なかなかいいぞ!弾丸フェリー

DSC_0630_convert_20150730163707.jpg

湯布院の子どもたちを集めて1泊2日で行う「湯布院子供サマーキャンプ」。

スタッフ総出で2日間魂削って行うイベントが今年も無事に終了。
夜の寝不足に加え、別府まで徒歩で歩き続け、みんなヘトヘトになった中、
この日の翌日を休館としている我が家の強行旅行が発動!

子ども達を笑顔で送り出したのが夕方5時。
ここから速攻でシャワーを浴びて、
掃除はすべて見ないふりをしたまま5時半には出発。
別府発 6時45分のフェリーに乗って目指すは大阪だ!

慌ただしくフェリーに乗り込み買い込んだ食料でまずはカンパーイ!

僕はいつも仕事の関係上眠る前にだけアルコールを飲みます。
「飲む=仕事終了⇒お休みなさーい」
という方程式が完全に体内に宿っているわけです。

しかし今年もやり遂げたという満足感と船内という異空間が、
完全に僕を惑わせた・・・。

何を血迷ったか7時の夕食時に飲みだしてしまった僕。
元より強くない上に疲れ果てた身体は、
実に気持ちよくアルコール分を吸収しもう気分はすっかりあの世へ・・・。

甲板で夜景を楽しんだり、ゆっくりと船のお風呂に入ったり、
だれかと交流したり、家族の時間を過ごしたり・・・。

そんな思い描いていた船上での夢のような楽しい時間は、
そのまま倒れこんだ8時というありえない時をもって終了してしまったのです。
かなぴー。

CIMG0804_convert_20150730163818.jpg

もぞもぞと起き出す船上の朝。
6時35分 大阪南港到着~!

朝一っていつでも気持ちいーですね。
早起きサイコー!
もわっと吹き付ける大都会特有の熱波がまた大阪を感じさせてくれます。

しかし当然と言えば当然ですがこんな時間には店が何一つ開いていない・・・。
どーするか?よし、とにかくどっかに移動してみよう。

通勤ラッシュ前の電車に揺られること30分。
目の前に現れた天にそびえる超高層ビル。

これぞ名高き「アベノハルカス」です。

見上げると・・・、首が痛いぞ。

CIMG0818_convert_20150730164006.jpg

「どうも相当混むらしい」

という情報を聞いていたのですが、
全く並ぶこともなくすいーーーっと60階の展望台へ!
早起きは3文のお・と・く。

眼下には大阪の街並みがどこまでも広がってます。
足元も透け透け。
これには高所恐怖症の奥さんとちびっ子は尋常じゃなくビビってます。
何時までも踏み出せない最後の一歩・・・。

CIMG0813_convert_20150730163848.jpg

「トイレもスゴイらしい」

という情報も仕入れていたので早速行ってみました。
こりゃースゴイ眺めだ!
高いとこダメな人は100%漏らしますね。

気分爽快にすっきりとし、
その後はビルの中のお店ををウロウロ。

田舎者にとっては溢れるほど陳列された商品の中を歩くだけで、
刺激的この上ないのです。

CIMG0825_convert_20150730164020.jpg

するとケーキ屋 「ハーブス」を発見!
昔京都で知り合いに連れて行ってもらい、
モンブラン好きの僕はそのあまりのレパートリーの多さに狂喜乱舞した場所です!
ここにもあったかっ!

早速みんなでケーキを注文。
うまそー。
しかしお値段もかなりしっかりしますよ。
このブルーベリータルトはケーキだけで900円。
ランチが食えてしまいます。

都会の洗練された味に虜にされた子供たちによって、
3つのケーキは瞬殺で完食。

この旅。
かなりエンゲル係数あがりそうだな。

CIMG0829_convert_20150730164037.jpg

ギラギラ照りつける太陽をものともせず、
大阪と言えばここ、新世界をお散歩。
もちろん串カツも食べました。

ここで岡山県のPRチームが果敢に大阪で串カツ対決に挑んでいました。
2つの串カツを食べ比べてもらい、美味しい方に投票してもらうという勝負です。
岡山が挑むのは九州の雄 鹿児島の黒豚カツ。
そんな彼らの持ち込んだ最新鋭の武器がまさかの

「桃カツ」

正気か・・・?
まさかとんでもなく美味いのか?

当然のように美味い黒豚カツを食した後、
ドキドキしながら桃カツを口に・・・。

パクリ・・・。

あ、あまい・・・。

不味いわけではないのですが、
口が完全に塩系の味付けを望んでいるところにまさかの桃。

挑む相手がまずかったな、岡山。
関西人の容赦ない投票の手はほぼすべて鹿児島に流れていました。
だがその挑戦心は認めよう!
よくやった、岡山県!

DSC_0670_convert_20150730164057.jpg

午後からは「海遊館」へ。

忘れもしないこの場所。
あれは奥さんと奈良で結婚式を挙げた夜。

お祝いに2人で来たのがこの隣のシーガルホテルだったのです。
初日はゆっくりと2人で買い物をし、
2日目はこの海遊館を見て回る予定でした。

そう。
僕が新聞を朝開いてしまうその瞬間までは!
何気にTV欄を見た僕の目に飛び込んできたのは日本代表のサッカーの試合。

まだまだ若く世の中の大切なことの順序すら分からなかったあの頃・・・。
あろうことかこの2人の大切な人生に一回の記念日に、
僕は海遊館よりもサッカーの試合をTVで見る方を選んでしまったのです。
今思えばよく奥さん許してくれたな~。

14年の時を経て、
ようやく実現した一緒に行く海遊館。
なかなか感慨深い時間でした。

DSC_0714_convert_20150730164128.jpg

水族館を出た時に気が付いたのが僅かな人だかりです。
その真ん中では大道芸人のお姉さんが汗だくでパフォーマンスをしてました。

ちょっと見ていくか・・・。
と腰を下ろしたこの時間がこの旅最高の感動を与えてくれました!

ミスサリバンという名の彼女のジャグリング芸は圧巻の一言。
女性ならではのしなやかさ。
大阪人ならではのトーク力。
そして圧倒的な技術!

どーもTVなどにもよく出ている有名人らしいです。

彼女の必死な汗だくの技の数々にいつしか真剣に見入ってしまい、
終わるときには思わず手が腫れるほどの拍手を送っていました。

真剣っていいですね。
ひたむきに打ち込む姿には何物にも代えられない美しさがありますね。

いやー素晴らしい感動をほんとありがとですっ!

ただ最後まで気になって仕方ないことがひとつ・・・。
あなた一体何歳なんですか?
ミスサリバンのミスがやけに気になってしまって・・・。

DSC_0745_convert_20150730164146.jpg

そうして一日遊び倒した大阪を後にし、
前夜に乗って来たのと同じ船は静かに大阪南港を後にしました。

前回の教訓を忘れずに、
この日は飲むのは眠る前にします。

明石海峡と神戸の夜景をゆっくりと眺めながら海風に吹かれる。
そして船がかき分ける海の割れ目からはキラキラと青白い輝きが・・・。

あっ!夜光虫だ!

赤潮のプランクトンが刺激を受けて発光するこの現象。
松江にいた時はしょっちゅう出会えたこの輝きに久々の再会し、
なにやら胸が熱くなりました。

あーーー、
海・・・、やっぱいいなぁー。

船中2泊。
関西滞在時間僅か12時間のこの旅。

ひと時もじっとできない我が家にはとても向いてるような気がしました。
これで関西がぐっと近くなったな。

帰ったらサマーキャンプの後の全館掃除が待ってるが、
今だけは忘れよう。

また来よう!
さらばオオサカ。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

姫島へ

CIMG0644_convert_20150723170338.jpg

夏休みの第一弾家族旅行は大分県の北部にある姫島へ。
人口わずか2000人の島です。
名物はクルマエビとタコ。
あとは白塗りで狐の化粧をした盆踊りが有名な場所です。

ここで思いっきり夏を満喫するのだっ!
と両手いっぱいに海道具を担いで国東半島の国見から出発。

島のバンガローを借りての2泊3日旅行。
この時の天気はいいのですが、
しかし世の梅雨はまだ明けていないのです・・・。

CIMG0646_convert_20150723170406.jpg

船に揺られること20分。
乗って荷物降ろして座ってほっと一息入れるともう到着間近の放送が・・・。
まったくゆっくりできーん!

そして降り立った島は厚い雲に覆われていたのですが、
その分誰一人いないビーチは貸切です・・・。
バレーに鬼ごっこにサッカーに相撲。
ひたすら浜を駆け回り、初日から汗だくだくだ。


今回のメンバーは我が家族とアメリカ人とドイツ人のお手伝い。
長女はなんと今グアムに行ってます。
同じ島だけどかなりランクが違うな・・・。

初日の夜は降りそうで降らない浜辺で、
みんなで静かに花火とお酒を楽しみ、
程よく酔っ払ったとこで僕と息子はフルチンで夜の海へGO!

思いのほか冷たい水温にショックで飛び跳ねながら数秒で撃沈。
2人で震えながらバンガローに。
まずは軽く1敗目です。

DSC_2412_convert_20150723170849.jpg

翌朝はみんな6時から起きだし、
朝から近所のカニを捕まえて、
カニスープと一緒に朝食。

欧米人は横で珍しそうに写真ばかり取ってましたが、
決して飲もうとはしませんでした。
こいつら来週の24時間サバイバルキャンプに参加したら確実に死ぬな。

DSC_2443_convert_20150723170923.jpg

まだまだ低い水温に海水浴を躊躇した我々は、
ここで砂遊びを開始。

みんなで協力して作った砂の城。
製作時間1時間以上の大作です。

一生懸命に手伝ってくれたこのちびっ子のおかげで、
30分は余計に補修作業に追われた父。
でもいいんです。

この満足げな笑顔が今日一番の作品だっ!

DSC_2458_convert_20150723170950.jpg

天気予報では思いっきり雨予報だったのですが、
意外にもいい天気が続いてます。
よしっ!
天気がもってるうちにレンタル自転車に乗ろう!

なにせ小さい島なので端から端まで自転車で1時間くらいで行けちゃうのです。
ビュンビュン飛ばすぞ~!
のはずが坂の地に住むがゆえに自転車にあまり乗ったことのない息子と、
車社会から来たがゆえに人生で自転車に5回位しか乗ったことのないアメリカ人が、
超絶ペースを遅らせる。

立ちこぎという高等テクニックが使えない2人は、
坂が来るたびに降りて押してました。
ひんじゃく ひんじゃくぅぅ~!!
てめーら2敗目だぁ~!

DSC_2460_convert_20150723171037.jpg

この島には程よく「姫島7不思議」という観光場所がちりばめられてあって、
これが旅人の心をくすぐるのです。

ここは昔借金取りから逃げた島民が隠れたといわれるお堂です。
驚くべきはその人数、びっくりの1000人!
だから名前も千人堂。

いやどう頑張っても15人くらいしか入らんやろ・・・。
そもそも島民2000人しかいないんじゃなかったっけ・・・?

まぁそこはかなり大目に見てやりましょう。
ここはそれ以外にも瀬戸内海唯一の黒曜石が取れる場所でもあるそうです。
そう言われると足元に転がる石ころもすべて宝物に見えてきたぞ。

DSC_2472_convert_20150723171009.jpg

とにかくかなり無理がありそうな7不思議を、
島中を走り回りすべてコンプリート。
よっしゃ!

そんな中なぜこれが選外なのか島民の感覚を疑うすごいものがありました。
これです!ハートの切株。

すごくないですか?
世の中の恋人の聖地ブームに乗っかれればかなりお客さん来ますよ。

逆に言うとまだまだ汚されてない効力がたっぷり残ってるかもしれません。
愛が欲しくてしょーがない方はぜひこちらにお越しください。

しかしここから天気が一変。
耐えに耐えていた空の限界突破。
激しく降りだした雨に全員一気にびしょ濡れです。
寒い・・・。

この後ついにこの雨はやむことなし・・・。
結局この日の海水浴は諦めました。
寒いから・・・。はい3敗目ですね。
あとはひたすらのんびりと夜は過ごすことになりました・・・。

CIMG0693_convert_20150723170439.jpg

まだ7時くらいですがみんなはバンガローでまったりしているので、
僕は隣のバーベキューハウスの中で一人で晩酌です。

爆音を轟かす音楽をバックにチビチビと飲む今夜の相棒はもちろん、
ぽんじゅーーーっすっ!!
まだ夜は長い・・・。
こんなとこで飲み過ぎて死ぬわけにはいかないのです。

この時周りには蚊取り線香の結界を5か所から張っているのですが、
それでも島の蚊達の命をかけた特攻攻撃により、
すでに数か所吸血中。

蚊取り線香の煙幕が部屋中を覆い尽くすのが先か、
蚊の最後の総攻撃が先か・・・。

一人の男と野生とのプライドを懸けた真剣勝負が、
誰一人知ることもない島の片隅で行われていたのです。

結局7か所程吸われたところで僕がギブアップ。
バンガローに逃げ帰りました。
4敗目~。

DSC_2497_convert_20150723171103.jpg

結局夜も雨は上がらず、
そして朝も雨は上がらず・・・。

荒れる波音と雨音を聞きながら、
朝食を食べてそのまま8時の船で離島。

負け続けた今回の旅行。
まったく使われずただ重いだけだった海の道具たち。
残念ながら青空の暑い中で泳ぎまくる!
という当初の計画とはかなりかけ離れた島時間でしたが、
これはこれでひたすらのんびりできて良かったです。

近くて遠い島 姫島。

またいつか来る時があるかな・・・?
いやないな。
はっきり言ってやり切った。

思い残すことは・・・、ない!

ありがとう姫島そしてさよなら!

湯布院カントリーロードユースホステル  

暑中見舞い

IMG_20150605_0001_convert_20150720210307.jpg

なかなか梅雨が明けないですね。
困ったものです。

しかしじめーっとした暑さは健在。

さぁーいよいよ夏がやってきますよ!
準備OKですか?

こんな時こそ外に出て太陽を浴びて魂焦がしましょう!
たっぷり暴れて汗の海で泳ぎましょう!

サマー!カモーーーンッ!!

湯布院カントリーロードユースホステル  

いよいよ夏休み始まる

DSC_2363_convert_20150717232300.jpg

台風通過のために終業式が一日早まり、
思いもかけず一日増えた子どもたちの夏休み。

当然学校から出された「自宅待機!」の指令はしれっとスルーされ、
朝からお手伝いと母を巻き込み遊びに出かけました!

なにせ今回の台風ほぼ九州は無視状態ですのでどうかお許しあれ。

まずは大分の中古屋さんに立ち寄ったのですが、
毎度のことですが外国人たちはこの中古屋さんにとてつもなく興奮します。
とにかく安いらしい・・・。
前来たカナダ人は3000円で売ってるスノーボードの前で20分ほど唸ってました。
(結局買えなかったのですが)

その後相変わらずめっちゃ美味いバイキングの「木の花ガルデン」にてランチを楽しみ、
いよいよラウンドワンのスポッチャへ。

3時間遊び放題コースで心ゆくまで遊ぶぞ!

DSC_2367_convert_20150717232106.jpg

ここはたくさんのゲームやスポーツが遊び放題の施設なのですが、
さすがに今日は人が少ないな。

いつもは混み合うローラブレード場もガラガラ。
よーし、今日は心ゆくまで練習するぞ。
そんな中ここで誰よりも一番頑張ったのが息子。

そのチャレンジ精神は半端なく、
転んでも転んでも突き進みます。

そのあまりにもド派手な転びっぷりにまったく他人のお姉さんが
「ぼくだいじょうぶ??」と助けに来てくれたほどでした。

そしてみんなと同じように滑りたい末っ子は、
用具を完全装着するも1秒たりとも立つことができず。
ずっとパパに支えられて一緒に滑るのですが、
けっこうきついよ、これ・・・。

腕がプルプル・・・

CIMG0631_convert_20150717231922.jpg

その後はゲームに釣りにスポーツにと各々好きなように遊んだのですが、
今回の遊びの中で一番の発見がこの「バブルサッカー」です。

ネットでは見たことがあったのですが、
ついにここでも取り入れられたようです。

このどでかい風船みたいな物に入り込み、
そのままみんなでサッカーをするという競技です。

すると一体どういうことになるのか・・・?

DSC_2371_convert_20150717231944.jpg

お互いにぶつかり合って半端なく吹っ飛ばされます。
しかしながら周りはすべてこの風船で保護されているために全く痛くない。
あっちこっちでコロコロとブッ飛ばされる様はまさに割れないハンプティダンプティ。

正直言って中から外はかなり見にくいのでサッカーどころではありません。
ひたすら相手にぶつかっていってはクルクル転がるだけなんです。
これがいったいどうやってスポーツとして成り立っているのかが、
不思議でしょうがないのですが間違いなく味わったことのない新世界。

ひたすら笑ってました。
超絶面白いです!
こんなに上下が分からない位に吹っ飛ぶことは、
恐らくかなり命に係わる交通事故レベルじゃないと味わえないのでは・・・。

いやーほんと最高でしたね。
このためだけに来てもいいくらいです。

ぜひ一度YOUTUBEなどで動画を見てみてくださいな。

CIMG0633_convert_20150717232032.jpg

そしてひたすら汗をかいた後は、
とにかく中古屋さんが気に入ったというお手伝い達のために、
今度は別府の中古屋さんに立ち寄り、
その後はカラオケで残ったエネルギーを吐き出しながら夕食。

1名すでに力尽きてる奴がいるみたいですね・・・。

しかし遊びきったかのように思われた彼の試練はまだまだ終わらない。
夜の8時半に帰宅後、
眠い目をこすりながら僕と10時までは夜の金曜フットサル。
帰ってきて風呂入った後は夏休みの宿題。

もう今は死んだように寝てます。

初日からフル回転で始まった夏休み。
今年も全力で遊ぼうぜぇ~!

湯布院カントリーロードユースホステル  

サマーキャンプ下調べ

DSC_0430_convert_20150713172105.jpg

今月末に由布院っ子達を集めて1泊2日で行うイベント。

「サマーキャンプ」

毎年なにかハードなコースを歩かす企画なのですが、
主力だった長女の学年が中学生になってごそっと抜けたため、
今回は新規メンバーが多数。

そこで今年は初心に帰り、
別府までの山越えコースに挑ませることにしました。
今年はバリバリ組とのんびり組の二手に分かれて歩かせるつもりです。

もはやこのルートは僕の庭。
しかし後続隊を率いなければいけない奥さんはルートをほとんど知らない。

という事で本日は彼女が初めてこの山越えコースに一人で挑みます。
迷うことに関しては天才的な閃きを発揮する彼女。

大丈夫なのか・・・?
不安になりながらも登山口まで送りだしここでお別れ。
別府でまた会おう!

CIMG0611_convert_20150713171516.jpg

そんまま車でくるっと待ち合わせの別府側に到着した僕は、
彼女を待ってる間に隣の山に登ってくることにしました。

朝僅かですが晴れ間すら見えていた梅雨の空は、
ここ再び本領発揮!

おいおいめっちゃ降ってきたよ・・・。
ははは・・・。

まぁどのみち汗で濡れるんだ。
カッパも何もないのですがとりあえず行ってみよ~。

CIMG0613_convert_20150713171531.jpg

目指すのは別府の街の背後に立つ扇山。
とにかく低い山です。
こりゃ満足を得るには登山の密度を上げるしかねぇ。
ダッシュだ!

ところが自衛隊によく利用されるこの山は、
途中までの道がきれいにコンクリートで整地されちゃってるのです。

深い木々に覆われたこの道々には程よく苔が生していて、
この大雨と相まってそこに現れるのがまさかの天然滑り台。

恐ろしい程の低い摩擦係数。
ツルッツルです。
滑りすぎてまったく進めなーいっ!

思いもかけない山の反撃に苦戦しつつもなんとか頂上へ。
100回転んだ身体は傷だらけ・・・。
とっほほ。

しかしこの扇山の特徴はその素晴らしき絶景にあるのです。
別府の街並みがまさに一望。

お待たせしました。
ではご一緒に振り返ってその広がる眺望をご覧ください。

CIMG0614_convert_20150713171542.jpg

クルリ。

はい、何にも見えませんでした・・・。
完全に霧の中。
扇山に来た意味まったくなし。

ただ滑って転んだだけですよ。
ちっきしょー。

しょーがないので頂上滞在時間1分で速攻下山。
ちなみに帰りは200回転びました。

雨の日にこのルート通るの絶対にやめましょうね。

CIMG0616_convert_20150713171558.jpg

よーし、
汗と雨にまみれた身体をキレイに洗い流すぞ。

山の中にある無料の露天風呂「ヘビの湯」にてお楽しみタイムです。
やっぱ雨のおかげか。
人気のこのスポットが今日は貸切だぜぇー!

温泉マジでさいこぉーーー!!
うっひょー!

DSC_0453_convert_20150713172209.jpg

と僕が狂喜の歓声を上げている時。

奥さんは胸まである草原の中で一人ひたすら迷っていたそうです。

誰一人通らない山中での孤独な戦いは辛かっただろう。
霧で何も見えなかったもんな。
でも当日は子供の道案内しっかりと頼むよ。

あとはこんな天気にならないように2人で欠かさず
今日から毎晩高気圧音頭を踊ろう。
かなり効果あるから。

はいお疲れ様でしたー。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫