耶馬溪サイクリングロードを駆ける!

PB190187_convert_20171119203329.jpg

一気に気温が下がった本日。
ここ湯布院でも朝に記録した1℃から太陽が照りだした後もほとんど気温が上がらない!
更に強烈に吹き付ける北風で体感はそれ以上の寒さです。

それでも「晴れている」というお天気の良い面だけを直視することとし、
今日も満室で大いに荒れた館内の掃除を全て放棄して、
チェックアウトの10時から速攻でみんなでお出かけだ~。

目指したのは大分の誇る紅葉の名所 耶馬溪 です。
まずは 「洞門パティオ」というレストランでランチタイム。
ここのビュッフェは野菜がたっぷりで好きなんですよね。
でも結局食べ過ぎてしまうのでそのヘルシー感はなんの意味もなさないのですが・・・。

PB190202_convert_20171119203355.jpg

はちきれんばかり食べた後はサイクリングターミナルで自転車をレンタルしてメープルロードを走ります。
今回のメンバーはスイス人・イギリス人・日本人のお手伝い3人衆と僕と奥さん。
自転車組は4名。
奥さんは毎度の様にさっさと一人どっか遠くへ走りに出かけました。

PB190195_convert_20171119203419.jpg

このサイクリングロード アップダウンもなくとても整備された道をゆったりと走れるはずなのですが、
3年前にここ耶馬渓を襲った大洪水の影響でこの周辺の道路は壊滅的な被害を受けました。
その修復は全く終わっておらず、
このサイクリングロードも途中で途切れ途切れで続いている状態なのです。

それでもなお、ここは来る価値ありです!
借りれる自転車の種類も実に多彩で金額も時間無制限で500円。
そして走るコースも豊かな自然溢れる川沿いに設置されとにかく気持ちいい!
また大分のとてつもなくおススメできるスポットがひとつできました。

そして4人で12km程漕いで辿り着いたのが、

PB190206_convert_20171119203432.jpg

ここ山国が誇る秋の大イベント 「かかしワールド」 です。
この日人里離れた集落の中に、
恐らく住民よりも多いのではないかと思われるかかし群が忽然と現れるのです。

もう11回目を迎えるこのイベント。
確実に毎年パワーアップしています。
今年も本物と見間違えるほどのハイクォリティーな人形たちが実に楽しそうに迎えてくれました。

PB190208_convert_20171119203504.jpg

毎年その世相と表したかかし達が面白おかしく待ち構えています。
ではその一部を見てみましょう。

これはあのとても有名になった卓球少年とチビッ子の時から有名だった卓球少女でしょうね。

PB190207_convert_20171119203449.jpg

そしてこれは・・・、
もちろんあの3人組でしょう。

服もわざわざ買ってきて揃えたんでしょうか。
あぁ涙ぐましいそのサービス精神。

PB190209_convert_20171119203517.jpg

これはあの裸芸人じゃないですか。
しかしクォリティー高すぎて横から絶対に見せてはいけないものがちらっと見えてますね。
このかかしは既に本物越えてます。

今年も沢山の人形たちを満喫できたかかしワールド。
何と開催は今週の木曜日まで。
あと4日しかないっ!
なんとかお時間取れる方はぜひ行ってみて下さーい。

そしてこのまま「あ~楽しかった」では終われないのが僕たちの宿命なのか・・・。
日が暮れだし返却時間が近づく中必死に自転車を漕ぐ僕の前輪から聞こえる怪しい異音。
「シューーーーーー」
抜けてますな、何かが・・・。
いや、確実に空気が・・・。
みるみる歪んでいくタイヤはものの1分ほどでぺっちゃんこになっちゃいました。

しかしそれでも帰るしか方法はないのです。
なんとか後輪に体重の預けながら誤魔化しながら漕ぎ続ける。
空気のないタイヤってこんなにお尻が痛いんですね・・・。

無事にサイクリングセンターに帰り着いたのは閉店15分前。
良かった良かった、8kmは空気無しで走りましたよ。
なんでもやりゃーできるんですね。

一安心しながら後は帰りの途中で走っている奥さんを拾うだけだと携帯を開いてみると、
そこには我が目を疑うメッセージが・・・。
「道に迷った。電波がない。電池もない。」

あれだけ前日に道のレクチャーをしてやったのに・・・。
もう徐々に暮れだす空。
どうするんだ・・・?あいつ・・・?

電話もまったく繋がらないのでその辺の山道をクルクル走り回るも会えるわけもなし。
さーどうしようかと途方に暮れる5時30分。
なんと奥さんから電話あり。

なんと彼女は人生初のヒッチハイクを成功させ途中の道の駅まで送ってもらい、
さらにその人に電話を借りてかけてきたそうです。

中々やるな~、見直した!

そしてその後無事に彼女を拾い上げ今日というお休みは終~了~で~す。
しかし僕も奥さんも走った以上に心が疲れた1日でした。
そして帰ってきた僕達を温かく待っているのは掃除されていない荒れた館内。

この「日曜先遊びの法則」やはりリスクがデカすぎるか・・・?

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

大入島へ向かう

PB120144_convert_20171112202509.jpg

子供達と少しでも休みを一緒に過ごすために、
我が家では日曜日を基本的にお休みにさせてもらっています。

毎日曜日は掃除終了後の午後から自由時間となりどっかに遊びに行くのですが、
最近またとんでもないことを発見してしまったのです・・・。

掃除をやらなければ、2時間程時間が浮く。

当たり前と言えばそれまでなのですが、
この大技を繰り出せばこの貴重な日曜日の2時間が有効活用できるのです!
素晴らしい考えだ!

最近この奇跡の法則を発見して以降は掃除を放棄して速攻で遊びに行っています。
今日もこんな晴れ渡る天気の中掃除なんてやってられるかっ!

そして朝の10時過ぎ。
お客様が全員チェックアウトすると同時に我が家も急いでお出かけだ。
今回目指すは大分県南部の佐伯にある 大入島(おおにゅうしま)へと向かいました。

ただしここへと向かうフェリー乗り場を見つけ出すのは中々の至難でした。
いろんな会社の船の発着場が多すぎて現場複雑すぎ・・・。

PB120149_convert_20171112201930.jpg

なんとか見つけ出した船に乗り込み揺られる事15分。
大入島に到着です。

今回は僕と奥さんと末娘と母とお手伝いのスイス人と何故か常連のお客様1名の計 6名で入島。
もう残念ながら上の子供達2名は自分たちの用事が忙しすぎて週末は一緒に遊んでくれません。

この島は人口約850人。
「おおにゅうじま」 と呼ぶのですが 「おおいりじま」 とも読めるので縁起のいい島だとも言われています。
ただし日曜日だというのに本日観光客は1名もいませんでした。
数人の釣り人がいるのみ。

まずは島に1軒だけある 食彩館 という観光施設でランチを食べます。
日曜日なのに恐らく今日のお客は僕達のみ。
一体どうやって生計を立てているのか逆に教えてほしいくらいでした。

PB120150_convert_20171112201945.jpg

隣りにはカンガルー広場という公園があり、
この通り可愛らしいブロンズのカンガルーがいつでも穏やかな佇まいで座り込んでいます。

この佐伯はオーストラリアのある町と姉妹都市になっていて、
そこのアーティストさんが作って送ってくれたらしいです。

PB120153_convert_20171112201958.jpg

食後にはみんなで自転車に乗って島をぐるっと周ります。
1周は約17km。
アップダウンもほとんどなく車も走ってないのでサイクリングにはもってこいですね。
ちなみに自転車で行くのはこの5人。

奥さんは一人走っていきました。
鉄人やな・・・。

PB120157_convert_20171112205027.jpg

途中の海辺でまったりとカフェタイム。
島を実際に周ってみるとえらいことが判明してきました。

店が・・・。
まったくないのです。
小さい商店らしきものは1つあったのですが日曜日だからなのか閉まってました。
つまりカフェどころか何か食べ物を買う事も一切できないのです。
なので途中に数か所設置された自動販売機のみが唯一の飲み物調達手段です。

それでもこの空と海さえあれば、
缶コーヒーだけでも最高の青空喫茶店となるんですけどね~。

相変わらず乗り物の揺れに弱い末娘は僕の自転車の後ろに乗って走り出した直後から、
気持ちよさそうにウトウトしだし途中からは本気の爆睡モードに突入中。

PB120166_convert_20171112202059.jpg

今日は途中でまたえらい物を見ましたよ。

潜水艦です!
この平和な佐伯の湾の中に2隻も泊まっていました。

船上には遠く人影や国旗も見えましたが潜水艦ってこんなとこに普通にいるんですね。

PB120175_convert_20171112202137.jpg

そして約2時間くらいでぐるっと1周島を回り元の食彩館に戻ってくるとなんとっ!
僕達とは逆回りで走っていた奥さんが先にゴールしてました。
マジで鉄人かっ!

そしてゆっくり日が沈みゆく中大入島をさ~よ~なら~。
最近僕の中ですっかりブームの島めぐり。

島に行くと例えそれがちょっとの時間でも何か特別なことをしたような気分になり、
一日がぐっと贅沢になるんですよね。

ただし島に行くときは天気が良いのが絶対条件です。
自然と遊ぶしか道がないので雨だったり超寒い時は、
逆に島滞在が苦痛以外の何者でもなくなってしまう可能性大だからです。

地図をじっくりと眺めると九州の周りのも小さいヤツも含めるとまだまだ島あるんですよ。
こりゃーかなりこれからも楽しませて貰えそうですね!

とりあえず今回の訪島が我がユースホステルを大入りへと導いてくれることを願っています。
この楽しかった今日1日の代償はというと・・・。
明日の朝に残された大掃除ですね。
頑張ろう・・・、トホホ。

湯布院カントリーロードユースホステル  

サラバ ホッシ~!

22550872_1336904653104669_754265109_o_convert_20171016144552.jpg

長年一緒にフットサルをやってきた ☆(ほっしー)がついに湯布院を去ることに。
新しく人が入ってきては去っていくというサイクルを繰り返すこの町で、
もうかなり長い間主力としてチームを引っ張っていってくれた彼も、
新たな世界へと旅立っていきます。

そんな彼を見送るのはやっぱり最後もフットサルでしょ!
その類まれなサッカーセンスと誰とでも打ち解ける性格ゆえに、
いろんなチームに係わってきた☆を慕って昨夜も沢山のフットサラーが集まってくれました。

最近は旅立ちの準備で中々一緒にプレーできなかった彼とも、
この夜はみんな2時間みっちりと最後の時間を堪能しました。

22560935_1336904659771335_1785338059_o_convert_20171016144603.jpg

ほぼ休みなく1時間半行われたフットサルでみんなフラフラ。
でも最後の最後まで股を抜きに来る☆のプレーは憎らしいが上手い。

最後にメッセージ入りのボールを手渡して終了。
この日みんなが来ているこのTシャツはこの夜の為だけに作られた、
オリジナルお別れTシャツなんですよ!
果たして今後の使い道は・・・。

この夜の大会の召集及びTシャツの作製・そしてジュースの差し入れまでしてくれた
SへいAきちゃん夫婦にも大いなる感謝です!

22523752_1336904646438003_2042807391_n_convert_20171016144538.jpg

生まれ育った鹿児島に帰るという☆ですが、
湯布院 ⇔ 鹿児島 って車で4時間くらいっしょ。
いつでも戻って来れるね。

この抱かれている逞しい赤ちゃんは彼の隠し子の可能性もあるそうです・・・。
また新しい世界でも良い挑戦とフットサルを続けていってくれよ!

今まで本当に有難う!
(フットサルメンバー一同より)

湯布院カントリーロードユースホステル  

お気に入り追加

B612_20171013_115946_convert_20171014232707.jpg

何かしらの流れが来ている由布院。
絶え間なく続くお客様に感謝しながらもどこかで抜かないといけない人疲れのガス。

抜くなら昼間の一時の時間しかない!
僅かな時間に今回選んだのが湯布院から車で15分。
やまなみハイウェイ沿いから入り込んだ山の中にある 蕎麦処「ゆふそら」です。

3年くらい前にオープンしたこの店。
もちろんチェック済みだったのですが過去に2回来て2回とも閉まっていたため、
すっかりと印象が悪くなりその後は来たことがなかったのです。

B612_20171013_112624_convert_20171014232726.jpg

しかしFacebookにてある人が「すっごい良かった!」と書きこんでいるのを、
ずっと前に見たのを思い出し今回改めてチャレンジすることにしました。

細いダートを走り辿り着いたお店は・・・、
ついに開いてたっ!

周りにはほとんど何もなくポツンと建つ建物にはオシャレな車や椅子が並んでいます。
中々雰囲気はいいですね。

食べ物ってその味以外にも周りの環境によって満足度が大きく変わりますよね。
その点ではここはいきなり大きなアドバンテージがあるといえるでしょう。

B612_20171013_114444_convert_20171014232536.jpg

そしてここの売りの蕎麦のガレットを注文。
う、旨し!

更に販売しているパンを買うとオーブンで温めて出してくれるんですが、
これまた超絶旨し!

あまりパンに感動することはないんですがここのパンは心底美味しかったです。
思わずお持ち帰り用も買ってしまう位に。
料理が出てくるタイミングもとても早く、
いつも時間に追われている僕達にもぴったり。

B612_20171013_113226_convert_20171014232917.jpg

でもここの一番の売りはこの由布岳と由布院を一望できるこの眺望なんですよね。
いつもとは違う角度で山を眺める。

気に入ってしまいました。
相当良かったです。
来るのが遅すぎた・・・、と今まで来なかった過去を悔や程に。

ガレットもパンもサクサクです。
ここは間違いなく僕たちの通うであろうお店リストに記入され、
自信を持ってお奨めできます。

今度は蕎麦も試さねば。

蕎麦喫茶 「ゆふそら」
ぜひ行ってみて下さ~い!

湯布院カントリーロードユースホステル  

ようやく 深島へ 

PA090150_convert_20171009213453.jpg

先週我が愛しの末娘と共にバイクでやってくるはずだった大分の最南端に位置する深島。
しかしずっこーんと崩れたお天気にために泣く泣く断念したのです。

そして1週間が経過した本日。
恐ろしいまでに晴れ渡る空。
しかも気温も30度まで上がるとか・・・。

息子の用事があったのですが急遽それが無くなり、
いてもたってもいられない我が一族は満室だった前夜の掃除を全て放棄して、
朝10時のチェックアウトが終わったと同時に南に向けて車で全力運転!

なんとか12時蒲江発のフェリーに乗り込むことに成功しました。
この島に向かうのは1日3便 定員30名のこの後ろの小さい船です。
さすが連休最終日という事もあり20名ほどが乗り込んでいました。

PA090161_convert_20171009213604.jpg

そして穏やかな豊後水道を走る事30分。
いよいよ深島に上陸です!

まず一番最初に飛び込んでくるのはその海の透明度です。
ものすっげー澄んでるんですけど・・・。

下に広がってるのはサンゴ礁か?
そして上から見ても青色や黄色の明らかに熱帯系の魚がウジョウジョ。
なんだ??
ここはどっかのリゾートか??と錯覚するほどの南国っぷりです。

PA090153_convert_20171009213515.jpg

到着してまず向かったのは島唯一の食事処 「深島食堂」。
完全予約制の食堂を若い夫婦が切り盛りしていました。

恐らくこの島に住む唯一の若者思われ、
食事・喫茶以外にもスキューバダイビングやシーカヤックの受付、
お土産販売からゴミ袋の配布まで観光客へのあらゆる対応をほぼすべて請け負っていました。
大変だね。

そして出てきた島の気まぐれ定食はまさに新鮮な魚で溢れた超美味な品々ばかり。
魚好きの僕は大感動です!
これを1000円では本土では絶対に食べられないですよ。
必ず予約して行ってください!

PA090165_convert_20171009213657.jpg

そしてこの深島の別名が 「ネコ島」
人口がわずか18人!というこの島に住むネコの数なんと 100匹!

完全にネコに占拠されてる島なんです。
猿の惑星状態ですね。

通りを歩くと何かを期待するネコちゃん達がもう右から左から横からたまに上から、
どんどん集まってきます。

PA090185_convert_20171009213624.jpg

子供達もこの小さな甘えっ子たちにすっかり夢中です。
時を忘れてただただぼんやりとじゃれ合う。
いつもの後ろからずっとせかし続けるのとは明らかに一線を画する時の流れ。
これこそ島時間ですね。

PA090215_convert_20171009213911.jpg

10月とは思えない程上昇した気温。
そして青く澄みきった海。

このシチュエーションでは泳ぐしかないっしょ!
さっそくさきほどの深島食堂でシーカヤックを借り海に漕ぎ出してみました。

海水温は驚くほどに温かいです。
夏だ・・・。
キセキの夏が帰ってきたっ!

PA090198_convert_20171009213834.jpg

波もない鏡の様な海面をスイスイとカヤックが走る。
海底を泳ぐ魚もはっきりと見えます。
当初はまったく進むことができなかった奥さん息子ペアのカヤックも、
そのうちスムーズに波を切って走っていました。
風が気持ちいーね!

漕いで泳いではしゃいで。
1時間ほど存分に海を堪能しました。

そして夕方4時30分の最終便の船が再び現れたところでこの4時間の島滞在は終了です。

とても小さな島なので本当にやれることは、
① 釣りをする(この目的で来ている人が大半でした)
② ひたすらネコと戯れる
③ 深島食堂でまったりする
④ 島内のジャングルの様な道を歩き回る
⑤ マリンスポーツ(シーカヤックかシュノーケリング)

これだけです。
でも4時間という時間を考えると本当にちょうどいいんですよね。
ただし晴れ限定の島とも言えるでしょう。
雨の日に来てしまうと4時間無情の時を過ごさないといけないと思われるので。
蒲江港から30分という近さも魅力です。

また発見した大分の穴場。
もう一つ近くに屋形島というのもあるんです。
こっちは蒲江から船でわずか10分。
こっちも、また行ってみたいな。

海好きの皆さんぜひチェックして下さい!

[広告] VPS


最後に港からの僕のダイブシーンでお別れです。

ありがとう、夏の名残よ!

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫