お泊り~。

SN3O0614_convert_20130529084619.jpg

お客さんが2人しかいない・・・。
しかも夕食は1人・・・。
こんな夜。

こりゃどっかいくしかないっしょ!

そろばんを終えた娘と残り2名を5時半に拾い、
すべての仕事を奥さんにまかせて出発だ~。

SN3O0615_convert_20130529084630.jpg

突然のお出かかけに子供たちもテンションあげあげ!

目指したのは 

トライアル温泉郷。

湯布院から車で40分。
久住連山のふもとにある静かな宿です。

SN3O0616_convert_20130529084642.jpg

ここの部屋はまず2階がロフト状の寝室。
そしてもう一つ部屋があり、
TVのあるくつろぐスペース。

もちろんトイレと洗面所もあります。

ちょっと無理すれば10人は寝れますよ!

そして温泉もついててお値段なんと・・・。

同業なのであまり大きな声ではいいたくないのですが・・・。

4人で泊まって・・・、


2.980円。

安すぎ。

SN3O0620_convert_20130529084655.jpg

いつも別荘感覚で使わしてもらってるこの宿。

でも当然平日なので朝は早起きして、
子供たちはもちろんここから直接学校に登校です。

SN3O0626_convert_20130529084708.jpg

たった一晩ですが子供たちと、
遊んで踊って語ってと、
とっても良い時間を過ごせました。

またこよーね~。

なお一人お留守番の奥さんも静かに仕事に集中できて、
満足気味でした。

あざーしたー。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

新緑の大谷渓谷ツアー!

977781_333708640090533_871910926_o_convert_20130526200038.jpg

今年も大谷渓谷ツアーが実に厳かに開催されました。

ここはほんとーに知る人ぞ知る名所です。

今年の参加者は全部で12名!

まさに渓谷日和の晴れっ!
さぁーて、元気よくいってみよぉーーう!

474349_333708730090524_1699212091_o_convert_20130526201132.jpg

深い緑の中をパチャパチャと歩きます。

一枚岩の岩盤が約8km続くこの渓谷。
なぜこんないいとこがしられていないのか?
まさに穴場!なのです。

980530_333709960090401_474306145_o_convert_20130526200305.jpg

水温は程よく冷たく足にからまります。

でもとっても滑るのでご注意くださいね!

976191_333711896756874_257687244_o_convert_20130526200157.jpg

注ぎ込む陽光と小鳥のさえずり。
詳しくはまったくわからないのですが、
おそらくこれがマイナスイオンってやつなのか??

とにかく気分がいーのです。

461172_333710370090360_653236537_o_convert_20130526200413.jpg

みんなでせせらぎに耳を傾けながらお待ちかねのランチタイム!

こりゃースーパーで買った弁当も高級コースなみの味わいですよ。

964773_333711916756872_351625826_o_convert_20130526200105.jpg

今年もたくさんの生き物たちに出会いました!

カエル・カニ・子魚・エビ・よくわからない虫そしてこのヘビさん。

さらになんと途中木の葉がもぞもぞしてるので、
払ってみると中からはモグラが出てきました!

僕は泳ぐモグラを人生で初めて見ました。
かなりやるもんですよ!すごいスピード!

965521_333712343423496_878986247_o_convert_20130526202255.jpg

滑って転んでだんだんヤケクソになってくるのがこのコースの特徴です。
ちびっ子たちはそのうちあえて深いコースを選択しだしました。

この日まだ暖かいとはいえまだ5月・・・。
魂を削った水遊びです。
最後は泳ぎだしたちびっ子軍団恐るべし。

SN3O0613_convert_20130526210852.jpg

そしてトータル4時間で今年も無事に大谷渓谷をクリアー!
サイッコーでした。

水の中を歩くだけ。

そんな難易度0のこのツアーなんですが、
最後に得る大きな充実感と意外にも疲れ果てた自分にびっくり。

参加者の皆さんお疲れ様でした~。
ゆっくりと休んでください。

朝一でツアーに出かけた僕とお手伝い2人は、
これから帰って全館の掃除が残っているのです。

楽しいことは苦労の上に成り立ってるってことですね。
かなぴー。

湯布院カントリーロードユースホステル  

塗って塗って塗る

SN3O0590_convert_20130524185930.jpg

今年もこの季節がやってきました。

全館ニス塗りです。
ワックスではなくニス。

これによってコッテコテに塗り固められた床は、
1年間たくさんの人たちに踏まれて、
傷つけられ、汚されても辛抱強く耐え、
そして再びこの日に蘇るのです!

SN3O0592_convert_20130524185728.jpg

完全2日間かけて行うこの作業。

今年は仕事テキパキ日本語上手な台湾からのアブー。

SN3O0593_convert_20130524185843.jpg

仕事丁寧全く日本語できない香港からのキャシー。

この強力2トップの手伝いのおかげでサクサクすすみました。

SN3O0598_convert_20130524185750.jpg

使用したニスは油性 艶あり 
その量 10L。

これで館内ピッカピカです。
どうです、塗り前と塗り後。
まぶし~!

SN3O0609_convert_20130524185807.jpg

毎年のことですが、塗った後しばらく帰ってこれないんですよね。

今年はみんなで日田までドライブ。
この絶好の晴れのおかげで帰ってくるとすっかりと乾いてました。

SN3O0611_convert_20130524185823.jpg

輝く床はまるで鏡みたいです。

明日は土曜日、
さっそくこの輝きを楽しんでくださーい!

湯布院カントリーロードユースホステル  

お休みだ~♪別府だ~♪

SN3O0566_convert_20130520223138.jpg

久々のお休み!
心も空も朝から晴れやか!

昼間はがっつりと事務仕事をし、
夕方の3時半から一人で先に別府に向かうことにしました。

まー例によって例のごとく塚原越えで・・・。

3つあるルートの中で、本日もCコース選択。
もっとも落下の角度が鋭い、今一番の流行のコースです。

SN3O0568_convert_20130520223152.jpg

伽藍岳の山腹にはもうすっかり満開のミヤマキリシマが!
今年は早いですね。

今週はずっと気温高いそうなので、
これは例年になく開花が早そうですよ。

6月上旬!
なんて考えてるあなた。

1週間予定を早めてください!

SN3O0570_convert_20130520223208.jpg

そしていつものように、
位置エネルギーをフル活用した自由落下で全力下降!

汗と泥にまみれて文字通り真っ黒!
このヤケクソ感さいこーです。

そして降り立った場所にある山の中の秘湯でまーったり。
もちろん貸切。

癒された~。

汗と一緒に日々溜め込んだ何もかもを洗い流してきました。

SN3O0574_convert_20130520223225.jpg

眼下に別府の街並みを眺めながら最後の歩行。

さっぱりした身体に再び照りつける日差しがまた良い!

しかしこの写真、なんか影が面白れーな・・・・。

SN3O0585_convert_20130520223236.jpg

イエーーーーーイ!

意外に影写真にはまり一人で道端でたわむれてました。
なんか伸びる感じが実に楽しい。

その後奥さんとちびっ子たちと合流し、
飯ってカラオケして買い出しして帰ってきました。

お休みやりきりました!

明日からまた忙しいのです。
気合いのネジ巻きなおしときます!!

湯布院カントリーロードユースホステル  

最新機を操る

2013-05-12-11-49-12_deco_convert_20130519171057.jpg

最近購入したタブレット。

これを娘がすごい勢いで使いこなし始めているんですが・・・。

知らない間に写真を撮って落書きするアプリをダウンロードして遊んでました。
部屋でこっそり何かしてると思ってたらこんなことしてたのか。

まずはチャップリン風。

2013-05-11-16-50-22_deco_convert_20130519171111.jpg

小人を食べようとする息子だそうです。

2013-05-11-19-45-22_deco_convert_20130519170427.jpg

ゴキゲンさんの末っ子。

2013-05-11-19-39-46_deco_convert_20130519170617.jpg

僕もやってみました。
処女作にしては素材の味を生かし切った作品になったと思いますが・・・。

それにしてもこの小さな画像に潜む無限の可能性はなんなんだ!
もはやついていけない僕はただ娘の成長を望むだけです。

はやくうちの仕事に絡むこと覚えてくれ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫