サラバ夏 久留米・佐賀の旅

DSCN2442_convert_20160829143625.jpg

いよいよ終わりがはっきりと見えた夏休み。
息子の宿題もやっと終わった!

本当はここで2日間のお休みをいただき息子と2人でバイクの旅に出ようと思っていたのに、
この時に限って雨、雨、雨!
切ないじゃーないですか・・・。

しょうがないので車で出かけることにしました。
もちろん当然のようにくっついてきたちびっ子も一緒に。
長女は休み明けに試験があるために仕事が累積する奥さんと揃ってお留守番です。

まず向かったのは久留米の科学館。
雨でも遊べると踏んで行ったのですが世界中の人が同じこと考えてたっ!
なんと駐車場入るまで40分待ち。
道路はここだけ大渋滞でした。

この難ミッションをなんとか切り抜け2時間ほど科学館を満喫。

DSCN2454_convert_20160829143643.jpg

さぁ今夜は奥さんがいないから好き勝手しようぜっ!

その後ブックオフでみんなで好きな漫画とDVDを買い、
ゲームセンターではっちゃけて、
夜は8時40分から映画「ジャングルブック」を堪能する。

見た人いますか?
あれ人間以外CGらしいじゃないですか。
あのリアルさ、もう今後出演者いらないですよ。
内容はディズニーらしいほのぼのハッピーエンドのいい映画でした。

そのまま夜は佐賀まで移動してそこらの道の駅でお休みなさーい。
軽自動車だけど3人でも十分寝れますよ~。
子供達ももう車中泊は慣れっこさん。

DSCN2460_convert_20160829143657.jpg

夜寝たのは0時を過ぎていたくせにいつもの通り朝は早い!
速攻で車を走らせ朝マックタイム。

しかし何たることか外の気温計が示す数値まさかの21度。
ここどこだ?北海道か?

今日だけは寒くちゃーだめなのです。
絶対に!

DSCN2461_convert_20160829143749.jpg

朝の9時にばっちりと鹿島の道の駅に到着。
今回の旅の目的はここで干潟体験をすることなのです。
この道の駅では有明海に広がる干潟でいろいろと遊ぶことができます。

早速海に行ってみよー。
この寒空で風の吹き付ける中、利用者は当然僕たちだけ。
少々躊躇しながら始めは遠慮気味に遊ぶ子供達。

まだまだ足で泥の感触を楽しむだけ。

DSCN2477_convert_20160829144034.jpg

しかしそんなもので終わらないのがこの干潟体験なのです。
ただ歩くだけでも突如沈み込む自然のトラップに引っかかり、
その服や身体は徐々に泥に冒されていく・・・。

一度諦めがつくと後に待っているのは自由な泥とのふれあいタイムのみ!
さー思う存分泥にまみれとけ~!
ここからがいよいよこの干潟体験が面白くなってくるんだぜ。

泥をかけあったり走って転んだり泳いだり・・・。
もう何でもアリで遊び回るとどういうことになるかというと・・・。

DSCN2484_convert_20160829143817.jpg

こうなります。
もう目も開けられない・・・。

ちなみにこのお嬢様はこの干潟用の古い服の準備を見事に家に忘れてきており、
お気に入りの一張羅のワンピースにて泥遊びをされておられます。

この泥が取れるのかどうか・・・。
それは帰宅後の奥さんの洗濯テクにすべてかかっております。

DSCN2486_convert_20160829143831.jpg

こちら我を忘れてはしゃぐ息子。
一見ただ楽しんでるように見えますが、
この体勢になると自力では抜け出せません。
ひたすら一人でもがいているところです。

3人で暴れるだけ暴れたのですがやはり21度の海は寒かった!
もはや冷え切った身体は限界に・・・。
僅か1時間足らずの泥遊びでしたが撤収だぁ~。

恐らく最後の海でしょう。
今年も沢山遊んだ!
海よ、また来年な!

ちなみにこの干潟体験は 靴・遊具類の貸し出し・温水シャワー利用等を含めて
大人 1人700円です。

DSCN2489_convert_20160829143843.jpg

最後は嬉野温泉のシーボルトの湯にてほっこり温まって夏最後の旅はこれにて終了です。
なんとこの日は1時から息子が児童クラブのお買いもの遊びがあるらしく、
なんとかしてそれまでに由布院に戻らないといけないのです。

超過密なスケジュールの中最後は高速をブッ飛ばしてなんとかギリギリで息子を送り届ました。
ふー、お疲れ様でした。

しかし由布院帰ってきてびびりましたよ。
寒すぎる・・・。
「涼しい」はどこ行った?
あまりの寒さに僕は本日こたつを引っ張り出してきてしまいました。
これで本当に夏とのお別れですね。

また一年間、君が帰ってくるまでずっと待ってるよ。
ありがとう、また来年だ!
さーよーなーらー。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

息子 夏の忘れ物

DSCN2441_convert_20160824215918.jpg

なんと夏休みに毎日書かなければいけない4行日記に、
全く手を付けていない事が判明した息子4年生。

奥さんと2人で必死に日々の出来事を思い出しながらなんとか書き上げたのですが、
続いて夏の工作にも手を付けていないことが判明。

てっんめぇぇぇぇ~!
しょうがないので庭に落ちてた石を拾ってきて午前中に必死にお絵かき。
これがいったい何なのかは全く分からないのですが、
なんとかそれらしい作品が1時間足らずで完成しました。

まーこれでいいだろう。
俺たちは忙しいんだ。
あんまり手をかけさすんじゃねぇーぞ!

DSCN2436_convert_20160824215729.jpg

と思っているとなんと夏の自由研究にも手を付けていないことも判明。
なめてんのかぁぁぁぁ!

今から何日もかかる研究なんてできないぞ。
必死に考えてなんとか一晩で仕上げられるものを選んでみました。
この夏の彼の自由研究はこれだ!

「夏の自由研究 どうすれば僕は早く走れるか」

様々な条件のもといかにすれば速く走れるかを追求する体育会系の研究です。
早速夜の庭で2人であらゆる恰好でダッシュのタイムを測ります。

手をグーにしたりパーにしたりヘルメットをかぶったり・・・。
ちなみに写真の彼は手に太鼓のバチを持って走ったパターン。

DSCN2439_convert_20160824215804.jpg

これは裸と裸足で走ってみたパターン。
コンクリートの上では裸足の足の裏はかなり痛そう。

全部で10通りの走りを試した結果一番早かったのは手をグーで走る時で、
一番遅かったのは手を上にあげて走った時でした。

このどーでもいい結果を何とかレポート用紙3枚にまとめ上げ、
こちらも1時間程でなんとか夏の自由研究も完成っ!

よーし、なんとか終わったぞ。
毎年毎年このラストで大慌てすんのやめてくれよなー。
こっちもそろそろ夏の疲れがたまって来て大変な時期なんだからー。

学校が始まるまであと1週間を切りました。
これでようやくいつもの日常生活が見えて来ました。

世の中のお父さんお母さん、あと少しの辛抱です。
チビ達との悩ましき幸せな時間をもうちょっとだけ楽しみましょう。


湯布院カントリーロードユースホステル  

夏のふっこう休み 山鹿温泉

DSCN2409_convert_20160823154500.jpg

この夏の話題にもなった 九州のふっこう割。

宿泊費の約7割近くを補助してくれるという超太っ腹なこの政府の対策により、
地震によって一気に冷え込んだ九州の観光界は少しずつ上昇の波に乗り出しました。

ここ湯布院も日本人やアジア人観光客など以前の賑わいが確実に戻りつつあります。
本当に感謝です。

これを少しは僕たちもお返ししなければ・・・。
という事でこのふっこう割を使って家族で熊本に旅行に行ってきました~。

どこでもよかったのですが山鹿の温泉で1夜のんびりさせてもらおうと企てたのです。
しかしながらやはり忙しかった夏の我が家。

長女がどうしても昼過ぎまで部活があり、
その後大分駅近くで用事があるということなので、
僕と息子だけ2人で昼前の掃除終了後から先に出発させてもらいました。

まずはいつもの大すきな豆腐屋さんで腹ごしらえだ!
小津留にある豆腐屋の揚げ豆腐 スーパーうめーっすよ!

DSCN2412_convert_20160823154516.jpg

この後ガンガン車は西に向かって走っていくのですが、
菊池渓谷に行ってみようとしたところで目の前に立ちはだかる通行止めの看板。
やはりいまだ地震の影響は残っているのか・・・。

結局渓谷は諦めその後訳の分からない山中を何とかくぐり抜けて、
まずは第一の目的地。
「水の駅」に到着。

今回ここに来たのはずばりこのマッスルアスレチックに挑戦するため!
よくTVで見るあの施設がそのままあるんですよ。

ステージは 子供用 第Ⅰ 第Ⅱ 第Ⅲ の3つに分かれていて、
それぞれをクリアーしないと次には進めないという仕組みです。

早速防具を着けて息子と2人で挑戦。
まー2人とも子供用ステージは楽々クリアー。
これは当然の結果ですな。

勢いそのままにいよいよ本番の第Ⅰステージに挑むのですが・・・。

DSCN2415_convert_20160823154528.jpg

ところで皆さんどうですか?
あのよくTVでやってる「SASUKE」を見て正直、
あれー、これ自分もひょっとしたら結構いいとこまで行けるかもなぁ~・・・、
と思ったことないですか?
あるでしょう~。

僕は、あります!

そんな根拠のない自信を持って挑んだこのトライアル。
結果は・・・。

惨敗です。
息子は第Ⅰステージのこの壁を何度走っても越えられずリタイア。
僕は第Ⅱステージの途中の指だけで水平移動するポイントをクリアーできずリタイア。
なんとも情けない結果になってしまいました。

ただこれやっぱり一回やらないとどの競技もコツが掴めないんです。
そしてようやく1つ1つのやり方が分かった時点ではもうすでに筋肉はプルプル。
正直一度失敗したのをやり直すというのは難しいですね。

あのTVの人たちはかなり事前にやり込んでますよ。
まーもちろんそれでもウルトラ超人ですがね。

ちなみに1日たった現在の僕の身体は尋常じゃないことになってます。
くしゃみをするのもつらい程の筋肉痛。
あーよわっちぃ~。

DSCN2422_convert_20160823154549.jpg

汗だくになり芯から熱くなった僕たちは近くの川に泳ぎに行くことにしました。
場所は大場堰と(おおばぜき)呼ばれる河原。

すでにたくさんの人が涼しげな川沿いで遊んでいました。

ここの売りはこの川にかかる橋からのダイブです!
その高さ 約7m。
これはかなりの勇気がいりますよ。

「橋からの飛び込みに関しては一切の責任を負いません」
との看板が立っているところからして完全に禁止ではないようです。

橋の上では飛び込みたくても中々最後の一歩が踏み出せない若者がたむろしてました。

もちろんここで引くわけにはいかない。
さっきの負けを取り戻そう。
勇敢にも飛び込み台に立った息子。

そして一言。
「ぱぱ・・・、先に行って」

DSCN2425_convert_20160823154606.jpg

しょうがないので渋々僕からダイブです。
高いところはかなり好きな僕にとってはそれ程怖い場所ではないので、
ここはすらっと着水!

そして川から息子がジャンプするところをパチャリ!
とにかく水中カメラが安物なので既にうまく映ってないのですが、
男らしく空へと飛び立つ息子を確かに捉えました。

普通こういう所に立つとで行きそうになりながら、「やっぱだめだ~」
とびびって引き延ばす子も多いのですが、
彼は実に潔い!

行く!と決めたらさくっと行けます。
これはとてもいい特技だな。
きっと将来もどっかでそれ生きるぞ。

DSCN2429_convert_20160823154620.jpg

結局2回飛び込みすっかり身体も冷えたので川からは撤収。
再び西に車を走らせていると、

「グランドゴルフ 200円」
の看板発見!

えらく安いな・・・、
と入ってみるとなんとお金を勝手にボックスに入れて、
勝手に遊ぶタイプの無人セルフグランドゴルフ場でした!

こんなとこあるんですね。
それでも芝生などはきちんと整備されていて存分に遊べましたよ。

そしてせっかく冷えた身体が再び汗だくへ。

DSCN2431_convert_20160823154632.jpg

湯布院と比べると格段に熱い熊本をさらに西に西に走り、
続いて 「鞠智城跡(きくちじょうあと)」へとやってきました。

おーこれは雰囲気あるな~。
まだまだ九州にも知らない場所ってたくさんあるぞ。
これはいい建物だ。

そんな悠久の時代に思いを馳せながら塔の前にある説明文を読もうと近寄ると、
なんとそこに書かれていたのはまさかのポケモンGOを遊ぶ人に対する注意書でした!

おいおい、もう歴史もくそもないな・・・。
今の観光客はここにきてポケモンGOをするのか・・・。

DSC_1780_convert_20160823154703.jpg

そしてようやく今夜のお宿 「山鹿ニューグランドホテル」に到着です。
奥さんと長女と義母さんもようやく大分から食事前にギリギリ到着して、
みんなそろっておご馳走をいただきまーす。
人の作ってくれたものはなんでも旨いっ!

その後夜は久々に奥さんと2人で飲みに行かせてもらい、
すっかりと酔っ払って部屋で暴れた後即爆睡。

マッスルアスレチックで負け、グランドゴルフでも息子に負けたのですが
とてもいい一日でした。

おやすみなさーい。

DSCN2433_convert_20160823154649.jpg

そして2日目がスタート。
もちろんお休みの日にゆっくりと寝てられるわけもなく、
5時半には起床し奥さんを叩き起こしてまずは2人で川沿いを早朝ジョギングです。

この日も由布院に帰るまで色々と遊ぶ場所をピックアップしていたのですが、
ここでなんと大事件が発生!
長女の眼鏡が割れていたのです。
犯人はだれだっ!?

割れていた場所は僕が寝ていた布団の下。
これは・・・、まさか・・・、はめられたか?
冤罪にもかかわらず犯人に疑われてしまった僕。

ただ問題はだれがしたのか?ではなく眼鏡をどうするか?ということ。
結局眼鏡を作った場所で作り直すことにしたのですがそこはなんと大分市。

結局この日の計画はすべてを無しにして、
車を昨日来たルートを引き返し2時間半かけて大分へ。

なんとか無事に眼鏡直りました。
大好きなサンマルクのデニブラウン食べながら眼鏡と一緒にハイチーズ!

しかし奥さんたちはこの2日間のお休みで大分市からひたすら走って山鹿に来て、
夜泊まって再び大分まで走って戻ったのみとなっていまいました。

それでもゆっくりできたからよかったよ、な・・・・?
熊本でも沢山買い物もしたので当初の目的のふっこう間接的補助の目的は果たせたはず!

いよいよ夏休みも終盤です。
とにかく身体中がミシミシと痛いのですが頑張っていきまっしょー。

湯布院カントリーロードユースホステル  

伽藍岳 ナイトハイク

DSCN2407_convert_20160821155308.jpg

夏の風物詩。
別府の夜景を見に行くナイトハイク。

例年は鶴見岳の山頂から眺めるのですが、
去年からはロープウェイ会社が夜の片道切符を売ってくれないというけちっぷりを発揮し、
止む無く今年からは場所を変更。

そんなわけで塚原高原から入る伽藍岳の山頂付近を目指します。
ただぐっと難易度が下がった分参加者は増えましたよ。

この写真では分かりづらいのですがスニーカーを始めサンダルでの参加者まであり!
もちろん服装は観光してきたそのまんま。

しかしそれでも登れてしまうのがこの伽藍岳のいいところなのです。
それでは総勢11名でのお気軽ナイトハイク 行ってみましょー。

DSCN2378_convert_20160821155225.jpg

しっかりと整備された道をテクテク登っていきます。
気温も徐々に下がり始め、
涼しい風が吹く中とても快適に登れました。

ちなみに参加者国籍は 日本 香港 台湾 中国 韓国 の超アジア連合。
いろんな言語が山中にコダマします。

DSCN2391_convert_20160821155243.jpg

そして歩くこと約40分。
ついに絶景スポットに到着ですっ!

途中周りをすっかり覆ってしまったガスが一時すべてを隠してしまったりもしたのですが、
逆にそれが晴れた時の感動が大きかった!

みんな突如目の前に現れた光の舞台に夢中でカメラを向けます。
そしてこれまた用意されていたかのように一緒に輝く月。

最高の演出ですよ。
稜線に吹き抜ける風は汗を気持ちよく乾かしてくれるのですが、
ちょっとだけ寒くなってきました。

ここで用意してきたホットコーヒーと紅茶がべらぼーに旨い!
広がる夜景に見入りながらの至福喫茶タイムです。

DSCN2403_convert_20160821155256.jpg

やっぱ改めて見てもこの別府の夜景キレイですよね。
僕のダメダメカメラではこの素晴らしさを伝えきれないこのもどかしさよ!

夜景の良さって光の数だけではないです。
それならもちろん東京が断然一位でしょう。
日本3大夜景を考えても分かる通り大切なのは光と闇のメリハリをつけてくれる海の存在。

その点では山と海の狭い空間に光が密集し、
キレイに光を婉曲に表現する別府湾が作り出すこの別府の夜景はほぼ完ぺき。

更には奥には大分市の夜景も彩りを加えてくれてます。
そしてこの日は海面に輝く月明りもプラス。
本当にラッキーな夜でしたね。

一同大満足していただけたようで主催側としても大変嬉しい夜でした。

この別府の夜景 本当にすごいんですが、
簡単に車で行けるルートでばっちり見下ろせるポイントはほぼないんです。

期間限定のロープウェイで鶴見岳に上がるのを除けばここが一番簡単に来れるベストポイント!
もちろんまた来年も来たいと思います。
みなさんぜひ1年後のこの時期を楽しみにお待ち下さいな~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

猪瀬戸トレッキングコースへ

DSC_3070_convert_20160818153714.jpg

夏休み11連勤日の今日。
途中大賑わいのお盆もはさみそろそろ疲れが見えてき始めたので・・・、
そんな身体に 喝~!を入れるべく2人で猪瀬戸トレッキングコースへ行ってまいりました。

いつもの様に昼休みのランニング。
ここは計6kmの程よいアップダウンが広がるコースで、
僕たちの様に時間のない忙し人間にはもってこいの手ごろな走り場なんです。

さぁ~今日もガンガン気温も上がってきるよー。
気合いいれてこー!

DSC_3072_convert_20160818153742.jpg

まずは緩やかに登り続ける森林地帯を走ります。

ちなみにこれが智美の普段のランニング姿。
怪し過ぎやろ。
目と指しか出てないし・・・。

DSC_3080_convert_20160818153801.jpg

森林地帯を抜けると広がる草原を疾走!
登った分を気持ちよく駆け降りろ~。

DSC_3081_convert_20160818153816.jpg

そして川を越えて再び森へ。

誰かが周りの草を刈ってルートをきちんと整備してくれているんです。
ほんとありがたいですよね。
感謝の疾走だ。

DSC_3082_convert_20160818153832.jpg

そして猪瀬戸湿原に架けられた木道を走り抜ける。
ここがこのルートのハイライトです!

広がる空が気持ちいぃー。

DSC_3087_convert_20160818153846.jpg

そのまま一気に不安になる程一旦標高を下げた後の、
この最後の鬼の登り。

これこそがこのルートの最後の最後に待ち受ける地獄坂。
でもトレーニングにはもってこいだ!

登りが本当に苦手な奥さん。
頑張れよ~。

DSC_3088_convert_20160818153858.jpg

そして今日も40分かけて無事に完走。
気持ちよく汗と一緒にすべてを流し切りました。
これでまた仕事をすっきりと頑張れそうです。

こんなにいいコースなのに本日も僕たちの貸切。
一応夏休み中ですよ。
ご家族でも初心者でもちょっとだけ気分よく歩くにはもってこいのこのコース。
駐車場もトイレも無料で完備されておりとってもおススメです。

まだ遅くない!
皆さん猪瀬戸湿原を歩きましょー。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫