大崩山 遠征

DSCN1832_convert_20160530220014.jpg

本来 「新緑の大谷渓谷ツアー」という一枚岩の浅い渓谷を、
のんびりと約8km歩くツアーが行われる予定だった昨日の日曜日。

やる気満々で目覚めるもまさかの雨で残念ながらツアーは中止となりました。
しょうがないので1日降り続く雨の中別府にみんなで遊びに行き、
帰ってきた夜の9時。

しかしこんな消化不良の状態では寝れるわけねぇ~。
そんなわけで慌てて準備に取りかかり急遽登山遠征に出かけることにしました。
1人では寂しいのでひさびさに息子も道連れだ!
学校には有給消化の連絡しといてくれよ!

そして車で走る事3時間。
暗く細い山道をくぐり抜けて辿り着いた今回の遠征先は宮崎です。
息子は出発と同時に爆睡開始。

DSCN1836_convert_20160530220031.jpg

朝は5時から起きて準備をし、
6時には登山開始。

本日狙う獲物は宮崎の誇る 大崩山です。
九州本島内では単体で考えると一番楽しい山なんじゃないかと個人的には思っています。

ここに来るのは2回目です。
1度目は4年前。
当時年長だった息子と一緒に来て、
往復約10時間というとてつもなく時間がかかった場所です。

あれから4年。
すっかりと逞しくなったこの息子は果たしてどんな成長した姿を見せてくれるのでしょうか?

DSCN1865_convert_20160530220342.jpg

この 大崩山 という山は基本的に自力では決して登れません。
深く高い岩山によって作られた難攻不落の山なのです。

今僕たち登山者が気楽に挑戦できるのは、
先人たちが何度も通い作ってくれた道があるからこそなのです。

彼らが作った橋・かけてくれたロープ・設置してくれたハシゴがなければ絶対に登れないのです。
なので基本この山の登山スタイルは他力本願。
もう彼らが作ってくれた道を信じるしかありません。

何かが折れたり外れたりしたらそれは登山の、
もしくは人生の終了を意味します。

まずはしょっぱなから現れる手作り感満載の激しく不安定な橋を渡ります。
ドキドキ・・・、折れるなよ・・・。

DSCN1844_convert_20160530220107.jpg

深く伸びる山道をひたすら黙々と歩きます。
序盤から中盤に懸けては辛抱の登山です。
ただまっすぐに上を目指して汗をかくのみ・・・。

しかし稜線に出た途端に圧倒的な全世界が拝める展望尾根が広がるんです!
この天に向かう無限の広がり。
見たか、これが大崩山の実力だっ!
気持ちいいぜぇぇぇぇぇ。

DSCN1839_convert_20160530220123.jpg

目の前の絶壁にビビりまくる息子。
それでも岩場では軽い体重を生かしたサルジャンプを至る所で披露してくれました。
身軽でいいなぁ。

前回は残念なくらい霧の中だったこの岩頂ですが、
今日は心置きなく絶景を堪能できました。

DSCN1849_convert_20160530220139.jpg

そして歩くこと4時間。
まったく眺望のない寂しいピークをハント!

前回かかった6時間からは確かに大きく前進です。
しかしそれでも父は不満なのです。
確かに少しは体力はついたかもしれないのですが、
余計な知恵もついてしまいどこかで体力を温存しようとするんですよね。

5歳の時は死ぬ程全力で登っていたのに今日はまだまだ余力あり。
常にペラペラとしゃべり倒していました。

ただ息子は山では決して弱音を吐かないんですよ。
いつでもニコニコです。
この点はいつもほんと偉いなーと感心しています。
育て方が良かったな。

DSCN1856_convert_20160530220235.jpg

下りは行きとは別ルートで降りていきます。
この「坊主尾根」がこれまたハシゴとロープのオンパレード。
よくぞここまでりっぱにルートを確保してくれたものです。
並大抵の努力ではできないですよ。
ほんと山すきな方々の情熱には頭が上がりません。

DSCN1858_convert_20160530220253.jpg

子どもはロープやはしごが大好き。
息子は登りの時もハシゴを見つけると叫んでました。

「やった!ハシゴだ!これで登らなくてすむ!」

もはやハシゴは遊びであり登りには含まれないみたいですね。

DSCN1863_convert_20160530220311.jpg

本日この山に訪れたのは僕たちともう一人のみ。
そのオジサマは大の野草マニアの様ですれ違う時にいろいろ話してくれました。

この時期は「ササユリ」という花のシーズンの様です。
九州ではほぼ宮崎でしかない珍しい花みたいです。
カメラを片手に詳しくその姿を教えてくれたのですが、
ぼくも帰り道で一株発見しました!

そういわれればどこか漂う気品が違うな・・・。
いやなんとなくですが。

DSCN1864_convert_20160530220327.jpg

この大崩山登山は山裾に辿り着く前に必ず祝子川を渡らなければいけません。
以前は橋があった様なのですが何度も台風で流されたため、
現在は岩をピョンピョンと飛び移って渡らないといけないのです。

何名かのブログを見てみると増水のために、
川の手前で登山断念なんてことがよくあるようです。
そしてまさに今日が前日の雨によりこの祝子川見事に増水中だったんですよね。

行きは2人でかなり勝負の大ジャンプで最難所を飛び越えたのですが、
帰りはもうすでに飛ぶ気すらなし。
2人でじゃぶじゃぶと川に突入だ!
あとはゴールだけですからね。
火照った足にこれまた山からの冷たい清流が気持ちいぃーんですよ。

結局今回のコースタイムは7時間半。
前回よりも2時間半早くなりました。

今回再びこの大崩山に訪れたのには理由があるのです。
立地的になかなか来ることができないこの山。

毎年9月に行う僕の激難イベント「24時間サバイバル登山」を
今年はここでやってみようと考えています。

もちろん登る時間は恐らく10時間くらいで収まってしまうのですが、
ここに来る移動時間がまた長いですからね。

それらすべて含めて24時間でまとめてみようと思ってます。
きっと楽しい登山になると思いますよ。

また詳細は来月にでもアップします!
こうご期待ください。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

近隣調査報告 ⑦

DSCN1800_convert_20160526165819.jpg

先日の調査で分かった、
鶴見岳から塚原高原へと連なる縦走コースが途中で消失してしまった!
という衝撃の事実に激しく動揺した僕はいてもたってもいられず本日。
反対の塚原側からの調査に行ってきました。

もとよりこのルートはほとんど人が通ることはありません。
これを読んでも全く情報が生きない方々はどうかご了承ください。

塚原温泉から歩き出す今回のコース。
まずは内山のピークへと向かいます。

しかし天気が良くないんですよね。
どうか1日もってほしい・・・。

DSCN1802_convert_20160526165850.jpg

歩き出してすぐに現れたがけ崩れ。
だがご安心ください。
だれかが親切に以前張ってくれたロープで悠々とクリアーです。

DSCN1803_convert_20160526165910.jpg

続いて倒木が完全にルートを遮っています。
だがこちらもご安心ください。
ぐっと足を踏ん張り地を這うように木の下をくぐればあっという間にクリアーです。

DSCN1805_convert_20160526165928.jpg

その他所々でも崩れてはいるのですが、
大きな箇所はこの2か所だけ。
標識も一糸乱れぬ内山山頂ハントです!

このルートはばっちり生きてますよ!

DSCN1806_convert_20160526165948.jpg

ここから「船底」と呼ばれる谷間に下りていきます。
急で滑りやすい坂なのですが、
途中1か所だけ激しく崩れていました。

ただここも少し迂回すれば何の問題もなく通行できます。
そして船底から再び滑る坂道をぐっと踏ん張って登り切ると、

DSCN1815_convert_20160526170024.jpg

鞍ヶ戸 到着です!
ここまでは難なく来ることができます。

そしてそこからもう少し縦走ルートを鶴見岳方面に歩いてみました。
この先が近隣調査報告 ⑥にも載せた完全に山肌が崩落した場所なのです。
そこまでもたどり着けるのか?

進むにつれて元々細い登山道が徐々に両側が崩れだし怪しくなってきます。
地面にはいたるところに激しい亀裂が!
どうもこのあたりが一番の揺れの被害を味わったという感じです。

DSCN1816_convert_20160526170049.jpg

鞍ヶ戸山頂より歩いて約10分。
終わりは突然にやってきました。
こっち側も道が完全に崩れてしまっています。
これが怒れる大自然の力。

これ以上先に進むのは不可能でした。
鶴見側からも塚原側からももうこのルートはこの部分でまったく通行できないということです。

DSCN1821_convert_20160526170110.jpg

しかし鞍ヶ戸の少し下にあるミヤマキリシマのお花畑は素晴らしくピンクに咲き乱れていました。
もう8分はいってます。
今週来週辺りまでですかね。

幸い塚原側からならここまで来ることができます。
お花好きな皆さん。
ますます秘境の地となってしまったこの鞍ヶ戸のお花畑、
どうか訪れてみて下さい。

DSCN1822_convert_20160526170135.jpg

縦走ルートはもう死んでいるのは分かったのですが、
稜線ではなく山麓を歩く「船底新道」というバイパスルートがあります。
これを使えばこの部分だけ山麓を回って縦走ができてしまうんです。

まさにこの最後の希望のルートを調べるために、
鞍ヶ戸からこの船底新道の真ん中あたりに下りて来てみました。

そして内山までの調査歩行開始。
かなり山の中にあるルートなので、
きっと岩崩れとかはないかな?
と甘い考えで来てみると・・・、
結構崩れてました。

3か所くらいは完全に道が塞がれています。
ただし絶対に不可能ではありません。
上を慎重に乗り越えれば行けます。

ただ残りの半分の鶴見岳方面は今回は未調査です。
だれか情報を持っている人がいたら教えて下さい!

DSCN1824_convert_20160526170153.jpg

そして再び内山に登り直し、
今回は石楠花尾根と呼ばれるルートで別府まで降りることにしました。
このルート、普段でも険しい岩の間の稜線を歩く厳しいコースなのです。
どうなってるのか若干不安になりながら下りだしたのですが・・・。

DSCN1827_convert_20160526170237.jpg

やっぱ想像通りにめちゃ崩れてました。
でもなんとか行けてしまうんです。
ギリギリルートは残ってるんですよ。

もとより破天荒なコースだったのがちょっとハードになった感じです。
定食頼んだら小鉢が一品ついてきたって感じですかね。

むしろ以前よりも面白くなったと考えましょう。

DSCN1829_convert_20160526170256.jpg

手に汗握りながらゆっくりと下り続け、
岩場部分はだいたい終わり森林地帯に入ってきたのでもう安心かな?
と思っていたその時!
アンビリーバボーな風景が飛び込んできました。
やはりラスボスは最後の最後に現れるんですね。

幅50mはあるかという大崩落!
稜線の左側は完全に崩れ落ち、
右側もかなり落ち込んでいます。

ここでこれが来るのか・・・。
もう絶対に引き返せないぞ。
いったいこの先どーすりゃいいんだ?
と悩みつつも先を見ると・・・、
なんと行けるんですよ。

少し残った地面や根っこでしがみついた木などで僅かなのですがルートが生き残っているんです。
これほんとにスゴイですよ。

いままで数年・数十年懸けて踏み固めてきた登山家たちの執念を見ました。
ここに残っているのは彼らの足跡の奇跡です!

この石楠花尾根は通るだけで震災の凄さを完全体験できる、
新たな可能性を感じさせるルートになってました。
面白いですよー。

そしてこれ以降のコースは変わらぬ姿で安全に僕を別府まで運んでくれました。

そこで今回の調査結果報告です。

①塚原温泉から内山まではほぼ問題なく行ける
②内山から鞍ヶ戸までもほぼ問題なく行ける
③鞍ヶ戸から先の鶴見方面は通行不可能
④迂回路である船底新道は塚原側の半分は注意しながら進めば行ける
⑤ただし残り半分の鶴見側は未調査
⑥内山から別府へと抜ける石楠花尾根はかなり注意が必要だがルートは生きている
⑦鞍ヶ戸のお花畑虫食いもあるがとてもきれい。現在8分咲

由布岳と違いここに来るような人々はかなりコアなクライマーばかりだと思います。
なので少し調査結果は甘く出ています。
ただ実際に鞍ヶ戸の先以外はすべてルートは生きています。

安全の確保・自粛も必要かもしれないですが、
行政がここを大金をかけて修復してくれるとはとても思えません。
この先今のこのルートは半永久的にこのままでしょう。

なので皆さんご自分の力量と相談し最新の注意を払ってこの鶴見連山を楽しましょう!

湯布院カントリーロードユースホステル  

近隣調査報告 ⑥

DSC_0621_convert_20160523162104.jpg

あらかた由布岳の状況が分かってきたところで、
本日は由布岳と対をなすお向かいの鶴見岳の様子を調べに登ってきました。
ここも登山者に人気の山です。

相変わらず入り口には厳重に入山規制の紙が貼られています。
今回も失礼してお邪魔します。

僕は西登山口から山頂へ。
奥さんは中央から山頂へと向かいました。

ただこの鶴見岳。
一番の売りであるロープウェイはもうとっくに営業を再開しています。
なので被害はあまりなかったのではないか?
と勝手に予想しながらのスタートです。

DSC_0623_convert_20160523162129.jpg

途中のルートはこのように若干の岩が崩れてはきていますが、
ほとんど登山自体に影響はありません。

そしてサクサク~と稜線である馬の背に到着!
この鶴見岳。
由布岳の様に単体である山ではなく、
いくつかの山々が連なってできている連山なのです。

この馬の背から右に行くと鶴見岳へ。
左に行くと鞍ヶ戸を通過してそのまま塚原高原までの縦走コースとなります。

実は2週間後に鞍ヶ戸にあるお花畑に、
ミヤマキリシマを見に来るツアーを行う予定となっています。
今回はその下見も兼ねた調査だったのですが・・・。

DSC_0625_convert_20160523162144.jpg

ここまでほぼ以前と変わらぬ姿で迎えてくれた山に、
安心と喜びを感じながら登ってきた僕ですが、
稜線に辿り着いた時点でその山の態度は一変!

無数の亀裂がそこらじゅうに走っています。
大丈夫かな?
一抹の不安を覚えながらも縦走ルートを辿り鞍ヶ戸を目指します。

DSC_0630_convert_20160523162218.jpg

由布岳もそうなのですが標高が低い所は地震の影響を受けにくいのか、
ほとんど被害は見られませんでした。

反して頂上付近の高いポイントはかなりダメージを受けている場合が多いです。
この鶴見縦走ルートがまさにそう!

至る所が崩れ落ち、むき出しの山肌が荒々しく行く手を遮ります。

それでもルート自体はなんとか安全を確保しながらなら進める状態だったので、
細心の注意を払いながら前進。

いくつかの厳しいポイントをくぐり抜けて鞍ヶ戸に登る真下に辿り着いた時・・・。
我が目を疑いました。

DSC_0636_convert_20160523162234.jpg

目の前にあったのは山が完全に崩れ去った岩のがれきの跡のみ。
本来ここには緑豊かな森があり、
その木々の間を山頂へ向けて登っていくルートがあったのです。

愕然としながらも一応試してみたのですが、
残念ながらこれは頑張ったら行ける!というレベルではなかったです。
ここを通過することははっきりと不可能です。

そして湧き上がる想いが・・・。
もうここにルートが作られることはないでしょう。
素人の判断ですが、恐らくこの鶴見縦走ルートはもう今後歩くことはできないでしょう。
「廃道」以外の道は今は見えないです。

泣けてきますね・・・。
今まで何度も楽しませてくれたこのロングコースが・・・。
地震の引き起こした影響の大きさを改めて感じました。

DSC_0626_convert_20160523162338.jpg

そのまま鶴見岳方面に引き返し鞍ヶ戸方向にカメラを向けてみました。
山の山頂付近がキレイに崩れ落ちているのがよく分かります。
これでは迂回ルートも作りようがないです。

もともと利用者がそれほど多くなかったルートですが、
ここを愛してた登山者もたくさんいたと思います。
身近な山が再起不能になるのは身を引き裂かれるような思いです。

しかし。
少しだけご安心ください。
かなり回り込むことになるのですがこの鞍ヶ戸には山麓をくるっと回るルートがあるのです。
「船底新道」と呼ばれるこのコースを辿れば、
この鞍ヶ戸だけを迂回して再び反対側の縦走ルートに出ることができます。

ただし反対側のルートが生きていれば・・・の話ですが。

DSC_0644_convert_20160523162354.jpg

そして鶴見の山頂で奥さんと合流。
すっかり落ち込む僕を癒してくれたのは見事に咲き誇るミヤマキリシマ達。
今年は絶好調!
もう8分は咲いてますね。

ただ・・・、
後ろに写り込む由布岳の北斜面もすごいことになってます。

さて今回の調査報告です。

①鶴見岳のロープウェイから続く山頂へのルートは全く問題なく登れます。
②鶴見岳の西登山口から鶴見岳に続くルートも全く問題なく登れます。
③ただし馬の背から左に曲がる縦走ルートは使用不可能。
④西登山道の途中から分かれる船底新道を使えば鞍ヶ戸を迂回できる。
 (ただここの安全はまだ未確認)
⑤なおロープウェイが動いていることでも分かるのですが鶴見の山頂付近はまったく安全
⑥鶴見岳山頂のミヤマキリシマは5月一杯くらいがピークかもしれません。
 (例年より1週間ほど早そう)

これでも分かるように別府市と由布市は早急に鶴見岳への登山規制を解除してください!

縦走ルートの後半部分は、近日中に報告できるように頑張ります!
以上!
ありがとうございました!

湯布院カントリーロードユースホステル  

湯平温泉まつり

DSCN1779_convert_20160522225120.jpg

4月の震災によって2日後に控えた町を挙げてのお祭りである「湯布院温泉まつり」
が無情にも流れてしまった湯布院。
入念に準備をしあとは本番を待つのみだったのに残念でなりませんでした。

あれから1ヵ月。
しかし隣にある湯平温泉では無事に温泉まつりが開催されました!
嬉しい限りです。

もちろん我が家も参加。
まずは土曜日に行われた「こども相撲大会」に息子が参戦です!

かけっこはそこそこイケるのですが見ての通り格闘系はまったく弱っちい彼。
線は細いわ闘争心はないわでまったく勝つ要素が見当たらないのです。

そんな彼の魂を奮い立たせるべく、
今年は人参作戦にでました。

優勝すれば夏に発売予定らしい妖怪ウォッチのなんちゃらゲームを勝ってやろうというもの。
これには彼も朝からテンションハイマックス!

ここである記憶が蘇るのです。
それは昨年同じように餌釣り作戦を展開したところ、
なんとまさかの駅伝で区間賞を獲得したあの日のこと。

ひょっとしたら・・・、
ひょっとしたら再びこの地でも奇跡を起こしてくれるんですかぁぁぁ~?!

DSCN1782_convert_20160522225141.jpg

そうして始まった相撲大会 4年生の部。
3回勝てば優勝だ!
昨年は初戦敗退だったけど今年は気合いの入り方が違うぜ。

さーどこまで高みに連れて行ってくれるんだ!
そんな父の昂揚感と共についに幕を開けた第一試合。

結果は。
ま、まさかの瞬殺!
いや・・・、負けの方のですよ。

崩れ落ちる父。
去年と全く進歩のない男だ。
でも中途半端に2回戦負けとかしない辺りは分かってるな。
はっはっは、それでこそお前だ!

ただ団体戦はチームとしては準決勝・3位決定戦で敗れ、
惜しくも総合4位だったのですが、
3回戦って息子は3戦3勝という好成績を収めたことを報告させてください。

スナップショット 1 (2016-05-22 22-44)

翌日の日曜日はお昼から籠を担いで湯平の鬼坂を駆け上がるタイムレースに参加しました。
僕の所属するフットサルクラブも加盟しているチャレンジクラブでチームを作ったのですが、
始め聞いていたのは走る人がいないので参加してほしいという事だけでした。

しかしその後聞かされたのがレースの前に舞台でパフォーマンスもあるということ。
そして当日初めて全員で顔を合わせたレースメンバー6名に配られた謎の着ぐるみ。
これはあの超有名なやつじゃないですか。

そしてさらに聞かされたのがドリフの「いぃ~湯だっな!あはは♪」の音楽を流すので、
あとは適当に踊ってくださいってこと。
いや、この着ぐるみまでは結構頑張って作ってくれているのですが最後かなり雑ですね!

いきなり舞台で適当に踊るのはかなり勇気がいるので、
集まったメンバーで急遽踊りを考えるはめになりました。
パフォーマンスまでの残された短い時間で必死に踊りを考え練習中。
もはや走る事なんてどうでもいい!状態です。

暑い中さらに分厚い着ぐるみを来て必死に猛特訓。
ここで体力のほぼ7割は消化しました。

DSC_0615_convert_20160522225240.jpg

男組と女組に分かれて参加の我がチャレンジチーム。
結局あれ程必死で考え踊ったのに男女ともパフォーマンス賞は取れませんでした。
聞くところによると優勝チームとふなっしーダンスとの差は僅か1票だけだったそうです。
あーもうちょっとはちきれとくべきだったか!

それならあとはレースに懸けるのみ!
このレースは計6名でかなりの重さのこの籠を背負って一気に坂道を駆け抜け、
そのタイムを競いあうのです。

気合いの入った女組チームがスタート!
この可愛らしい服装の女の子たちもよくよく見るとかなりご高齢でちょっと痛々しい。

しかし唸り声と共に駆け上がった女組は見事優勝~!!
そしてその後こちらも気合十分で走った僕たち男組も見事優勝~!!

これで少しだけですが会の運営資金を手にすることができました。
まー実際にこのレースに参加したのは計4チームだけだったのですが、
そこんとこはあまり触れないようにしてくださいな。

DSCN1799_convert_20160522225215.jpg

小さな温泉街の小さなお祭り。
だけどその分みんなの距離が近くて和気あいあいとした世界がありました。
温かい雰囲気に包まれた素晴らしいお祭りでしたよ。

この2日間時間が空けば細い裏道を歩き回ってみたのですが、
湯平温泉静かで情緒があってとてもいいですね!

古き良き温泉が確実に残ってます。
別府とも湯布院ともまた違う風情が楽しめる場所です。
なんかまた大分が好きになりました。

そして祭りの後の少し寂しい静けさの中、
無料開放されている公共温泉に2つ入らしてもらい、
さっぱりと汗と疲れを流さしてもらいここ湯平温泉とはお別れです。

また来年よろしくお願いします!


湯布院カントリーロードユースホステル  

U25「今しか出来ない旅がある」キャンペーン

DSCN0161_convert_20150915081258.jpg

夏休みを利用して旅に出よう!
25歳以下の若者はこれを見せてくれるだけで料金 200円引き!

ユースホステルとは旅人同士が出会う一夜のステーション。
ここ湯布院カントリーロードユースホステルでは毎晩ナイトツアーやお茶会のイベントあり。
外国人のお客様も多いのでなんちゃって留学気分も味わえます。
今までなかった新しい世界へとちょっと勇気をもって飛び込んでみて下さい!

キャンペーン利用詳細>>
実施期間:8月15日~9月16日
キャンペーン特典ご利用の際は、このページをスマートフォンやモバイル端末の画面に表示させて該当ホステル受け付けにてご提示下さい。
※25歳以下の若者が対象となります。
※他の割引との併用はできません。
※該当施設の公式サイトまたはお電話からご予約のみ対象となります。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫