いざゆかん、西日本最高峰へ

DSC_0158_convert_20150623224434.jpg

しとしと続く雨と祝日のない6月。
1年でもっともお客さんが少ないサービス業の隙間を狙い、
今年も家族でお出かけしてきました。

船上でまるで地中海クルーズを堪能しているかのような末っ娘ですが、
残念ながらここは瀬戸内海です。

長女は中学校の合宿のために不参加ですが、
その他の家族4人が向かう先は四国!

夕方に上陸した我らが今回目指すのは、
遥か遠くにそびえ立つ西日本最高峰の石鎚山です。

まだまだ九州にも未踏峰は相当残っているのですが、
ミーハーなもんでちょっとここらで有名どころに行かせてください。

登山口駐車場に夜の8時前に到着し、
ここで四国に住む叔父さんに合流してもらい、
みんなで宴会後車で寝ながら明日の決戦の時を待ちます。

DSC_0189_convert_20150623224516.jpg

子どもの頃お祖父ちゃんに連れて来てもらった記憶はあるのですが、
それももはや遠い過去の記憶。

気高き山容を目の前にして興奮しきりの僕は、
なんと朝4時には目覚めてしまい、
そこから一人布団でもぞもぞするも眠れず、
しょーがない、旅は道ずれだ!とみんなを叩き起こしたのが4時50分。

目が開かない子供たちを引きずりだし、
無理やり朝ご飯を食べて、
出発の準備を整えて、
5時50分にはさぁ出発だ!

今回のルートは4歳の末娘を考慮してもっとも簡単なルートです。
恐らく由布岳よりも簡単なのでは・・・。

ただしこの石鎚山の最大の魅力は、
頂上に上がるまでにあるこの鎖場なんです。

垂直に切り立った崖にかかる60mを超える鎖を使ったロッククライミングは迫力満点!
この難所に挑むのはまずは切り込み隊長の息子。
こういうコースをもっとも得意とする彼にとっては楽しみ以外の何物でもない。
身軽に気軽にどんどんと一人で登っていきます。

それを見ていた末娘。
「わたしもひとりでいけるっ!」
父のいつ落ちても受け止めきる覚悟に満ちたサポートを受けながら、
なんと彼女もほぼ一人でこの鎖の洗礼をクリアー。
これはなかなかすごいですよ。

DSC_0192_convert_20150623224540.jpg

そうして登り登り始めて2時間10分。
ついに家族で西日本の頂点に立つっ!
ヤッタ~!

今この日本の半分では僕たちより上に地に足を着けている人はだれもいない。
この優越感。
あー来てよかった。

DSC_0200_convert_20150623224606.jpg

3つの頂上からなるこの山。
高所恐怖症の奥さんとチビを山小屋で待たせ、
男3人は隣の2つのピークもついでに登っておきます。

しかしスゴイとこ歩かせるな。
霧で見えないのですが下は奈落の底です。
湿って濡れやすくなった岩場を慎重に歩きます。

下りもサクサクーっと同じ道を引き返して、
無事に駐車場に帰ってきたのが10時35分。

まだこんな時間・・・。
まだまだ遊べる!
早起きは3文の得とはまさにこのことだ!

ここで叔父さんからある提案が。
この先にガイドブックにはあまり載っていない秘密の穴場があるらしい。
そこに行ってみないか?というもの。

まったく登り足りない夫婦。
断る理由はどこにもなし。
もちろん行きましょう!

車で移動すること20分。
看板も何もない脇道から再び一向は山に入っていきます。

しかし石鎚の鎖場で体力を使い果たした末娘がここで、
まさかのノックダウン!!
完全に寝ちゃいましたよ!

止む無く熟睡の娘を僕が背負い登ることに。
起きてる時はいいんですが、
寝てる子を揺らさないように細心の気を使って登るのって、
予想以上に大変でした。
父の肩と腰はもうボロボロ。

そして1時間15分ほどササをかき分け、ついにたどり着いた場所が・・・。

DSC_0233_convert_20150623224633.jpg

ここです!

笹倉湿原(さぞうしつげん)。
又の名を「神の庭」と呼ばれる場所。

深い山の中に突然現れる苔の庭園。
静まり返る森の中にここだけ緑一色の絨毯が広がる様は神秘的そのものです。

こりゃ、すげー・・・。
汗だくになりながらも来た甲斐がありました。
やっぱ大自然っていろんなとこにとっておきのをまだまだ隠してますね。

ここがこれだけ山の深いとこにあって良かった。
もしだれでも来れる場所にあったら確実にこの状態では残ってませんね。
自然の配慮に感謝。

DSC_0281_convert_20150623224909.jpg

計8時間程歩き回り大満足のままここで叔父さんとお別れ。
いいとこ教えてくれてありがとう!

背負われてた末娘はとにかく、
全ルートを人の1.5倍位の無駄な動きで歩ききった3年生の息子は、
車に乗った瞬間に何も言うことなく失神してました・・・。

疲れ切ったか。
お前肝心なサッカーはあんまりうまくないけど、
山ではほんとに頼りになる男だな!
お疲れさん。

DSC_0292_convert_20150623224659.jpg

この日のお泊りは松山で。
昼間の疲れなんてなんのその!
夜はひたすら道後温泉を歩き回り、
ホテルに戻って10時には全員バタンキュー。

やっぱ布団は寝やすいわ。

DSC_0298_convert_20150623224735.jpg

「休みだからのんびりする」
という過ごし方を一切教えていない我が家。

山のハイテンションが抜けきらない息子が今度は4時くらいに起きだしモジモジ。
周りもそれにつられて眠い目をこすりながら6時前には全員起床して食事して、
7時過ぎにはホテルを出発。

しかしちょっと待て!
まだどこも開いてないぞ。

しょーがないのでまずは松山城を散策。
もちろんお城は開いていないのでお散歩だけ。

しかしさすが城は敵から守るために作られてるだけあって、
結構登りますね。

娘を抱きすぎて腕がパンパン筋肉痛の父も、
昨日の疲れが抜けきらない可愛い娘にせがまれると、
もちろん抱っこは断れない。

父はつらいよ・・・。

DSC_0312_convert_20150623224802.jpg

さらに9時から開園の松山総合公園に遊びに行きました。

ここは広い敷地内に遊具や散歩コースなどが点在する、
とっても遊び応えのある場所でした。

その一番高台に建つのがこの素敵な洋風の展望台。
ここから松山の街がすべて一望。

ここは次は必ず夜景を見に来ないといけない場所ですね。

その後砥部動物園に向かい、
歩き回るのですが早起きがたたったのか、
眠すぎる息子がダウン。

彼の小さい体ではこの3日間はちょっとハードすぎたか?

DSC_0339_convert_20150623224825.jpg

そして再び船に乗り込み、
わが九州へと帰ってきました!

これにて四国遠征は終了。
かなりやり切った感満々の今回。
この娘の気合いの入った顔がすべてを物語っているでしょう。

彼女もこの一年で「開聞岳」「雲仙普賢岳」「石鎚山」と順調にピークを極めています。
しかし4歳でまだ3山。
このペースでいくと100名山を登り切るのに100才超えちゃいますね。

よしもうちょっと頑張ってみるか。

すでに全員熟睡に入っています。
僕もブログ書きというこの仕事もようやく終わりそうなので、
今夜こそはぐっすりと眠りたいと思いまーす。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

やめられない~とまらない~♪

DSC_0080_convert_20150618221332.jpg

毎年9月に行われる我がユースホステルイベント内で最凶の名をほしいままにする

「24時間サバイバル登山」

数々の人間ドラマと修羅場を作り上げてきたこのステージを整えるため、
今年も下見に出かける日がきました。

しかしなんと昨日から激しく降り続く雨・・・。
起きた時点でもすでに雨。
こりゃ足元ズルズルだな・・・。
長時間魂削って歩く日じゃねーな・・・。

初めて試走に付き合うと言ってワクワクしていた奥さんと話し合い、
結局本日は中止になりました。
この状況じゃ仕方ないですね。

そしていつも通り掃除を終え、
さー代わりに何かするかな・・・?
と外に出てみると。
小降りになってるし・・・。

にわかにざわめき立つ心。
やはり昨日から戦闘準備に入っていた燃え上がる身体は止められなかった。
やっぱ出発~!

偉いのは僕のすべてを見透かす奥さん。
朝「止める!」と断言したにもかかわらずきちんと準備は終わってた。
さすがだ・・・。

DSC_0084_convert_20150618221437.jpg

今回の24時間登山の予定ルートは岳の湯から涌蓋山に上がり、
そこから最終的に男池まで歩くというもの。

そう書いてみても皆さんよくわからないと思うのですが、
九重連山を西から東へ完全に横断するロングコースです。
登山予定は10座。
今回はピークハントよりもこの距離がかなり勝負を分けるポイントとなってきそう。

そのお試し歩きを今日するのですが、
出発がすっかり遅くなり、
またこの天候なのでペースも上がり切らないだろうと予想して、
結局途中の5分の2程の区間を今日は試してみることにしました。

一気に出てきた余裕。
へらへらーっとまずは涌蓋山をゲット!

DSC_0088_convert_20150618221422.jpg

雨は降ったり止んだり。
風も非常に強いです。

しかしこの風の気まぐれで突然目の前が霧で真っ白になったかと思うと、
次の瞬間にはスカッと前景が見渡せるようになったりします。

そんな時吹き荒れた一陣の風がとても神秘的な風景を見せてくれました、
山の稜線に沿って左は視界くっきり、右は霧で真っ白。
2色の見事な自然のコントラスト。

お見事っ!

DSC_0097_convert_20150618221603.jpg

今日は牧ノ戸から西側の山中には誰一人いませんでした。
まーこんな荒天時にはだれも気ませんよね。

2座目のミソコブシ山頂でお昼ご飯。
標高が上がれば上がる程、
正比例で飯がうまくなるっていう方程式知ってますか?
ここらでは大体地上の1.8倍位旨味が増してました。

そして一応ゴアテックスと書かれてある靴とカッパは、
素晴らしい勢いで水分を吸収してくれ、
山にいながら泳ぎ気分まで満喫できるという充実度。

いやー、このヤケクソ感がまた楽しいなー。

DSC_0102_convert_20150618221631.jpg

そのまま森林公園スキー場を突っ切って猟師山の山頂まで来ました。

しかしちょっと我々調査に来てるにもかかわらず気を抜きすぎか・・・。
いつもは1人なので黙々と集中して歩くだけなのですが、
2人でいると無意味に楽しい。

のんびり歩いて、食って、しゃべってとウダウダしてるうちに、
すでに3時間半が経過。

反省。
大いに反省です・・・。

大体僕はいつも標準の半分くらいのタイムを刻むので、
実際はここまで約7時間かかることになります。

9月のサバイバル登山の精密な時間設定を決めないといけないのに、
今日のペースではまったく参考にならない。

当日は・・・、
みんなに命懸けで歩いてもらおう。
それしかない。

DSC_0112_convert_20150618221655.jpg

そして本日最後の稜線に出たあたりから、
山が唸り出しました。

スゴイ風っ!
歩くことはおろか呼吸することさえ難しいレベルです。
すっごいな。
なかなかこのレベルの風圧は体感できないですよ。

大いなる天の怒りを右に左に揺れる身体で受けながら、
なんとか牧ノ戸峠の駐車場に着。

本日の試走はこれにて終了~。
歩いた距離は15km程。
しかし4時間もかかってます。
・・・笑える。

もう7月8月に入るとおそらく時間取れないので、
今日のデータをもとに今年のコースを決めていきたいと思います。

ちなみに日程はもう決まってますよ。
9月13日(日)14日(月)の2日間。

朝の11時から登りだして翌日の朝11時に帰還!
ピークハントは沢山しないですが大分の誇る九重連山をほぼ総なめで歩けます。
変わりゆく様々な風景が楽しめる24時間になると思います。

今回の特徴は距離は長いのですがアップダウンが少ないという事。
また目指すピーク数を途中で調整できるという事。

つまりあまり体力に自信がない人や女性でも、
根性さえあれば完歩できるという事です!

間もなく公式に募集を開始します。
ぜひ九重という山々の素晴らしさを体感してみてください!

湯布院カントリーロードユースホステル  

残念 花牟礼山 

SN3O0599_convert_20150615151259.jpg

いつも目立ってるクラスの人気者っていますよね。
それがまさに九重連山。
年中ひっきりなしで人が寄ってくるもてもての山々です。

でもたとえ目立たなくてもすごいもん持ってる子っているじゃないですか。
今日登った花牟礼山がひょっとしてそーなんじゃないか?
そんな希望をもって本日登ってきました。

この山は黒岳の正面に立つのですが、
九重の地図などにもほぼのってません。
少し離れただけなのにこの扱い・・・。

もちろん駐車場もなく入り口の看板も実に控えめ。
よしっ!
今日おれが君の良さを存分に引き出してあげよう!

SN3O0600_convert_20150615151312.jpg

早速歩き出すのですが、
どんどん山に入っていく道がずっと舗装路ってどういうことだ?
やる気あんのか!花牟礼山!

そしてようやくかなり続いた舗装路が終わったと思ったらまだまだ道は車用。
なので標高も遅々として上がらずたらたらと進むだけ。
僕の一番苦手なコースです。

ひょっとしてこのまま最後まで行ききるのでは・・・?
と本気で不安になってきた頃にようやく車道は終わり、
まともな登山道が待ってました。
一安心です。

SN3O0605_convert_20150615151326.jpg

しかし今まで遠慮しながら標高上げてきた分、
ここからの登り方はかなり半端ない角度です。

君・・・。
もうちょっと融通利かせられんものか?

しかし頂上付近に近づくにつれ森林帯は終わり、
目前がガーンとひらけてきました。

目の前には優等生の九重連山たちが少し上からこちらを見下ろしています。
景色はなかなかいーな。

SN3O0603_convert_20150615151339.jpg

そしてついにピークハント!

がちょっと待て。
頂上の看板地にたどり着く前50m位の地点が一番高いんだが・・・。
少し下って山頂っておかしいだろっ!

オーマイガッ!
何やってんだ、花牟礼!
ここは一番大事なとこなのに・・・。

しかも頂上からは景色はほとんど何も見えず。
あまり名が売れてない割には登頂まで結構時間かかってしまいました。

結局往復で1時間半。
「花牟礼山」の名の由来はたくさんのお花が楽しめる山という意味らしいですが、
残念花牟礼。
君の本当の良さを引き出すことは僕では無理でした・・・。
小室さんかつんくさんに頼んでくれ。

恐らくこれが初めてで最後の登山になるのであろう・・・。
さらば!花牟礼。

湯布院カントリーロードユースホステル  

手作りパンと野イチゴジャム作りツアー

DSC_0011_convert_20150614214831.jpg

雨かも・・・?
という不安の中無事に行われた
「手作りパンと野イチゴシャムツアー」

当初数名のみだった参加人数が直前に一気に増え、
その数なんと15名にっ!

このツアー。
イチゴのジャムは当日にみんなで採って作るんですが、
パンは奥さんが前夜から焼き上げてくれます。

15人分の胃袋を満たすため、
彼女は12時過ぎまで厨房で頑張ってくれました。

よっしゃあ次は俺たちの番だっ!
気合い入れて収穫するぞ~!

DSC_0018_convert_20150614214947.jpg

採らないと食べられないという消費社会の仕組みを知り、
死に物狂いで藪の中に突っ込んでいく大人と違い、
何も知らない子供たちはただ純粋に楽しむだけ。

ただし小さい彼らにとって外界の生き物すべてが強敵です。
アリが~!クモが~!ハエが~!と世も末の大騒ぎ。
ガンバレ!

DSC_0027_convert_20150614215005.jpg

今年は残念ながら野イチゴはほぼ終わっておりました。
その代りに木イチゴは豊作!

自然のお恵みをたっぷりと摘ませてもらったのですが、
木イチゴって棘の木なのです。
まさに甘いものにはトゲがある。

みんな手を切り傷だらけにしながら戦い抜きました。

DSC_0009_convert_20150614214915.jpg

自分で採った物って美味しいですよねー。
ちびっ子達は思わずパクリ。

その自然の甘さと酸っぱさについつい夢中になり、
形のいいイチゴちゃんはほぼ彼らのお口に・・・。

おい、大切な商品を減らすんじゃねぇ。

DSC_0036_convert_20150614215029.jpg

みんなで約1時間程熱中して摘みまくり、
それなりの量のイチゴが集まりました。
そこれからいよいよ近くの公園に移動してジャム作りに取り掛かります。

まずは取ってきたイチゴの選別。
虫はいないか?
悪くなってないか?

みんなでワイワイと選り分けていきます。

DSC_0038_convert_20150614215052.jpg

そうして選ばれしイチゴについに火が入ります。
コトコトと煮込むうちにイチゴの果汁で鍋が満たされていき、
辺り一面はなんとも甘い香りで包まれます。

もうみんなのお腹もペコペコ状態。
耐えられねぇ~。

DSC_0051_convert_20150614215115.jpg


そうしてようやく準備完了!
長らくお待たせしました。
沢山働いてお腹もペコペコでしょう。

さぁみんなでいよいよ、 いっただきまーーす!

本日の料理は

奥さん手作りのパン 4種 とスコーン。
おからのサラダ。
みかんのゼリー。
珈琲に紅茶にハイビスカスティー。
これにたっぷりの出来立てジャムを添えていただきます。

そんでもって今年もこれまた超絶に美味いぃぃぃ!!
まだアツアツのジャムがもっちりのパンと絶妙に絡むのです。

奥さんよ。
昨夜のたゆまぬ努力をありがとう!

毎年この時期だけ味わえる幸せのランチツアー。
またぜひ来年も行いまっせ。

このツアーははずれなし。
またご参加をお待ちしています。

湯布院カントリーロードユースホステル  

蘇れ床!全館ニス塗り直しー

10421144_998764053468654_158552923641051897_n_convert_20150613204834.jpg

沢山の人が波のように訪れては去っていく。
数えきれない無数の足をしっかりと受け止めてくれる我がユースホステルの床。

今年も年に一度の全館床塗り直しの日がやってきました!
例年では2日間かけてじっくりと仕上げていくのですが、
思わず油断した今年。

なんと2日間の休みが取れない・・・。
しょーがないので今年は初の試み。
一日ですべて仕上げてしまおうという事になりました。

忙しいぞ・・・。

さっそく床に乗るすべての家具を動かし、
掃除機をかけ、
水拭きした後たっぷりのニスで塗っていきます。

一年間の様々な障害から床をしっかり守るためには、
ワックスではなくニスなのです。

11391512_998764136801979_1776033194794509831_n_convert_20150613204857.jpg

今回参加してくれたのが我が夫婦とお手伝い2人と父母と、
なんと飛び入り参加のお客さん1名。

この計7名の大軍で片っ端から塗りつぶして行け~。

このニス塗の難しいところは、
塗れば塗るほど足場が少なくなっていき身動きが取れなくなっていくこと。

狭い空間を縫うように作業にかかるのですが、
至る所で塗りたての床に思わず踏みつけた足跡がくっきりと残り、
それはまるでハリウッドのチャイニーズシアターに迷い込んだよう・・・。

しかししゃがみ続けた腰の痛いこと。

DSC_2322_convert_20150613205035.jpg

そうしてお昼に塗って一旦休憩し、
夕方からまた縫って一旦休憩し、
翌早朝からまたまた塗ってと3部構成で塗りまくり、
その後掃除して元に戻してなんとか土曜日に間に合いました!

一年ぶりにお色直しした床はピッカピカの笑顔。

DSC_2337_convert_20150613205109.jpg

下を覗き込むとうっすらとこちらを見返す自分も映ります。

夏の前の大仕事をなんとか終えました。
しかしやっぱ一日じゃあ乾ききらないですね。

あちこちでよく見るとうっすらと足跡が残っちゃってます。
急いてはことを仕損じる。

来年はきちんと2日間確保しないといかんですね。

DSC_2300_convert_20150613204914.jpg

途中乾くのを待ってる間にみんなでお出かけ。

まずは近くの神楽女湖へ今が旬の菖蒲を見に行ってきました。
7分くらい咲いてました。
キレーですよ。

あと1週間くらいはいけそうでした。
また園内にもうひとつたくさん植えられていたのがアジサイ。
こっちはまだまだ。
残念ながら2大梅雨のスターの共演とはいかなかったか。

DSC_2315_convert_20150613205137.jpg

もうひとつこれもほとんど知られていないと思われる、
内成の棚田を見に行ってきました。

神楽女湖から車で10分。
狭い山間の道を進むと小さい田んぼが所狭しと並んでいます。

時間があればゆっくりと歩き回ると気持ちよさそうなとこ。
「日本の棚田100選」にも選ばれてる場所です。

日本人って100選ぶの好きですね。
何でもかんでも選んでしまうようです。

こんなサイトを見つけたので暇な人はじっくりと見てください。
http://j100s.com/

まだ少し気持ちがハイになる匂いが残る館内ですが、
これから夏にかけ磨き上げた床と共に皆さんのお越しをお待ちしています!

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫