情熱の代償 2

IMG_0001_convert_20140730211025.jpg

都会の苗木買取業者と僕と共に活動するマンゴー生産者の4人。

ついにお互いが顔合わせをする日が来ました。

これはただの小さなとっかかりにすぎません。
だけど彼らと毎日会っていても大笑いするしか能がなかった僕の、
ほぼ初めての仕事なのです。

なんとしても成功させねば・・・。
自然と力が入ります。

交通手段のない彼らを首都に連れて行くために、
JICAの車を借りて乗せていくことにしました。

首都に行くことなんてほとんどない彼らも朝から大はしゃぎ。
殺気に近い興奮に満ちた車は砂丘を滑らかに乗り越えていきます。

そしていよいよ一向は首都到着!
業者との話し合いもだいたいスムーズに進み、
今度一度試しに4生産者のところに車で回ってくれることになりました。

とにかく進みだした一歩。
あー、ほっと一息。

その時4人の生産者の中で一番リーダー格のマリキが僕に言いました。

「リョウ!ちょっと腹が減ったから何か買ってきてくれよ!」

都会に出て来て、さらに商談もうまくいき、浮かれ気味の彼はちょっと上機嫌です。
しょーがないので近くの物売りからお菓子を買ってきてみんなに渡すと、

「おいおい~。わざわざここまで来てやってるんだぜ~。もっといい物かって来いよ!」

カッチーン・・・。
でた。
アフリカ人の悪いところ。
調子に乗りだしたら止まらないんですよね。

ただこれが「悪いところ」と思っているのは、
僕が人に頼ることを悪い事と信じている日本という社会に生きているからなんです。

貧しいアフリカではお金がある者がない者に物を与えるのは当たり前。
感謝をする必要もされる必要もありません。
そういう社会なのです。

でも今まで生きてきた20年以上の年月は、
早々簡単に根本的な考えを替えさせてくれません。

せっかく何度も首都まで通い業者を探し、
そして車を準備してここまで連れてきているのに、
なんで感謝もできなんだ??こんちくしょー!

と心で思いながらもしょうがなくムトンの肉を買ってくる僕。

そして近くのレストランで食事をして帰ろうと立ち寄った時、
(もちろん僕のおごりで)
マリキがまたもや放った一言が僕の胸を撃ち抜く。

「おいおい~。こんなとこじゃ食えないよ。もっといいレストランに連れってってくれ」

プッチーン。

ここがアフリカという文化も宗教も違う異国にいるという現実が
完全に頭からぶっ飛んでしまいました。

若さゆえの暴走。
一瞬我を失った僕は気が付くとマリキの胸ぐらをつかみ叫んでいました。

「いい加減にしろよ。遊びにきてるんじゃないんだ!お前には失望したよ!」

慌てて仲裁に入るドライバー。
結局その目の前のレストランで食事をしたのですが、
食事中も帰りの車中も無言のメンバー。
行きとは大違いです。

しかしここからが大騒動の始まりだったのです。

ここイスラム圏内では年上の人に手を出すことは絶対に許されません。
僕がかなり年上のマリキの胸ぐらをつかんだことは、
他の生産者たちから次々と口コミで広がり誰もが知ることとなったのです。

そしてまずは生産者たちが僕との仕事をもう一緒にしない!
と宣言してきました。

続いて近隣の村々ももうJICAとは仕事をしないと言ってきたのです。

この40km程のエリアで働いている日本人は約8名ほど。
その彼らとの活動もしないと言ってきたのです。

開かれたJICAの緊急会議。
当然僕には他の先輩隊員から厳しい意見が浴びせられます。

自分の仕事だけならまだしも、ほかの日本人の活動まで妨げてしまうとは・・・。

村人たちはもし活動を再開したければ○○CFA払え!
と要求してきました。
かなり法外な値段です。

結局彼らの多くはほんとに怒っているのではなく、
この騒ぎに便乗してうまいこと言ってなんとかお金をいただこうと企んでいるのです。
これぞアフリカ。

生産者からも、村人からも、そして先輩たちからも見放され、
四面楚歌で困り果てた僕。

そこに救いの手を差し伸べてくれた人がいたのです!
他でもない マリキ その人でした。

元からかなり仲良しだった僕とマリキ。
お互いに首都のレストランでは興奮していたのですが、
その後のどんどん大きくなる周りの便乗怒りに一番困惑していたのは当人のマリキだったのです。

アフリカの文化を理解していたつもりだったが、
安易に服をつかんでしまい、ほんとに申し訳なかった。

とを素直に謝ると、
マリキもすぐに僕を許してくれました。

がっちりと手を握る2人。
よしっ!あとはこの大騒動を鎮めるだけだ。
マリキはその後周りの村々の村長のところに今回の騒ぎの謝罪に行くのに、
すべてついてきてくれました。

当人のマリキと僕が謝罪に来ている以上、
許さざるをえない村長。

村長からの許しがでると騒ぎはすべて嘘のように引いていきました。
さすがは年功序列の極みのイスラム。

今まで積み上げてきた仕事を台無しにされかけた先輩隊員も、
この新米の大失態を許してくれました。

国は宗教が違えば、当然生き方や考え方は全く異なってきます。
常識や正義や正悪さえも違ってきます。

だけど人間同士を結びつける一番奥底の信頼はきっとだれとでも同じだと、
そう強く教えてくれたマリキ。

まだ元気にあの農園で生きてるかな~?

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

情熱の代償

IMG_convert_20140730164431.jpg

アフリカでマンゴーを育てる。

遥か昔にJICAのプロジェクトで彼の地へ送られた僕の仕事です。

当時まだ22歳。

働いた経験もない世間知らずの愚か者が、
わずか2年という短い時間で何ができるのか・・・?

年間700人程(確か)が世界中に送られていくのですが、
はっきり言ってその中で僕の仕事の基本技術はほぼ最低ラインだったと思います。

いや。
正直に言うと僕が断然の最下位だったんじゃないですかね?

ついでにいうと常識のなさでは胸を張って最下位だったと断言できます!
(始末書 3枚  強制送還)

そんな僕が唯一向こうでやっていた仕事らしい仕事というのが、
4人の果樹生産者との付き合いでした。

日本という世界の果ての超大国から最新技術を引っ提げて救世主が来るっ!
という大きな期待を抱いていた彼らにとって、
目の前に現れた何もできない無力極まりない若造は、
大いなる失望以外何物でもなかったっと思います。

ただ僕も大学での貴重な4年間をただ無益に過ごしていたわけではありません。
人生の生きる方法を24時間学び続けた学生時代。

アフリカでの農業の現状。
僕の知識と技術。
そして2年という限られた時間。

ここから答えを導きだすことは、
造作もない簡単な作業でした。

「作物をつくる事に関して彼らの力になれることは何一つない!
 彼らと共にすべきことはそれ以外のなにかだ・・・」

瞬時に自分の立ち位置を悟った僕は、
まずは彼らとの信頼関係の構築という仕事から取り掛かりました。

暇があったら会いに行く。これだけ。

最初は自分たちに何ももたらしてくれない人間を、
冷たくあしらっていた彼らですが、
懲りずに何度も何度も笑顔でやってくる男に徐々に態度を軟化。

次第に僕たちの間には言葉も国籍も肌の色も越えた、
かすかな友情が確実に芽生え始めていたのです。

仲良くなるにつれ、
僕自身にも何とか彼らの力になりたいっ!
助けてあげたいっ!
という強い想いが突き上げてきます。

しかし僕には教えられる技術も知識もない。

どうすればいいか・・・?

考え抜いた僕がだした結論は、
彼らが作ったマンゴーの苗を買ってくれる業者を探し出すことでした。

車も何もない彼らですが、
もし大きな街の業者が定期的に車で買い付けに来てくれたなら、
彼らにとってそれは大きな現金収入源になるし、
また大きなモチベーションアップにもなるはず!

そう考えた僕は愛車のDT50で何度も砂漠越えをし、
街の業者を探し続けたのです。

そしてついにある業者から良い感触の返事を貰えました!
よしっ!
これは大きな一歩だ!

ついに僕の頑張りがアフリカ人の助けとなる可能性が出てきたぞ!

しかし・・・。
慣れていないことに熱中するあまり、
もっと大きなことを見渡せない僕は、
この後とんでもない失態をしでかしてしまうのです。

すみません。
長すぎるので。

つづく。

湯布院カントリーロードユースホステル  

夏のキャンプへ

SN3O0524_convert_20140724205840.jpg

夏を先取りっ!

激務の夏休みを前に2日間お休みをいただきました。
向かうはもちろん海へ。

今回のメンバーは我が家の5人と娘のお友達と
チェコと香港とシンガポールのお手伝い3人。

いつも通りの大所帯です。
もはやテントでは収まらないので、
大分県南部の海のバンガローを借リることにしました。

無題

とにかく時間をこれでもかっ!
と操りまくるのが我が家の旅。

終業式終了後、高速をブッ飛ばしつつも到着はすでに夕方4時前。
さぁー、まずは軽く海で泳がせていただきますか!
あー塩分が心地よく体内に沁みこむ~!

その後近くの展望台に向かったのですが、
ここがちょっと見に行くというレベルではなく半山登りレベル。
みんなゼーゼー言って景色どころではない・・・。

そして佐伯の海と言えばkの2つの岩にしめ縄がかかった豊後二見の風景。

キャンプ場には海水プールまで完備されており、
心ゆくまで夏を堪能させていただきました~。

無題1

翌日は当然早朝から活動開始。

ここから長い長い一日が始まります。

まずは里の駅にあった遊具にて全員で障害物レースのタイムアタック!
朝一でこのハードなメニューはいかがなものか?

そして暁嵐の滝を見に行き、公園を散歩し、
佐伯の武家屋敷を歩き、道の駅の遊具で再び遊んだ後、
巨大水車を見にいきました。

無題2

さらに鍾乳洞へと入り込み大アドベンチャーを味わった後、
トトロの森にてメルヘンに浸る。

無題3

その後大野のナイアガラ 枕堕の滝を見に行き、
吊橋わたって九州のナイアガラ 原尻の滝を見に行き、
(何がちがうの?)
次は河川プールで泳いだ後、
ようやく長ーーい一日は終了。

あとは温泉と夜のトランプ大会のみです。

SN3O0566_convert_20140724210645.jpg

この日のお泊りはこの「竪穴式住居」。
これだけ本格的な作りなのに、中には電球が常備され、
コンセントもついていて意外に快適に過ごせるのです。

気分だけ縄文時代にターイムスリップ!
川のせせらぎを子守唄に即おやすみなさーい。

SN3O0573_convert_20140724210709.jpg

さて最終日!
自然と目覚める朝
この日も早朝から動きだし、
県民公園で遊んだあと、
なんにもないマザー牧場で無駄に時間を過ごし、
大分の七瀬川で最後に遊泳。

もういいかな?
これにて今回の夏休みは終了~。

疲れたっ!
やり切った!

その後昼過ぎに家に帰ると恐るべきことに、
予約のメールが20件以上来ていて、
この返送と館内準備と夕食の仕込みにてんてこまい。

そんな疲労困憊の我々の状況を知る由もないお客様は、
もちろんありったけの期待をしながら本日も続々やってきます。

沢山いただいた夏のパワー!
もちろんお客様にしっかりとお返しせねば!

よし!
働くぞー!
おー!

湯布院カントリーロードユースホステル  

敗北の九重・・・

SN3O0483_convert_20140717182555.jpg

なんと夕食の提供がない夜。
自由な時間が広がります。
そしてなんとなんと翌日の朝食もない!

こんな時はいかせてもらうしかないでしょ~。
いつもの通り奥様の渋い顔の許可をいただき、
車に寝袋を詰め込み、
いざ向かうは九重連山!(いつものごとし)

ちょうど9月に行う「24時間サバイバル登山」
の下見に行きたかったんですよ~。
これから夏休みに入ることを考えるとまさにラストチャンス!
今回は気合い入ってます!

ただ翌日はお客さんがいるので3時にはここを出なければいけない。
後ろは決まってる。
なら前を早めるしかないですね・・・。

そこで早朝の4時から歩き出すことにしました。
11時間あればじっくりとコースを回れるはず。

ただ夜のフットサルの後に出発したため、
疲れ果てていたらしい身体は駐車場に到着後、
即夢の世界へ。

明日がんばるぞぉぉぉzzzzz。

SN3O0484_convert_20140717182607.jpg

僕にはひとつ特技があります。
朝が強いのです!

いつも目覚ましをセットするのですがだいたいその2分程前に
ばっちりと目が覚めます。

もちろんこの日も寝る前にきちんと起床時間を身体に刻み込んでます。

そして朝ばちっと起床!
一瞬どこでどーなってるのか分からないのですが、
素早く状況を理解します。

そーだ。山に来てるんだ。
旅立ちの時だ。

そして覗き込む時計。
5時50分。
よしっ!いつも通りのばっちりの時間だ。

んっ・・・??
ってだめじゃねーーーかぁぁぁ!!!
セットされていたのはいつもの朝の時間でした。
いきなりの完全寝坊!

体内時計よ!
融通効かんのもたいがいにせーよ!

半泣きになりながら朝食と準備を終わらせ、
ばたばたと出発。
その時間すでに6時半。

つまりこの日僕に許された時間はわずか8時間半ということです。

なんてこった・・・。
この日予定していた山は全15座。

行けるのか??

少々混乱しながらとにかくまずは1座目の沓掛山ゲット。
まーここはだれでも行ける山ですが一応カウントさせてください。

無題

さーここからどんどん行きましょう!

左上  2座目の扇ヶ鼻  眼下に広がる雲海が気持ちいぃ
右上  3座目の星生山  まだまだ誰もいない世界を堪能中
左下  4座目の肥前ヶ城 ここでササの朝露でまさかの靴が浸水!
右下  5座目の久住山  先にいた見知らぬお方を勝手に撮影

自ら招いた惨事とはいえ、2時間半の寝坊を取り返すために
無意識のうちに早まる両足の回転。

明らかにいつもの山にいる余裕や楽しみがありません。
あるのは自分への怒りと焦りのみ・・・。
 
無題2

まだまだ駆け抜けます。

左上  6座目の稲星岳  相変わらず荒涼とした世界がサイコー
右上  7座目の白口岳  辺り一面に立ち込める不穏な雲、雨は勘弁してくれよー
左下  8座目の鳴子山  こいつがかなり厄介!体力かなり奪われる
右下  9座目の中岳   九州本土最高峰もさくっとスルーパス

この牧ノ戸峠からぐるっと回るのはけっこうだれでも行ける通常ルートです。
ここからが勝負のはずが・・・、
早くも乱れまくる呼吸。

何かがおかしい・・・。
いつもは山の空気に染まりきる身体が、
まったく馴染めないのです。

SN3O0496_convert_20140717182817.jpg

そして10座目の天狗ヶ城 登頂!

時間は9時50分。
わずか3時間20分で10座巡りました。
かなり驚異的なスピードです。

これでなんとか寝坊の時差は取り返したか・・・?
終わりの目安がついたことで少し安心する心。
良かった・・・。

しかし山はそんなに甘くないのです。
きちんと [Give and Take] の世界なのです。

いただいたものは返さなければいけないのです・・・。

SN3O0497_convert_20140717182832.jpg

上のステージを無事に渡り終えたので、
いよいよ下のステージに移行です。

残すはあと5座!

この上から下への移動がまた結構きついんですよね。

11座目は 三俣山。
しかしここであきらかに身体に変調が現れます。

異常なまでの発汗!
拭えど拭えど湧き出るように噴き出る汗。

さっぱりとテンションあげる汗ではなく、
どこかねっとりとした嫌な感じの汗です。

いつもは歩きながらでも回復していける疲れも、
まったく回復しない。

足が…。
重い・・・。

SN3O0498_convert_20140717182843.jpg

それは突然にやってきた。

まさかの足が吊った!

歴代のサバイバル登山でも吊ったことないのに。
いったいいつぶりか?
どうなってしまったんだ??

まったく回復しない身体。
吊るのを恐れて歩くので、一向にペースが上がらない。

前半に飛ばし過ぎたつけが、確実に身体を蝕んでいっていたのです。
いつもは持っている山を愛でながら登る余裕がなかったこと。
これがすべてですね・・・。

乱れた心を自然は決して受け入れてくれません!

SN3O0500_convert_20140717182854.jpg

フラフラと歩きながら、
坊がつるに降り立ったのが12時半。

残り2時間半。

今のままのスピードで残り4座を奪うのはかなり難しいです。
空を見上げ、考え抜いた結論は・・。

まさかの途中リタイア。

あーーー!!
山よ、すんません!

無念です~。

前回は若干の余裕を残して13座登ったので、
15座はいけると思っていたのですが、よもや11座で終わるとは。

何より今回は9月の サバイバル登山の下見で来ていたのですが、
リーダーの僕がやりきれないルートっていいのかっ??

でもまー登る時間が違いますからね!
当日はもっとのんびりと!休憩をいっぱいとりながら!
楽しく登る予定です!

山に最敬意を払って登ります。

なのでどーか大船に(ドロの?)乗ったつもりで、
ご参加ください!

「24時間サバイバル登山」
開催日 9月7日(日)10:00~8日(月)10:00まで
参加費 2,000円

こんな軟弱なリーダーのサポートをぜひぜひお待ちしています。
とほほ・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル   

由布川渓谷ツアー

SN3O0447_convert_20140713232656.jpg

行ってきました!
当ユースホステルの一番人気「由布川渓谷ツアー」。

参加者は全18名!
今年も全国浦々から集まって来てくれましたよ~。

しかし問題は前日から激しく降り続く雨。
この降リ方はさすがにやばいか・・・?
と早朝まで悩んでいたのですが、
雲の薄さと雨足が弱ってきたことに希望の光を無理やり見つけだし、
とりあえず出発することにしました!

SN3O0469_convert_20140713232841.jpg

渓谷に入る入り口に置かれた看板。

「昨日の雨で水量が増えているために渓谷への入水はご遠慮ください」

の看板が目に入らない角度で顔をそむけながら、
なんとかやり過ごし、再び出会えた由布川渓谷!

水量はいつもの1.5倍増し。
ただ元から流れの緩い渓谷なので、
この日の水量なら問題なしと判断し、
全員で冷たい水の中をガンガン進んで行きます。

SN3O0456_convert_20140713232721.jpg

今年も修行の滝にて身を清めるメンバー。

キャーキャー言いながら滝に打たれるのは楽しいのです。
そう。
その一瞬だけは・・・。

この後彼らは大いなる後悔を背負いながら歩くことになります。
徐々に冷えていく身体と止まらぬ震えを感じながら・・・。

まぁ毎年のことですけどね。

そして2年前にこの滝修行で、
1人のメンバーが滝の神様にささげた眼鏡は今年も見つからず。
また来年探してみよう。

SN3O0472_convert_20140713232742.jpg

最終目的地は両壁に巨石が挟まっている「チョックストーン」という場所なのですが、
その前にあるこのツアー最難関であり、
最深地でもあるポイント。

ここが流れが速すぎて荷物を持っては渡れない!
止む無く荷物をデポして、
全員で流れの中を必死の逆流泳ぎ!

ここで全員もれなく全濡れになり、
どんどん奪われる体温。

気持ちいーんですけどね。

SN3O0478_convert_20140713232817.jpg

何とか目的地まで辿りついた我らですが、
そろそろみんなも身体の震えが止まらない!

そびえたつ岸壁。
遊び心満載のアドベンチャーなルート。
川泳ぎ。
お弁当。

すべて堪能しましたね!?

はい!即帰りましょー!

不思議なもので行きはサクサクと歩けた同じルートが、
帰りはやたらふらふらして何度も転んでしまうのです。

人間熱を奪われると、女にも自由に動けないものなんですね。

どっかのアジアの国の川渡りのように、
みんなで荷物を頭にのせての行進。

SN3O0479_convert_20140713232907.jpg

そして今年も無事に誰一人欠けることなくやり遂げました~。

携帯も濡れ濡れ。
うまく写せない・・・。

地上に上がってきてもっともありがたいのがこの気温です。
少しジメジメしてますが、冷えた身体を優しく包んでくれる夏の温度に、
みんなホッと一息。

それにしてもこの時期の渓谷は毎年実にたくさんの人ごみで溢れているのです。
去年は最後のチョックストーンに20人くらいのカメラマンがいて、
お互いかなりピリピリしていたのですが、

今年は完全に貸切!
まーこの天気で渓谷にわざわざ行こうという愚か者はそうはいないのでしょうが。

でも誰もいないおかげで、
今年はより幻想的な緑の世界を集中して堪能できました。

水量アップも結果的には難易度が上がりより楽しめました。

いいことずくめだった今年のツアー。

あとはこの冷え切った身体を温泉で温め直すのみ!
参加者のみなさん、
疲れ切った身体ですが、家に帰るまでがこのツアーです。

ウトウトには十分に気を付お帰り下さい!
それではまた来年お会いしましょう!

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫