もいっちょ 別府越え 

PB200220_convert_20171120162523.jpg

館内の掃除も終え時間はまだ9時半。
さぁ月曜の恒例の山登りにいっときますか。

これから目白押しのクリスマスイベントに備え、
どうしても別府に買い出しに行きたい奥さんに便乗し僕もいつも通り別府山越えへ。

なんとこれで今年7回目の山越えです。
でも全然飽きないんですよ。
このルート大好きなんです。
いつ来てもワクワクのテンションあがるぜぇ~!

PB200223_convert_20171120162559.jpg

何度も通いなれた通学路のような道を登っていく。
しかし・・・、なんか今日はいつもと様子が違うぞ・・・。

普段は一番下の火口辺りから吹き上げているだけの噴煙が、
今日は山の至る所から立ち上っているではないですか!

おいおい。
お前さん一応活火山らしいな・・・。
大丈夫か??伽藍岳?
念のためちょびっとペースを上げてみたりする。

PB200226_convert_20171120162627.jpg

下界の乾ききった大地とは打って変わり天空近くは御覧の有り様です。

聞いてないよ。
この薄い上着の下半袖一枚だよ。
どーすんだよ。(いつものことですが)

今日もまた。
白銀の世界を疾走することになりました。

PB200225_convert_20171120162610.jpg

冷える体温量よりも多くの熱を生産すればいいだけ。
とっても単純明快ですね、やることは。

そしてぜーぜー言いながら山道を全力で駆け上り、
あっという間に内山のピークをゲット!
しかし計算通りとはまさにこの事。
これだけ動いたのに汗ひとつでないってどーいうこと??

そして写真の為に止まったら死ぬ・・・。

PB200229_convert_20171120162640.jpg

そのまま別府へと伸びていく石楠花尾根を疾走していくのですが、
ただでさえ急な岩場の稜線を危なっかしく進むルートなのに、
今日は雪の障害のおまけつき。

岩に足乗せると面白いように滑るんですよ。
横にはこんな絶壁。
ビビりながらも熱生産の為にブッ飛ばす!

このスリルと緊張感がまた不思議なパワーをどんどん与えてくれるんですよね。

PB200236_convert_20171120162655.jpg

そして1時間50分で別府の地獄エリアに到着でーす。
この後は奥さんと合流し山の様な買い物を終わらせ、
これでクリスマスの準備はばっちりかな。

いやちょっと待て。
そう言えば僕はまだ大切なクリスマスカードを描いてなかった。
こりゃ大仕事だ。

皆さん。
残してる仕事は年末に回さずさっさと片付けましょうね~。
ご機嫌よう~。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

ちょっとお散歩 飛岳

PB170178_convert_20171117160330.jpg

由布岳・鶴見岳・九重連山と九州では名だたる山々が立ち並ぶ大分県。
しかし我がユースホステルのすぐ裏にも 飛岳 という迷峰があるのです。

標高 925m。

登山口なんてものは当然なく、駐車場も正式な登山道もない。
行きたい人はどこか山道の途中の迷惑にならない場所に勝手に車を停め、
当てもなくただひたすら傾斜をよじ登るしかない山なのです。

本日は昼休憩の2時間で 飛岳周辺を彷徨ってみました。

PB170177_convert_20171117160313.jpg

普段入った事のないユースホステルすぐ裏から山中へと踏み込んでみる。
最初まだ車道近くの森の中で異様な光景がありました。
そこら中に無残に散らかっているのは不法投棄されたゴミの山。
いかんです。
皆さんこんなとこに隠せると思ったら大間違いです。
一時は家からゴミが見えなくなって嬉しいかもしれないですが、
いつか巡り巡って自分やまた自分の大切な子供や孫たちにそのしっぺ返しが必ずくるんですよ。

しかし車道から離れだすといよいよ緑深い山中へと入っていきます。
この山の登り角は結構容赦なし。
かなりの鋭角でぐいぐい攻めてきます。
しかしその分登頂にかかる時間も早いってもんだ。

PB170179_convert_20171117160342.jpg

そして標識も何もない山頂に立つ!
目の前には由布岳の雄姿が。
またいつもと違う角度から見ると素敵ですね~。

PB170182_convert_20171117160353.jpg

湯布院の街も見下ろせます。
遥か後方には九重連山も見事に鎮座しています。

残念ながらお天気はよくなかったのですが適度にいい登山を楽しめました。

PB170186_convert_20171117160404.jpg

この飛岳。
山頂には何かの鉄塔が立っています。
そしてその維持の為に実はかなり近くまで未舗装ながら車道が伸びてるんですよね。
ただし普段は鎖が張ってあるので関係者以外は入れないのですが。

下りはこの車道を疾走。
ただこのままでは物足りないのでちょっとそこらの森の中を歩き回って帰ろう。
という甘い考えがプチ遭難を当然の様に引き起こす。

おいおい、ここどこなんだよ・・・。

足場は一気に悪くなり深い森の中に閉じ込められること30分。
半ズボンの下の素足は草と枝ですれて傷だらけ。
なんとかユースホステルに帰り着きました。

それにしても寒くなってきましたね。
これからは登山装備もよく考えないといけないシーズンの始まりです。
今日もいいお昼休みが過ごせました。

湯布院カントリーロードユースホステル  

秋の猪瀬戸トレッキング

PB090084_convert_20171109132852.jpg

2日ぶりにスッコーンと晴れた空。
山からゆっくりと下りてきた紅葉でようやく里山も赤く染まり出しています。

そこで今日は紅葉狩りを兼ねた猪瀬戸トレッキングコースを走ります!
このコース 距離も6km 適度にアップダウンがあってちょっと走るにはもってこいなんですよね。

すぐ隣の由布岳は溢れんばかりの車と人でごった返していましたが、
さすがにここの駐車場には先客が1台だけ・・・。

さーいっくぞ!

PB090089_convert_20171109132919.jpg

見た目の暖かそうな世界にすっかりと騙されて半袖で来てしまった僕ですが、
吹きぬく風はやっぱり冷たい!
もう11月ですもんね。

しくったぁ~!
(いつもの事ですが)

これは寒さにも負けない位の運動量で熱を生産せねば。
ここは迷わず Bダッシュだ!

PB090090_convert_20171109132933.jpg

森の中で紅葉している木の周りは、
上を見上げても陽光に輝く赤。
下を見ても散り去った落ち葉の絨毯の赤。

いいですねー。
秋ですねー。

PB090097_convert_20171109132953.jpg

ここがこのコースの売りでもある 猪瀬戸湿原 です。
りっぱなススキが立ち並ぶ広い山間の湿原。
どれくらい立派なススキかというと3mに届きそうな高さでっ!?
ススキってこんなに大きくなるんですね。

それにしてもここは通行路も環境もとてもきれいに整備しているのに、
なぜか近くに駐車場の整備だけがされていないんです。
これじゃあ人が来ようがない。

もったいないですね。
みんながみんな3kmも4kmも歩いてここまで来ると思ったら大間違い。
どうか宝の持ち腐れで終わらないように願っています。

PB090101_convert_20171109133005.jpg

なんか今日は秋の風景の怪しい誘惑に至る所で引っかかってしまい、
走ったり止まったりを繰り返し結局1時間近くかかってやっとゴールです。
真剣に走ってないので身体もすっかりと冷えてしまいました。

駐車場の隣にある「峠の茶屋」で温かいお蕎麦を頂きまーす。
あー芯まで温っまる~。
助かる~。

深まる秋をしっかりと感じた午前中。
ただこの楽しみも来週くらいまでかもしれないですね。
すぐ後ろで順番待ちしているらしき冬将軍がチラチラと垣間見えるようで、
とても怖いです・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  

紅葉シーズン到来!まずは由布岳へ

PB020042_convert_20171102164258.jpg

朝夕の寒さも深まりぐっと秋色に染まりだした山々。
もちろん我が由布岳もいい色になってきましたよ。

ここしばらくお客様の多くはやはりこの由布岳目当ての方々です。
その登山熱気に押されて今日は掃除終了後にとりあえず登山口に来てみました。

しかし今日あんまし時間がないんですよね。
お天気もいまいちだし。
途中まで登って降りてくるかな・・・。

と思案中。

PB020049_convert_20171102164342.jpg

山の上の方のモミジはもうすっかりと落ちていました。
その贅沢でカラフルな絨毯の上をふかふかと歩く喜び。

PB020048_convert_20171102164330.jpg

それでも上から見下ろすとまだまだ真っ赤に染まった木々が残ってます。
この燃える様な色彩をカメラではお伝えしきれないのが辛い。

そして順調に歩き続ける。
実は最近フットサルのメンバーがなかなか集まらずほとんどプレーしていません。
前まではフットサルの事も考えながら普段から走ったりしていたのですが、
ここ数週間はそんなことを考えずひたすら山用の身体作りに励んだ結果、
今現在とても仕上がった身体となっております。

実は今日も登り出して感じたのですがフットワーク絶好調!
これは途中で引き返せるわけがない。
行こう!
タイムアタックだっ!

PB020045_convert_20171102164317.jpg

そして一気に駆け抜けて立った東峰。
なんとタイムは 47分10秒!
でったぁ~!!

自分史上最速タイムを叩き出す!
去年久々にマークした47分台後半という記録を30秒も更新!

やった!
山頂で呼吸困難で死にそうになりながら小さくガッツポーズ。
この勝因はもちろん最近のハードなトレーニングのせいもありますが、
適度な間隔で登っていたたくさんの登山者の影響も大でした。
人が見ていると手を抜けないのでペースが上がる。
やっと抜き終わったと思ったらまた先に人がいるのでまたペースが上がる。
という好循環を繰り返したうえでの結果。

さらにみんな上にフリースを着るぐらいの装備で登っている中、
一人ノースリで走る僕を見て「こいつ頭おかしいんじゃないか・・・?」と言わんばかりの、
冷たい視線がまたテンションをググッと高めてくれたことも報告しておきます。

PB020051_convert_20171102164353.jpg

久々の全開歩きでガクガクする膝をかばいながら、
そのままユースホステルまで山の中を直帰です。

とても疲れたのですがとても満足の登山。
齢 43歳。
先月のタイムアタックで50分を切れないことに、
自分の限界を勝手に覚悟していたのですが、
まだまだこれからみたいですよ。
もうちょっと高みを目指せそうですね。
ふっふっふ。

まだまだ染まる由布岳。
皆様あとしばしの時間 鮮やかなる登山をお楽しみ下さいませ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

別府越え 買い出し

PA310025_convert_20171031161253.jpg

朝の掃除を2人で頑張った
       ↓
10時過ぎには終わった(幸せ~)
       ↓
別府に買い出しに行くことになった
       ↓
山を越えていくことになった

いつもの方程式が完成!

よーし行くぞっ!ひんやりと冷え込む塚原温泉口から今日もスタート!

PA310026_convert_20171031161311.jpg

伽藍岳を横目に見ながら駆け上がる道。
今日の奥さんとの待ち合わせは11時50分に別府の山の手ガーデン。
これが中々遠い。
恐らく14km位か。

そして僕に許された時間が1時間5分。
無理やな・・・。
客観的にどう考えても。

しかしもう奥さんは先に行ってしまっているのでとにかく頑張るしかない。
いつもの通り慣れたなんの気兼ねもない山道も、
時間制限がかかるだけで一気にレースコースへと変貌。

急げ~!!
しかし秋はいじわるな枯葉がなんて足元を滑らすんだ。

PA310027_convert_20171031161323.jpg

ズルズル滑って派手に転んで。
一人悪戦苦闘しながら最短距離のコースである兎落としを、
なんとか全力で走り抜けやっと別府が見えてきたぞ!

しかしこっからがまた遠いんですよー。

なお分かる人だけ分かってくれればいいのですがなんと!
今は立ち入り禁止となっている別府3秘湯の一つ 鍋山温泉へと続くあの激しい悪路が、
ただ今キレイに整備中です。
しかもアスファルトになりそう・・・。

これはひょっとして温泉復活か?
もしくは何か業者が買い取って使うのか?
詳細は分からないのですがとにかく使えなかった鍋山が何らかの形で復活してくれたら、
温泉好きにとってはたまらない朗報ですね!

PA310029_convert_20171031161342.jpg

それにしても今日の空の青と大地の緑は輝かしかったです。
高い高い空の下悠々と走るのは爽快でした。
これで時間制限さえなければ・・・。

結局市街地をかなりのスピードで走りまくったのですが到着は10分遅れの12時ジャスト。
無念なり~。
11時50分に着けたら焼肉食い放題に行こうと思っていたのですが、
この10分差で夢破れる・・・。
(そこはお昼を過ぎると外国人の観光バスでえらいことになるので)

帰りは逆に途中から奥さんがいつも通り走って帰る。
これが我が家定番の ギブ ア~ンド テイク です。

今月だけでもこれで別府越え2回目。
山も5本目。

僕はどうも人に疲れてくると山に登りたくなるようなのですが・・・、
なんか人生に迷ってる??

いやいや、そんなことはないはず。
そしていよいよ山はカラフルな色に染まってきました。
これからが本格的な山シーズン到来です。

来月も登るぞー!
(といっても明日からか)

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫