

俺が許す。
今日の分の代わりに明後日全員学校行け!!

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫