ちびっ子 初の山へ

PAP_0292_convert_20130330161813.jpg

満室の土曜日。
3週間休みを取ってない身体はかなりお疲れ気味。

こんなことをしている場合ではないのです。
決してないのですが・・・、
それでも行ってしまうのは僕が悪いのか?山が悪いのか?

掃除終了後一気に準備をすませ、
保育園がなく、
にーにとねーねがいないので一人寂しそうな末っ子を連れ
由布岳へといざ出発!

時間はすでに11時10分。

とにかく時間がない~!

PAP_0283_convert_20130330161935.jpg

背負われてどうも自由が利かないチビちゃんは背中で大暴れ!
そしてある段階でふと足を見てみると、
あっ!靴がなーい!

もはや引き返すのも大変だ・・・。
帰りに探そう。

そんな娘の必死の抵抗をすべて背中で受け止め、
ガンガン標高を上げていきます。

PAP_0290_convert_20130330161827.jpg

しかしなるべく振動を立てないように忍び足での登山はかなりきつかったです。
もはや我が家のようなこの道ですが、
今日は息切れで途中何度も止まってしまいました。
情けない・・・。

それでもなんとか 1時間10分で登頂!

チビちゃんも背中で頑張ったね!

PAP_0287_convert_20130330161857.jpg

2人でお菓子を食べて体力補給。

そしてこのまま一気に下りに入ります。

超アタッキング登山を心がける僕は、
登りにはかなり自信あり!

いつも登る前にその日の目標をたてます。
今日は目指せ 30人抜き!

しかし出発が遅かったせいかなかなか人がいなくて、
ほんとの最後の岩場でぜーぜー言いながらなんとか目標をクリアー。
本日は42人抜かせていただきました。

しかし下りはほんとに大苦手。
抜いた人数1名。
時間も登りと全く同じ1時間10分。

困ったもんだ・・・。

しかし帰りに無事に片靴を回収成功!

PAP_0280_convert_20130330161944.jpg

そしてなんとか1時40分に降りてきました。

時間の関係上ちびっ子は一歩たりとも歩きませんでしたが、
今日は山の自由な雰囲気を感じてもらうだけで十分!

次は一緒に登ろうね。

しかし帰宅後そのまま一気に仕事に入り、
現在も大忙し!

さてどこで電池が切れるやら・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

春だっ!初走り~。

SN3O0266_convert_20130329153945.jpg

むさ苦しい男2人が突然、
暖かい春の陽気に誘われて、
今年初のツーリングへ!

ちなみに彼は昔のうちのお手伝い。
2年ぶりに遊びに来てくれました。

今回のテーマは「花」。
春ですからね。

まずはうちのユースホステルの前の桜とともにパシャ。

SN3O0270_convert_20130329154002.jpg

裏の高原を走っていると、
草原の中にポツンと立木が。

雷でも落ちたのか黒くなり枯れ果てたその枝から、
数本の新しい桜がっ!

これぞ生命復活の瞬間だ。

SN3O0273_convert_20130329154016.jpg

さらに山間に入っていくと古くて大きい民家の横に素晴らしい桜が!
歴史を感じますね・・・。

今回感じたんですが、
桜って必ず人間の近くにしかないですね。

昔から大切に育ててきたんでしょうね。
ゆっくりと育んでくれた雄大な時の流れに感謝です。

SN3O0278_convert_20130329154028.jpg

途中の谷間に一際輝く菜の花畑を発見!
近づくとまさに金色の海。
菜の花の優しい香りが鼻を楽しませてくれます。

近くで働いていたおじさんとここでいろんな世間話で大いに盛り上がったのですが、
実はほとんど理解できず・・・。

最近外人客が多くて、
外来語に比較的慣れてた耳もまったくヒアリングできず!
大分弁深いぞー。

SN3O0279_convert_20130329154039.jpg

途中のお寺にあったしだれ桜。

これもまるで降ってくるかのような枝振り。
お見事です。

たまにゆっくりと眺めるとやはり心地よい春の花々。
なんか心が一気に優雅になり、
今日1日とっても得した気分です。

しかしやはりふらっと出かけたので、
高原の外気はライダーにはまだまだ寒いです。
2人で最後はがたがた震えながらのドライビング。

ライダーの皆さん。
やはりまだもうちょっと暖かい恰好とはおわかれできそうもないですよ!

湯布院カントリーロードユースホステル  

つかのまの休息

PAP_0251_convert_20130319222859.jpg

日々の仕事に追われる3月。

この時期は学生など若者がたくさん訪れます。

基本的に宿というのは旅の疲れを癒す場所です。
食事と温泉と布団。
快適に休憩できる環境を整えるのがこちらの仕事です。

しかしそれで終わらないのがユースホステル。

休息以上の何かを期待されているに違いない!(特に若者は)

過剰なまでの自意識に毎夜突き動かされ、夜のツアー・ゲーム大会・深夜のトークと
お客との濃い時間を過ごす僕ですが、
さすがに人に酔ってきてしまいました。

そんなわけで夕方4時からお休みをいただき、ちびっ子2人と別府の海辺にやってきました!
(夕食3人は奥さんにお願い)

PAP_0247_convert_20130319222931.jpg

途中でお弁当とゐなせの新1年生に向けたサッカーボールを購入し、
海沿いにあるきれいな出島にてのんびり夕食。

だれもいない青空の下、目の前の波しぶきを肴に食べるご飯はそれだけで美味い!

いつでもそこでも楽しくてしょうがない末っ子は、
ここでもうれしさを抑えきれない・・・。

息子はおたふくがまだ残っていて少し愉快な顔になってます。

PAP_0235_convert_20130319223029.jpg

途中の道路ではもう桜が咲き始めてました。
ついに来るべき季節がやってきましたね。

春~♪

ちびっ子のペースに合わせて歩くこの一歩一歩は心を自由にしてくれます。
とても大事な時間です。

時間を自由に使える贅沢。

慌ただしい日常は無我夢中で楽しいのですが、
やっぱり時には自分に向き合うのも必要ですね。

PAP_0241_convert_20130319222957.jpg

わずか4時間のお出かけでしたが、
気持ちは完全リフレッシュ!

これからいよいよ春休み本番です。

僕には湯布院カントリーロードユースホステルでしか味わえない夜を
演出する大いなる義務があるのです!

やっるぜぇえええ!

もちろん帰宅後はお客を集めて大ゲーム大会。
今夜も大いに盛り上がりましたよ。

これから来られる皆さん。
ご一緒に楽しい夜を過ごしましょうー。

湯布院カントリーロードユースホステル  

まさかのチビ2人が同時発症!

PAP_0208_convert_20130315173543.jpg

水疱瘡の末っ子とおたふく風邪の息子。
この人生の中でのビッグイベントがまさかの重複!

こりゃ大変だ~。

激務の3月に昼間から2匹の猛獣が・・・。

初日こそそれぞれの病魔にうなされていた2人ですが、
幼さゆえの驚異の回復力を溢れんばかりに発揮!

PAP_0209_convert_20130315173624.jpg

顔が楽しく位に腫れた息子は食事が食べられず、
かなり弱っていたのですが、2日目からは気合いで食べだし、
メキメキ体力回復。

現在もトイストーリーの緑のロボットみたいなでかい顔してるんですが、
めっちゃ元気マンマンです。

PAP_0212_convert_20130315173649.jpg

末っ子にいたってはできた水泡が数時間後にはかさぶたに変わっていくという
超回復力をみせつけ、分単位でよみがえっていきます。

凄すぎだ・・・。

PAP_0207_convert_20130315173520.jpg

あんまり元気なんで4人でランチ。
とはいえ他人に接触しないように川沿いでお弁当をパクパク。

たまにはこんなのんびり時間もいいですね。

しかし来週からは何としても保育園に行ってもらわないと。
しっかりとこの週末で全快してくれよー。

湯布院カントリーロードユースホステル  

奥さん スマホ手に入れる!

DSC_0077_convert_20130310232345.jpg

ついに奥さんがスマホをゲット!

そのカメラはほれぼれするほどキレイ!
しかも押すだけなので誰でも撮れる!
さすがは人類の技術の最先端の粋。

そんなスマホで撮影の3月の出来事をハイライトでご覧ください。

まずは長女の「2分の1 成人式」
こんなイベント僕らの頃は聞いたことありません。
最近の子はいろいろと大変ですねー。

DSC_0137_convert_20130310232409.jpg

毎年3月になると北の知り合いが開所記念の風船を送ってくれます。
ありがたいことです。
2歳の末っ子の誕生日も兼ねてくれてるのですが、
その段ボールの中からお手紙が。

「今年はヘリウムが全国的に不足してるので風船は浮きません」

ヘリウムガス不足ってどうなってしまうんだっ?
でも実は対して困ることはないのかな??

DSC_0175_convert_20130310232436.jpg

奥さんのおばあちゃんに久しぶりにごあいさつに行きました。
車で2時間くらいなので、
いつでも行けると思っていながら3年くらい経ってしまってました。

でも行けるときに行っとかないと、きっと後悔するはず。
これからもなるべく頻繁に会いに行こうね!

DSC_0179_convert_20130310232459.jpg

金鱗湖の朝霧を撮影。
陽光がいいですねー。

ところで今年に入ってから 「朝霧の湯布院」と呼ばれる雲海がほとんどでず!
絶不調なのです。

どうしたんだ!?
あの由布の街を真っ白に沈める大自然の芸術をぜひ見せてくれ。

DSC_0229_convert_20130310232555.jpg

そして最後に城下町 杵築の街をみんなで散策。
この街好きなんですよねー。
落ち着くんです。

この時期は海沿いで牡蠣も食べられます。

予定の立っていない自由な旅人にはぜひこの、
古き歴史とグルメのコラボをお楽しみください。
お勧めの穴場ですよ!

しかし初めてスマホを手にする奥さんは現在、
この新時代の象徴の使い方がまったくわからず四苦八苦してます。

ほんとに訳が分からないみたいです。

達人の皆さん。
どうかご来館のさいは彼女にレクチャーしてやってください。
お願いしま~す!



湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫