敗走の鹿嵐山

P4230002_convert_20180423162921.jpg

毎朝5時20分に娘を駅へと連れて行く送迎もやっと習慣化してきました。
これに伴いマンデー登山開始の時間が大幅に引きあがり、
めちゃくちゃ時間ができてしまいました。

そんなわけで今日も早朝から走らせる車。
徐々に明けていく空には燃える様な朝焼けが・・・。

これぞまさに「早起きは3文の得」ですね。
しかしそろそろこの諺も今の価格レートに置き換えてもいいんじゃないっすか?
もう「3文」ではどんな得かよく分からないでしょ。

今朝の朝焼けの心地よさ。
僕なら「早起きは150円の得」くらいですかねー。

P4230005_convert_20180423162935.jpg

そして走る事1時間。
本日のターゲットは「鹿嵐山」(かならせやま)です。

標高は僅かに758m。
ほとんど登る人もいない大分の北部に位置するこの山。
僕も2度目の挑戦なのですが実は数年前に登った時にある忘れ物をしてきたのです。
今日はその忘れ物を取り返すためにやってきた登山なのです。

この山はピークが2つある双耳峰。
まずはサクサクと雌岳のピークをゲット!

P4230008_convert_20180423163009.jpg

山頂から眺めるといかに日本は狭くて山に囲まれているのかがよく分かりますね。
このでっぱってるのは全て山。
恐らく名前なんてない頂なのでしょう。

P4230012_convert_20180423163021.jpg

そして続いて雄岳のピークもハント!
標高が標高だけにここまでは順調以外何物でもなくやってくることができます。

しかーし。
ここからがこの山のちょっと面白いところなんです。
この先からは奇岩が連続して尾根をなすルートが続くのです。

なんでも大きく語るのが大好きな九州人。
この大分にも「九州のナイアガラ」や「宇佐のマチュピチュ」など、
錚々たる名前の付けられてた観光場所が多々あるのですが、
ここも負けてないですよ。

岩場が続く尾根ルートにつけられた名前はずばり、
「万里の長城」
その長さ約200m位か・・・?
なんとも短い長城であります。

P4230016_convert_20180423163037.jpg

ただしその万里の長城の途中に今回僕がどうしても取り返したい忘れ物があるのです。

それは5年ほど前の事。
同じように勢いよくこの岩場を走りぬけていた時。
隣にそびえるこの奇岩がたまたま目に入ったのです。

「おーなかなか立派な岩だな~」と思いながら横を通過しようとしたとき。
その岩の頂上から何かが垂れ下がっているのが見えたのです。
始めは蔦か何かの植物かと思ったのですが、明らかにその垂れ方が自然ではない。

ひょっとしてあれはロープなのか・・・?
あそこに通じる道があるのか・・・?
そんなドキドキが止まらない中、
明らかに足りない時間。

結局その時は諦めて帰るしかなかったんですよ。
いつか必ず帰ってくることを誓って!
そしてあれから数年経ってしまいましたがようやく帰ってきたぜ!

改めて岩山を食い入るように見ると、
やはり確かに何かが頂上から垂れ下がっている。

よしっ!
行ってみよう!

P4230018_convert_20180423163055.jpg

ルートを外れて急峻な崖に細心の注意を払いながら、
なんとか先ほどの岩山の正面へと辿り着きました。

見上げる崖の先に。
確かにロープがある!!
マジか・・・。
高鳴る胸の期待感とは裏腹に両側のあまりの絶壁っぷりにうろたえる心。

通常ロープがあるってことは暗黙の了解で、
「コース設定はしてないけど行ってもいいですよー」
って場合が多いのです。

しかし・・・。
マジでここ行けるのか?
こんな厳しいコース設定見たことないぞ。

ハイグレードにビビりながらなんとか崖直下に到着。
既にここでも足元の幅は50cmほど。
有りえない危険度です。

P4230020_convert_20180423163109.jpg

そうしてゆっくりとかけられたロープを引っ張ってみる。
ビーンと伸びる感触。

行けなくは・・・、ないな。
何度もロープを引っ張ってみる。
もう何年も使われていない感満載の古ぼけたロープからは、
その度にモクモクと埃が舞い散るのです。

ふーーっ。
深呼吸を繰り返しながら考え込むこと数分。

きっと行こうと思えば行けるかもしれない。
しかし今、ここで、こんなことに懸けてもいい命か・・・?
自由気ままに生きてきた若い時とは違い、
もはや今背負っている物が多すぎる。

これはもう素直に受け入れましょう。
ここに登った鉄人は過去何人かいるのでしょうが、
残念ながら僕にはできませんでした!
すみません!負けました!

P4230025_convert_20180423163120.jpg

そしてすっぱりと諦めてそのまま駐車場に帰還。
何かとても重い汗をかいてしまったのですが、
心は逆にすっきりとしました。

道なき道や岩場などの危険地帯を通るのが大好きなので、
今まで道具を使わずに人が通った道なら自分でも行けるはずと過信していた己の力量。
いやいや、世の中には及びもしない狂人がいるんですね。

数年前から胸につかえていたこの鹿嵐山での忘れ物。
それは望んでいた形ではなかったですが、違う姿で取り戻すことができたと思います。

もうここに来ることはないかなー。

もしもこの最強の敵に挑んで攻略した偉人がおられるのなら、
ぜひ教えて下さい。

最大級の賛辞を送らせてもらいます!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

九重連山 17サミット

P4160118_convert_20180416163102.jpg

今日もマンデー登山の時間がやってまいりました。
5時30分に娘を駅まで送る日課があるので、
今日はたっぷりと使える山の時間。
こんな時は大好きな九重連山に行っときましょー。

そして朝の6時30分に牧ノ戸峠の登山口スタート!
今日は、血を吐くまで登りたい気分なのです。
よーし、久々にやるか・・・。

九重名物 「17(いちなな)サミット」

これは30以上の山で成り立つ九重連山の中でも、
特別に選ばれし1700mをオーバーする山々10座。
これを全て登り切る行為のことをこう呼ぶのです。

達成者は「17サミッター」と称することを許され、
この九重ではかなりの名誉なのですよ。

過去何度かこの偉業を達成した僕ですが、
今日は再び気持ち新たに挑戦してみたいと思いますっ!

P4160121_convert_20180416163148.jpg

まずは1座目。
「星生山」のピークハント!
ちょうど登りゆく朝日が眩しいですね。

さすがに月曜の朝ということもあり、
登山者は少ないです。

P4160122_convert_20180416163201.jpg

そして九重一の人気を誇る
「久住山」ゲット!
本日風も少なく絶好の山日和です。
上がらない気温(大体4℃くらい)も歩くのにはぴったり!

P4160123_convert_20180416163214.jpg

続いて3座目は「天狗ヶ城」!
ここから思いついたかのように指で数字を作る小技が始まります。
3座目にして思いついてしまったのでお許しください。

P4160125_convert_20180416163952.jpg

4座目は九州最高峰の「中岳」だ~!
全九州人よ。
我が足元で自由に生きるがよい。

P4160127_convert_20180416163349.jpg

5座目は「稲星山」
今回はペースを若干押さえているのでまだまだ余力ありますよ。

P4160128_convert_20180416163404.jpg

そして6座目が「白口岳」
あぁ・・・。
早くも指の数間違えております。
ほんとアホですね。

ここまではいわゆる九重の上ステージ。
ここから一気に標高を下げて下ステージに移ります。

あと残すところ4座ですが・・・。
こっからがキツイんですよね。

P4160130_convert_20180416163418.jpg

大分疲れが溜ってきた7座目。
「大船山」ピークハント。
こいつがとにかく遠いのです。
なんとか一番厄介なヤツを仕上げたぞ。

ここでなんと同じく「17サミット」に挑戦中という2名に出会う。
聞くとまだここが3座目だとか。
あなた方本当に大丈夫かです・・・?
今日中に帰り着けるますか・・・?
と心配しながらもどうしようもないので笑顔で手を振りながら即頂上を離れる。

P4160131_convert_20180416163430.jpg

8座目は「北大船山」
ここは大船山に登るとご褒美みたいな形で1座分稼がせてくれるすぐ近くの山です。
この6mが効いてるんですよね。

残念ながら先着の人がいたのでお馬鹿な写真は取れず。
しかしここにいたカップルも17サミット挑戦中でした。
おぉそんなに有名なんですね!
これを実際やってる人には初めて会いました。
しかし皆さん、まだまだ先は長いですよ。
頑張ってください!

P4160132_convert_20180416163624.jpg

そのまま九重連山の登山基地でもある坊がつるに下りる。
しかしこの大船の往復で相当乳酸を貯めこんでしまった僕の両足。
さらにここから目の前にそびえる三俣山に登り直すわけですが、
驚くくらいに身体にエネルギーが足りない
踏み込めど踏み込めど上がらない足。

参りました。
情けない位にヘロヘロになりながらなんとか9座目の「三俣山 南方」ゲット!

P4160133_convert_20180416165155.jpg

時々この三俣山の頂上を1つと数える人もいるのですが、
この三俣山の山頂はとっても広いんです。
そうして4つも山頂があるのです。(その中で1700オーバーは2つ)
ここは2つとも17サミットに入れてあげましょう。

そうして最後の10座目 「三俣山 本峰」ゲット~!!
ヤッタ~!!

17サミットはこれにて無事に終了なのですがここから駐車場までがまた長いのです。
大船山と三俣山の下ステージで疲れ果て、
気を抜けば吐きそうになる位に弱っていたのですが、
最後の気合いを入れ直し走って駐車場まで戻りました。
本当に今日は頑張りました・・・。

今日の走破タイム 6時間55分!
ラストの根性走りが効いて目標の7時間を5分切ることができました。
持って行った仕事用の携帯についてる万歩計は「44350」という数字を指していました。

望みどおりに身も心も疲れ切った今日。
しかし当然の様にいつもと同じサイクルで夕方がやってきて、
お客様がやってくるのです。

今日は厨房に立つのもきつそうですが、
夜はまた学年委員長の役員会があるんですよ。
そしてまだまだ今週は始まったばかり。

こんな時はひたすらタウリンに頼るしかないですね!
よろしくお願いしまーす。

湯布院カントリーロードユースホステル  

お、お前こんなにできる子さんだったの・・・?

P4120019_convert_20180412160418.jpg

突然ですが・・・、
昨日ふと取説を見つけ出して読んだ所。
知ってしまった。

僕のカメラになんと様々な撮影モードがあるってことに!!
新たにカメラを買ってもう1年半。
何を。今まで一体何をしていたんだぁ~!!

そんなわけでいてもたってもいられずに本日早速カメラ片手に山入りです。
20ほどあるモードは当然使いこなせずも、とりあえず撮りまくってみる。

まずは白黒はっきりのドラマチックモードで出発!
今日はまた道なき道を彷徨い目指すは鶴見岳山頂だ。

P4120023_convert_20180412160439.jpg

今回は城島高原遊園地辺りから山に突入していく新ルート。
未知の道は心躍りますね。

鮮やかモードみたいな奴でパシャリ。
何枚も撮ってみるとモードによって全然風景って変わるんですね。
そうか、カメラで風景って「撮る」ものではなく「作る」ものなんですね。

P4120028_convert_20180412160452.jpg

緑濃い目モードで撮るとこんなにも新緑が際立つ。
うぉ~、こりゃやりすぎやろ・・・。

そして撮影しながらどんどんと標高も上げていきます。
しかし今日最高に暖かい絶好の登山日和でした。

ついに半袖半ズボンで心地よく登れる季節の到来です。

P4120032_convert_20180412160513.jpg

そして中央登山口から登ってきていた奥さんと山頂付近で合流し、
2人で別府が望める展望台へ。

続いて淡く撮るみたいなモードでパシャリ。
なんか一昔前の写真みたいですね。

P4120035_convert_20180412160529.jpg

ロープウェイの山頂駅近くにある巨大温度計でパシャリ。
なんか周りをぼかすモードで。

この日の気温は 10℃。
少し肌寒いくらいですが動くとちょうどいい感じの気温です。
山頂では山桜がまだキレイに咲いてましたよ。
かれらまだしばらくは粘ってくれそうでした。
お花見できなかった~、という方は鶴見のロープウェイに乗りこめ!

P4120038_convert_20180412160543.jpg

最後は白黒モードで。
まだまだどの場面でどのモードを使えばいいのか全く理解できない私。
これから勉強ですね。

はっきり言って今のカメラは壊れない事だけに重点を置いて買った防水カメラのTOUGH-5。
正直写りさえすればいいと考えていた節もあるのですが、
今回のこの発見で大いに考えが変わりました。

一眼やデジカメに比べると本当に性能は超簡単なのでしょうが、
少なくともこいつの持ってるポテンシャルは引きだしてやりたいと思いました。

カメラに対する興味ほぼゼロの僕ですが、
この奥深き世界を少しずつ学んでいきたいです。

ちょっと僕の中で格上げされた相棒。
これからもよろしく頼むぜ!

湯布院カントリーロードユースホステル  

久々に別府までラン

P4090001_convert_20180409154055.jpg

澄み渡る青! とはいかないまでもそこそこのお天気に恵まれた本日。
昨日は掃除を途中で放棄して遊びに出てしまったので、
まずは残りの掃除を片づけることから始まる朝。

9時過ぎには全て終了し、
さぁーこっからがいつも通りのマンデー登山だ。
しかし移動時間が惜しいこともあり今日も近場の別府越えへと向かいます。

しかしさすがにこのコースも行き過ぎの感がありありなので、
今日は気分を変えて塚原高原のど真ん中から、
まっすぐに道なき道を直登登山することにしました。

山の中に入ると周囲の様子は全く分からなくなるので、
見晴らしの良いこの麓付近で慎重に登るルートを見極めながら進んでいきます。
本来ここまで慎重にならずとも「行きさえすればどっかに着く!」
という道なき道開拓者ならではの楽しみがあるのですが、
忘れもしない2年前のあの事件。

熊本・大分を襲った大地震によってこのあたりの山の地形は大きく狂ってしまっているのです。
ルート選択を誤れば本当に命取りになりかねない・・・。

自由な山を愛する僕ですがもう何度かこの自然の歪みに痛い目にあわされてきたので、
今回はとにかくセイフティーファーストを第一に登っていきたいと思います。

P4090002_convert_20180409154107.jpg

麓の草原帯を足早に駆け抜けいよいよ山の原生林に入っていきます。
なにせまっすぐに上がっていくのでペースは速い!
どんどんと標高を稼いでいくのですが、
自然界にはなかなかいじわるなやつがいるのです・・・。

みて下さいよ。
この全身をトゲトゲで包み込み「絶対に俺に触んじゃねぇ!」と主張しまくりのこの木。

ちくしょー。
手袋してて助かったけどちょっとくらいはめったに来ない登山者を優しく迎えてくれよー。

P4090003_convert_20180409154120.jpg

そうかと思えば「あーやばい!次に手を掛ける木がないっ」
と思った時にちょうど手ごろな場所に掴み具合抜群の根っこがあったりするんですよ。

このツンデレがまた自然界に身を置く楽しさでもあるんですけどね。

P4090005_convert_20180409154132.jpg

ちょうど両側を谷に挟まれた稜線上を登っていくと、
左側の斜面がどんどんと崩れて急になってきた・・・。
これは2年前の地震の名残ですね。

一度これだけ大きく崩れてしまった土台に草木が生えるのは難しいらしく、
2年経ってもあの時のまま・・・。

壊れてしまったものはもう元には戻らない・・・。
そんな悲しき現実を今日も改めて突き付けられました。

P4090006_convert_20180409154146.jpg

さらに進んでいくと右の斜面も崩れ出してるじゃないですか!
どんどんと狭まっていく稜線上のルート。

これひょっとして最終的に道が途切れるっていう最悪のパターンか?
と不安になりながらも歩を進める。

ついに稜線沿いで歩ける幅は1mを切り、
両側の断崖に不安定に残っている岩を踏み抜かないように細心の注意を払いながら歩きます。
今日も高まる心臓と湧き出るイヤな汗・・・。

しかしいつもこんな事ばっかりしてますね、僕。
結果的にそうなってしまうのではなく、
あえてそうなる場所に自ら向かているのだからもうマゾ以外の何者でもないです。

この時も心がスーッと冷える様なドキドキに、
言い得ぬ興奮を覚えていたことを否定しきれない・・・。

P4090008_convert_20180409154159.jpg

結局この僅かに残った稜線が最後まで粘りに粘ってくれ、
かなり途中無理やりでしたがそのまま山頂へと向かう別の稜線に合流してくれました。

今日も楽しい恐怖と興奮をありがとう!
このルート、また機会があればツアーでお客さん連れてきてやろう。

そしてそのまま内山のピークをハント!
ここから一気に別府の駅近くのユメタウンまで走り降りました。

しかし結構これが長くて残っていたのは大体13kmほど。
デパートに着いた時にはヘロヘロでしたー。
ここで朝から仕事と勉強を集中してしまくっていた奥さんと娘と合流し、
車で拾ってもらって湯布院に帰着。

今日もいい汗かいたな。
パワー充電は完全完了!
また一週間頑張るぞ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

許さんっ!喰っちゃ寝生活!

P4020006_convert_20180402171656.jpg

高校受験が終わり、
新生活が開始するまでの束の間の春休みを、
だらだらと幸せそうに家で過ごす娘。

思春期の君には酷なようだが・・・、
ここは父としてはっきりと申しておこう。

最近・・・、顎周りのお肉がかなりやばいぞ・・・。

それだけ喰っちゃ寝を繰り返していたらそうなるわ!
タラタラすんじゃねぇ。
今日はマンデー登山の日だ!
俺と一緒についてこーい!

という訳で本当に久々に2人で山登りに行って来ました。

P4020007_convert_20180402171709.jpg

裏山に突入し急な岩場をよじ登る。
すっかりとおもりが増えてしまった娘はかなり登るのがきつそうです。

30分も歩いたころにはすっかりと汗ばんできました。
半袖半パンで登れるいい季節が帰ってきましたね。

P4020009_convert_20180402171723.jpg

今日はせっかくなので今まで入った事のないエリアへとあえて踏み込んでみました。
いつもよりもちょっと回り込めばいいだけだろう・・・、
なんて甘く考えていたんですが、今日のルートはしかし厳しかった・・・。。

より娘に山登りの神髄を味あわせてやろうと、
わざと岩場を選んで進んでいったことが過ちの始まりでした。
ちなみにここでカメラの電池は「充電切れ」を示し写真は無くなってしまうのでご了承ください。

急な岩場をかなり無理して進んでいくうちに、
もう決して後戻りができない状況に追い込まれていった僕達。
いつしかその岩場はどんどん高く厳しくなり、
2人とも枝と岩を握る手は真剣そのもの。
なにせ今持っている枝が折れたり、
今かけている足場が崩れたら、
あとはまっさかさまに谷底に落ちるだけなので。

荒い呼吸に高鳴る心臓。
にじみ出る嫌な汗を拭いながら必死にバランスを保ちながら前に前に進んでいくと、
無情にも告げられる終わりの時。

なんと目の前には断崖絶壁、道が完全になくなってしまったのです。。
あらゆる可能性を探ってみたのですが、
次の手がかけられる木までの距離が遠すぎる!

僕一人なら思いっ切って目の前の崖をジャンプして次の木を掴むことができたかもしれないのですが、
これから華の高校生活を控えた前途悠々と広がる若者にそんな危険を強いることはできない。
なんてこった・・・。

まさか引き返すしかないのか・・・?
ただどう考えても一番の安全策は今通ってきたルートを戻る事。
しょうがない、戻ろう。

「いやだ~!!」
と叫ぶ娘を説得しまた命懸けで来たルートを引き返していきます。

2度目の嫌な汗を再びかきながら戻る急な岩場。
結局なんとか元の安全といえる場所まで戻ってきたときにはかなりの時間が過ぎていて、
もうそのまま下山するしかなくなっていました。

山頂どころか、どの区切りのいい地点にも行けなかった本日の登山・・・。
しかし唯一の発見は、
いつも歩いているエリアの少し下にこんなに危険な岩場地帯が広がっていると知れた事。

今度はぜひ一人で遊びに来てみよう

しかし今日の登山でますます娘は山行かなくなるでしょうね。
よし、またこの記憶が薄れる数年後まで待ってまた無理やり連れ出そう。
それしかない!

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫