ランタンフェスティバル 2015

DSC_0975_convert_20150224153518.jpg

2月に入ると、
いつも心に響きだす中国の軽快な音楽。

今年もあの異国の雰囲気を求めて、
さー長崎に行きましょう!

ランタ~ン フェスティバ~ル!

夕方に長崎到着後、
いつもの通り街の坂道をえっちらおっちらお散歩。

何もないんですよ。
でもこの街の雰囲気に触れているだけで、
自由を感じるんですよね。

DSC_1046_convert_20150224153558.jpg

日が暮れだすと街の中国色はますます鮮やかになってきます。

このお祭り、至る所にランタンが飾られ、
至る所にイベント会場が設けられているのですが、
僕の一番のお気に入りがこの 眼鏡橋周辺です。

水辺に映ったランタンが上と下から光って2倍キレイなんです。
そうしてあらかた今年も堪能したかなー。

今年はなんと我が家5人だけなのに車2台で来ているのです。
どうしても学校を休みたくないお姉ちゃんは、
日曜のこの日のうちにママと一緒に由布院にバック。

僕は下の2人を連れてもうちょっとだけお出かけです。
夜の8時半に長崎市から二手にお別れ。
さーよーなーらー。

さー、今日の寝床は雲仙の駐車場だ!
もちろん3人で車中泊。
外気温は1度。

大丈夫かな~?

SN3O0065_convert_20150224153618.jpg

夜中の12時過ぎに警察の職務質問で起こされるという、
予想外の出来事がありましたが、
なんとか早朝の寒さを乗り越えて眠ることができました。

朝一から目指すは雲仙普賢岳!
昨日まで降っていた雨も上がった!

さぁー行くぜっ!

と十二分の気合とは裏腹に、
今回は頂上近くまでロープウェイで向かいます。
軟弱大王ですんませんっす。

そしてロープウェイの駅からいよいよスタートだ!
地図によると途中で国見岳というピークがありました。
ただ少しだけ普賢岳のルートから外れてます。

よたよたと歩く末っ子に対して、
元気が有り余ってる息子。

よしっ!
息子よ。
頂上までは一本道だ!
一人で国見岳までダッシュで登って降りといで。
そして頂上の写真を撮って来てくれ。
パパたちは先にゆっくりと進んでるから後から合流してくれよ。

突然重要な責任を背負わせれた息子は、
少し緊張しながらも嬉しそうにカメラ代わりの携帯片手に、
ピョンピョンとサルのように跳ねながら岩場を駆け上がっていきました。

2年生ですが山の彼はほんとに強い。
頼れるなぁ・・・。

なんて息子の成長にうっとりしながら、
僕はちびっ子と2人で目の前の急な坂をゆっくりと降りていきました。

なぜこの時考えなかったのか・・・?
彼の血はいったいどこからきているのかを・・・。

SN3O0071_convert_20150224153633.jpg

末っ子と下った坂道はかなりの落差があり、
結構下まで降ろされました。

そして暗い木々に覆われた谷間で待つこと5分。
来ないな・・・。
10分。
まだ来ない。
15分たったところで確信しました。

あいつ道迷ってるよ!!

どこに行っても迷子になる才能に溢れている彼。
絶対にやらかした!

どうしょうか迷ったのですが、
機動力を最優先に考慮して、
末っ子にはお菓子を与えてそこで待っててもらうことにしました。

急げっ!
せっかく下った坂道を一気に全力登攀。
そしてまずは国見岳へ。
途中の岩場の下とかも調べたのですがいない。

しょうがない。
ロープウェイ駅まで戻るしかないか・・・。
全力で山道を駆け抜ける僕の前から2組のカップルがやってきました。

「すみません・・・。小学生の男の子この先にいませんでしたか?」
「いやー見てないね・・・。」

やっばーい!これは本格的にヤバい。
本腰を入れて探さないと・・・。
しかし、その前に谷底に置いてきた末っ子が心配だ!

踵を返して崖を再び駆け降り、
ゼーゼー言いながら底に着くと、
心配した他の登山客の方が一緒に待っていてくれました。

す、すみませーーん。

そして娘を抱えて、再び崖を上に疾走。
もう死にそう・・・。
そして歩きながら考えていると・・・、
そう言えばあいつ携帯持ってるぞ!!
電話すりゃーいいんだ!と閃いたのです。

いやいや待て。
俺が携帯持ってない。
第一あれYHの携帯だから番号も分からない・・・。

そんなバカなことを考えながらフラフラと登山道を走る父の前から、
目をウルウルさせながら一心不乱にこっちに走ってくる生き物がいました。

い、いたっ~!!!
がしっと抱き合う父息子。

聞けば国見岳から降りた後、
間違えて元の道の方に戻ってしまい、
途中で気が付いてさらに戻ったら、
また道に間違えてもう一回国見岳に登っちゃったそうです。

すごいっ!
超圧倒的迷子王!
お前は何も悪くない。
全てはそんなお前を独りで行かせた父が悪い。
ごめん。

スタートからほとんど進んでいないのに、
すでに1時間半が経過。
しかもすでに膝はガクガク状態。
しかし再会の歓喜に酔いしれテンション再び上がった親子3人には、
なんの迷いもありませんでした。

さぁ、気を取り直して行くか!

そして本日3度目の崖を降り切り、
ようやくその先の普賢岳に向かう道に進むことができました。

そして3時間かけてようやく普賢岳に到着!
一人で相当走り回ったであろう息子は一言も弱音を吐かず歩きました!
そして行ったり来たりしてこれまた余計に歩きまわった末っ子も自力でピークへ!

お前たちよくやった!
普賢岳クリアーだ!

SN3O0073_convert_20150224153649.jpg

無事に駐車場にたどり着いた3人は全身ドロッドロ。
この歴史的戦いをキレイに洗い流すために、
同じく(?)歴史的合戦を繰り広げた天草四郎大先輩の働いていた原城を見学した後、
近くの温泉でさっぱり。

風呂上りは有明海を見ながらひたすらにボーーーッ・・・。
やっぱちかれたな・・・。

SN3O0081_convert_20150224153717.jpg

この後島原の武家屋敷を見て回り、
日も傾いてきた頃に船に乗り込み島原脱出。

45分間のこのフェリー。
相変わらず甲板には人に飼いならされた堕ちたカモメが、
餌を求めて媚びてきていました。

でもやり切ったあとってなんでもきれいですね。
夕日とカモメと島原がほけーと佇む僕たちの前で、
キラキラ輝いていました。

SN3O0097_convert_20150224153751.jpg

山登りの後もずっと車の中でテンションが下がらずに、
遊びまくっていたチビたちは、
夜の8時半。

限界ラインを越えてしまった彼らは、
一瞬で音もなく崩れ落ちてしまいました。
この日は途中の道の駅でこのまま3人で熟睡。

しかしほんとよく頑張ったよ。
お疲れさんっ!
今日は失敗したけれど、
父の前を息子が歩く日も近いなと確信しました。

翌朝は5時半から車を走らせ、
帰宅後すぐに子供たちを学校と保育園に送り届け、
今回の長崎旅行は無事に終了~。

今夜からユースホステルではまだまだ中国の正月の流れが残っています。
さぁーまた気合い入れ直して働きましょう!
長い長いつぶやきにお付き合いいただきありがとうございました~。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

ちょっと一息の山へ

SN3O0057_convert_20150218170156.jpg

今日も昼間の空き時間をフル活用してお出かけです。

僕のほぼ日記代わりのこのブログ。
活動可能時間が極めて短いため、
行動範囲も限りなく限定的となってしまいます。

何度も何度も同じ場所が出てきてしまいますが、
どうかご容赦ください。

同じ場所とはもちろん由布岳周辺のこと。
ただ今日は少し趣向を変えてみることにしました。

いつもなら登山口に車を停め、
2人で登って降りてくるだけなのですが、
今日はまず奥さんが僕を由布院の街に降ろし、
僕はそこから登山口目指しスタート。
奥さんは由布岳登山口に車を停め由布院に向けスタート。

お互いに別々の入り口から歩きだし、
どっちが早いかの競争です。

DSC_0938_convert_20150218170119.jpg

こうなると俄然テンションが上がってくる僕は、
誰もいない由布院の街から始まる「西登山道」を全力登山!
滴る汗が鼻と口に入り、
溺れるかと思うくらいに張り切っちゃいました。

そして途中で奥さんと合流!
一瞬の出会いを終え、
再びそれぞれの旅路へ・・・。

SN3O0060_convert_20150218170208.jpg

僕はそのまま近くの飯盛ヶ城に登り、
駐車場まで急降下。

置いてあった車に乗り込み、
待ち合わせだったローソンに滑り込みました。

見渡すとまだ来てない。
よしっ!
勝ったな!

DSC_0941_convert_20150218170140.jpg

と勝利の余韻に浸っているとき、
実は奥さんはそれどころではなかった・・・。

方向音痴という名の伝家の宝刀を振りぬくっ!
どこまでも見渡せる草原でまさかの迷子?!
しかももうここ何回来てるんだ??

結局迷いに迷ったいう連絡を電話で受けた僕は、
当分帰ってこれないことを確信し、
彼女の帰巣本能を信じて、
先に車で帰っちゃいました。

その後崖を必死でずり降りた彼女は、
無事に1時間後に帰ってきました。

お疲れ様でした。

最近電話でよく由布岳の上京を聞かれるのですが、
山頂付近は今日も真っ白でしたね。
決して必須ではないですが、
もし持っているのならアイゼンがあった方がスムーズに登れそうです。

まだまだ冬山気分が味わえる2月。
どうぞ白銀の世界をお楽しみ下さい!

湯布院カントリーロードユースホステル  

玖珠の万年山へ

SN3O0025_convert_20150213153911.jpg

お休みの2日目。
せっかく朝の仕事がないので早朝から出かけて、
午前中だけでちょこっとどっか登ってこよう。

そういや近くの玖珠町にいい山があったな。
万年山(はねやま)標高1140m。

近すぎて行ったことなかったのですがこれは手ごろだ。

というわけで子供の登校と一緒に悠々と出発です。

この山、登山口のギリギリまで車で行け、
そこから歩いて30分程で山頂と絵にかいたようなお気軽山。
今日はのんびりピクニックとなるはずだったのですが・・・。

なんだ・・・。
登山口までのこの道は。
ガッチガチに凍りついた車道。
まったく先に進めない。

しょーがないので途中で車は乗り捨てて、
延々と歩くことになりました。

なんか長い一日になりそうだぞ。

SN3O0034_convert_20150213153935.jpg

誰もいない雪道を歩いていくと、
ようやく見えてきた登山口。

そこから先は見事なまでに両側に牧場が広がっていました。

青い空と白い雪原が広がる異次元の世界。
ここ、いいとこだなー。

思わず歓喜の大ジャーンプ!

全国でも珍しく台形状に山頂付近が広がるこの山。

なんとここをくるっと回るトレッキングコースがあるじゃないですか。
全長 10km。
結構距離あるな・・・。

少々悩むがここまできたらこりゃ行くしかないっしょ。
しかし許される時間は午前中のみ。
かーなーり厳しい、しょーがない、走るか・・・。

SN3O0037_convert_20150213153955.jpg

そうして突如始まってしまったトレイルランニング。
雪は思いのほか深く30cm程あります。

深みに足を取られながらも全力疾走。
とにかく走れ~!
時間がねぇ~!

その途中に突如現れたのがこの、
「ミヤマキリシマ大群生地」です。

写真ではまったく分からないですが、
これすべて九州だけに生えているツツジの仲間のミヤマキリシマです。

スゴイ株数だ。
もちろん冬の今は何も咲いていない、
モノクロの寂しい風景ですが、
これは6月の開花シーズンはすっごいことになりそうですね。

よし今年の6月の花のイベントはここにしよう!

SN3O0038_convert_20150213154121.jpg

そしてくるっと大回りして、
ゼーゼー言いながらも無事にピーク奪取!
疲れた・・・。
相当やられました。

由布岳よりも圧倒的に疲れた。
ひさびさにここまで追い込んだな。
予想外のハードな登山に疲労感と満足感でいっぱいです。

SN3O0045_convert_20150213154051.jpg

そして再び帰りの大草原より。
ここ日本じゃないですよね。
あまりの気持ち良さに寝転がってボーっとしてしまい、
一気に体温が下がりえらいことに・・・。

広がる風景は実にご機嫌ですが、
遮るものが周りにないと寒風がとにかく痛いのです。
やはり1000mを超えると気温が低い。

ここからは由布岳はもちろん九重連山もはっきりと見ることができました。

大したことないだろう・・・、
と今までまったく来なかった万年山。
すみませんでした。

灯台下暗しとはこのこと。
素晴らしい山ですね。

すっかりと魅せられてしまいました。
これからはぜひご贔屓にさせてください・・・。

SN3O0046_convert_20150213154023.jpg

結局この日は計14km程走らされました。
下から見上げるとほとんど雪なんてないと思っていたのですが、
山ってやつはいつも懐が深い・・・。

そして3時間程一人で遊びまわっているちょうどその時、
奥さんは向かいに見えていた由布岳に登っていたそうです。

油断も隙もない女。
今度ここに連れて来たるぜ。
絶対に好きになるはず!

まだまだ無数に存在する今だ登ったことのない大分県内の
いわゆるマイナー山。
今年は片っ端からやっつけていきたいと思います!

湯布院カントリーロードユースホステル  

梅の花を求めて・・・。

SN3O0009_convert_20150212222517.jpg

最近すっかりと季節の花を愛でることを覚えてしまった僕は、
いよいよ各地で咲き始めるであろう梅を求めて、
奥さんと父母で大分県西部にある日田市へと向かいました。

ここの梅園ではこの週末から梅祭りが始まるのです。

当然それ以降はすっごい混み合うはず。
ならばその前に一足先に楽しんでしまお~う!

と意気揚々と乗り込んだ梅林でしたが・・・、

さすがに早すぎたか・・・。

思惑通りまったく誰もいない貸切状態だったのですが、
梅自体が全く咲いてませんでした。

見渡す限り枝のみ。
ショボーーーン。

SN3O0004_convert_20150212222536.jpg

そんな中わずかに1分位咲いた梅を発見っ!
いー匂いが漂ってましたよ。

間違いなく断言できます。
今週末からの梅祭り。
まだ早い!

もしこれをたまたま見た人はもう1週間遅らすのが賢明でしょう。

SN3O0007_convert_20150212222551.jpg

その祭り会場近くにある梅酒工場内。
沢山の種類の梅酒が売られているのですが、
そんことよりも気になるのが店内にドーンと陣取るこの巨人。

僕も読んだことはないのですが、
少し前に大人気になったマンガ 「進撃の巨人」
のこれが主人公(?)なのかな・・・。

しかしなぜこんなとこにこやつがいるのか。
その説明書きに一同びっくり!

この漫画の作者さん、大分県の日田市のこのあたり出身なのです。
知らんかった!

南こうせつやKEIKOや指原などのアーティストを多数輩出している大分ですが、
漫画界の新星も生み出していたんですよ。

これはさっそく当ユースホステルの漫画図書館にも、
「進撃の巨人」は揃えないといけないですね。

SN3O0015_convert_20150212222636.jpg

その後大分と熊本の県境にある
「杖立温泉」に寄り道。

いつも横は通るのですが、
実際に歩いてみるのは初めてです。

細い路地を歩き回る。
この感じは同じく大分にある天ケ瀬温泉に似てるな・・・。

確かに平日ですが、
全く開いていない店。
誰一人歩いていない観光客。
そして古びて朽ち果てていくだけの建物。

やばいです。
確実に終焉の香りが漂ってます。

SN3O0017_convert_20150212222612.jpg

ただ細い路地歩きを整備し、
建物を全部統一してリニューアルすれば、
「黒川温泉」級を目指せるポテンシャルは秘めてます。

ぼくはこの全体的な雰囲気はとても好きです。

同じ温泉街に生きるものとして、
ガンバレ。
と伝えたい・・・。
上から目線のようですみません。

そんな今日一日の中で一番のヒットは、
お昼に立ち寄ったランチバイキングの店、
「木の花ガルデン」でした。

ここは・・・、
ほんと美味しかった。
感動しました。

メニューの種類が豊富なのはもとより、
味がいい・・・。
そしてすべてが野菜中心で女性好み。

ここに寄れただけで今日という日が完結しました。
それほど良かった。

国道201号線沿い。
由布院からだと下道で約1時間。

由布院に来て西にお帰りの方。
ここぜひ寄ってください。
マジいいですよ。

湯布院カントリーロードユースホステル  

鶴見岳 結構雪残ってます

DSC_0869_convert_20150210165622.jpg

4月にある大分では名物的な大会。

「鶴見岳一気登山大会」

海抜0mから一気に頂上までの1375mを駆け上がる
超ハードなこのレースに今年も奥さんが参戦予定!

昨年は大雨で中止になってしまった経緯があるので、
今年はメラメラと静かな闘志を燃やしています。

そんなわけで2人で朝から鶴見岳に登ることにしました。

もちろん街からではなく登山部分だけですが・・・。

DSC_0870_convert_20150210170003.jpg

数日前に降った大雪はすっかりと溶けた由布院。
もうあれは消えさりそうな過去となりつつあったのですが、
まだまだ山の中では時は止まったままでした。

雪深いね・・・。

人が歩いた後は微妙に溶けだし、
さらにそれが朝の寒さで凍ってツルッツルに。
なんちゅー歩きにくさ。

それでも1m進んでは30cm下がる歩行を繰り返し、
誰もいない山中を登っていきます。

SN3O0001_convert_20150210165921.jpg

ロープウェイ乗り場の存在感抜群の温度計。

えー、ただいま気温は-7℃となりま~す。

ロープウェイで一気に山頂付近まで来れる鶴見岳。

ここでは薄手の恰好で汗をぬぐいながらゼーゼー言ってる人種と
ポッカポカのオシャレな薄着でカメラ片手に歓声を上げる人種が
いい具合にブレンドされています。
お互いに「なんだ?この人たちは?」という目で見つめ合いながら。

DSC_0874_convert_20150210165842.jpg

頂上付近の積雪は50cmを超えます。
木々には真っ白な樹氷。
空の青とは見事なコントラストを見せてくれました。

本来雪道を一歩一歩踏みしめながら命を懸けてきた人だけが味わえる、
冬山での至高の世界。

これを往復1,400円で堪能できるってお得すぎる~。

別府ロープウェイ。
ぜひご利用ください。
ネットで100円割引もありっ!

SN3O1001_convert_20150210165906.jpg

そんなこんなでやっと頂上に到着!
吹き付ける風は容赦なく体温を奪っていきます。
寒い・・・。

今回なんと1時間15分もかかりました。

2時間切りという望外な目標を掲げる奥さん。
半分の行程でこれじゃー2時間半がいいとこだな。

修行が足りーんっ!!
鍛え直しだっ!

あと2か月。
真剣に山と向き合って頑張ってください。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫