湯布院で一番被害を受けたのは・・・

DSC_0403_convert_20160430153119.jpg

日々着実に復興への歩みを進める由布院。
しかしまだまだ山奥の方では人知れず被災されている方々がたくさんいたのです。

金鱗湖・湯の坪通り・由布岳と常に観光客でにぎわう人気スポットとは逆に、
こんな小さな街にもほとんどお客さんが行かない超穴場の観光地が点在します。

その中でも僕が大好きなのが 「由布新四国88か所」という場所。
金鱗湖から歩いて約20分。
車すら通らない山の中にひっそりとその名所はあります。

約30分ほどの森林コースの中にキレイに整備された88体のお地蔵様が、
いつでも優しく出迎えてくれるのんびり散歩コースなのです。

ここに行けば本場の四国88か所を巡ったような御利益が受けられる、
かどうかは分からないのですがとてもありがたい場所、
なはずです。

街中の人ごみに疲れた人には絶対にお勧めの癒しの場が・・・、
どうも今回の地震で大変なことになっているらしいっ!

前日にこの場所をおススメした旅人からそんな情報を受け取った僕たちは、
掃除終了後早速現場へと急行です。

待ってろよ~、お地蔵さんたち~。

DSC_0405_convert_20160430153135.jpg

しかしその入り口で今回の災害を象徴するかのように、
さっそく大惨事が起こっていました。

立派な弘法大師様のお像がこんなことにー!
足元からぽっきり。
そうか・・・、ここまで揺れたのか。

すみません、こればっかりは重すぎてどうにもならないです。
今までずっと湯布院を立ちながら見守ってくれた大師。
どうかしばらくの間は寝そべりながらお休みください・・・。

DSC_0406_convert_20160430153154.jpg

そして周遊コースに足を踏み入れると早速1番から並ぶお地蔵様達がことごとく転落。
なかなか激しい景色に皆しば絶句です。

DSC_0410_convert_20160430153228.jpg

あちこちにぶっとぶお地蔵様。
本体も台座も周りも石垣もことごとく崩れ去り見る影もないです。

DSC_0408_convert_20160430153209.jpg

よーーっし!
では早速みんなで起こしてあげよう。
彼らが結構重いのですが、協力しながら元の場所へとお帰りいただきました。

途中欠けてしまっていたり、
はるか崖下に転落してしまっていたり、
元いた場所が崩れ落ちていて移動してもらったりしながら、
40分ほどで88体すべてのお地蔵様がなんとか無事にお立ちになられました。

DSC_0413_convert_20160430153256.jpg

あーこれこれ。
やっぱりお地蔵さまはしっかりと前を見据えていないとだめですね。
しかし起こしたとはいえ、安全に観光できるとはとても言えない状態です。

今からはコースに散乱した石をどかして、
それぞれの台座の石をしっかり組み直し、
更にコースの足場そのものもきちんと作り直さないといけないでしょう。

まだまだ遠い再建への道のり。
もはや個人では手も足も出ないです。
ただはたして行政がここまで助けてくれるかな~?

DSC_0412_convert_20160430153240.jpg


一仕事終わったので、弘法大師様の隣を拝借してランチタイム。
今回の震災の大きさを実感できたひと時でした。

この豊かな湯布院の大自然。
見た目では分からないいろんな場所がマイナーチェンジしちゃってるかもしれないですね。
我がホームの由布岳も非常に心配です。
なかなか登山禁止が解禁されないですが、
早く無事な姿を確認しに行きたいものです。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

復活へ向けてのちょっと息抜き

DSC_0291_convert_20160424225204.jpg

あの天地をひっくり返す地震から一週間が過ぎました。
まだ余震は止まらないのですが回数は確実に減って来てます。
皆さん、今日も元気に揺れてますか!?

こういう時の発言っていろいろ気を使うものですが、
被災者はその点楽ですよね。
なにせ当事者なので。

この状況で遊びに行ったブログを書くの気が引けるものですが、
復旧のためだけに働き続けているわけでもないので久々に投稿しまーす。
本日は朝から休養日。丸一日元気に走り回りましたよ。

まずは自然エネルギーで気力を回復。
近くにある上から滝を見下ろせる冨貴野の滝へ。
誰もいない緑の中にいるだけで救われますね。
いやはや変わらず素晴らしい眺めだ!

DSC_0293_convert_20160424225221.jpg

明日で2か月半働いてくれた香港人のコビーがお別れ。
大変よく働いてくれました。
感謝の言葉もない程です。

そんな彼とこれまた水曜日にお別れの台湾人お手伝いヤンのために、
いつもの定番コースをぐるり。

続いて訪れたのは安心院のワイナリーです。
ここは試食と試飲の王国。
さぁ胃袋にエネルギー注入だ。

お手伝いと奥さんはワインでほろ酔いいい気分に。

DSC_0297_convert_20160424225248.jpg

続いて宇佐市へ鬼のミイラを見にいてきました。
ここは写真撮影禁止なので現物を見たい人はぜひ十宝山大乗院に行ってみて下さい。

お寺に入るとかなり無造作に置かれたミイラに約1mの至近距離で会うことができます。
今回の地震でもその乾ききったお身体には一片の損傷もなく大変元気に座っておられました。

DSC_0299_convert_20160424225313.jpg

続いて訪れたのが大分では恐らく一番の藤の名所である「千財農園」。
過去2年続けて激務のGW明けに訪れているのですが、
全て花が散り終わった後の垂れた茎をみるのみという悲しい想いをした場所です。

しかし今年はついにやりましたよ!
見事満開!
GW前のこの時期に来ることはなかなか難しいことです。
ある意味地震のおかげとも言えるでしょう。

B612_20160424_121130_convert_20160424225327.jpg

240本もの藤が植えられているそうです。
辺り一面には見事に垂れ下がる藤の密林と甘い香り。
これは一見の価値大いにありです。
そして本業のお茶販売ではなく、
これほど藤に力を入れてくれているのになんと駐車場も入場も無料。
なんて懐が深いんだ!と来た誰もが感じます。

みんなせめてお茶でも買おうと入り口の直売店に長い列を作っていました。
もしこれが戦略なら・・・、
かなりの策士がここにはおられますね。

DSC_0313_convert_20160424225350.jpg

続いて国東にある 冨来神社へ参拝。
そのありがたい名前から宝くじの当選を願ってくる参拝者が後を絶たない神社です。
今回の地震もある意味 大当たり(?) なのですが、
もう十分です、と今後の当選ははっきりと辞退してまいりました。

DSC_0321_convert_20160424225409.jpg

国東まで来たのなら、
もちろんいつものあの場所に来ますよね。
自分に気合い入れ直しとお浄めの意味も込めて今年最初の海へ!

生憎の曇り空でしたが僕の禊にヤンもつき合ってくれました。
しかしそこはまだまだ4月の海。
一切手加減なしでした。
呆れるほどの冷たさ。

澄み渡る海中へ漕ぎ出して数秒で手足はピリピリとかじかんできました。
しかもズルをして2枚無理やり着込んだウェットスーツが特大の浮力を与えてくれ、
まったく潜れない!大いなる誤算だ。

震えながら海面でじたばたすること20分。
あまりの寒さに速攻で2人ともリタイアです・・・。
まだ、ちょっとだけ早かったな。

それでもなんとか今年初のお恵みを少しだけ海から頂きました。
醤油炒めで大変美味しく頂かせてもらいました。
しかしその後1時間は震えが止まらず。

ちくしょー、また来るぜ。
何度でもな。

DSC_0333_convert_20160424225424.jpg

一旦湯布院に戻り、
友達のところに遊びに行っていた長女と長男を拾い、
別府のカラオケでお手伝いサヨナラ歌会を実施しみんなで2時間熱唱!
ここでも当然やり切りましたよ。
歌って叫んで踊って・・・。
イカレた喉に滴る程の汗。もう話もできない位です。
いやー気持ち良かった。

すっかりと発散しきった今日。
明日からまだあと少し復旧作業が残っています。

そして残すは温泉の浴槽復帰のみ!
でもこれは残念ながら業者さんの順番待ちなんですよね~。
いつ来てくれるかな~?

もうここまで来たら気長に待つしかないですね。
早くお客さん第一号をお迎えしいっす!

湯布院カントリーロードユースホステル  

東京出張 15年ぶりの我が母校へ

DSCN1661_convert_20160413173257.jpg

1年ぶりの東京出張ー。

成田空港から宿泊の銀座のカプセルホテルに、
ヨレヨレとたどり着いたのがすでに深夜の12時前。

疲れ果てた僕はそのまま倒れる。

しかし途中で見た空の明るいこと明るいこと。
輝くネオンの光が雲に反射して夜が始まらない。

夜ってのは暗いものなのです。
特に月明りがない時は暗黒じゃなきゃダメなのです。
この当然の感覚。

東京の人には分かってもらえないだろうなー。

ちなみにこのブログは分かる人にしか分からない超個人的なブログとなります。
当該関係者ではないと判断された方は速やかにページ変更をお願いしまーす。

DSCN1662_convert_20160413173319.jpg

2日目は午後3時から会議が始まります。
さぁ時間あるぞ。

まずは東京駅の前のビルで待ち伏せ、
昔南米で出会った友人Hにドッキリ再会!
5分程お話しておみやげ渡してまず1人と出会い完了です。

その後昨年整体院を開業した大学時代の友人に会いに遥か埼玉まで!
僕の中で勝手に隣の県に行くなんて時間的に絶対に不可能と思い込んでいたのですが、
調べてみると東京から埼玉の東大宮まで電車で僅か50分。
なんちゅー近さ!
ということで痛めていた左肩の診察ついでに会いに行ってきました。

懐かしき昔話に花咲かせながらの1時間のマッサージ。
心も体もほぐれました。

身体はでかいがとても気のいいやつがやっております。

新感覚バランス調整 だいぼう整体院
http://www.daibo-seitai.com/

ぜひよろしくお願いします。
無事に2人目再会完了っす。

DSCN1664_convert_20160413173357.jpg

そして東京に舞い戻り今回の目的でもある会議へ。
まぁ日本のユースホステル業界をいかに宣伝していくかという事を、
オッサン3人で話し合うのですが、
絵的にも内容も面白くもなんともないので当然ここはスパッと割愛で。

3日目はみんなで朝の8時半ぐらいからまた話し合うか、
と決めていたのですがそこはさすがに全員ユースホステル経営者。
自然とみんな5時半には起きだし、片づけも終え準備万端。
結局会議再開は超早い7時でした。

DSCN1669_convert_20160413173419.jpg

早く始まった会議は順調にまとまり9時半には全て終了。

13時終了予定だったので驚愕の早さです。
帰りの飛行機はさらに翌日の朝10時20分発。
1人で時間を過ごすことが極端に苦手な僕はきちんと裏技を用意していました。
おひとり様レンタカーです。

田舎者には非常に厳しい首都高のラビリンスを走り抜け、
中央道を北上し、岡谷JCTを曲がりさらに南下。
そこに現れるるのはそう、我が愛すべき信州です。

15年ぶりにこの地へと帰ってきました。
目の前に広がる雄大なアルプスの山々。
神々しく雪をかぶるそのお姿は九州ではまず見れない風景です。
やっぱスケールが違うな!

これを見ながら人間として学び成長した4年間。
少しひんやりとした空気を吸ってるだけで胸が熱くなりました。

そしてまずは母校の大信州大学 大農学部へ。
もう卒業してかなり経つけど、
相変わらず、いやますます古いな。
こうでなくっちゃ。
ほっと一安心です。

DSCN1670_convert_20160413173441.jpg

その後ほぼ在学中は絡んだことはなかったのですが、
先輩が喫茶店を開いているとの情報を今を時めくFacebookから仕入れていたので、
早速来店です。

これが伊那駅の目の前!
ほんといいとこにあります。
店内も程よい距離感でオーナーの Oさんとお話で来ますし、
もちろん珈琲も美味い!

昔はこんなオシャレなとこ伊那にはなかったですよ。

伊那に行かれる方はぜひお立ち寄りください。
時々関西弁が蘇るイケメンの兄貴がおられます。

コーヒーとサンドウィッチ おかもと
https://www.facebook.com/csokamoto/

DSCN1671_convert_20160413173458.jpg

続いては卒業後も伊那に残り農業と闘い続ける後輩のO塚を訪ねていったのですが、
生意気にも仕事中で忙しいとのこと。

しょうがないので一緒に畑で小一時間ほど農作業しながらお話してきました。
学生時代 浮いた女性話がまったくなく、
「彼女」というキーワードから一番遠くで暮らしていた彼。

皆さん、ご安心ください。
拾う神も救う神もいたようです。

なんと結婚してました!
新婚さんですよ、おめでとう~!

なんかこれで一つ心の心配がなくなりました。
最後の心配はY中だけかな。

DSCN1672_convert_20160413173520.jpg

学生時代に暮らしていた下宿にも立ち寄ってみました。
もう誰も住んでおらずほとんどが壊されていたのですが、
僕が住んでいた部屋だけはまだ残ってます。

この玄関のシールは僕が張った物です。
当時の家賃は 13,000円。
こんな個別の部屋が15棟ほど集まって「学生村」と呼ばれるところでした。
それぞれが独立した一棟立てと言えば聞こえはいいんですが、
プレハブ作りで横に家がなく、しかもこの場所の標高は約900m。

寒かったですよね。
室内の温度計が -13度を指していたこともありました。
よく生きてたもんだ。

DSCN1673_convert_20160413173538.jpg

最近拡充し一気に観光地となった見晴らしファームにある喫茶店 はるか。
ここも最近後輩のご両親が神戸から移って来て開始されたお店です。
そして実は偶然ここのオーナーがうちの宿に泊まりに来てくれて知り合ったんです。

ここの何よりの売りはテラスから望む南アルプスの絶景。
伊那の谷間と山々の織りなす広がりはほんと最高なんです。
ただ定休日でさえなければなぁー。
とほほ。

喫茶 はるか
https://www.facebook.com/pages/%E5%96%AB%E8%8C%B6-%E3%81%AF%E3%82%8B%E3%81%8B/398325303568241

DSCN1676_convert_20160413173558.jpg

そして徐々に日が暮れゆく伊那谷をさらに南に下り、
シダレザクラが有名な光前寺で花を愛でる。

さすがは信州。
すでに桜はとうに過ぎ去った九州とは違い、
まだまだ絶好調に咲き誇っております。

さらに駒ヶ根ユースホステルもちら見だけさせてもらい、
(チェックインで忙しそうだったので声かけれず)
まだまだ南下を開始。

ほんとは駒ヶ根にある協力隊の訓練所にも寄りたかったのですが、
それは完全タイムアップで断念。

DSCN1677_convert_20160413173620.jpg

そして中川村で家具職人をしているこれまた大学の同期のご夫婦のおうちにお邪魔しました。
去年由布院に家族で遊びに来てくれた際、
俺もいつか必ず行くね!
と宣言したのですがまさかこんなに早くもその約束が果たされるとは。

静まり返り、満点の星空の中川村。
湯布院よりもさらに静かです。
あー落ち着くなー。

この家はなんと彼らが自分たちで作ったんですよ。
まだ未完成らしいですがその完成度の高さにびっくり。

厚かましくも一家団欒の夕食にもお呼ばれし、
楽しい2時間を過ごさせてもらいました。

みなさん、
机や椅子、またオーダーメイドの家具のご依頼は
タカギカグまで。
http://takagi-kagu.blogspot.jp/

DSCN1680_convert_20160413173645.jpg

そしてすっかりと真っ暗になった信州をあとにし、
再び上り線を黙々と走り東京へ。

しかし最後のあがきで甲府にいる南米で会った友人と深夜の密会。
仕事があるのに付き合ってくれてありがとよ。

途中仮眠を取りながら早朝6時には車を返し、
無事に空港にたどり着きました。

今回車を借りたのは1日足らずなのですが、
走行距離は560kmでした。
頑張ったな。

そしてお昼には我が大分へただいま~。

出会いの旅となった今回。(あくまで出張が目的ですが)
みんなそれぞれの人生を必死に生きてるんだなと思いました。
そしてまたそれぞれがその道のプロフェッショナルになってるのが面白い。

昔学生時代にみんなで語り合った夢があります。
あまりに学生時代の居心地と人間関係が良かったため、
いつかは来るであろう別れを受け入れられない僕たち。

そこで考え出したのが「夢の島プロジェクト」です。
みんなでそれぞれの道を極め、いつの日か全員で再び集結し、
みんなでどっかの島を買い取り、
そこで磨いた腕を活かして一緒に暮らそう!というものです。

当時はかなり本気で夢の島積立金までしていたんですよ。
もうすっかり忘れられてしまったであろう古き良き想い出ですが、
みんなの頑張りを見てたら、
今ならひょっとしてほんとに・・・。
なんて考えてしまうんですよね。

ははは。
完全に信州の熱にやられちゃってますね。
今回貴重な忙しい時間を割いてくれたみなさん。
大変ありがとうございました。

この東京 → 伊那 の弾丸ドライブ。
すっかりと味を占めました。
東京会議は毎年あるのでまた必ず皆さんのとこにお邪魔したいと思います。

そしてぜひ機会がありましたら由布院にもお越しくださいませ~!

湯布院カントリーロードユースホステル  

大分県の隠し玉 まだあるのか・・・

DSC_0100_convert_20160413172641.jpg

10年目を迎えるここ大分での生活。

山に海に渓谷に磨崖仏に花に公園にと、
とにかく我々を飽きさせることなく楽しませてくれる場所なのですが、
またごく近くにとんでもないお楽しみが潜んでおりました。

場所は別府の隣すぐ隣りの日出町。
かつてここで人間魚雷「回天」の訓練が行われていたそうで、
その関連施設などを含めた辺り一帯がぐるっと周れる観光地となっていたのです。

これがその人間魚雷 回天の実物大模型です。

圧巻の迫力。
これに乗って敵目がけて突っ込んでいくのです。
息も詰まる程の狭さの船内で昔の若者は何を思ったのか・・・。

ちなみに2年前にここを通った時は何もないただの港町でした。
驚くべき変貌を遂げた日出町。

定期的に周遊しないと次々と更新される大分の観光発信力に追いつけないです。

DSC_0101_convert_20160413172714.jpg

続いて向かったのが 「いしころたちの動物園」
同じく日出町にある石の美術館です。

以前から車で走りながら目にしつつも思わず素通りしていた所なのですが、
回天の資料施設達につい心が圧倒されこの日は思わず入ってしまいました。

そして、
ここが、
これまたとんでもなくメガヒットだったわけなのです。

そこらに落ちている石ころに絵が描かれただけの美術館ですが、
このそれぞれの石が持つ凹凸や形を見事に活かした絵付けが絶妙!
全員唸りっぱなしでした。

写真OKなのは庭にあるこの Garden Zoo だけなのですが、
館内に展示された石たちもとにかく素晴らしいし、
庭に放たれている動物たちもほんとに愛くるしい!

DSC_0110_convert_20160413172741.jpg

何百匹もの動物が実に表情豊かに作り出すストーンワールドは、
まさに自然とアートの融合です。

なぜこの10年知らなかったのか・・・?
それを激しく後悔するほどいいとこでしたよ。

入場料はわずか 350円。
そして満足感はもちろんプライスレス!

皆さん。
ここは、ぜひ行ってみてください。
季節によって展示物もどんどん変わるそうです。
我々も常連客決定ですな。

DSC_0124_convert_20160413172759.jpg

お天気が良かったのでそのまま隣りの糸ヶ浜海浜公園へと行きました。

ここは毎年ベンチ作成やキーホルダー作りのためにやってくる秘密のお宝海岸なのですが、
ここも変わってるし・・・。

今までは味気なく砂利で覆われていた広い駐車場の半分が、
子供用の遊具のある広場に変わっていた。
しかもまだまだ何かを作成中。

一体どうした日出町!
なんでそんなに突然太っ腹になってんだ?
大分の誇る2大観光地 別府・由布院の牙城を崩す気か・・・?

今日出町から目が、離せない。
そんな感じです。

ちなみにここでは素手でひたすら海を掘り返したら、
たくさんのマテ貝をゲットできました!
へっへっへ。

DSC_0130_convert_20160413172817.jpg

その後久々に城下町 杵築の街を散策。
さすがにここは変わっておりませんでした。

でも変わらず静かでいいとこですね。
お目当てのカフェは全て4時半にはクローズ。

ちょっと早いな、と思いつつもまた来ましょう。

DSC_0134_convert_20160413172839.jpg

最後はこちらも以前から狙っていた武蔵にある
フランス菓子屋さん ニコラでお茶タイム。

スミレ畑を見ながら駐車場で頂かせてもらいました。
そのお味ですが、
やっぱ今日はきてますね。

相当美味いです。
どれも見た目もオシャレですし。

人生の中でもかなり最上位にモンブランを愛する僕ですが、
その基準は中身のスポンジの少なさです。
スポンジで底上げされたモンブランを僕は許さないっ!

しかしここのモンブランは、
なんと中のスポンジがない・・・。
全て種類の違う3つのクリームだけでできているのです。
きましたね、ここにモンブラン 極まる!

最後まで美味しく満喫した午後休もこれでお終い。
ここでみんなと分かれて僕はこのまま大分空港から東京へと出張なのです。

飛行機は夜の20:00発。
成田着が21:20分。
これしかジェットスター便がないんですよね。
田舎はこれが不便なのです。

年に1度の会議への出席。
それでは行ってまいりま~す!

DSC_0136_convert_20160413172854.jpg

余談ですがこの日の午前中は奥さんの
「鶴見岳一気登山大会」でした。

1300mを一気に駆け上がる鬼のレース。
この完走の認定書だけでも大したものなのですが・・・。

タイムが遅い!
昨年よりも6分以上も遅いではないか。
こりゃいかんぜぇ。

まだまだ落ち込む年齢じゃないよ。
心が負けたな。
「スゴイ!よく頑張ったね!」
と褒めてもらうのは周りにまかして、
僕だからこそ言える励ましがあるはずです。

てんめぇ仕事抜けて走りに出てんだ、
次はすかっと心晴れるタイムだしてくれよぉーう!

相当悔しかったのか早くも来年のリベンジを誓う彼女でした。
(抽選に受かればですがね)

湯布院カントリーロードユースホステル  

釜山へ おまけ編

DSCN1632_convert_20160406231126.jpg

朝の7時半。
釜山から我々を乗せたきたカメリアフェリーがついに開門。

日本帰ってきたぜ~。43時間ぶりだ・・・。

奥さんの友人が1か月前にベイベーを産んだらしいので、
早速会いに行くことにしました。
博多から車を西に走らせ唐津に到着。
そこで産まれた手ほやほやの赤ちゃんとしばし戯れる。

超ちっちぇ~!
超きゃわいぃ~!
その友人は同級生なので奥さんと同い年です。

「まだまだ僕らももう一勝負いけそうですね」
の一言を決して許さぬ奥さんの無言のプレッシャーにこの日も負けた。

ひさびさゆっくりとだべりたい奥さんをその場に捨て去り、
残りのメンバーはさらに西の いろは島へ。

ここは島全体にアスレチックが設置された冒険アイランドなのです。
早速島の山に入っていってみると・・・。
あるべきものが何もない・・・。
なぜ??

散歩中のオジサマに尋ねると施設老朽化で昨年にすべての遊具が撤去されたそうです。
なんてこった終わったな、いろは島。
またしても絶好の遊び場がなくなったことに深く悲嘆しつつ、
だれもいないビーチで静かに波と戯れる。

DSCN1650_convert_20160406231221.jpg

しょうがないのでこのあたりでは鉄板の遊び場。
玄海原発センターの公園で大はしゃぎ。

ここの遊具かなり面白いんですよ。
原発の是非は一旦ここは置いておいて、
全国にある原発PRセンター 機会がありましたらぜひ行ってみて下さい。

どこもかしこも無駄にお金をかけたハイクォリティー公園が目白押しです。

DSCN1655_convert_20160406231334.jpg

なんとここ玄海にはさらに隣りに新しい施設 「あすぴあ」が作られてました。
稼働してないくせに金だけはかけとりまんな~。

しかし利用者側にしてみればありがたい限りです。
新施設には この芝スキー(20分 無料) や ゴーカート(有料)のほかに、
広い芝生の庭や健康遊具が置かれてました。
もちろん建物の中もエネルギーに関して楽しく遊びながら学べる場所もあります。

DSCN1656_convert_20160406231352.jpg

散々汗だくで遊んだあとは玄界灘を眺めながらぐるっとドライブし、
呼子で定番のイカを食し、
再び唐津にて奥さんを拾い、
最後は古湯温泉にて旅の疲れを癒して、
韓国から続いた我が家の春の旅行はこれにて終了でっす!

とても濃ゆい2泊3日でした。

やっと春休みが終わったかと思えば、
早くもそろそろ鳴り響きだすGWの不穏な足音。

こうしてまたいつもの毎日という繰り返しが、
何気ない日常を形造っていくのですね。

さぁ現実世界に帰るぞー!

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫