梅雨の中休み

P6240127_convert_20180624210824.jpg

時々訪れる梅雨からの開放日。
それが見事に今日の日曜日と被ったぜぇ~!!

それに対する答えは単純明快、もちろんお出かけだ!
来週期末テストが控える長女は家に残し、
我が家の4人と母とお手伝いの2人で早速ドライブへと出発。

まずはランチにいつものお気に入りの豆腐屋さんに寄ってみると、
おいおい待てよ、なんちゅー人やっ!!
この陽気につられて出てきてしまった旅人で溢れかえる駐車場を見て、
迷わず引き返す。

こんな晴れ渡る日にここで時間をかけるとこじゃないな。

そこで代わりに途中の小さなお店で唐揚げやパンなどを買い込み、
山の中の道路脇の木陰でランチタ~イム。

これはこれで、とびっきりに美味しいのです。

P6240130_convert_20180624211334.jpg

食べたら即出発。
まずは大分初めてのお手伝い達のために近くの観光名所へと寄ってみました。
ここは道の駅 原尻の滝。

幅広く流れ落ちるその雄大さから 別名 「九州のナイアガラ」
というなんとも偉大な呼び名を授けられた滝なのです。

道の駅の中にもこんなちょっとした滝が流れていました。

あっ、あっ、危な~いぃ!!!
落っこちるなよっ!!

P6240135_convert_20180624211345.jpg

こちらが本当の原尻の滝。
「九州のナイアガラ」の呼び名に地元民としては若干恥じらいもあるのですが、
それでも中々立派な滝ですよ。

大都会の横浜から来たエイミーも
「こんな上から滝が見えるなんてすごいっ!」と大喜びしていました。

P6240137_convert_20180624211456.jpg

どこもかしこも群がる人の多さに驚いた僕たちは、
ちょっと人ごみを離れて誰もいない川沿いでまったりタイム。
みんなで石を投げたり変わった石を探したりして遊んだのですが、
チビ助は途中から辛抱たまらずにパンツ一丁で入水中。

この陽気とはいえやはり山からの水は相当冷たいです・・・。
風邪ひくなよー。

35114102_2074850479193334_3201413101396164608_n_convert_20180624211317.jpg

そして本日のメイン。
「普光寺」にやってきました。

このお寺は別名が多く、アジサイ寺 や ピアノ寺 とも呼ばれているとか。
その名の通り今が旬のアジサイをみんなで今日は見にきたのです。

お寺に入るとその谷間を埋め尽くすように見事なアジサイも森が広がっていました!
しかもラッキーなことに今日はここでアジサイ祭りがあるらしく、
この真ん中に大きく掘られた岩窟にある舞台ではフルートやピアノの音楽隊が演奏をしていました。

このステージでは時々ピアノ演奏が行われるらしく、
それがピアノ寺と呼ばれる所以です。

静まり返るアジサイの谷に響く、深く優しきメロディ。

花と音楽。
2つの本物が紡ぎだす至高の空間はじっと時間を止めてくれました。
いや~、心に沁みるな~。
たまたまですが今日ここに来れたことを大いに感謝です。

P6240150_convert_20180624211514.jpg

本当はいくつかこの辺りのアジサイスポットを巡ろうかと思ったのですが、
この普光寺ですっかり満足してしまったので、
そのままいつもの別府にある田ノ浦ビーチに場所を移すことにしました。
そしてこれまた浜辺でみんなでまったりとした後、
別府に宿を取っているポーランド人のオルグを降ろし、
残りのメンバーはいつも通り寿司を食べてから帰宅。

やっぱり天気なんですよ。
晴れさえすれば、どこで、何をしても、極上の一日となるんですよね。

散々遊んだ本日ですが、
実はまだまだこれから訪れる決戦のほんの序章に過ぎないのをご存知ですか?

日本vsセネガル戦。

初戦で負けていれば恐らくもっと気楽に見れたかもしれなかったですよね。
しかしなまじ期待が一度膨らんでしまった以上、
人間欲を出さないわけにはいかないのです。

「まぁ奇跡は2度はないだろう・・・」
と言い聞かせながらも止まらない鼓動の高鳴りとワクワク感。

さぁ我ら日本国の代表団たちよ。
今宵ももう一度あの素晴らしい夢の続きを見させて下さい!
にっぽんっ!!にっぽんっ!!にっぽんっ!!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

晴れた晴れた日曜日

P6030180_convert_20180603202242.jpg

どこいった?梅雨よ・・・?

気まぐれな6月がくれた晴れ渡る日はこれで3日連続!
嬉しい限りですねー。
「満室の館内掃除を途中放棄する」という最近覚えたての大技をこの日も繰りだし、
お出かけしてしまいました・・・。
こんな日に家にいたらカビが生えてしまう。

本日向かうのは・・・、
この天気だったら海ですよね、やっぱり。
今年の3月に挑み見事に砕け散った僕の初泳ぎ。
そうなのです。今日こそが僕の!
記念すべき海開きの日なのですっ!

そして30分ほど優雅に波間をユラユラと漂わせてもらいました。
特に何をするわけでもないのですがこの浮遊感と海中の静けさが大好きなのです。
心まで海水が沁み渡る・・・。

P6030193_convert_20180603202302.jpg

今回の遠征のメンバーは実に多彩です。
僕は一人で車で先にこの狩場に来ているのですが、
息子とその友達2人は途中のサイクリングセンターで自転車を借りて10kmを走ってきました。

汗だくで到着するなり「暑い!暑い!」と騒ぐこやつらは速攻で水着に着替えて海にGO!
ちなみにすでにこの時僕はもともと低い体温のほとんどを母なる海に持ってかれており、
青ざめた唇で寒い寒いと陸で震えておりました。

P6030198_convert_20180603202346.jpg

元気いっぱいのチビッ子たちもやはり6月の海に入るのはかなり勇気がいるようです。
この中の一人はなんと人生で初めて海に入ったとか!?
マジでか??

さすがは山奥の湯布院育ち。
そんな稀有な子がいるんですね。
これで新たな海という魅力に開花してくれたら嬉しい限りです。

P6030215_convert_20180603202404.jpg

続いてこれまた10kmを走って奥さんが到着!
彼女もいつでもどこでも元気マンマンです。

ちなみに手に持っているのは今年初の僕が海から頂いたお恵み物。
毎回大変ありがたく頂いております。
美味しゅーございました。

P6030220_convert_20180603202423.jpg

そして今回はなんとこの10kmという道程を末娘も自転車で走ってきました。
おばばの自転車の並走付きで。

坂の上に建つ我が家は立地の関係上子供達の自転車がありません。
なので2年生の彼女もまだ乗れないんですよね。

今回は補助輪付きとはいえほぼ彼女の処女走行。
それを10kmも!
本当に良く頑張りました!

ただし帰りは自転車を車に詰め込んでサイクリングセンターまでのお帰りとなりましたが。

P6030225_convert_20180603202437.jpg

このうっすらとかかる雲がいい具合の空の下でピース!
今日もいっぱい遊んだね。
ただちょっと焼きすぎのお肌が今夜のお風呂でどう裁きを下されるのか・・・?
かなり心配です。

今年もまたきっと何度もこちらにお世話になると思いますが、
どうぞ楽しい時間と美味しい恵みをよろしくお願いします。

P6030228_convert_20180603202518.jpg

しかし男性陣はまだまだこれで終わりじゃないぞ!
また10kmの折り返しが待っている。

僕も運転を奥さんに代わってもらい、
母の乗ってきた自転車を借りて男4人ランに出発だ!

しかしさすがに6年生ともなると中々体力がついてきて走るのが速いです。
なんとも頼もしい限り。
そろそろユースホステルチームで毎年参加している
「4時間耐久ママチャリレース」に参加させてもいいかな??

それにしてもこのちびっ子達の体力には驚くばかりです。
行きも帰りも車内でもゲームで大騒ぎして遊んでいるのですが、
実は昨夜は3人でお泊り会をしているのです。

当然明け方近くまで遊んでいたらしく4時間くらいしか寝てないらしいのにこのはしゃぎよう。
これは今夜死亡確定やな。

この時期は大切な雨を受け取る季節ではあるのですが、
やっぱりこんな晴れた日がちょっとあるとありがたいですね。

何もかも大満足だった僕ですが、
家で待ち構えている残りの大掃除の悲しい記憶だけはなんとか消し去りたい。
と真剣に考えている最中でございます。

湯布院カントリーロードユースホステル  

野イチゴ摘み ふたたび

P5270070_convert_20180527191155.jpg

天気予報が・・・、ずれ込んだ!
曇り雨のはずの日曜日。
朝からカラッと晴れ渡ったぞー。

これには土曜宿泊で山登りに来ていたお客様も大興奮!
早朝から続々と旅立っていきそれに合わせて館内掃除もサクサクと終わらせ、
さぁまるまる午後から空いた。

しか~し
「部活の疲れをゆっくりと家でとりたい」
「もう友達と約束してる」
と遊ぶ気満々の父親にあわせる気100% ゼロ の長女と長男。

どんなに手塩にかけて育てても・・・、
子供っていうのは結局はこうなっていってしまうんですね。
父は寂しいっす!!

ただ「行こっか?」
と聞くと必ず「行くっ!!」
と即答で答えてくれる我が愛すべき末娘の存在が僕にはあるのです。

じゃあ今日は3人でお出かけ決定だ!
先週全く見つけられなかった野イチゴ摘みへのリベンジに向かうことになりました。

P5270068_convert_20180527191141.jpg

来月開催予定の「野イチゴジャムツアー」の参加者がとんでもなく多そうなので、
今年の野イチゴの出来具合の確認と予備のジャムの作製をしておきたかったのです。

ただ昨年は豊作だった野イチゴが・・・。
今年はやっぱり実っていない!
気候が悪かったのかなにか自然の影響なのか・・・?
とにかく森中歩いても中々赤い宝石は見つからないのです。

こりゃ来月のツアーやっべーな・・・。
と思っていたその時っ!!

ふと入り込んだある茂みに凛凛と輝く黄色い果実。
これは!木イチゴだぁ~!!

さらにその奥に潜り込むとあるわあるわ!
まさにここは木イチゴの森!
捨てる神あれば拾う神あり。

不作の野イチゴの代わりとばかりに新たに木イチゴが名乗りを上げてくれたのです。

P5270078_convert_20180527191217.jpg

そして30分ほど獲りまくって沢山のお恵みを頂くことができました。
この大量になっている木イチゴの量をみると来月のツアーも大丈夫でしょう。
そんな安心感の中これらのイチゴ達はほとんどが末っ子のお腹へと消えていきました。

それにしても新たな狩場を見つけたことは本当にラッキーでした。
この自然からのお恵みの収穫は一切特別なスキルは必要としません。
誰でも獲ることができます。
一番重要なのは「その場所を知ってるかどうか?」と言うことなんです。

またひとつ僕の秘密の狩場が増えて嬉しい限りです。
来月のツアーに申し込んでいる皆さん、どうかご安心ください。

P5270081_convert_20180527191240.jpg

手も足もすっかりと傷だらけになってしまった僕たちは、
九重連山のベースキャンプでもある長者原のカフェでちょっと一休み。

しかしさすがはミヤマキリシマ最盛期の日曜日です。
駐車場は超満車!
そこらじゅうがカラフルな登山服に着飾ったクライマーでごった返していました。
お、落ち着けない・・・。

P5270094_convert_20180527191258.jpg

そんな人ごみとは速攻でお別れして近くの青少年自然の家にあるアスレチックに移動。
ここは無料で広いアスレチック場が使える穴場なのです。
そしてなにより人が少なく静か!

いつもは邪魔してくる兄貴がいないので、
本日は一人好きなように自由を謳歌する妹。

P5270097_convert_20180527191311.jpg

彼女が夢中でアスレチックコースと闘っている間、
決して僕たちもボーっとしていたわけではありません。
コース脇にそっと顔を出していたわらびを見つけてはせっせと取り続けておりました。
おかげでこんなにいっぱい採れましたぜー。

これで帰ってからはジャム作りとわらび煮と忙しい夜になるな・・・。
海から頂くお恵みもありがたいのですが、
山から頂くものも季節感があって嬉しいですよね。

P5270099_convert_20180527191323.jpg

最後は玖珠市の山の中にある「ベリージュファーム」でパフェをいただきまーす。
ブルーベリーとピザが売りらしいこのカフェ。
周りの環境も素晴らしいし、穴場具合も良いし、
なによりパフェのレベルはかなり高し!です。旨かった。

いつも思うのですがこの大分県。
ちょっと走ればどこにでも素晴らしい観光名所やカフェが点在しています。
中々長期のお休みを取れない僕達ですが例え半休だけでも十分に満足させてくれる。
本当にありがたいことです。

聞くところによるとどうも九州南部が梅雨入りしたとか・・・。
これから一時こんな晴れ日はどんどん減っていくんでしょう。
みなさん大切に大切に使っていきましょーね!

湯布院カントリーロードユースホステル  

あまりにも天気の良い月曜日

P5210140_convert_20180521150135.jpg

風は強いのですが、
それすらも涼風だと感じさせるほどの強い日差し。
そして紺碧に晴れた空。

午前休の月曜日。
いてもたってもいられずに奥さんと朝からお出かけと決定しました。
6月に開催予定の「野イチゴジャムツアー」の参加希望者がかなり増えてきたために、
今日はちょっと先に少し摘んでジャムの予備を作ろうということになりました。

そして気合い満々の恰好で向かった森の中には・・・。
イチゴの影も形もあらず・・・。
さすがに早すぎたか。

残念!
しょうがないので急遽ドライブに変更です。

P5210142_convert_20180521150209.jpg

今日は大分の玖珠市と日田市の間にある 山浦地区へと向かってみました。
マイナーすぎて在住10年を超す僕も初めての来訪です。

昔話に出てきそうなのどかな山村の細道を奥に奥にと登っていくと看板が見えたっ!

しかしそこにはまさかの「車は行けない」の無情の通告が。
車で行けないってここに来るのに車以外にどうやって来いというのだ。
恐ろしいことに駐車場も一切ない。

結局この看板だけを見て引き返さざるをえませんでした。
観光させる気 0だな、ここは。
なかなか強気だな~。

P5210144_convert_20180521150317.jpg

しょうがないので地図に載っていたさらにマイナーっぽい
「山浦川ふれあい広場」ってとこにも行ってみたのですが、
ここは観光させないどころかもうほとんど廃墟と化していました。

それでもキレイな川沿いにあるので夏に来たら穴場っぽく遊べて良さそうですよ。

P5210146_convert_20180521150247.jpg

その山浦川の下流には有名な 「慈恩の滝」が今日も豪快に流れ落ちておりました。
ここは列車 由布院の森号が通る時わざと速度を落として写真撮影タイムを取ってくれる場所。
去年の九州北部豪雨によって流されてしまった福岡-大分間の鉄橋のために、
もう1年以上も特急はこの場所を通れていないのですが、その鉄橋も間もなく完成!
この夏には再び全線開通となるそうです!

またこの滝を見ながら歓声が上がる車窓を思い浮かべると、
ただただ嬉しい限りですね。

P5210153_convert_20180521150302.jpg

そのまま車は日田の街へと走り、
智美は4度目の挑戦にてついに!ついに!
カフェ 琴音庵へと来ることができました。

過去3回はいずれも閉店や売り切れと実にタイミングが悪かったのですが、
念願かなってやっと店内へと足を踏み入れます。
(ちなみに僕は過去7回挑戦して3回食べれた)

この店に来たら注文するものはただ一つ。
かき氷です。
ここのかき氷本気で美味いです。
もはや完璧なるスィーツの域にまで昇華させられた一品!

全6種類の中で今日までで5種類を食べました。
今日僕が頼んだのは「きな粉と和三盆のかき氷」
まさに和の極み!

じんわりと暑い日田で身体の芯までその食感と甘味を堪能しましたよ。
奥さんも1番人気の「レアチーズかき氷」に大感激。

またこれで今週もガンガン頑張れそうです。
挫けそうになったら・・・、
また来ような。

湯布院カントリーロードユースホステル  

湯平温泉祭り 2018

P5200094_convert_20180520185831.jpg

大分の隠れ家的な大人の温泉地 湯平温泉。
山奥の川沿いにひっそりと佇む石畳の素敵な場所です。

普段は静かなこの温泉地が年に一度大いににぎわう日。
それが本日 湯平温泉祭り の日なのです!

朝から晩まで様々な催しが行われるのですが、
僕達は11時30分からの「子供すもう大会」から参加です!

湯布院周辺の子供達が集まり腕自慢を競う場なのですが、
毎年出場の息子に加えて今年からは末娘もついに参戦!

いつもは端の方で密かに観戦している僕ですが、
今年は地区長という役職があるためチームの横に堂々と座って特等席で見れました。

P5200096_convert_20180520185817.jpg

まず行われた団体戦。
初戦を5戦全敗で終えた我がへっぽこチームですが、
組み合わせの妙のおかげで2戦目がなんと3位決定戦に。

先鋒という大切な役割を任せられた末娘ですが、
人と争うということをしたことがないので、
まったく勝負にならずこの日は3戦全敗でした。

いいんだよ、勝てなくても。
女の子は愛嬌があればいいんだから。

しかしこの3位決定戦が意外にも他の低中学年が踏ん張り勝負は2勝2敗で大将戦に!
ここでついに大将 ゐなせが登場!

お前、ここは見せ場だぞ。
ひょろひょろの息子は走る系は得意なのですが、
相撲などの力系はかなり苦手で、毎年いい所を見せらずに散っておりました・・・。

そんな6年生の彼に巡ってきた最後の大チャンス!
この大一番に相手に押されようと引かれようと粘りに粘り、
そしてついに奇跡の逆転勝利を飾る!

これには燃えましたね。
我がチームは見事 第3位という栄誉を手にすることができました!

ちなみに個人戦は息子も娘も瞬殺の一回戦敗退でしたので、
ご報告することは何一つないです・・・。

32936115_2029686107043105_3037411321386631168_n_convert_20180520185737.jpg

続いての出場は僕の 地獄の駕籠かきレースです。
この湯平名物でもある急な上り坂を駕籠に人を載せて駆け上がり、
そのタイムを競うという超過酷なレースです。

しかしもう3連覇を果たしている我がチーム。
今年も楽勝だろうと楽観していたらなんとルールが変わっていた!

今年からはステージでのパフォーマンスも得点に入るというのです。
そんなわけで急遽作り上げた 「にゃんこスター」ネタでの勝負。
しかししゃべりまくる男の子役の僕がその話を聞いたのが2日前。
そして実際に走る他の男性陣が踊りを習ったのが2時間前。

はたしてこのインスタントショーがどうでるのか・・・?
なんとか踊り終えはしたのですが、結果はこの後のレースと合わせての最終発表となります。

32948272_2029686060376443_3097656492640174080_n_convert_20180520185758.jpg

パフォーマンスでは後れをとったものの、
本業の駆け上がりではまだまだ負けないぜ!

6人一組で駕籠を持って走るというのが基本ルールですが、
結局5人しか集まらなかったにもかかわらず我がチームは今年もレース部門では堂々の1位!

しかしあまり大きな声では言えないのですが・・・。
一応参加チームは計3チームだということは伝えておかないといかないでしょう。

そしてパフォーマンスとレースの結果を踏まえた最終結果の発表です。
ドキドキする中読み上げられる順位。

「第3位は・・・、湯布院チャレンジクラブです(うちのちーむ)」
がーーーん。
さっそく知らされる最下位のアナウンス。

そうかー。
レースで一位だったのにダメだったんだな~。
と思っていたのですが最後の最後にこの得点の内訳を聞いてびっくり!

パフォーマンス部門の得点  25点満点。
レース部門の得点        3点満点。

3点・・・。
なんですか?この差は??
しかもレース部門は 1位は 3P 2位は 2P 3位は 1P 自動的に入るそうです。

これもはやタイトルの「地獄の駕籠かきレース」っていらないじゃないですか!
「地獄の仮装大会」に変更してくださーい。

もはや体力だけでは生き抜けない時代が来てしまったのですね。
来年からは全く別のジャンルからの助っ人を呼ぶしかないようです。

P5200137_convert_20180520185918.jpg

そして最後は由布院の誇る 「源流太鼓グループ」による太鼓演奏です。

この会場はとても小さいのですが見学席からステージがとても近いので、
目の前でど迫力の太鼓演奏が見る事ができます。

それにしても息子達の子供グループの
「今年日本一になった!」
という肩書はとても司会者助けのフレーズらしく、
演奏前には何度も何度も連呼されておりました。

子供達2チームと大人チームの演奏を心ゆくまで堪能し、
これで僕たちの今年の温泉祭りは終了です。

谷間に吹き込む風にすっかりと身体の芯から冷やされてしまいました。
本当はもうちょっと長居して夜の提灯が点灯する幻想的な温泉街を見ていきたかったのですが、
また来年ですね。

今年も一日中熱く盛り上がった温泉祭り。
会場を準備してくれた皆様と温泉に感謝感謝です!
ありがとうございました~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫