福万山まで・・・。

SN3O0114_convert_20130228164029.jpg

朝からお手伝いのイエーイ(シンガポール人)が出発!
なので駅まで送っていくことにしました。

仕事の手を止めみんなで出発。
感動の別れのあと2人ですかさずお茶タイムです。(まだ掃除が終わってません)

しかしあまりに天気がいいので、
近くの山に登りに行くことになりました~。(まだ掃除が終わっていません)

目指すは福万山。
いざ出発~!

SN3O0117_convert_20130228164051.jpg

だれもいない草原路を上昇中。
眼下の由布院の街がウツクシー。

そしてこのポカポカ陽気。
確実に春が来てますね!(でも掃除は終わってません)

SN3O0122_convert_20130228164116.jpg

そして頂上に到着!
35分間のワイワイ登山。
こんな近くにいいとこあるんですよー。

後ろには由布岳がくっきりと!(そういえば洗濯干しも終わっていない)

SN3O0127_convert_20130228164140.jpg

だれもいない世界で一息。
山の上の空気ってなんでこんなに神々しいんでしょうか。
確かに山ってしんどいです。

でもこの特別な空気を感じてしまうと、
もう絶対にやめられないんですよ。(でも電話の転送をすっかり忘れてました)

SN3O0129_convert_20130228164157.jpg

我が街 由布院を今一度眺め、

さーて。
帰りますか!!

なにせ掃除と洗濯ががっつり残ってるので・・・。
楽しいことを仕事の間に無理やり入れ込むと後が大変だぁ~。

午前中電話をくれた方、もしいましたらここでごめんなさい。


湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

全九州雪合戦大会 2013年

_2247749_convert_20130226154954.jpg

今年で4回目の挑戦となる「全九州雪合戦大会」(過去2回は雪不足で中止)

今回は過去最多の18名のメンバーが集まってきました。
みんな想いはひとつ!
優勝して北の大地へ!

雲一つない晴天の中、いよいよ熱き戦いが始まります!

なおこの写真はメンバーのNicさんからいただきました。
いつもながらいい写真サンキューです。

_2247719_convert_20130226154757.jpg

戦いの前に必ず向き合わねばならないのがこの雪玉作り。
そうです。
戦い用の球はすべて自分たちで作らないといけないのです。

最大3セット用準備するため、必要な数は1試合270個。

予想外のサラサラ雪になかなか球が固まらずどのチームもこの時点で大苦戦!
ある意味この日一番の戦いはここでしたね。

_2247735_convert_20130226154821.jpg

いざ戦い前の緊張と興奮の激しく入り乱れる瞬間!
前夜の体育館練習で行ったシュミレーションを何度も確認して臨みます。

この雪合戦。
ルールは基本的にはとても簡単で、

①相手チームの陣地奥にある旗を奪取!
②相手チームを全滅させる!
③試合時間3分が終わった時点で生き残り人数が多いほうが勝ち!

たまに一回でもかすればアウトなのです。

「とにかく。少しでも長く生き残るんだ!」

じっくりと持久戦に持ち込み粘り勝つ!
この戦術しか僕たちにはありません。

_2247740_convert_20130226154835.jpg

そして試合開始!!

ここからの3分間はとてもラーメンを待ってる時とは比べようもないくらい長いのです。
味方が運んでくれた雪玉を手で必死に探しながらも、
目は常に前方に。

いつ球が向かってくるかわからないのです。
ビンビンに冴えわたる集中力。

こえぇ~!!
けどたのしぃ~!!

_2247744_convert_20130226154941.jpg

今回は2チームに分かれての出陣となった我がチーム。
第1試合に早速登場した湯布院ユースホステルチームは結果論ですが、
この大会をほぼ無敵状態で勝ち抜き優勝したチームとの対戦だったのです。

それでも一回はセットを取りかけの惜敗でした。

しかし女性が大部分を占めるこのチームは次の戦いを見事2セット連取で勝利!
戦力的には若い男性を多数抱える相手に完全に負けていたのに、
それを戦術とチームワークでカバー!
ほんとにお見事でした!

もう1チームの 湯布院カントリーロードチームは若干主力を集めたチーム。
戦いもひたすら冷静に勝ちにこだわり、黙々と予選を2連勝でベスト4進出です。

準決勝の相手はユースホステルチームが破れた初戦の相手。
ここを超えられるかどうかが大きなポイントでした。

そして持てるすべてを出し切り、全力投球の結果の大敗・・・。
戦術も我慢も何も通じず!
清々しく負けました。

SN3O0101_convert_20130226155320.jpg

その後の3位決定戦も戦力的には相手が勝っていたのですが、
若さゆえの我慢ができない相手を辛抱強く粘り切り、なんとか辛勝の3位ゲット!

危なかったです。
ほんと今回はよくぞ勝てたといった印象でした。

3位の商品の1万円とビールは仲良く全員で山分け。

SN3O0103_convert_20130226155347.jpg

間違いなく日本最弱地なのですが、
それでも確実に年々レベルアップを果たす九州!

我らのように寄せ集めが勝てる大会ではなくなってきてるのかもしれないですねー。

それでも!
来年も必ずこの場所に戻ってきますよ!

これを見た全国の熱き旅人の皆さん。
ぜひ僕にその大いなる力を貸してください!

ではまた来年お会いしましょ~う!!

湯布院カントリーロードユースホステル  

わおんちゃん 2歳のお誕生日!

R0022008_convert_20130221222110.jpg

本日末っ子の2歳のお誕生日です。
お手伝い3人とお客さんも巻き込んでの誕生パーティーがひらかれました。

この日に限り1ホールケーキを好きなだけ食べていい日なのです。
上のねーねもにーにも通ってきた道。

豪快に手掴みで好きなように食べてきた上の2人に比べると、
とってもお上品な彼女はスプーンがないとケーキは食べれません。

そして3口位食べると心はもう、貰ったお菓子や人形に夢中です。

結局このケーキはほとんど僕たちのおなかに消えていきました~。

スクスクとわがままに育つ彼女。
我が家での立ち位置は常に最上位。
それでもみんな愛してやまないからいいのです。

これからも元気に育ってね。

DSC_9390_convert_20130221222239.jpg

そんなわけでわずか2年ですが、
彼女の歴史を振り返ります。

SN3O0214_convert_20130221222322.jpg

電話大好き!
振り回したり、叩きつけたり。
使い方間違ってますね。

SN3O0392_convert_20130221222435.jpg

女の子なのになかなか髪が伸びない。
同じ女性として小さな髪飾りでの奥さんの必死のおめかし。

PA084965_convert_20130221223033.jpg

暖かい日はいつも外でごはん。
まぶしいよぉ~。

SN3O0446_convert_20130221222833.jpg


やっと髪を結べるようになりました。
言葉もかなりしゃべれるようになりました。

これからもどうかよろしくおねがいしまーす!

湯布院カントリーロードユースホステル  

ちびっ子のプレゼント買いに・・・。

PAP_0091_convert_20130221150627.jpg

本日は 末っ子の 2歳のお誕生日でーす!
おめでとぉーう!

しかしこのセレブレイトな日に、
なんと我が夫婦そろってプレゼントを用意していないことが発覚!

じじばばからのプレゼントがあるのでそれだけでもいいのですが、
ここは親として愛する姫のために何か用意しないといけないでしょう。

というわけで別府行き決定!

ただ行くだけでは面白くないので山超えて行くことにしました。

今までもはや数えきれないほど超えてきたこの由布院と別府を遮る山の壁。
しかし実はどのくらい時間がかかるのか正確に測ったことないんですよね。

そんなわけで塚原高原 から 別府の「トライアル」
までのタイムアタックに挑戦!

スタートは 11時53分。

いっくぜ~!!

PAP_0090_convert_20130221150649.jpg

コンディションは雪。
決してよくないです。

ズボズボ足がはまり込む中、ぐいぐい標高をあげていきます。

PAP_0089_convert_20130221150703.jpg

「塚原越え」に到着。
12時6分。

ここまで13分か・・・。

そしてここから怒涛の下りです。

PAP_0088_convert_20130221150718.jpg

直滑降!
の前に吹き出す噴気でちょっと一休み。

このわずかな暖かさが身に染みるんですよね。
充電完了ー。

PAP_0087_convert_20130221150732.jpg

そのまま「兎落とし」を転がり降り、
鍋山温泉入り口に到着が 12時24分。

上から一気に18分。
重力にすべて身を任せたダウンヒル。
この区間のスピードは尋常じゃなかったです。

PAP_0086_convert_20130221150747.jpg

体中汗だくのまま最後の街中を走りぬき、
トライアル到着が 12時38分。

塚原温泉 → トライアル 45分でした!

まったく分からないと思いますが、
参考までに車で行くとぐるっと山を回り込むので、
30分~40分かかります。
この前へっぽこお手伝いを連れていたときは約3時間でした。

今回初めてじっくりと時間を測ったのですが、
別府まで塚原からなら1時間かからないんですね。
ますます別府近くなった!

そしてトライアルでちびっ子のおもちゃとケーキとゼリーとプリンとジュース買って、
バスで無事に由布院に帰ってきました。

今夜は誕生日パーティー。
楽しみですな~!

湯布院カントリーロードユースホステル  

ランタンフェスティバル2013年

PAP_0084_convert_20130218210812.jpg

由布院に来てから。
欠かすことなく行われている我が家の恒例行事がこの
「長崎ランタンフェスティバル」への旅行。

通常は週末だけで終わってしまうお祭りが多いのですが、
このランフェスはなんとも太っ腹な2週間の開催!

我が家のような平日しか休めない自営業者にとっては実にありがたいのですよね。

今年はダブルばばと合わせて台湾とシンガポールのお手伝いも参加。

計10名の一大キャラバンでの移動です!

PAP_0082_convert_20130218210916.jpg

まずは長崎駅にてテンションマックスの子供たちが鳩の平穏をかき乱す!
とばっちりを受けた鳩さんにはとんだ迷惑でしたが、
息子の野生が見え隠れした瞬間でした。

こりゃいいハンターになるな。

PAP_0075_convert_20130218211040.jpg

いつも通りグラバー亭からオランダ坂をへて、
みんなでゆっくりと坂の街を散策。

予約の電話や食事の支度から解放されるこの自由な感じ!

この時間が長崎で一番好きな時間です。

PAP_0062_convert_20130218211059.jpg

地元民しか通らない小道を縫うように歩きます。

ベンチで4匹の猫ちゃんが寒そうに寄り添っているのを発見。
まぁ、彼らの平穏もわをんに見つかるまででしたけどね。

PAP_0054_convert_20130218211132.jpg

そして今年もランタンの会場に突入!
りっぱな蛇が出迎えてくれました。

今年もエイサーに胸熱くし、
中国雑技団に腰抜かし、
大満足のステージでした。

しかし相変わらずスゴイ人でしたが。

PAP_0037_convert_20130218211251.jpg

そして眼鏡橋付近を散歩。

この辺が人も少なくてゆっくりできる僕のベストスポットですよ。

いつも通りお決まりの場所を徘徊し、今年のマーキングは終了。
これでまた一年安心して由布院に帰れます。

お泊りはカトリックセンターだったのですが、
9時ごろに帰り着くころからポツポツと空からの使者が!
ついに来たか・・・。

PAP_0027_convert_20130218211341.jpg

翌日は案の定ザーザー雨。

せっかく今年は島原あたりをじっくりとまわりたかったのに・・・。

じょーがないので考えた結果「ペンギン水族館」に向かうことにしました。
しかしここがまさかのクリティカルヒット!
入場 500円とは思えないハイクォリティー!

ペンギンの愛らしさに身も心もすっかり癒されました。

PAP_0023_convert_20130218211432.jpg

末っ子も大好きな水族館に大興奮。
よかったねー。

その後「たらみ」工場の直売店で生ゼリーを食べて、
佐賀のイオンモールのゲームセンターでコインゲームの真剣勝負。

雨でも遊ぶ場所ってたくさんありますね。

PAP_0008_convert_20130218211606.jpg

そして最後に向かったのが「佐賀城本丸歴史館」

ここがまたもや大当たり!
今回はすべて引きが良かった!

ひろーい城内を歩き回るともう心はすっかり大名気分。
そこにいるだけで昔の厳かな世界が堪能できます。

PAP_0002_convert_20130218211626.jpg

とにかく雰囲気がただようこの歴史観の最大の売りは、
無料ってことでしょうか。

ありがとうございまーす!

そのまま下道をひた走り、
9時前に由布院に無事帰ってきました。

毎回旅行帰りの時は、
もし玄関にだれか待ったたらどうしよう・・・?
と恐れながら来るのですが今日もだれもいなくてホッとしました。

荷物も片づけ、
ブログも書いて、
あとは車の中でずっと爆睡してたため目がギンギンに冴えわたってるチビどもを寝かすだけだな。
これが一番厄介。

でもこの大仕事が終わらない限り、
僕に平和は訪れない・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫