ちょこっと登山

1627524127_19_convert_20101125092927.jpg

昨日 絶好の天気だったので山登りに出かけました!
目指すはこの上にある 内山(1275m)。

その後裏側を降りていき、別府まで歩くというルートです。

ここは出発地点の塚原高原の牧草地!

サイコーのはじまりですっ!

この牧草地を登り切ったその後ですか??

道は無いんですよ・・・。

その後はプチ遭難気分を味わいながらの、
山の中の道無き道を自分で開拓しながら、
とにかく上へ上へと目指して歩く強行登山。

別府までの標準タイムは約4時間位かな??

通常の登山に飽きた人はこのルート試してみて下さい!
この山の中の全ての世界が独り占めですよ!

湯布院カントリーロードYH
スポンサーサイト

でましたっ!

CIMG8555_convert_20101115081459.jpg

いやー・・・。
まだまだおもしろいとこってあるもんですね・・・。
底なしですね。大分県・・・。

九州のナイアガラ!!(原尻の滝)
九州のグランドキャニオン!(蘇陽峡)

といちいち大袈裟なあだ名のつく九州ですが、またまたすっげーのが出ました。

今回はお客さんからのタレコミで発覚したのですが、
その名もずばり

「宇佐のマチュピチュ!」

ユースホステルから車で約30分のとこです。
道路を走っていると突然現れるこの興味を惹かないわけがない看板!

CIMG8554_convert_20101115081601.jpg

そしてどんどん車がやってくるのですが、
特に店も駐車場もなく、あるのは道路沿いに一枚の看板・・・。

見えますかね~・・・。
ちょっと季節外れの黄砂の影響で非常に見にくいのですが、

この奥の景色が「宇佐のマチュピチュ」だそーです。

どうですか??
たしかにそういわれれば岩山の感じや、下の町の廃墟の感じが似てると言えば似てるような・・・。


いや。よくよく見ればそっくりっすよ!!だんだんマチュピチュに見えてきた・・・。
あぁ・・・、ここはペルー・・・。
そして私はインカの王様・・・。

これ見つけた人、きっと相当感動したんでしょうね・・・。

余談ですが学生時代にペルーを旅行したときに、
夕方以降立ち入り禁止のマチュピチュに一人でこっそりと忍び込み、
夜を明かしたのを思い出しました。

さぁ。
古代の夢の世界に行ってみましょう!

湯布院カントリーロードYH

紅葉の「宇佐 3滝」巡りツアー 11月14日

CIMG8547_convert_20101115081916.jpg

天気予報はニッコリ晴れマークだったのに、
なんだかドンヨリの一日・・・。
なんと黄砂がやってきてるとか。

そんなすっきりとしない中、合計6名のメンバーで出発した今回の滝巡りツアー。
通常ではなかなかいけない、湯布院近郊の滝を1日でぐるっと回るというツアーです!

さっそく車を走らせ 1つ目の滝は  「東椎屋の滝」 に到着。
ここは日本滝100選にも選ばれている滝なんです。

ユースホステルから車で 約20分。
駐車場からマイナスイオンしみ出る森の中を10分ほど歩くと、
目の前にどーーーん!と出てくるのが 東椎屋の滝。

この迫力っ!!
圧巻ですっ!!

でも残念ながら日が差し込まないためか紅葉はほとんどなかったです。


CIMG8551_convert_20101115081821.jpg

さらに車を進め、まずは絶対に知ってる人しか行けない、
「いもり谷」という谷に寄り道。

ここにある「ぱおぱお」というパン屋さんのパンと「大きな豆の木」という納豆屋さんでお買い物。
ほんとーーーに穴場中の穴場です。

そしていよいよ2つ目の 「福貴野の滝」に到着!
目指すは駐車場から歩いて10分のところにある展望台!

ここが今回のツアーの最高の紅葉スポットでした!
色とりどりの葉っぱの隙間から覗く滝!
ここは絶対にお勧めですよっ!

そしてこの贅沢な環境の中でお昼をいただきます。
美味くないわけねぇ~!!!
サイコ~!

CIMG8557_convert_20101115082155.jpg

さらにドライブは続き、細い山道をくねくねと進み続け、
最後の目的地 「西椎屋の滝」に到着!

この滝も 日本滝100選 に選ばれる実力者なんです!

まずは上の展望台から眺める。
この滝は水量がすごいんですっ!

そして下に下にと続く階段をなにも考えずにひたすら降りていくと、
なんと滝壺のすぐ横までいけます。

ここは上からも下からも見れるとってもお得な滝なのですが・・・。

問題は帰りです。
標高100m程を一気に階段でおろされるので、
登りが大変!!

最後の最後に マッタリのツアーが一気にサバイバル化してしまいました。
全員汗びしょり!

でもお昼の消化にはぴったり?でしたよね・・・。




CIMG8553_convert_20101115081702.jpg

今回の参加者のみなさん!(プラス撮影者さん)

「滝巡り」なんて渋いツアーだったのでご中年の方が多かったのですが、
今年初めて開催されたこのツアー!

良かったです!!

というわけで恒例ツアーへと昇格~!!
来年もやります!

ぜひ来年は「滝打たれの修行」なんてのも行程に入れられればいいなぁ・・・。

湯布院カントリーロードYH

お出かけ!

CIMG8535_convert_20101111093217.jpg

昨夜 お泊まりの 4名様は早々に部屋に入ってしまい、だれもいない食堂・・・。
たまーにこんな夜があるのです。

仕事をする気にもなれなかったので、奥さんに思い切ってお願いしてみた!
「お泊まりしてきてもいいっすか??」

快くOKが出たので、早速荷物を積み込み出発!
ペアレントの一人のお出かけとは、山の中での野宿です。
といても明日は朝から朝食があるので6時には帰ってこないといけないので約7時間のお出かけ!

さすがに湯布院の寒さはハンパなく外に出ると息が白いです。

そして満点の星空に導かれながら当てもなく山の中の林道を彷徨う!

そして山奥の決して誰も来ない場所にて今夜の寝床を確保!


CIMG8544_convert_20101111093309.jpg

ここが今夜の寝床です!
周りを森に囲まれて風を防いでいるけど、頭上には星空。
完璧なシチュエーションです。

ここでゆっくりと酒を飲みながらしばし暗黒の孤独を楽しんだのですが、
なんせ寒い・・・。

よっしゃ!-18℃対応の寝袋の出番だ!
(しかし去年の検証により0℃までしか対応できないことがすでに判明済み)

鹿の声を子守歌にそのまま眠りに落ちていくzzzzzzzz。

そして早朝に目覚め、一瞬ここがどこなのか分からずに焦る!
まだ暗い中、徐々に記憶を取り戻し、今が森の中だと思い出す。

「そうそう。お泊まりにきてたんだ。
 この森のさわやかな匂い!
 心地よい鳥の鳴き声!
 顔に優しく降り注ぐ水!
 やっぱ自然っていいなぁ~!!」

・・・?
なんかひとつ余計なものがないか??
「顔に優しく降り注ぐ水」って雨だぁ~!!

ひょえぇぇーーー!!
撤収だ~!!

暗い森の中。
一人慌ただしく荷物をまとめ、
一気に走ってユースホステルに帰り着いたのは朝の5時でした・・・。

今日一日眠ぃーぞ。
こりゃ・・・。

湯布院カントリーロードYH

燃える赤っ!

CIMG8524_convert_20101110162644.jpg

今ユースホステルの周辺の紅葉が絶好調なんですよー。
見てるだけで興奮する赤です。


CIMG8532_convert_20101110162710.jpg

残念ながら由布岳の紅葉はもうかなり終わってしまいました。
今年はあまり染まらなかったですね・・・。

でも街の紅葉はまだまだ楽しめそうですよ!

湯布院カントリーロードYH

| NEXT≫