アートに触れた夏の終わり

P8280573_convert_20170830210236.jpg

いよいよ夏の終焉カウントダウンが響き始めた8月ラストの週末。
さすがに勉強に打ち込む長女と奥さんを残し、
僕達(+ゐなせ・わをん・母)は颯爽と海を渡るのでした。

目指すのはお隣の四国へ。
最後の最後の2017年夏を満喫させようと太陽も両手を広げて輝いています。
この日はひたすら走続け高松の伯父さんの家に無事到着。

P8280563_convert_20170830210321.jpg

2日目は朝一からお墓詣りです。
3年前に亡くなったじーちゃん・ばーちゃんのお墓にやっと来ることができました。
街を見下ろす山の麓の静かな場所でした。
ここならゆっくりとできそうだね。

P8280594_convert_20170830210519.jpg

いよいよここからはお出かけモードに突入。
まずは瀬戸内海の小さい島の一つ。
「犬島」にやってきました。

ここにはかつてあった銅の製錬所跡がそのまま美術館になっているのです。
その荒れ果てたレンガ作りの建物が孤高に天に建ち並ぶ様はまさにラピュタの世界。

味がある・・・。
犬島のアート関係施設全て込みで2000円という破格の値段ですが、
本当にその価値ありです。

P8280606_convert_20170830210449.jpg

小さな集落の至る所に作品が置かれています。
それもちょっとしたものではなく、
一つ一つがとても精巧に作られた大作ばかり。

それが島のひなびた雰囲気にアンマッチしてまた際立つのです。
このカラフルな花のガーデン。
いい・・・。
本当にいいぞ・・・。

P8280608_convert_20170830210620.jpg

犬島らしい犬アート。
見て下さいよ、このでっかさっ!

絶対に泥棒は来ませんね、この家には。

P8280613_convert_20170830210535.jpg

道路にも不思議な塗料でファンタジックな絵が描かれています。
センスがいいんですよね。

滞在時間3時間でしたが心から堪能できた犬島。
ここは超お勧めです。

P8280649_convert_20170830210556.jpg

夜は直島に戻り海辺の民宿で泊。
夜は誰もいない浜で花火をした後は夜水浴です。

手で波をはじくとキラキラと輝く夜光虫がとってもキレイ。
例えクラゲに刺されようとも諦めない強い気持ちで泳ぎ切った3人。

今年最後の海水浴かな~?

P8280577_convert_20170830210349.jpg

3日目はアートの拠点とも言える直島観光。
港にドーンと居座るこの赤いカボチャはもうシンボルマークですよね。

驚いたのは観光客の大半が欧米人だという事。
アジア人が大半の由布院とは全然客層が違います。

欧米人はあまり温泉とかには興味がないのかな?
しかし残念ながら島全体がまだまだ外国人を受け入れる体制が整い無さ過ぎでしたねー。

P8280587_convert_20170830210427.jpg

街中にいる可愛いカエルちゃん。
漁で使う浮きの壊れたものを加工して作っています。

その名も 「浮き玉カエル」
アイデア賞ですよー。
これ欲しい~。

P8290662_convert_20170830210722.jpg

この島では港でさえ普通の形をしていません。
このブドウの様なオブジェの中に船の発着場があります。
オシャレですね。

P8290655_convert_20170830210642.jpg

山の中にあるゴミ箱です。
しかしながらデカすぎてゴミを入れることはできません。

この日は自転車を借りて島を回ったのですが、
ぐるっと回るだけで約2時間。
その途中に所狭しと見どころがあるのでとても忙しいです。

ただ島特有の性格なのか・・・?
島民の方に笑顔と愛想が全くなかったのがちょっと気になるところでしたが。

P8290669_convert_20170830210739.jpg

しっかりと汗をかいた後は島内の銭湯で汗を流す。
「I ❤ 湯」というこの銭湯ももちろんアートの一部です。

入り口はもちろん中もこれでもかっ!という位に飾り付けられています。
心も体もさっぱりです。
なんて楽しい島なんだ。

今回は行けなかったのですが隣の豊島も見どころ満載そうでした。
またも一回来るしかないな。
幸いじじばばに会いに来るという大義名分があるのでここにはいつでも来れます。
また必ず来るぜ。

このまま再び西に向かい車で走り続け夜の23時に何とか由布院に到着。
子供達は翌日の始業式に備えて爆睡です。

いよいよ終わってしまった夏休み。
またこれから普段の日々が始まります。

皆さん早くいつものリズムを取り戻しましょうね。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

夏休み お休みプチ旅行

P7310431_convert_20170802164339.jpg

当ユースホステルの夏の目玉企画 24時間サバイバルキャンプが無事に終了。
参加者を駅に送り届けユースホステルに帰ってきたのが午後2時です。

そこからキャンプの片づけ・館内掃除・メールの処理・洗濯・チビどもをお風呂に入れると、
もう時間は既に夕方の4時過ぎ。

しかしながら実はまだこの日と翌日はユースホステルのお休みなのです。
奥さんは1日前に関西へと一人で遊びに行っており、
長女は婆の家に泊まりに行っています。

つまりここにいるのはキャンプで疲れ果てた息子と元気が有り余った末娘と僕。
気が付くと外は雷を伴う豪雨になってきました。
さー今からどうしようか・・・。

このままゆっくりと休むなんてことは絶対にありえない。
行くぜ・・・、お出かけへ。

軽自動車に布団を詰め込み3人でとにかく出発だっ!
この時間と天候で遊べる場所はかなり限られてる。
向かったのは大分の屋内遊戯施設 「スポッチャ」

ここで3時間パックで遊びまくれ~。

P8010435_convert_20170802164354.jpg

結局夜の9時前まで遊び倒し、
そのまま阿蘇の近くで車キャンプ。

サバイバルキャンプで泥の様に疲れ果てた父と息子と一緒につられた末娘は即爆睡!
しかしごく普通に終わらないのが我が家の流儀です。

明るくなったらそれが活動開始の合図だ。
起きよ、皆の者。
朝の5時半から起床です!
そしてまだ薄明りの空の中、
買っていた僕の大好きな映画 「君の名は」 のDVD試写会を早朝の車内で決行です。
朝から3人でがっつりと泣きました!

前日の雨が嘘のようにこの日は紺碧の晴れ。
まずは阿蘇をドライブ~。

P8010442_convert_20170802164423.jpg

続いて阿蘇ファームランドの アスレチック 遊びの森へ。
あれっ??
入場料金上がってないか??
1300円という値段に戸惑いながらも入場。

するともともとかなり遊び応えのあったこの施設が強力にパワーアップしていた!
かなり遊び場増えてるじゃないですか!

グングンと上昇する気温の中で3人でもちろん全種目クリアー。
汗と熱気で顔はみんな真っ赤。
ちょっと危険な香りがするくらいに熱中しました。

P8010445_convert_20170802164440.jpg

このヤバい体温は強制的に下げるしかない!

続いて菊池渓谷近くの川で遊泳。
ここは潰れてしまったホテルの裏にあるよう穴場の泳ぎ場所です。
だれもいないぜ。

しかしさすがは山から流れてくる清流だ。
このうだるような暑さの中でも信じられない位に冷たい。
入るのに相当勇気がいりますよ。

最後は若干震えがくるくらいまで身体を冷やし切り、さー出発。

P8010448_convert_20170802164459.jpg

身体を動かしまくった後は学ぼう!
山鹿にある漫画喫茶の一室で息子と娘は夏休みの宿題中。
もちろん父も漫画を通じて世の中の様々なことを勉強中。

いやー極楽極楽。

P8010449_convert_20170802164530.jpg

ようやく長い一日が終わろうとする夕暮れ時。
久留米にて関西から飛行機で帰ってきた奥さんと合流。
久々の再会に子供達も嬉しそうです。

遊びまくった喜びが表情からにじみ出ている彼女と夕食をし、
この日は奥さんの実家にお泊り。

久々に泊まりに来ました。
しかしもう疲れピークをすっ飛ばした僕は10時過ぎにはもう倒れるように御就寝です。
おやすみなさーい。

P8020450_convert_20170802164707.jpg

翌日は朝からまたたくさんの農作物を頂き一路湯布院へ。
婆宅でくつろぐ長女を回収しようやく家族5人で集結。

最後はみんなで由布院の市内の川で軽く泳いでこのプチ旅行は終了です。
いよいよ本格的に夏休みがはじまりますよ。

しかしなんか由布院若干涼しいんですけど・・・。
まるで秋を感じさせるような風が吹いています。
やめてくれ・・・。
俺の夏を奪うのはやめてくれ~!!
まだ8月は始まったばかりじゃないかっ!

夏の終わりを感じる度に身を引き裂かれるような思いに苛まされる僕です。

湯布院カントリーロードユースホステル  

夏のお休み おまけ

P7220002_convert_20170726162004.jpg

ゐなせ 旅立ちの朝。

大分の東部にある大在港から出港する船でいく 沖縄の旅。
大分県が主催する「少年の船」というプログラムです。

かなりの倍率を勝ち抜いた彼は、
その価値もよく分からぬまま出発です。

しかしこの大在港に集合朝の6時30分ってかなり無理ないか?
僕はこの日4時半に起きて朝食の仕込みをして、
その後のすべてを奥さん1人に任せてここに来てます。

それにしても立派な船ですね。
パシフィックビーナス。
この豪華客船に乗って4泊5日で旅するんですって。
聞いただけでワクワクしますね。

では行って来い!息子よ。

P7260105_convert_20170726162415.jpg

そしてあちゅーまにお迎えの日。
真っ黒に焼けた息子は誰よりもけだるそうに帰ってきました。

開口一番言ったセリフが「オレもーいかんからね」

確かに毎年行く沖縄に行ってもそれほど感動はないか・・・。
なにより縛られるのが大嫌いな彼にとって、
全く自由がないスケジュール通りの行動っていうのが我慢ならなかったようです。

やばいなー。
こいつには僕とおんなじ血が流れてますねー。

僕も人に決まられたことを人と一緒に動くってのが大の苦手だったのです。
いや、苦手というか嫌悪していたと言った方が・・・。
こりゃこいつも将来は自分で好きなように働ける自営業しかなさそうですね。

ココを継いで欲しいとは思っていません。
自分のしたいことを自分の力で見つけていってくれ。

夏のお休み最終日は息子を拾って終了です。
こんなやつですが久々に会うと可愛いのです。

でも夏休みはまだまだ続く。
目一杯勝手に遊んでくれよ!

湯布院カントリーロードユースホステル  

夏のお休み 第2日目

P7250070_convert_20170726162229.jpg

7月25日(火)

朝から勉強モードの娘をその辺の喫茶店に降ろし、
僕達は2人で海沿いをジョギングすることにしました。

えーえー、そーなんです。
お休みだからって身体を休めようって気はさらさらありません。
時間があるなら・・・、
イケるとこまでイク!

今日は別府からスタートだっ!

P7250073_convert_20170726162250.jpg

思いのほか照りつける太陽に消耗していく体力。
それにしても暑いんです・・・。

途中で2人で何度もアイスに水にお茶にと休憩しまくって、
なんとか大在駅まで走り切りました。
顔も腕も真っ赤です。
夏だね~。

そうはいってもたかが走行距離は22km程度。
ちょこっと走っただけです。
大在の駅から別府までも電車で僅か480円でした。

これが僕たちが今日半日かけて走った価値ですよ。

P7250080_convert_20170726162306.jpg

この日の目的の一つがこの別府のゲストハウスに泊まる事だったのです。
もちろん敵情視察も兼ねていますよ。

ここは現在別府で人気No1 のゲストハウス 「路地裏」さんです。
最近できたばかりとあってとにかくキレイ!

どの口コミサイトでも軒並み好評価を叩き出すこの宿ですが、
特にスタッフが何かしてくれるわけではありません。
またお客さん同士の交流があるわけでもありません。

それでも人気があるのはやはり、
設備の清潔さ・駅から近い立地・安い宿泊価格・必要なものが全て揃う館内設備
などが理由でしょう。

特に何か変わったことをしなくてもお客様が望むものを全て準備してさえいれば、
それで十分にお客様は満足してくれるんですね。

とても勉強になりました。
もちろん僕には僕のやり方があるのですがぜひいいところはどんどん取り入れていきたいです。

P7250082_convert_20170726162324.jpg

その後せっかく別府に泊まるので、
今まで行ったことのない「グローバルタワー」に行ってみました。
別府にそびえるちょっと変わった形のあのタワーです。

とても目立つのですがあんまリ登った人はいないんじゃないですか?
初めて訪れた僕にはまず飛び切りの幸運が待っていました。
なんと誕生日前後3日の人は無料で登れるのです!

受付のお姉さんに祝福されながらエレベーターで一気に上空へ。
この天空の展望台。
良かったです・・・。

静かに暮れゆく別府の町を一望。
素晴らしい眺めです。
もちろん貸切。

入場料 300円ですがここはぜひ行く価値ありですね!
また一つおススメスポットが増えました。
大分県ほんとすごいね。

P7250092_convert_20170726162338.jpg

そして最後は3人で居酒屋で好きなように飲んで食べて別府の夜を満喫!
しきゑもちょっと垣間見た大人の世界に楽しそうでした。

静かにのんびりと過ごすなら由布院がいいですが、
夜で歩くならやっぱり別府ですね。

また新たな発見に満ちた今回のお休み。
心リセットして夏休みを迎えますよ~。

ただし。
来週もう一回夏休みがあるんですよねー。
おほほほほ~!!!

湯布院カントリーロードユースホステル  

夏のお休み 第1日目

P7240019_convert_20170726162036.jpg

7月24日(月)

夏のお休みを頂きました。
長男は2日前に「少年の船」というプログラムで沖縄に出かけました。
末娘はこれまた2日前にお婆ちゃん達に連れられてシンガポールに出かけました。

残されたのは僕と奥さんと長女のアダルトトリオ。
これは今までにない新しい世界がみれるんじゃないか?
今回は騒がしいちびっ子抜きの大人のキャンプに出かけたいと思います。

といっても長女は塾で夏期講習の最中なので、
僕と奥さんだけで先に海へ。

僕は一人で誰もいない無限に広がる海を満喫中。
この静寂の時が好きなんです。
何も聞こえない海の中で無重量に浮いてるのが好きなんです。

ただしこの幸せも1時間が限度。
僕のこの少ない皮下脂肪ではこの海の冷たさからまったく身を守ってくれない!
刻一刻と冷えゆく体温を感じながら泳ぐ僕なのです。

P7240007_convert_20170726162052.jpg

そ一方の頃奥さんは海風に吹かれながら幸せそうにお休み中。
どうですか?
簡易ながらこの完全防御体制の素敵空間。

いつも平均睡眠時間大体5時間くらいの彼女。
少しずつ溜っていく睡眠不足をドライブ中やこんな時に一気に消化してしまいます。
この日も写真撮影後瞬殺であっちの世界へ。

おやすみ~zzzz。
(ところで z を寝てるマークって決めたの誰なんでしょう?)

P7240036_convert_20170726162109.jpg

泳ぎ終え震える僕と寝起きでボーっとする奥さんと2人で
国東にある 「海辺と珈琲 ことり」へ。

海の家を改装した風がすーと吹き抜ける海辺のカフェです。
雑貨も可愛く珈琲も美味しい!

しかしここまで湯布院から約1時間半。
ちょっと遠いっすね。
なかなかおススメできない。

P7240040_convert_20170726162126.jpg

そして奥さんが別府で勉強中の娘を迎えに行っている間に、
僕は本日の寝床を作成!

今夜は波の音を聞きながら眠ろうか。
ちゃんと満潮時の波の位置も考えてますよ~。

誰もいない浜でとにかくボーっとする。
何もせず何も考えずとにかくほやける。

毎年夏が来るたびに思うんです。
この瞬間の為に生きてるんだって。
ここ本当にいいとこだなぁ~。

P7240062_convert_20170726162153.jpg

買い込んだお菓子とアルコールでジャンクに更けていく夜。
皆好き勝手に音楽を聞いたり浜に寝転んだり飲んだり食べたりしゃべったり。

冷たい波間に足を浸けるとキラキラと光る夜光虫が。
今年もこの輝きは健在だ!

残念ながらお天気がいまいちでお星さまは拝めませんでしたが、
それでも十分すぎるほどの贅沢な時間が持てましたよ。

P7250066_convert_20170726162206.jpg

夜寝ている時に突如降りだしたスコールのおかげで気温はググッと低下。
朝までとっても気持ちよく眠ることができました。

そして朝の6時には全員で起床!
さー実はもう一日お休みがあるんですよね。
へっへっへ。

今日は暑くなりそうだ。

まだまだ俺たちの夏休みは、
終わらねぇ~!!

2日目に続く

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫