北の国へ 後編

DSC_1434_convert_20160728215952.jpg

まだまだ続く北海道の旅。

ここで私事で大変恐縮なのですが、
この日は僕の 42回目のお誕生日だったのです!

そんなわけでちょっと贅沢をさせてもらいました。
これが北海道名物の「サンタのひげ」。
半分にカットした夕張メロンの上にソフトクリームを乗せるという、
実に大胆な手法で作り上げられた贅沢極まりないデザートなのです。

仕組みはシンプルなのですが見た目のインパクトは最強!
(お値段もなかなかの強敵)

みんなに温かい祝福を頂きながら早速いただきまーす。
今日ばかりは僕の、僕による、僕の為の日のはずなのですが、

「わおんちゃん、メロンだーすき!」

という天使のささやきに負け父の夕張メロンはほとんど末っ娘にもってかれてしまいました。
およよよよー。

DSCN2126_convert_20160728215645.jpg

この日のお泊りは富良野の借りきりロッジ。
一旦荷物を置いてから続いて立ち寄ったのが近くの新富良野プリンスホテルという、
恐らく未来永劫泊まることはないと思われるホテルにある観光名所。

「ニングルテラス」

どうも何かのドラマの舞台になったみたいですね。
TVを見ない僕たちにはその点に関しては何の興味も持てないところなのですが、
ここがこの旅のハイライトといってもいいくらい良かったことはここでご報告申し上げておきます。

寒い土地特有のまっすぐに伸びる森の中に立ち並ぶ小さいログハウス達。
これらすべてが1つ1つ全く違った職人さんたちによるおみやげ屋さんなのです。

店をつなぐ木の通路にも全て輝く電飾が施され、
暗い森の中に浮かび上がる幻想的な世界がここにはあるのです。

買い物大好きな母娘は狂喜乱舞して歩き回っていました。
約2時間過ごしたのですがまだまだ足りなかった。

アイヌの小人 ニングル達の時間を感じることのできる場所。
ここは夜が絶対的におススメですよ。

DSC_1466_convert_20160728220444.jpg

3日目も当然早起きして出発。
しかしここで早速問題が発生です。
富良野の街の中にはモーニングが食べれる店がない!

しょうがないので先に散歩でもしようかと「ラベンダーの森」なる場所に行ってみると、
その敷地内にあるホテルに「日帰り入浴 朝食付き」というのぼりを発見!

しかし日帰り入浴の夕食付きなら聞いたことあるけど、
朝食食べて朝から温泉に入る人なんているのか?

このまるで僕たちのために用意されていたかのようなこのプラン。
もちろん利用していたのは僕たちだけでした。

お腹いっぱい朝ご飯を食べて、
裏の森とラベンダー畑を散策。
しっかりと汗をかいたところで温泉だ!

写真は森の中でコロポックルごっこ中の姉妹。

DSC_1511_convert_20160728220221.jpg

キラキラと大地を照らしてくれていた太陽がこの辺りからすねはじめる。
そして麓郷の森を散策している途中でついに泣き出した!

慌てて帯広に移動。
ただ長い道中も雨脚は強まる一方です。
そして見渡す限りの麦畑の続く十勝平野に到着。

しかしこの雨の中ではどうすることもできない・・・。
よーしそれなら!
帯広と言えばのスイーツ巡りを開始だ~!

まずは「柳月」の工場にて見学 アーンド 喫茶タイム。
づいて「六花亭」本店にて再び喫茶タイム。

ここには他の場所では食べられない限定商品があるんですよ。
おーぅ、うまし!
しかしひたすら甘いものでおなかを満たし続けた我々にも、
そろそろ甘さの限界ラインが見えてきた・・・。

なかなか誰も手を出さない「マルセイバターサンド」のアイスバージョン。
最後はほぼ僕一人で完食しましたよ。

DSC_1530_convert_20160728220249.jpg

結局その後も雨は上がることなく、
最終日も大雨の中。帯広から千歳空港まで走りぬき、
朝10時40分の飛行機で無事に南の大地へと帰ってきました。

さすがは九州、空はピーカン!
気温も湿度も全然違うんですが、
やっぱ夏はこうじゃなくちゃですよね!
はぁー滴る汗が心地よい・・・。

今回は3泊4日というショートトリップとなったわけですが、
やはり北海道の雄大さはこんな短期間では語り切れないですよね。

思い返せば学生時代はだいたい毎夏に1ヵ月づつは北海道に費やしていました。
あのどこまでも続く自由な時間を、
どっしりと受け止めてくれる北海道のでっかさが一番の魅力だったんだと思います。

残念ながら子供たちの心にこの北の国を、
しっかりと刻み付けることはできなかったかもしれないのですが、、
きっとそのうち自分たちで勝手にバイクで旅して、
自分たちで勝手にこの地の良さを知ってくれるでしょう。

ありがとう、北海道。
次はぜひ冬に来るという挑戦を計画してみたいと思っています。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

北の国へ 前編

DSC_1278_convert_20160728215234.jpg

今年も夏休み期間にユースホステルを閉めるという暴挙によって得た、
4日間の聖なるお休みを活用して北海道へと行ってきました!

九州に来て10年。
お休みがあるととどうしても近場で安いチケットの取れる沖縄ばかり行っていたのですが、
ついに北上することを決断しました。

僕にとっては北海道は特別な心の聖地です。
4年しかない学生時代の中の約半年位は北海道に捧げた程です。
今回は10回目という節目の旅。
実に15年ぶりとなる再訪に心は高鳴るばかりです!

メンバーはいつも通り。
我が家族と両母親のツートップの最強布陣!

新千歳空港に降り立ちまず驚いたのはその吸い込む空気のさわやかさです。
むしむしとした湿気に溢れた九州の空気とは明らかに違う。

そしてカナダ時代の奥さんの友人ともここで合流し、
海鮮居酒屋にてみんなで早速海鮮パーチ―だっ!

サーモンを何より愛する息子は本場の本物の味に失神寸前。
旨い美味いと騒ぎ立てておりました。
よかったねー。

初日はこのまま小樽に移動し夜の運河を堪能したりして、
まずは軽く北の雰囲気を味わう。

DSC_1395_convert_20160728215330.jpg

2日目は早朝から車をブッ飛ばして旭川へ。
もちろんお目当てはもはや全国区の名所である「旭山動物園」です。
まずは入園のしょっぱなからしてやられる!

入園料 820円。
や、安いぞっ!!
しかも驚くなかれ、中学生以下はすべて入園無料・・・。
なんたる素晴らしきサービス精神か。

ちなみに大分県のアフリカンサファリ 入園料 大人 2500円 子供 1400円。
これをみてもいかに良心的か分かりますよね。

かといっても料金と同等にしょぼいわけじゃないですよ。
いるのはどこの動物園にでもいるようないつものレギュラー陣なのです。

ただし・・・、演出が抜群にうまいのです。
動物たちの見せ方が分かってる。
ただのサルやカバや鹿なんですがいつもと違う角度から鋭く切ってくれます。
まるで童心に帰ったように楽しめました。

いやーここほんといいとこでしたね。
日本一の看板に偽りなし!

DSC_1426_convert_20160728215449.jpg

そしてここからが THIS IS HOKKAIDOU!
ついに北のへそ、美瑛・富良野方面へと車を走らせます。

恵まれた晴天の下左右に広がるのはカラフルな丘。
そうです。これを見たくて、これを見せたくて来たんです。

どうだ?子供達よ、
大地の息吹は聞こえるか?
高鳴る鼓動は聞こえるかっ??

しかしこの風景だけで満足させるにはまだ幼すぎたか・・・。
残念ながら感嘆の声を上げてからものの数分後。
次第に飽きだしたちびっ子たちの寝息が車内に響き始めてしまいました。
zzzzzzzzzzzzzzzz

そんなちびっ子たちは置いておいて、
大人達は存分にこの広がる世界を大満喫!

DSCN2116_convert_20160728224028.jpg

若かりし頃バイクで何度か来たことのあるこのエリアですが、
聞いたことのない新名所ができていました。

それが「青い池」です。
ガイドブックに散々書かれてあるので軽い気持ちで行ってみたのですが、
まず入り口に入るなりずらっと停められた車の多さに皆さん驚くことでしょう。

静かで雄大なこの十勝岳の麓とはまさにミスマッチな風景。
さらにそこから吐き出されるたくさんの人の列がその森の奥へと続いています。

一瞬悩んだのですがせっかくここまで来たのだからと、
その列に続きゆっくりと歩いていくと・・・。

きたきた~。これか。
見事に青く染まった池が迎えてくれました。
これはしょーがないですね。
この人気にも納得です。
この水の青と枯れ木の白がまたあってる!

あーいいもん見たよ。
自然の作り出した芸術美にこれまた大満足しながら再び下界へとハンドルを切るのですが、
ここでよくよく見ると7月のブログ4つしか書いてないですね。

えっ?そんなことどうでもいい?
いやいやそう言わないでくださいよ。

特に引っ張る程の内容もあるわけではないのですが、
7月のブログ数を増やすためと、
もう眠くて書くのが大変になってきたという理由から、
北海道旅行の続きは後編にて!

ではまた明日~!
おほほほほほ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

暑中見舞い申し上げます 2016

IMG_20160610_0001_convert_20160719205159.jpg

ついに梅雨が明けました~!
みなさん、暑中見舞い申し上げま~す!

この夏という鎧を身に纏うと一気に引き締まる思いっす。
しかし高地 湯布院の夏は短しっ!

今年はどうも相当暑くなるみたいじゃないですか。
思いっきり汗にまみれて心ゆくまで遊びましょう。

真っ黒くなった姿をぜひこちらにも見せに来てくださいね~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

海の日でーす!

DSCN2052_convert_20160718192556.jpg

3連休の最終日、今日は海の日でーす。
梅雨明け宣言前にもかかわらずこのぜっこの晴れ日!

この誘いを断る術はなし!
全館掃除を家族全員の全力協力を得て奇跡的に10時半にすべて終える。

そして速攻で高速に飛び乗りいざ国東の海へ!
上も下も蒼一色の世界。
泳ぐぜぇ、くぉらぁ~!!

DSCN2057_convert_20160718192619.jpg

今回の目的は子供たちにシュノーケリングを教える事。
人生初の呼吸する奴(なんて名前だ?)により長時間の水中散歩を楽しむチビ達。

あと2週間後に控える 「24時間サバイバルキャンプ」に向けて着実に歩を進める。
ある程度慣れてきたところでいよいよ海からの聖なるお恵みをいただきに向かおう!

誰もが陥る得体のしれない物で溢れる岩場でのパニック状態もなんとか乗り越え、
まずは切り込み隊長の息子が勇猛果敢に岩の隙間に突っ込んでいき、
ついに人生初のお宝をゲット!!
やったな、これでお前も今日から海の男だ。

負けじと姉も何度目かの必死の潜水後、こちらも見事にお宝ゲット!
良かった・・・。
これでサバイバルキャンプの時になんとか自分の食べ物は自分で確保できそうだ。

ただやっぱり体面積の小さい子供達。
すぐに熱を持ってかれるらしくすぐにガタガタ震えだし唇は真っ青に・・・。

DSCN2059_convert_20160718192634.jpg

そんなわけでお恵みを数個づつ頂いたところで子供たちの特訓は終了!
岡に上がり必死で体温を地熱エネルギーから吸収中。

そしてやっと自由を得た父は一人で悠々と岩場を散策。
しかし今回は教えるだけと思っていたのでヤスを持って来なかったのが惜しすぎる!
めっちゃデカいボラの群れがわざと挑発するように目の前を悠々と泳ぎ去るのです。

てめー絶対にヤス持ってないの知ってるな・・・。
よーし。2週間後覚えとけよ。
ぜってー全員食ってやるぜ!

DSCN2062_convert_20160718192709.jpg

自分たちで採った物を調理してその場でお食事会。
いつもよりずっと美味しいね!

今年もいよいよ海の季節の到来ですねー。
ウキウキしますね!浮かれますね!
何回海に来れるかな?

次は絶対に魚突きを一緒にしような。

そして一向は慌ただしく帰路に着くわけです。
何故なら世間と違い我々は今日は休みでもなんでもないからです。
仕事と仕事の合間に無理やり来ただけ。

家では奥さんが1人で館内準備と夕食準備に取り掛かり中!
急げ~!帰って仕事だ~!

しかし今夜のお客さんの夕食にはとても幸運なことに、
海からのお恵みが1品追加されました。
美味しく召し上がってくださいな~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

由布川峡谷ツアー 2016

DSCN1126_convert_20160710213615.jpg

このジメジメした梅雨を断ち切るために・・・。
今年もこの場所に夏へと続く大切な準備心を取りにやってきたぜぇぇぇい!

大分の誇る隠れた名所 由布川峡谷。
今年の参加者は 10名。
最近膨れ上がり続けたこのツアー参加者数の中では最も少なかったのですが、
間違いなく過去最強の精鋭メンバー。

今年は、
今までできなかったあれが・・・、
ついにできるんじゃないか?
とっても高鳴る鼓動。

前日の雨で増水し行く手を地味に遮る流れも、
じわじわと芯まで冷やしていく水温も関係ねぇ~!

ガンガン水中に突入だ!
いっくぜ~!!

P7101339_convert_20160710214052.jpg

相も変わらず見事な渓谷美。
心震えますね。
(まだ寒いんじゃないっすよ)

ところで今回ツアーに当たって主催者の僕がとんでもない忘れ物をしてしまったのです!
なんとこのために買ってあるにも等しい水中カメラを家に忘れてくるという痛恨のミス!
結局参加者の一人が防水のカメラを貸してくれました。
Aさん、ほんとありがとうございました~。

P7101347_convert_20160710213913.jpg

カメラマンたちには隠れ人気スポットのため、
いつも誰かしらには会うこの場所ですが今日はなんと完全に貸切。
週末でこの状況は初ですね!

そして中間地点にある滝にて恒例の滝打たれ行を今年も全員で決行!
この決まりができたのはいったい何年前からか・・・。
確かにこれでテンション超上がるんですがこの時点で一旦全身を濡らしきると、
この後の行程に多大な支障が出てくるんですよね。

毎年やった後は震えながら後悔するのですが、毎年忘れてやっぱりやってしまう。
今年もいきなりかなりのダメージを喰らいました。

そしてここで休憩タイムとなるのですが、
またまた僕がここで痛恨の忘れ物第2弾をやらかしてしまう。

途中のスーパーで買った昼飯車に忘れた・・・。
僕一人ならなんの問題もないのですがちびっ子2人分もあるので誤魔化せない。
泣く泣く一時先頭をツアー経験者の方にお願いし、
1人でスーパーBダッシュで車に戻って弁当取り直し再び渓谷を駆け抜ける。

DSCN1150_convert_20160710215304.jpg

滑ろうがすねを打とうが転ぼうがとにかく走り続けなんとかゴールの前で再び合流するも、
すねは腫れそこらじゅう擦り傷だらけで足はガクガク。
備えあれば憂いなし。
きっちりと準備しましょうね~。

そしてスタートから約1時間。
ついにゴールのチョックストーンに到着です。

ここでまずはランチターイム。
素早く食事を胃袋に入れ込んだ後はいよいよ今回のツアーの最終目標である、
3mの崖上りに挑戦です。

深い滝つぼを泳いでいき、
流れる滝の勢いに押しつぶされないように踏ん張りながら全身で崖を登る。
冷え切った身体にはかなりの難仕事であり、
今まで何十人も試した中で登り切った人は僅か数名のみ・・・。

しかし今年の大雨が千載一遇のチャンスをくれたのです。
なんと流れてきた巨木がハシゴの様にこの崖に立てかかっていたのです。

今年こそ念願の目標である全員での崖制覇!
この壮大な計画の実現が見えてきたぞ!

DSCN1185_convert_20160710214701.jpg

しかしここで残念ながら連れてきたうちのちびっ子達が寒さのあまり震えが止まらず、
滝つぼへの入水は断念することになりました。
身体自体が小さい彼らはすぐに体温が奪われます。

温かい服に着替えて2人は待機組に。
そして残りの8名は次々に滝つぼを泳いで巨木に必死にしがみついて崖頂を目指します。
もうすでに指先はうまく動かない状態。

表面がつるっつるの木に全力でしがみつき這うように一歩一歩前進。
そして張りつめる緊張感の中ついに8名全員が崖の上にそろい踏みできました。
やった、ついにやったぞ~!歓喜に沸いた瞬間です。

登りは苦労したけど下りは一瞬なんだぜ。
そうです、跳び降りるだけ。
でもこれが結構勇気がいるんですよ。

ただ跳びたかろうが跳びたくなかろうが、
下りるには他に手段がないので覚悟を決めるしかない!

さーみなさん、行ってみましょー。

DSCN1215_convert_20160710213833.jpg

なんとか無事に全員滝つぼから生還し、
完全に冷え切ったからだの具合から考えるともう1秒でもここに留まるのはヤバい。
マッハで帰ろう!

ただ冷えてうまく動かない身体はまったくコントロールが利かず、
みんな右に左にフラフラ。転倒者続出です。

そんな中1本の丸太を渡っているときに突然その事件は起こった!
僕の後ろを歩いていた息子がつるっと滑ってその丸太から落ちたのです。
そして丸太と崖の細い隙間にそのままするっと飲み込まれていったのです。
一瞬の出来事なのですがスローモーションのように水中に消えゆく息子。

だだ完全に入り込む直前に左手だけが残っていた!
その左手をなんとか掴み無我夢中で引き上げようとするのですがなにせ水流が強い!
しかしここで出る人間必死の火事場のパワー!

うぉおおおらぁ~!!

一気に引き上げてなんとか事なきを得ました。
偶然その直後を参加者の一人が撮影。
この時の息子、死からの生還直後です。

通常ビビって泣いてもおかしくないところですが、
ここが奴の凄いところで引き揚げられた後は大爆笑!
これにはつられて周りも思わず大爆笑でした。
お前は絶対に死なないな。そういう流れの中に生きてる。

P7101392_convert_20160710214211.jpg

それにしてもこの場所がなんであまり有名になってないのか不思議でしょうがないです。
こんな素敵な景色が見れるとこってそうはないですよ。
しかもかなりお手軽に来れます。
なにせ湯布院から車で30分。

人気が出てあまり人で溢れてしまっても興ざめなのですが、
あまりに知られていないのも少し残念。
微妙な所なんですよね~。

暑さ増すこれからの季節にはまさにぴったりの探検スポットですよ!

DSCN1225_convert_20160710214239.jpg

そして今年も無事にツアー終了。
最後の長い階段を上がって来る時の一歩一歩で変わる気温は衝撃です。
こんなにも温度って変わるのか?って驚きますよ。

最後に駐車場でみんなでツアーの余韻に浸りながら談笑していると1台の車がやってきました。
奥さんと一番下のちびっ子が登場。
あれ~?遊びに来たのかな~?
なんて思っていると、なんと子供たちの着替えの服をまるまるユースホステルに忘れていたので、
わざわざ届けに来てくれたのでした。

あっちゃー、どうしたんでしょうか?今日の私。
もう全て忘れてしまっています。
始まったのか?ボケが・・・。

ちなみにでは背負っていたでっかいザックの中には何が入っていたのかというと、
まったく使われることのなかった浮き輪とシュノーケルセットと網でした。
マジでいりませんでした。

今年もいろいろと事件はありましたが、由布川峡谷よ。
また来年もおおらかに我がツアーを迎えて下さいね。
参加者の皆さん、お風邪をひかないように~。
ありがとうございましたー!

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫