FC2ブログ

フットサル オーバー40 芦屋

PB040829_convert_20181105160807.jpg

ネットで探していてつい見つけてしまった・・・。
「フットサル大会 オーバー40」
同年代の人たちとするフットサルってどんなんだ??
ふと湧き上がる感情。

しかし場所は芦屋。
しかも開催が日曜日。
通常なら「面白そうだな~」で終わるはずのこの小さな発見が今回はこれで終わらず!
奥さんにダメもとで頼んでみると行ってもいいとまさかの神対応!
さらに関西の大学のサッカー部の友人に電話してみると「んじゃメンバー集めてみるわ」と!

そして開催日の1ヵ月前に急遽決まったこの大会への参加準備。
全国にいる信州大学のメンバーが続々と参加を表明しついに参加決定となったのです!

僕もいよいよ大会を翌日に迎えた、しかし満室の土曜日。
朝食の準備を全て整え、いつもは出発の時に歌う旅立ちの歌も夜のうちに歌い終わり、
何もかもを奥さんにお願いした夜の11時30分。

いよいよ兵庫県芦屋へと出発です。
すまぬが後は全て任せたよ~。

ひたすらひたすらひたすら車を走らせてついに夜が明けてきたぜ。
距離 650kmの終わりがいよいよ見えてきた・・・。

PB040831_convert_20181105160824.jpg

大会開始が午後の2時から。
当初はどこかで仮眠をして行こうかと考えていたのですがせっかく神戸に来ているので、
神戸近くに住む常連のNさんを朝から無理やり呼び出して、
朝ご飯カフェにつき合ってもらいました。

Nさんお勧めの にしむら珈琲 で。
すっごい人でした。
超人気店なのですね・・・。

PB040836_convert_20181105160839.jpg

そして午後の2時。
いよいよ会場には全国から懐かしいメンバーが集まってきました。
試合に集中しすぎて写真がこれしかありません。
ごめんなさーい。
今回のメンバーは北から静岡・愛知・三重・京都・香川・そして大分県。
いろんなところから集まってきましたよ。

ほぼ20年ぶりに集まる面子もいます。
積もる話もたくさんあるのですがまずは目の前の試合に集中しよう!

しかし他チームの40代のおじさん達 めっちゃいい動きしてるんですが・・・。
試合前からビビる。

今回は4チームずつの2リーグに分かれその上位2チームずつの4チームがさらに1試合戦い、
勝ち残った2チームが2週間後の決勝大会に進めるのです。

いよいよ第一試合が開始です。
メンバーの中で唯一いまだ現役でキーパーをしているTさんの的確かつ厳しい指導の下、
必死で走り回るおっさんたち。
そしてみごと初戦の難敵を1―0で撃破!

しかしなんとまさかの僕は1試合目にして左足ふとももが攣る・・・。
ありえんやろ・・・。

その後は足の痛みでまったく役に立たない僕の代わりにみんなが大活躍してくれ、
結局予選リーグは2勝1敗で見事2位通過を果たす!

あとは他リーグの1位チームと戦い勝てば決勝トーナメントへの切符を手にできるのです。
しかし普段から走っていないおっさんたちにはもうここまでが限界でした。
最後は相手の試合巧者ぶりにやられて0‐1の惜敗。

残念です。
しかしここで集まれたことだけでも本当に楽しかった!
ありがとう!
そしてみんなで反省会を行い夜の7時30分には解散です。
またどかっかで会えたらいいね。

PB050837_convert_20181105160851.jpg

メンバーの一人が休みをもう一日取って湯布院に遊びに来てくれるというので、
帰りは2人でのドライブになります。
でも2人ともボロボロ。
まさか8時間もかかると思っていなかった友人は旅立ちの前にかなり深いため息をついていました。

それでも運転中会えなかった20年分の会話は終わることを知らず。
なんと8時間ずーーーーっと話し続け、
少しの仮眠も含めて朝の6時前には無事に湯布院に到着です。
運転中に足が攣らなくて本当に良かった。

そっから少し寝た後、
僕は残っている館内掃除を終わらせ、
まだまだ寝不足の友人と朝から一人で由布岳に登ってきた奥さんと3人で、
いつもの豆腐ランチ。

あーしかしこの1ヵ月捻挫をしないように山登りまで我慢してきたのに、
まさかの足が攣るとはもう情けない限りです。
せっかくこの日をこの一か月楽しみにしていたのにこの結末はありえんわ。
でも「年だからなー」という言い訳は一切使えない世界。
鍛え方が足りなかったんでしょうね。
1年以上ぶりのフットサルはほろ苦い想い出と共に終わりました。

さぁ秋の山々がいまかいまかと待っているはず。
またこれからガンガン山仕様の身体に戻していきましょう。

みんなお疲れ様でしたー。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

我が相棒との再会

P8020165_convert_20180802215636.jpg

10日ほど前に末娘と出かけたツーリングで儚くも壊れ去った我が愛機 アドレスV100。
結局義父母の家の近くの修理工場に出したのですが、
修理できるかどうかを調べるだけで2万位するらしく、
「20年以上乗ってるポンコツにそんなお金かけなくていいわい!」

と言ってバイクを実家に持って帰ったお義父さんが・・・、
なんと・・・、
自分でバイクを分解して直してくれたらしい!!

凄すぎですよ、お義父さんっ!!
もともとバスの運転手で、
さらに現役の農家さんとして多くの農業機械に触れているとはいえ、
なかなかできることじゃないですよ。

本当にまだまだ元気いっぱいのお姿には頭が下がります。

よーし。
直ったのなら早速取りに行こう!
思い立ったが吉日!今日だ!

そうやって突然決定されたバイク回収の大仕事。
帰りはもちろんバイクなのですが問題は行きなのです。
今夜もお客さんは入っているので奥さんに乗せていって貰う訳にもいかないので、
ここは大得意のヒッチハイクで行くことにしました。

久留米近くまでなのでざっと80km位か?
楽勝ですな~!
思わず鼻歌まで歌ってしまいそうな軽い気持ちで奥さんに途中のSAまで連れて行ってもらう。

そんじゃちょっくら行って来ますわ!

P8020166_convert_20180802215647.jpg

年に一回はヒッチハイクで旅に出る僕。
もうすっかり慣れっこです。
いつもと違うことといったら・・・、
息子がいない位かな??

そうなんです。
年に一度のヒッチハイクの旅は毎回息子と2人で出かける男旅なのです。
2人が1人になるだけだ。
そう大差はなかろう・・・。

そう信じ切って始まったヒッチハイク。
気温は35度を示そうかという炎天下の中ひたすら左手を上げ続ける。
5分が経過・・・。
10分が経過・・・。
中々車は停まってくれず。

体中に滴る汗の数だけ、時間は確実に刻まれていく・・・。
そして30分が過ぎ・・・。
40分が過ぎたあたりではっと気が付いてしまう。

いつも・・・、
ヒッチハイクで車が停まってくれていたのは・・・、
息子のおかげだったのですねぇ~!!!!

そりゃそうか。
こんなムサイおっさんが一人で立っていてもだれも停まろうと思わないですよね。
ヤバいぞ~!!
これはもっと背筋をピンと伸ばして、
もっとはじける笑顔で、
もっと全神経を集中しながら左手を上げないとマジで日が暮れてしまうぞ!

そしていよいよ開始してから1時間が過ぎようとしたその時。
ついに1台の車が停まってくれたっ!!
助かったー!
額の汗を拭い、カバンを背負ってその車に向かっていくと、
何故かドライバーさんが扉を開けて外に出てきたではないですか。

あれれれ??
何か見たことがある制服ですねー。
なんとそれは最も世間に嫌われている青い制服のおエライ方々でした。

「あー君。こんなとこでヒッチハイクしたらダメだよ。危ないでしょ。」

ドガーーーンッ。
マジで勘弁してくれー。

とりあえずしっかりと謝るふりをして一旦SAの中に戻る。
そして中から様子を伺い黒塗りの警察車両が再び本線に出て行ったのを確認してから、
ダッシュで元の位置に立ち返り再びヒッチハイクを開始。

止めろと言われても続行する以外にもう道はないのだ。
ここからは必死さのボルテージが一気に150は%アップ!
この気合いについに負かされる一台の軽自動車が目の前で停まってくれた!

「乗っていきますか??」
神が降臨した瞬間です。
今回の神様は別府からわざわざ福岡まで散髪に行くというオシャレなお兄さんでした。
本当に感謝です。

ツーシートの超早そうなコパンは高速をガンガン加速して、
あっという間に目的のバス停まで連れて行ってくれました。

ありがとうございました~!

P8020168_convert_20180802215700.jpg

そして義父母宅で10日ぶりに再会した相棒は立派に復活を遂げ、
セルを回すととても気持ちよさそうにエンジン音を天高く響かせておりました。

実は内心もう古いから駄目かな~?
と半分諦めていた心があったのでこの復活劇は素直に嬉しいです。

途中の道中も一切不調を訴えることなく2時間ブイブイ走り回ってくれた愛機。
まだまだ当分一緒に遊んでくれそうですよ。

思いがけなくお休みの様な疑似旅が経験できた今日という日。
しかし夏休みはまだまだ始まったばかりです。

気を抜かずに気合い入れて頑張りまーす。

今日の一句
ヒッチハイク 金と息子は 忘れるな

湯布院カントリーロードユースホステル  

海へ行こう~!

P8240542_convert_20170824143217.jpg

一昨日と昨日の1泊2日で行った 「ゆふいんちびっ子サマーキャンプ」
今年も何とか子供達全員フラフラになるまで遊ばせて夕方に終了しました。
もちろん大人スタッフはそれに輪をかけてフラフラです。

本日は残り香のように荒れ果てた館内の大掃除。
これを早朝から一気に終わらせお昼に束の間の休憩時間を頂きました。

青空の呼びかけに素直に答えよう。
やっぱり海しかないっしょ!
だってまだまだ夏は終わらないのですから。

目指すはいつもの国東半島。
その途中のお気に入りのカフェ 「N i c o l a s」 に立ち寄ってしばしのお茶タイム。
ここで新メニューが出ていたのでさっそく食べてみました。
僕の大好きなラムレーズンのケーキです。
これが・・・。
すごかった・・・。

奥さんと2人で久々に度胆を抜かれました!
美味い!!
ラムレーズンと下の土台のクランキーチョコが絶妙に合うのです。
しばし幸せな甘さに酔いしれる2人。

これは間違いなくまた食べに来なければいけないマストな一品です。

P8240544_convert_20170824143234.jpg

すっかり満たされた心でいつもの狩場に到着!
もーどこからどうみても 「This is a summer!」のこの世界どうですか?
テンション上がらない方がおかしいですよね。
しかし今日もこのパラダイスには誰もおらず、感謝の貸切です。

P8240547_convert_20170824143249.jpg

奥さんはここから10kmを海沿い走りです。
家の周りをいつもの様に走れば1時間ですむのに、
この風景の中を走るために往復3時間近くかけてついてきてくれた彼女。

これは楽しむしかないぞ。
心ゆくまで波と同じリズムを刻みながら駆け抜けてくれ!

P8240548_convert_20170824143306.jpg

時間が選べない立場なのでどうしようもないのですが、
この時海は絶好調満潮中。

お世話になっているテトラポットの狩場は遥か海面の下に沈んでいます。
しょうがない、さー行こう。

前回来たときに全身をクラゲに刺されたことを教訓にして、
今日は長袖を着ての潜水です。

ここ数日太陽に暖められた海はとても適温で、
寒さを感じることはほとんどありませんでした。

しかし問題はこの夏の間に散々いろんな人が潜りに来ているため、
お恵みがかなり少なくなっていること。

今日もかなり気合を入れて潜らねばなりませんでした。

P8240550_convert_20170824143319.jpg

鼻血が出そうなくらいの目眩を感じるくらいまで今日も頑張りました。

40分くらい潜った後砂浜の上で気分が悪くて10分ほど倒れておりました。
いつもの事なんですが潜った後って嫌になるくらい頭が痛くなります。

潜り方に問題があるのか・・・?

それでも本日も沢山のお恵みを頂きましたよ!
とっても有意義なお昼休みありがとうございまーす。

本日お泊りのお客様は幸運なことにこの新鮮なお恵みの一品を夕食で味わってもらいました。

8月初旬より今の方がよっぽど夏らしくなってきましたね。
まだまだ残暑が続きそうな予感がします。

もうしばらく夏を引き続き楽しめそうで嬉しい限りの僕です。

湯布院カントリーロードユースホステル  

別府までチャリっとく

DSCN5004_convert_20170712152712.jpg

奥さんが美容室に行くとついに決断した!
もさもさと多すぎる髪に我慢の限界突破してしまったらしい。
なんとも羨ましい理由だ・・・。

散髪には縁がない僕ですがのっかろう、その別府行き!

実は昨夜BSでやっていたツールドフランスを深夜まで見入ってしまい激しく感動したのです。
自転車ってめちゃくちゃ熱いぞ!

そんなわけで今回は問答無用でこれで行こう。
長女の通学用の自転車を借りてさっそくアタック開始だ!

DSCN5005_convert_20170712152729.jpg

車で走るといつも心を和ませてくれる景色抜群のやまなみハイウェイ。
その一見なだらかな坂が・・・、
チャリダーには地獄の負荷となる。

とにかくひたすら無心に漕ぎ続ける。
そして順調に下がり続けるギア。
いよいよ最軽のギア1にきてしまった時。

DSCN5007_convert_20170712152746.jpg

ようやく峠のピークに到着。
ここはいつもの勝手知ったる由布岳の中央登山口です。
すみません。
今日は登らないんすよ。

分かり切ってる事ですが走る筋肉と漕ぐ筋肉は全然違う。
なんかいつも感じない変な場所が吊りそうになりながらここから別府まで一気に下っていきます。
標高差 780mを駆け抜けるぜ~!

DSCN5009_convert_20170712152759.jpg

山深き湯布院を抜けると突然照り出す太陽。
気温も下降と反比例で急上昇してきました。
さすが灼熱の別府ですね。
最高でーす!

DSCN5010_convert_20170712152810.jpg

裏道の超険しい酷道を夢中でマシンをコントロールしながら降り切ると、
そこはもう大都会 別府。

いつもの歩いての山越えと違い距離が長い分けっこう時間がかかってしまいました。

DSCN5016_convert_20170712152826.jpg

そして無事に髪を切り終わった智美と町で合流。
すっきりおかっぱ頭の彼女。
お店のポイントカードで分かった事なのですが、
なんと美容室に行ったのは1年振りだったそうです。

もうちょっと頻繁に行った方がいいんでないかい??

帰りはチャリは車に乗せてもらい楽々で帰宅しちゃいまいた。
何も考えず普通の服で行ってしまった今回の別府越え。

次回はぜひ赤い水玉模様の服で挑戦したいと思います!
(山岳賞受賞者だけが着れる特別な服らしい)

湯布院カントリーロードユースホステル  

湯布院スィーツ 2000

DSCN2704_convert_20161002175501.jpg

毎月開催される当ユースホステルのイ様々なイベント。

10月は「スィーツ3000」という新企画。
その名の通り一人3000円を出し合い、
その金が尽きるまで湯布院のスィーツを食べ歩くという夢のような企画です。

意外にも非常にマスコミ受けの良かったこのイベント。
福岡と宮崎の雑誌から取材を受け載せてもらったのです。
こんなことは初めてです。

こりゃーとんでもない人数の参加者が来てしまうのか・・・?

そんな心配もまったくの杞憂となった今日という日。
なんと・・・、参加者・・・、

0名!!

さみすぃ~!!!!!

ただすっかりと甘いものを受け入れる身体になっていた我々。
しょうがないので自分たちだけで勝手にイベントを開催することにしました!

ただちょっと自分たちに甘めで「スィーツ 2000」に変更して・・・。

ではさっそく午後の2時からみんなで由布院駅前からスタートです!

1店目   駅前の 「ミルヒ」 でドーナツとケーキとアイスを購入。

2店目   「ゆふふ」でプレーンとチョコのプリンを購入。

DSCN2705_convert_20161002175517.jpg

3店目  「由布見通りカフェ」でフレンチトーストを購入。

4店目  近くのお総菜やさん でおはぎを購入。

まだまだ始まったばかりです。
しかし既にこの幸せな満腹感はなんだ??

きっと今辞めたら一番幸せで終われる感たっぷりなのですが、
財布の中身はまだまだ減らず!
気合いいれなきゃですね。

DSCN2706_convert_20161002175531.jpg

5店目 「ニコドーナッツ」にてパフェとかき氷とアイスを購入。
ここでまさかのドーナッツの無料差し入れあり。

あ、あ、あ、ありがとぅござぁぃます・・・。

ちなみに今回の参加者は僕・奥さん・長女・末娘・W母の6名です。
既に末娘とW母はこの時点でほぼ戦力にならず。

頼りは中学生の溢れ出る食欲だけだ!
任せたぞ、しきゑ!

DSCN2707_convert_20161002175544.jpg

6店目 湯の坪通りの新しい店(名前忘れた)でザクザクシューを購入。

7店目 相当ズルしてコロッケを1個購入(スミマセン)

8店目 「リンゴン」のクッキー購入

9店目 名前の知らないワイン屋さんでジェラートを購入

10店目 その向かいにあるお店の 生ミカンジュースを購入

毎度この食べ歩きイベントはある時間から至福の時が罰ゲームへと変わっていくのですが、
すでに胃は遥か限界に達し、
通り沿いに売っている甘いものを見るのも辛い状態です・・・。

DSCN2711_convert_20161002175559.jpg

しかし着実に財布の中身は軽くなってきていました。
そして最後に「スヌーピー茶屋」で抹茶わらびもちを購入して、
無事にスィーツ2000クリアー!!

やった~!

今回あまり時間がなかったのでちょっと駆け足になったのもこの苦しみの原因の一つですね。
また時間をかけてもっと歩き回るともっと余裕を持って食べれそうです。

ここにスィーツ1000がさらに追加されると考えるとちょっと恐ろしいですが、
湯布院のじっくりと回れてさらに美味しいものをくまなく食べられるという、
とっても楽しいイベントですよ。

今回は残念ながら参加者 0 でしたが来年もう一度同じ企画をやります!
皆さんぜひご一緒に甘味に浸りましょうぞ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫