別府までチャリっとく

DSCN5004_convert_20170712152712.jpg

奥さんが美容室に行くとついに決断した!
もさもさと多すぎる髪に我慢の限界突破してしまったらしい。
なんとも羨ましい理由だ・・・。

散髪には縁がない僕ですがのっかろう、その別府行き!

実は昨夜BSでやっていたツールドフランスを深夜まで見入ってしまい激しく感動したのです。
自転車ってめちゃくちゃ熱いぞ!

そんなわけで今回は問答無用でこれで行こう。
長女の通学用の自転車を借りてさっそくアタック開始だ!

DSCN5005_convert_20170712152729.jpg

車で走るといつも心を和ませてくれる景色抜群のやまなみハイウェイ。
その一見なだらかな坂が・・・、
チャリダーには地獄の負荷となる。

とにかくひたすら無心に漕ぎ続ける。
そして順調に下がり続けるギア。
いよいよ最軽のギア1にきてしまった時。

DSCN5007_convert_20170712152746.jpg

ようやく峠のピークに到着。
ここはいつもの勝手知ったる由布岳の中央登山口です。
すみません。
今日は登らないんすよ。

分かり切ってる事ですが走る筋肉と漕ぐ筋肉は全然違う。
なんかいつも感じない変な場所が吊りそうになりながらここから別府まで一気に下っていきます。
標高差 780mを駆け抜けるぜ~!

DSCN5009_convert_20170712152759.jpg

山深き湯布院を抜けると突然照り出す太陽。
気温も下降と反比例で急上昇してきました。
さすが灼熱の別府ですね。
最高でーす!

DSCN5010_convert_20170712152810.jpg

裏道の超険しい酷道を夢中でマシンをコントロールしながら降り切ると、
そこはもう大都会 別府。

いつもの歩いての山越えと違い距離が長い分けっこう時間がかかってしまいました。

DSCN5016_convert_20170712152826.jpg

そして無事に髪を切り終わった智美と町で合流。
すっきりおかっぱ頭の彼女。
お店のポイントカードで分かった事なのですが、
なんと美容室に行ったのは1年振りだったそうです。

もうちょっと頻繁に行った方がいいんでないかい??

帰りはチャリは車に乗せてもらい楽々で帰宅しちゃいまいた。
何も考えず普通の服で行ってしまった今回の別府越え。

次回はぜひ赤い水玉模様の服で挑戦したいと思います!
(山岳賞受賞者だけが着れる特別な服らしい)

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

湯布院スィーツ 2000

DSCN2704_convert_20161002175501.jpg

毎月開催される当ユースホステルのイ様々なイベント。

10月は「スィーツ3000」という新企画。
その名の通り一人3000円を出し合い、
その金が尽きるまで湯布院のスィーツを食べ歩くという夢のような企画です。

意外にも非常にマスコミ受けの良かったこのイベント。
福岡と宮崎の雑誌から取材を受け載せてもらったのです。
こんなことは初めてです。

こりゃーとんでもない人数の参加者が来てしまうのか・・・?

そんな心配もまったくの杞憂となった今日という日。
なんと・・・、参加者・・・、

0名!!

さみすぃ~!!!!!

ただすっかりと甘いものを受け入れる身体になっていた我々。
しょうがないので自分たちだけで勝手にイベントを開催することにしました!

ただちょっと自分たちに甘めで「スィーツ 2000」に変更して・・・。

ではさっそく午後の2時からみんなで由布院駅前からスタートです!

1店目   駅前の 「ミルヒ」 でドーナツとケーキとアイスを購入。

2店目   「ゆふふ」でプレーンとチョコのプリンを購入。

DSCN2705_convert_20161002175517.jpg

3店目  「由布見通りカフェ」でフレンチトーストを購入。

4店目  近くのお総菜やさん でおはぎを購入。

まだまだ始まったばかりです。
しかし既にこの幸せな満腹感はなんだ??

きっと今辞めたら一番幸せで終われる感たっぷりなのですが、
財布の中身はまだまだ減らず!
気合いいれなきゃですね。

DSCN2706_convert_20161002175531.jpg

5店目 「ニコドーナッツ」にてパフェとかき氷とアイスを購入。
ここでまさかのドーナッツの無料差し入れあり。

あ、あ、あ、ありがとぅござぁぃます・・・。

ちなみに今回の参加者は僕・奥さん・長女・末娘・W母の6名です。
既に末娘とW母はこの時点でほぼ戦力にならず。

頼りは中学生の溢れ出る食欲だけだ!
任せたぞ、しきゑ!

DSCN2707_convert_20161002175544.jpg

6店目 湯の坪通りの新しい店(名前忘れた)でザクザクシューを購入。

7店目 相当ズルしてコロッケを1個購入(スミマセン)

8店目 「リンゴン」のクッキー購入

9店目 名前の知らないワイン屋さんでジェラートを購入

10店目 その向かいにあるお店の 生ミカンジュースを購入

毎度この食べ歩きイベントはある時間から至福の時が罰ゲームへと変わっていくのですが、
すでに胃は遥か限界に達し、
通り沿いに売っている甘いものを見るのも辛い状態です・・・。

DSCN2711_convert_20161002175559.jpg

しかし着実に財布の中身は軽くなってきていました。
そして最後に「スヌーピー茶屋」で抹茶わらびもちを購入して、
無事にスィーツ2000クリアー!!

やった~!

今回あまり時間がなかったのでちょっと駆け足になったのもこの苦しみの原因の一つですね。
また時間をかけてもっと歩き回るともっと余裕を持って食べれそうです。

ここにスィーツ1000がさらに追加されると考えるとちょっと恐ろしいですが、
湯布院のじっくりと回れてさらに美味しいものをくまなく食べられるという、
とっても楽しいイベントですよ。

今回は残念ながら参加者 0 でしたが来年もう一度同じ企画をやります!
皆さんぜひご一緒に甘味に浸りましょうぞ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

休みだ!晴れだ!佐賀だ!

DSC_2979_convert_20160326000440.jpg

本日も掃除終了後の半休を頂きまして、
見上げるとすっきりと晴れ渡っていたわけでして、
こりゃーもう当然出かけるしかないな!
と意気揚々と車に乗り込むは我が家族5人とお手伝いの香港人2名。

とにかく仕事現場から逃避したい僕は迷わず高速道路に飛び乗り、
ひたすら走る事1時間15分。

今回の遠征先は隣の隣、佐賀県となりました。

同じ九州とはいえまだまだマイナーな未開の地が点在するこの地。
本日まず向かったのは川上峡なり~。

まずは駐車場横の樹齢 1400年のクスの木に全員度胆抜かれる!
でっけーーーっす!

DSC_2983_convert_20160326000500.jpg

そしてここで本日川開きと共に開始となった遊覧船に乗り込みます。
おひとり様 300円。
なんちゅー良心的な値段や~。

ゆるりと揺られながら進む屋形船。
さすがに1年ぶりの船頭さんのじいちゃんはかなりぎこちなく、
右に左にたゆたっておりました。

DSC_2997_convert_20160326000528.jpg

そしてこの川の両岸から天を気持ちよく泳ぐのは鯉のぼりの群れ。
今日は冷たい風が川沿いを吹き抜けていたのですが、
これがまたいい演出してくれるんですよ。

僅か10分ほどの船旅でしたが十分な満足感です。

DSC_3000_convert_20160326000548.jpg

そして続いて向かったのが佐賀城本丸。

城址跡には資料館が建てられていて、
見事な広さの畳の部屋がこれでもかと続くのです。
イグサの香りがまたいい感じで、
みんな思いっきりくつろぎまくりの図。

ここで新しい戦国時代ごっこを開始。
至る所に立っているボランティアのガイドさんを勝手に敵方の忍者と設定し、
決して彼らにみつからないように館内を忍び足で走り回る忍び組7名。

これが思いのほか面白くて走ったり寝転んだり隠れたりと予定外に興奮してしまいました。
お騒がせして申し訳ありませんでした。

DSC_3004_convert_20160326000609.jpg

そして香港人コビーの強い希望により鳥栖アウトレットへ。
広いんですよ、ここが。
しかしまったくブランドに興味がない僕と、
遊ぶことしか考えていない子供たちにとっては、
不釣り合いこの上ない場所でした。

言い出しっぺのコビーもまさかのNIKE見ただけで飽きやがって、
結局買い物とお店巡りを堪能したのは大人の女性人だけでしたね。

DSC_3008_convert_20160326000628.jpg

そして最後は途中にあったコメダ珈琲へ。
多くの皆さんのFacebookを見ていつか一度は行ってみたいと思っていた場所です。
当然モーニングは食べれなかったのですが、
シロノワールはいっときましたよ。

熱いパンに冷えたソフトクリーム。
確かに美味いな。

しかしあくまで個人的な意見として聞いてください。
サンマルクカフェのデニブランの方が美味いんじゃないか・・・。
ちょっと安いし。あくまで僕意見ですが。

まーそんなこんなで今日もやり切った半休!
この後高速ブッ飛ばして帰り、
そのまま金曜フットサルまでこなして帰ってきましたからね。

しかも帰ってきたら温泉ライン詰まってて寒空の下震えながら23時までかかって修理。
必ず気持ちよくは終わらせてくれないんですよね。

しかしこんなことでは疲れてはいれないのです。
いよいよ子供たちの春休みが始まってしまいますからね。
仕事だけでなく家庭内も忙しさ極みですよ。

よーし気合い入れよう。
ガンバロー!(最近終わりがほとんどこれ)

湯布院カントリーロードユースホステル  

アイススケート

DSCN1365_convert_20160201102302.jpg

昨年かなり子供たちがはまり込んだアイススケート。
すでに彼らのブームは過ぎ去った様で今季はまだ一回も行ってないぞ。

このスケートリンクは我が家の近くの遊園地の中にあります。
毎年あらゆるルートから回ってくる無料入園券。
今年もありがたくゲットしましたのでいっときますか。
と言っても貸靴代が800円かかりますが。

なにせ近くにはここしかないので日曜日はいつも人で溢れています。
しかも今回休憩中に氷を整える車が突如動かなくなり、
職員が氷上でドタバタと大騒ぎしていました。

結局このアクシデントで30分以上待たされ、
中途半端に整氷が終わり切らず半分プールのようになったリンクで滑走スタート。

転倒覚悟のスピードで駆け回っている勇気あるたくさんの子供たち。
転倒後のダメージのあまりのデカさにびしょ濡れで号泣する子が続出という、
荒れた日曜の午後となってしまいました。

DSCN1364_convert_20160201102224.jpg

氷のコンディションの悪さと人の多さに速攻でスケートに飽きた息子。
しょーがないので2人で立体迷路 マースという、
昨年から新たに導入されたアトラクションに挑んできました。

この城島高原遊園地の悪いところは乗り放題パスがあるくせに、
人気アトラクションではちゃっかり別料金を取るところ。
臨時収入を狙っているのがもうはっきりと分かっちゃうのです。

この迷路も別途 400円。

しかも対して迷うこともなく順調にミッションはクリアーされていき、
僅か15分程で楽々ゴール。
客の回転数あげたいんでしょうがせめてもうちょっと途方に暮れさせてほしい・・・。

DSCN1366_convert_20160201102323.jpg

滑走後はそのまま大分へ。
街と駅周辺をみんなでブラブラ~。

いつも迎える側に立つ僕たち。
たまに迎えられるその他大勢の1人になると、
なんとも気持ちが落ち着くんですよねー。

ところでまだ城島後楽園遊園地の無料入園券何枚か残ってます。
もし行ってみたいお客様、おられましたらスタッフまで一声お掛けくださいな。

屋内の暖かいちびっ子用無料遊戯スペース沢山あるので、
ご家族旅行者にはここ、おススメですよ。

湯布院カントリーロードユースホステル  

湯布院 ソリンピック 開催

DSCN1324_convert_20160119214244.jpg

湯布院の街中より100mも標高を上げた山の中腹に位置する当ユースホステル。
その一気に上がる高度差は当然のように狭い等高線を作りだし、
そこには素晴らしき角度の道が姿を現します。

これが駅から歩いてきたり自転車で漕いでくる旅人を苦しめ続ける、
もはや名物と呼んでもいい鬼坂です。

いつもは忌み嫌われる一方のこの坂が生まれ変わる日があります。

そう。
まさにこんな雪の降る夜・・・。
目の前に悠々と広がる天然の雪の滑走路。

今夜もまた、
スピードという名のスリルに魅せられたちびっ子たちの歓喜の夜の始まりです。

DSC_2395_convert_20160119215318.jpg

滑ると言ってももちろんここは普通の道路。
普段から交通量はほとんどないのですが、
それでも上と下に大人が付き安全を確認後スタートの号声が鳴り響きます。

車によってツルッツルに踏み固められた道路の摩擦係数は限りなく低く、
時にとんでもないスピードが出てしまうこともあります。

ある程度の段階で自発的に転んだり横の雪だまりに突っ込んでくれたらいいのですが、
何の手も打たずにソリにかかる重力を自由に遊ばせてしまうと、
もはや自力では決して止まれない状態に陥ります。

ここでいよいよ常に下で構えている僕の出番です。
足場はツルツル。
向かってくるのは超スピードのソリ。

これを止めるにはかなりの覚悟が必要です。
タイミングを見計らって向かってくる相手になるべく優しくフライングボディーアタック。
ソリごと乗り手をなぎ倒し、そのままお互いに絡まり合いながらなんとか停止。

今夜で何度吹っ飛んだことか・・・。
身体ボロボロです。

DSCN1337_convert_20160119214350.jpg

小一時間ほど滑りまくり疲れ果てたちびっ子達。
大変楽しかったようで興奮冷めやらぬようです。
雪のベッドで静かに高まった鼓動を冷やしましょう。

今夜は今シーズン初めてのしっかりした積雪。
やっと活躍の場を貰った2台のソリ。
あと何回位使えるかな?

ただ今夜の道路状況から考えても明日の朝はかなりの危険状態に陥りますね。
例年何台もの車を気まぐれに躍らせてきたこの坂道。
またしても血の午前中になってしまうのか?

明日湯布院を訪れる皆さまはどうぞ御十分に御注意くださいませ。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫