ジョージからの写真 再び

IMG_9330_convert_20141225170519.jpg

前回九州の列車集を乗せたところ、
とっても好評だったよと伝えると、
たまらなく嬉しかったらしいジョージから第2弾の写真群をいただきました。

相変わらずなにがなになのか分からない僕ですが、
今回も知ってる人はこっそりと笑って見てください。

まずは「SUNRIZE」、
ずばり日の出号ですよ。
どこの電車だ?
名前からしてかなり東の方の電車とみた!

しっかしこの電車、前方下部の死角の広がり方は半端ないですね。
だれかいたら迷わず轢きそう・・・。

IMG_8885_convert_20141225165801.jpg

おーこりゃ新幹線でしょ。
違うか?
まーその辺の親族関係だ。
速そうだし。

IMG_8932_convert_20141225170144.jpg

続いての列車はやたら人気がありそうですね。
その筋の人たちが待ち構えています。
見た目は古いんですがやはり歴史と人気は比例するのかな?
写真家のみなさんこんな夜遅くまでほんとご苦労様です。

IMG_8975_convert_20141225170249.jpg

これもまたごっつい感じのやつですね。
「はまなす」の文字から想像するに北海道か?
このハンガリー人日本中どこにでも行ってるな!

どうも電車ははっきりと両極端の方向を目指してることが分かってきました。
スマート系とごごてごて系。
分かりやすく言うならジャニーズ系と吉本系。
もっと突き詰めるならリゾート系とユースホステル系。

IMG_9134_convert_20141225170210.jpg

この写真・・・。
ペリカンに見えませんか?
サングラスかけたペリカン。
はい。もうそうにしか見えない!

ひょっとしたら日本通運のペリカン便と何らかの関係が
あるのかもしれませんね。

IMG_9220_convert_20141225170315.jpg

これもまたじーっと見ると困ってるロボットにしか見えなくなってきました。
電車の表情って面白いですね。

ところで昼間でもフロントライトを点けてる電車と、
点けてない電車があるような気がするんですが、
なにかルールがありますか?

運転手の気まぐれか、消し忘れですか??

IMG_0913_convert_20141225165735.jpg

ほんとはまだまだ大量にある様々な種類の電車写真たち。
どれが貴重なのかもまったく分からない僕ですが、
最後はやっぱり由布院の誇る「由布院の森」のベストショットで、
この電車写真集は終わらせていただきたいと思います。

撮影者 ジョージ・オタク・アフロ  ハンガリー出身

素敵な写真をありがとよー。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

メリークリスマス!

IMG_0001_convert_20141225075447.jpg

みなさん!
メリークリスマス!

年に一度のこの聖なる日を楽しんでますか?
今年も残りわずかですね。

どうかハッピーが雪のように降り注ぎますように~!

湯布院カントリーロードユースホステル  

メリークリスマス イブ!

DSC_0331(1)_convert_20141224084701.jpg

今子供世界で話題独占のアニメが・・・、
「妖怪ウォッチ」!!
もうこんな世界と全く無縁の人も名前くらいは聞いたことあるでしょう。

僕もよくは分からないのですが、
世の中の様々な不条理や理不尽をすべて、
妖怪の仕業にしてしまうという完全冤罪的なお話。

そこで登場する妖怪のメダルを世の子供たちは今、
半狂乱になって集め回っているらしいです。

そんな話の中で登場するメインアイテムが「妖怪ウォッチ」です。
これで妖怪を見つけたり、召喚したりするようです。
完全に販売を前提に作られた感満載のこの時計。

かなり売れてるようです。
それがたまたま先日別府のおもちゃ売り場に行ったところ、
4つ程無造作に販売中。

息子の乱舞する姿が見たくて思わず買ってしまいました。
お値段約3,500円なーりー。

しかし驚くなかれ。
この時計。なんと針がない・・・。
つまりは・・・。
時計でもなんでもないんです。

この中に集めたメダルを挿入すると、
なにやら楽しげな音楽が流れ、
「妖怪〇〇~ 召喚~!」
とかなんとか言うだけ。

ちくしょー。
子供心を利用したなんてあくどい商売なんだ。

まぁ息子が死ぬほど喜んでたからそれでいっか。

DSC_0296_convert_20141224084906.jpg

そして夜は今年も訪れたのが、
「別府花火ファンタジア」

こんな冬の夜空に毎年花火をガンガン打ち上げてくれるんです。
別府こういうとこはほんとイケてる!

なによりもこの花火のいいところは、
その大輪の花に合わせて大音量で流れる音楽。
あの芯まで響き渡る低音はしびれますよ。

この圧倒的な音と光のコラボレーションの感動が忘れられず、
我が家ではここ数年このイベント参加がクリスマス恒例行事となっています。

DSC_000030_convert_20141224085026.jpg

ただ疑うのが開催日の決定方法。
この花火ファンタジアは2夜にわたって繰り広げられるのですが、
23日(火)と24日(水)って普通の観光客は来れないですよね??
翌日仕事だし。

案の定会場は地元感いっぱい。
当然その見学数も決して多くないです。
普通花火大会って数時間くらい場所取りするものだと思うのですが、
開始50分前に着いた僕たちが打ち上げの真ん前のベストシートを難なくゲット。

これは完全に地元還元型のご褒美花火ですね。

今年も心ゆくまで酔いしれた1時間。
今夜もあります。
まだ間に合います。

ぜひ音と光に洗い流されてみてください!

湯布院カントリーロードユースホステル  

さよなら 2014年 登り納め

SN3O0847_convert_20141222170340.jpg

いよいよ聞こえ出したカウントダウンの響き。
実にせわしなく流れる時間ですが、
きちんと締めるとこは締めとかなければ。

今年もたっぷりと世話になった我が由布岳に最後のお礼を言いに行こう!

そしていつものように掃除の後に駆け付けた登山口。
ここで出発の写真を撮ろうとセルフタイマーでカメラを設置したその瞬間っ!
突如吹いた気まぐれな風がシャッターの音と共にカメラを吹き飛ばした・・・。

その決定的瞬間がこれ。

「あ~れぇぇぇぇ~」
というカメラの叫びが今にも聞こえてきそうな作品となっています。

SN3O0849_convert_20141222170353.jpg

ほんとに撮りたかったのはこれなんです。
前夜に降った雪のため、
上半分はきれいに白くデコレートされた山。

ラストにふさわしいぜ。
さぁー行ってみよう!

SN3O0850_convert_20141222170429.jpg

吹き付ける風はまともに呼吸をすることすら許してくれません。
さっみぃ・・・。

それでも標高が上がるにつれて周りの木々も、
白く輝きだしてきました。

SN3O0851_convert_20141222170443.jpg

山に囲まれた由布院もすっかりと
白一色に塗られてます。

ここに来るといつも感じるんですよね。
なんて小さい街なんだ・・・。
でもこの僅かな世界の中で、
今日もたくさんの喜怒哀楽が生れてるんだなーと。

SN3O0852_convert_20141222170803.jpg

せっかくキレイに着飾った由布岳ですが、
その晴れ姿を見れたのは本日は約10名位だけ。
雪の日の人の少ない山の静寂さは神々しくさえあります。

雪にも風にも寒さにも屈することなく、
強い気持ちを持ってきた人だけが味わえる特権。

SN3O0858_convert_20141222170510.jpg

そして由布岳の東峰到着!

いつもたくさんの登山者を温かく迎えてくれる看板も御覧の有様です。
もう一体元が何なのかも分からない・・・。
強風吹き荒れる山頂付近は滞在時間に比例して魂が削られていく感じです。
耐えられん。

速攻で引き返し、
雪道を駆け降りて最後の登山これで無事に終了。
これで安心して年を越えられます。

今年は計11回お世話になった由布岳。
いつも人と接する仕事の中で少しずつ擦り減っていく心の弱さを、
がっちりと回復してくれる僕のエナジースタンド。

どうもありがとうございました。
それではあと少しの今年もしっかりとこの街を見守って下さい。

また来年もよろしくっ!

湯布院カントリーロードユースホステル  

ジョージからの写真

IMG_0409_convert_20141217163906.jpg

僕たちが東京に行っている間、
お手伝いのジョージ(ハンガリー人)もお休みでした。

寡黙な彼に何をするのか尋ねたところ、
見せてくれたのが「北部九州電車乗り放題チケット」

なるほど。
これでいろいろと北部九州を観光する気だな!
と思っていたのですが、
彼のオタク度合いは僕の予想を大きく裏切るものでした。

超マニアックな日本語を覚える事に、
異常な執念を見せる彼ですが、
実は超鉄っちゃんだという事が判明!

この3日間で彼が刻んだ道程は、
湯布院⇒福岡⇒長崎(夜泊)
長崎⇒福岡⇒熊本⇒福岡⇒湯布院(夜泊)
湯布院⇒福岡⇒熊本⇒阿蘇⇒大分⇒湯布院

なんとこの間ひたすら電車に乗りっぱなし。
空いた時間はホームで電車を撮りっぱなし。

そんなに好きだったとは・・・。

良かったらどうぞ、
と貰った彼の電車作品のデータ。
その数200枚以上!!

かいつまんで載せますので、
もし電車好きな方おられましたら、
どうか楽しんでください。

ちなみに僕は電車にまーーーーったく興味がないので、
ほとんど何も分かりません。

でも1枚目が「由布院の森」号ってことくらいは知ってますよ!

IMG_0445b_convert_20141217164419.jpg

2枚目。
これはなんでしょうかね?
新幹線に見えなくもないですが・・・。

これを彼にもし尋ねると、
喜び興奮した彼の説明が延々と続いてしまうので、
知っている人だけにんまりとご覧ください。

IMG_0454_convert_20141217163923.jpg

3枚目。

正面横に「787」と書いてます。
これが名前なのかな?
まったく分からんのですが、速そうですね。

IMG_0653_convert_20141217163840.jpg

4枚目。

これも正面に「A列車で行こう」と書いてます。
車名では・・・、なさそうですね。
もちろんどっかにB列車・C列車があるはずだ!

IMG_0709_convert_20141217164022.jpg

5枚目。

はっきりと書かれた「あそぼーい」
これはきっと阿蘇の電車でしょう。
やたらと強そうだ。

IMG_0829_convert_20141217163656.jpg

そして最後の6枚目。
これは僕もよく知ってますよ。

今の九州最高峰。
走る高級ホテル。
その名も高き 「ななつ星」だぁ~!

しっかしいいアングルですね。
とても日本に来たばかりの外国人とは思えない。

こやつ・・・。
きっとハンガリーでもかなりパチパチ撮りまくっていたと見た。
世界をまたにかける鉄ちゃんだな。

残念ながら僕にはまったく理解できない世界。
彼は来年の頭までいますので、
鉄道すきな方はぜひ2人で大いに盛り上がってください!

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫