暑中見舞い申し上げます 2017

IMG_20170621_0002_convert_20170813154442.jpg

もう朝夕はすっかりと涼しい風が吹き出した由布院。

昨夜にいたっては夜長袖で寝てしまいました・・・。

終わる、終わってしまうのか・・・?
夏・・・。

昼間にかろうじて感じる残暑ですが皆さんどうか寒暖の差に気を付けてお過ごしください。

都会でまだまだうだるような暑さにまいっている方はぜひ高地 由布院へ。
きっとすっきりと身体冷やせますよ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

カーテンをつけてみる

DSCN4865_convert_20170702203017.jpg

先日のユースホステルの会議で現れた女性の我儘代表という方がいろいろと話をしてくれ、
やはりベッドにはか・な・ら・ず!カーテンが欲しいそうです。

うちでは2段ベッドの下段にはカーテンがついているのですが、
上の段にはついていない。

一応顔の部分にはしきりの板があるし、
そんな覗きこまれない限り下から上の詳細までは分からないのでいいかな~?
と甘く考えていたのですが。

しかし世界がもしカーテンをそこまで望むのであれば・・・。
つけようではありませんか!

せっかくのお休みの日曜日ですが子供達は奥さんにお任せし、
僕はひたすら日曜大工に励みます。

DSCN4866_convert_20170702203046.jpg

実は先日カーテンとカーテンレールは先に買ってたんですよね。
それを直接天井に取り付けようとしたところ、
なんと石膏ボードにはレールは直にはつけれない!という事が判明したのです。

そこから大慌てで対策を検討し、
カーテン用の枠組みを作成することにしました。

まずこれが何もない状態のベッドの上部。

DSCN4867_convert_20170702203108.jpg

ここに作った木枠を取り付ける!

見よっ!
このピッタリの寸法をっ!
(って測って作ったから当たり前か)

DSCN4868_convert_20170702203129.jpg

ここにカーテンレールを装着っ!
これまた見事にはまりました。

DSCN4869_convert_20170702203146.jpg

そして最後はここにカーテン吊るして、
はい、出来上がり~!

カーテンはもちろん防炎仕様ですよー。
こんな簡単なものなのですが色々と途中で手間取ってしまい、
計4カ所に取りつけた結果なんと3時間もかかってしまった・・・。

お休みの午後が完全に潰れた・・・。

あとは日常の使用の負荷に無事に耐えられることを祈るばかりです。
これで完全自分のスペースができてしまいましたよ。
だからといって決してベッドに籠らないでくださいね。

食堂で伸び伸びとお話をした後、
この密室でゆっくりとお休みください。

皆様のお越しをぜひお待ちしておりまーす!

湯布院カントリーロードユースホステル  

桑の実 発見!

DSCN4748_convert_20170622223838.jpg

その密告がなされたのは昨日の事だった。

「川沿いの木に・・・。すごいのなってるよ・・・」

それはとても聞き覚えのある声だった。
まるで僕を育ててくれたかのような怪しい声。
あたかも母親の様に親しげに電話してきた声。

そんな声の不審者に連れられて本日向かった先は由布院にある大分川沿いのランニングコース。
そこにある木にたわわに実っていたのが・・・。

DSCN4750_convert_20170622223634.jpg

これだっ!
桑の実!

しょっちゅう通る道ですがなんで今まで気が付かなかったんだろうか?
満開に実る桑の実は誰にも取られることなく無情にも道路に落下し、
辺り一面を紫の絨毯に塗り替えていました。
周りにはこのご馳走を目当てに群がる小鳥たちのみ。

DSCN4746_convert_20170622223654.jpg

いやいや。
この量は小鳥さん達だけでは食べきれないでしょう。

ぜひ僕たちも参戦させてくださ~い!
と有難いお恵みをワサワサと頂く我ら。

DSCN4747_convert_20170622223710.jpg

20分ほどで袋に一杯獲れました!

しかし桑の実の野郎、最後の収穫されるときに渾身の自爆するテロリストが数名いて、
おかげで両手は真っ赤に染まる被害を受けてしまいました。

しょうがない。
これもご馳走を頂く代償だ。

DSCN4766_convert_20170622223817.jpg

そして早速桑の実ジャムを作成!
(怪しい声の母親が)

今年は冷蔵庫にたくさんのお恵み物が待機しています。
1番右から 頂きものの 「ビワのコンポート」
2番目が今日作った 「桑の実ジャム」
3番目がとっても甘い 「野イチゴジャム」
そして最後がちょっと甘酸っぱい「木イチゴジャム」

どれも美味そうだ!
これらは夕食のデザートとして大活躍中!

季節の味ってほんといーですよね。
おご馳走様でーす!

湯布院カントリーロードユースホステル  

ニス塗り 2017年

DSC_0041_convert_20170524220455.jpg

この1年間 沢山訪れてくれたお客様を黙ってしっかりと支え続けてくれた床達へ。
踏まれ、汚され、傷つけられても、
いつでもキラッと輝いてくれてありがとう。

ありったけの感謝をこめて、
今年もたっぷりの艶ありニスを塗り込ませて頂きます!

どうかまた新たな光をまとったシャイニングロードへと生まれ変わって下さい。

今年の予定日数は2日間。
スッキリ晴れて乾燥した空もこの作業を大いに応援してくれてます。

DSC_0035_convert_20170524220437.jpg

今年のメンバーは僕達夫婦と、
風邪気味のカナダ人 クリシー。
大雑把なデンマーク人 ジャイス。
手を怪我して不自由なフランス人 アリ。

若干不安なメンバー達ですが黙々黙々と塗り続け、
無事に任務を完遂することができました~。

DSCN4486_convert_20170524220510.jpg

今年も天井の電燈さえも写し込む鏡の様な床をご覧ください。
まだ少しニス特有の匂いが気になりますがどこもかしこもピカピカして気持ちいいですよ。

DSCN4487_convert_20170524220521.jpg

これでまた1年間は大切なユースホステルを守っていってくれるでしょう。
大切な床のケアが終わった後は、
僕の腰のケアが必要ですね・・・・。

ひたすらしゃがみながら塗るので本当に腰が痛い。
なにせ集中しだすと他の事は全く入ってこない性格なもので。

しかし年に一度の大仕事が終わりほっとしています。
今年も協力してくれたみんな、ありがとうね~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

浴衣の提供を始めよう!

DSCN4430_convert_20170515152759.jpg

増え続ける海外からのお客様に好評なのが浴衣。

やっぱり日本文化の一端に触れられるのが嬉しいようです。
今うちではスタンダードな白黒の浴衣の貸し出しを200円で行っているのですが、
やっぱり浴衣を借りる人のほとんどは女性。

これを着て写真を撮りたいんでしょう。
そんな訳で彼女たちの欲望をより叶えてあげるために、
これからはカラフルな浴衣の貸し出しを行うことにしました。

自分たちで選んでもらえるように廊下に棚を置いてそこに浴衣を並べることにしました。
その棚を今日は作ります!

材料は前日に別府で買い出し済み。
午前休の月曜日。
朝7時30分からはすっかりと準備を整え駐車場にてさぁー作業開始だ!

DSCN4431_convert_20170515152819.jpg

買ってきた木材をまずは仮組み。
うん、だいたいこんな感じか。

正直一番難しいのは必要な長さを測って組み立ての図を考えて、
その希望に沿った材を買い揃えるまでなので、
買い終わった後は順序良くつなげていくだけ。

DSCN4434_convert_20170515152837.jpg

仮組みした本体にネジを打ち込んで余分な部分を切って、
はい20分で完成~。
とっても早いぞ。

DSCN4435_convert_20170515152849.jpg

そしてこれにオイルステインを塗るのですが、
これに手間取った・・・。

何も考えずに買った格子状の板。
この小さい四角の枠にステインを塗るのが超絶手間だったのです。
いつもながら見通しが鬼甘かった・・・。

それでも黙々とひたすら忍耐と闘いながら塗り続ける事1時間。
よーやく完成だっ!

あとは乾くのを待ってニスを塗れば出来上がり。
ちょうど今週末が全館ニス塗りの日なのでその時に仕上げます。

とりあえずお疲れさま~。

DSCN4442_convert_20170515152912.jpg

思いのほか棚作りが早く終わり、
少し時間が空いたので10時から慌てて出かけてきました。
本日向かったのは近場の鶴見岳へ。
山頂からは別府の街と青い海と空がこれでもかっ!とばかりに輝いています。

気分上々の本日は重力無視の全力駆け登りで35分で登り切ったりました!
気持ち良かった~。

DSCN4441_convert_20170515152956.jpg

今日の目的は九州が誇るミヤマキリシマの開花状況を見に来たのですがまだまだですね。
時々こんな風に開いてる株もあるのですが全体的には1分か2分咲き位。
でも今週はずっと天気良さそうなので週末にはかなり開くかな?
どうも今年は少し早めになるかもしれないですね。

ところで今日登山口でたまたま一緒にスタートしたじーちゃんばーちゃんのグループがいたのですが、
僕が山頂から折り返し一気に駆け降りて行く帰り道の途中で再び遭遇。

「お兄ちゃんもう折り返してきたの、速いねぇ~、もう頂上はすぐそこかしら?」

そんな質問に「えー、まーそんな感じですかね~はははは~」と曖昧に答える僕。

言えない・・・。
まだ3分の1くらいしか登ってないなんて事はとても言えない。
こりゃあと2時間はかかるな。
頑張れよ、じーちゃんばーちゃん。

こうして僕のお休みはまた終わったのです。
しかし月曜日はなぜか毎週晴れ。ほんと有難いことです。

願わくば神様。
来週はニス塗りの日なのでどうか再び気持ちよい晴天をよろしくお願いします!

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫