ミヤマキリシマツアー 2017

DSCN4497_convert_20170528215915.jpg

今年もこの時期だけ山をピンク一色に染め上げるミヤマキリシマのシーズン到来です。
今回ユースホステルのツアーで目指したのは隣町にある玖珠の万年山。
これで「はねやま」と読みます。

有名どころの九重連山や由布岳と違い普段はほとんど人が登らない山です。
しかしここにキレイなお花畑があるんですよねー。
きっと皆そんな事ほとんど知らないっしょ。
こっそりと満開のお花を貸し切りかぁ~。

なんていう激甘の考えは山の入り口に立つ警備のおっちゃんによって木端微塵に砕かれる!

「今日は山開きの日なので街中の大駐車場にしか車停められないよ。そこからバスで来てね」

ま、まさか山開きの日と被るとは・・・。
リサーチしてなさすぎだ。
若干不安な気持ちになりながら再び玖珠の街中の川沿い大駐車場に行ってみると、
そこには我が目を疑うほどにびっしりと並んだ車が。

更にはバスを待つ大量の人の列。
なんてこった・・・。

それでもなんとか長い長い列の最後尾に並びながら話を聞いてみると、
大体バスが来るのが30分毎。
今の状況ならあと3台目まで待たないといけない。
更にはここから登山口までもバスで40分くらい。

ちょっと待って下さいよ。すると登山開始まで2時間以上かかるってことっすか??
しかもそれが往復分。

いかん。こんなことに4時間も時間をかけては絶対にいかーんっ!
今回はわざわざこのミヤマキリシマの為に福岡・熊本・兵庫・大阪・台湾からメンバー達が来てくれています。
しかしなんとか状況を説明しこの澄み渡る晴れた一日をより有効に活用するために、
あえて万年山は諦めることにしました。

後ろ髪をビンビン引かれながら駐車場を去る。
サラバ!万年山よ。

DSCN4499_convert_20170528215903.jpg

そして再び30分車を走らせて戻ってきた湯布院。
こうなったら僕のとっておきの穴場に案内してなんとか皆に満足してもらうしかない!

代替え地として選ばれたのは鶴見連山の一角を占める鞍ヶ戸の西面にあるお花畑。
出発地点は鶴見岳の西登山口です。

今回は総勢 16名の大所帯。
すでに時間は11時30分を回っています。
何にもしていないのにまずはランチからスタート!

しっかり食べてさー行くぞ!

DSCN4509_convert_20170528215938.jpg

今回目指す鞍ヶ戸というのは去年の大震災で山の東部分が完全に崩落してしまった山です。
なので今までは鶴見岳から稜線を辿って縦走できたルートが完全に崩れてしまい、
今では山の中腹を通る船底新道という道を使ってぐるっと回り込まないともうこの山の頂上には行けないのです。

しかしこの山の西側には実に見事なお花畑が広がっています。
これを目指してみんなで必死に歩くぞ!
ただし途中何カ所も上から流れ落ちてきた土石によって道は完全に防がれており、
その上を慎重に崩れないように歩いていきます。

ちなみにこのルートはまだ正式には通行可の決断は下されていません。
由布市も別府市もどうしたらいいのか判断しきれずにいるのです。
ただ当然僕は震災後もきちんとルートが通れることを3回来て確認済みなので、
皆さんどうか安心してお進みください。

DSCN4525_convert_20170528215957.jpg

そして荒れたルートを歩く事2時間。
ついに待望のお花畑に到着です!
出迎えてくれたミヤマキリシマはまさに今が満開!
ウツクシ~。

頑張った甲斐がありましたね!
小ぶりの優しい花の絨毯にみんな大満足のご様子です。

DSCN4522_convert_20170528220010.jpg

ここのいいところはミヤマキリシマとそのバックに広がるこの別府の大パノラマです。
まさに今が一番の見頃の日曜日に登っているのは我々だけ。

万年山に行けなかったのは残念ですがもし行っていてもきっとものすごい人の嵐だったでしょう。
そう考えれば今日のこのギリギリでの予定変更は大成功だったとも言えますね。
いいように考えれば。

急な変更にも嫌な顔一つせずについてきてくれた参加者の皆様。
本当にありがとうございました!
「万年山なんてだれも行かないっしょ」
なんてとんでもない失礼な考えでした。
みんな余裕で知ってるんですね。

でもこれは言っても良さそうですよ。
「鞍ヶ戸にはだれも行かないっ!マジで」

比較的標高の低い山のミヤマキリシマのピークはもう終わりそうです。
そして来週はいよいよ人気No1の九重連山のピークが来そうです。
もちろん僕は行きませんよ。
人が多いの嫌いなので。

ただまだ一回も行ってないという人は、
例えそれがどんなにとんでもない人出に巻き込まれようとも。
ぜひ一度は行ってみて下さい。特に平治岳。

あのピンクの世界は感動ものですよー!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

久住やまなみオルレコース

DSCN4316_convert_20170423224914.jpg

スコーンと晴れあがった空に、
心までも天高く飛び上っていきそうな朝。

まさにこの日に合わせて全国から集まった8名の有志による、
オルレコースへの挑戦が始まろうとしております。

九州に17コース設定されたこのトレッキングコース。
今回は九州の走りたい道栄光のNo1に輝く
「やまなみハイウェイ」
沿いに設置された魅惑の高原ルートを歩きます!

暑過ぎず寒すぎず。
程よく風も吹き湿気もない。
もう何もかもが完璧に整った舞台に立つ我ら。
さー今から渾身のステージをお見せいたしましょう!

DSCN4317_convert_20170423224930.jpg

まずはやまなみハイウェイをまたぐシーンをご覧ください。
まっすぐに伸びる爽快路の先には九重連山が威風堂々と待ち構える。
まさに絶景!
天気さえよければこのあたりに勝てる名所は九州ではちょっと考えられません。

DSCN4318_convert_20170423224947.jpg

途中の大草原ルートです。
季節がら様々な種類のお花が出迎えてくれました。
もっと花の事にも詳しくなればこんな時楽しいだろうなー。
とまったく勉強する気もないのですが、一応考えるふりをしてみる。
それだけで自分が花を愛でようとする心優しき人間になれる様な気分になれるから不思議です。

DSCN4323_convert_20170423225001.jpg

なんとも贅沢な場所でのおやつ休憩中。
目の前ではたまたまですが野焼きが行われていました。
山全体を一気に焼き上げるそのダイナミックな作業にみんなびっくりしていました。
山裾から轟轟と立ち上る煙。
遠く離れたこの場所までもパチパチと火の音が聞こえ、
風に乗って黒い燃えカスがあたり一面に飛び交っていました。

この春恒例の儀式もこの自然形態を維持していくためにはとっても大切な作業なのでしょう。
せっかくの快晴の春の日曜日を潰して活動している山のボランティアさん、
待機中の消防団さん、お疲れ様でーす!

DSCN4326_convert_20170423225017.jpg

山や草原だけじゃなく川沿いや牧場やはたまた建物の中まで歩く、
この多様性に富んだコース設定がこのオルレコースの特徴です。

時にはこんな細い堰の上も歩きます。
落ちるなよ~。

さらに今日は途中で3頭の馬にもすれ違いました。
これぞ久住コースならではの出来事ですね。

DSCN4328_convert_20170423225032.jpg

お楽しみのランチタイム。
こうやって静かに空を見てると聞こえるのは風の音とヒバリの声だけ。
あれだけ人や車の騒音で包まれていた由布院の街中から考えるととても同じ世界とは思えません。
今日が日曜日だということも忘れそうです。

こんなにも広くて素晴らしい場所もあるのに何故人はあえて狭くて小さい人が密集している場所を目指していくのか。
このアンバランスをなんとかうまく解消できればハッピーになれる人がもっと増えるはずなのですが。
日本は本当はもっと広いんだ。
みんなもっと効率よく広がって生きようぜ。

DSCN4329_convert_20170423225044.jpg

そして3時間30分で今回も無事に11kmの久住オルレコースを歩破!
登山程疲れているわけではないのですが、
何かとってもいい時間を過ごしたという満足感に満ち溢れるメンバー達。。
あー気持ち良かったなー。
まぁこれもすべてはこの超晴天のおかげなのですがね。

17ルート中僕もやっと2ルートを歩いたのみ。
これはちょっとちょっと頑張って九州中歩くしかないな。
皆さんもオルレコース近くにいかれることがありましたらぜひ、
自然と一体になれるこのトレッキングコースをご体感下さい!

[広告] VPS


そのまま一気に人で溢れる由布院に戻り、
「ゆふいん温泉祭り」に参戦!

ギリギリ末娘のダンスの発表に間に合った!
その後お湯かきレースに出場するも惨敗・・・。
次にある豪華賞品が当たるビンゴゲームでも僕は最後まで当たりはでず!
今年はどうもダメでしたねー。

最後に息子の源流太鼓を見てこの長い一日は終了です。
といってもそのあと帰ってからも館内掃除をしたんですけどね。

来週からゴールデンウィークですね。
皆さん楽しみですか?
僕達も今回はフランス人のじいちゃんとシンガポール人のカップルの3人のお手伝い体勢で、
気合十分でお待ちしています!

お気をつけてお越しくださいっ!

湯布院カントリーロードユースホステル  

4時間耐久ママチャリレース その後ちょこっと

先日行われたママチャリ4耐レースが福岡のTVに映ったそうで、
メンバーの方が親切にも送ってくれました~。

なにせ数少ない外人保有チームだったので絵的にも面白かったのでしょう。
いっぱい取材受けましたね。

もう今は亡きヤンとシサッダに感謝です!

来年は結果でも文句なしでTVに映れるように頑張りたいですね!

[広告] VPS


[広告] VPS


湯布院カントリーロードユースホステル  

4時間耐久ママチャリレース 2017

DSC_3364_convert_20170312220829.jpg

今年もこの地に戻ってきました。
大分県が誇るサーキット オートポリスで開かれる「4時間耐久ママチャリレース」に!

昨年は震災の影響で1年間レースがなかったので久々の開催。
これが影響してるのか今回は参加チームは60チーム程とかなり少なかったです。

今年の我がユースホステルチームの精鋭メンバーはこの5名。
このレース常連の2名のお客様とうちのお手伝い2名です。
この中で最も若いドイツ人ヤンは風邪ひいていて、
タイ人のシサッダは登りが苦手。
しかも参加カテゴリーは最激戦の「一般の部」。
さらに走る愛機はもう8年前に買った年に1回だけこの日に動かされるボロボロ「カントリー号」

こりゃー今回は狙うべきものは何もないな。
とにかくみんなで楽しんで走ろうよ!
プレッシャーがない分余裕綽々のスタート前のメンバー達。

[広告] VPS


いよいよスタートです。
第一走者はタイ人のシサッダ。
このレース前の会場全体を包み込むワクワク感がたまんないんですよね~。

さぁー今年も長い長い4時間の幕開けだ!

17159123_1284006905022251_2023078140341563135_o_convert_20170312215724.jpg

最初は各チームともエース級を走らせるのでここでいきなりかなり差が出ます。
我がチームは30番手程の中位をキープ。
まぁここからが勝負だよ。

このレース4時間の間に各チームがどれだけ1周 3kmちょっとのコースを回れるのかを競います。
1チームは10人以下なら何人でも参加可能でどんどん途中交代できます。
でもこのコースが恐ろしくアップダウンがあってかなりキツイ!
なのでできれば次々と交代をさせていきたいところなのですが、
交代の時にかかるタイムロスが結構あるんですよ。

なので1人が続けて走って交代ロスをなくすのか?
どんどん交代させランナーに溜る疲れを最小限に押さえるのか?

どの戦略を選ぶのかで長いレースの行方は大きく変わってくるのです。
ちなみにうちは後者のどんどん交代型です。

DSC_3309_convert_20170312220811.jpg

レース中は30分毎に順位が発表されます。
当初30位ほどだった我がチームですが毎回の事ですが徐々に順位を上げいき、
なんと半分の2時間が経過した時点で総合11位にっ!

これはスゴイ大健闘だ!
予想外の展開にテンション上がり続けるメンバー。
こうなると当然人間の欲望ってやつは膨らんでいくんですよねー。
よし、目指せ10位以内!

目標が決まると益々レースは白熱していきます。
なにせ抜くべき目の前のチームが分かるわけなのでみんなそれを目指して必死に漕ぐ!
もはや当初のお遊び気分は完全になくなり全員マジモード突入。

当然走り終わった後はこのように死に絶えます・・・。
ほんとにキツイんですよ。

そしていよいよレースは白熱の終盤戦へと突入していきます!

DSC_3351_convert_20170312221029.jpg

今までユースホステルチームでは数々のトロフィーを獲得してきました。
シニア部門では1位3回 2位 1回 3位 1回
変速機付き部門では 1位 1回。

しかし一般部門では一回もお立ち台に立ったことはありませんでした。

我がチームにはある勝利の方程式があります。
手前味噌で申し訳ないのですが僕は山も自転車も登りにはかなり自信があります。
ほぼ負けたことはありません。
他のメンバーがなんとか順位をそのままで粘ってもらい、僕の順番で一気に順位を上げる。
これでなんとか勝ってきました。

そして今回もいよいよラスト1時間を切った時点でなんと一般の部4位まで順位が上がってきたのです。
初めて見える表彰台の影。

ただ3位のチームがやっぱり速かったので当初は徐々に開いていくタイム。
それを今回他のメンバーが死ぬ気で最後走ってくれた!
なんとみんなでその差1分半まで詰めてくれたのです。

これは男なら行くしかない!!
そして託された最後のタスキ。
残り25分と言う十分すぎる時間が僕に与えられたのです。
よーしいっくぜ~!!!

錆びついたカントリー号は最初の下りではなかなかスピードに乗り切れないのですが、
後半の鬼の登りでは一気に加速!
そして1分半のビハインドのあった3位のチームを1周目の坂道で抜き去る!
いよっしゃ~!!

どのチームもラストはエースが出てくるので壮絶な競い合いになるのですが、
僕も下りで遅れるスピードを登りでなんとか補い、
後続のプレッシャーに耐えきりながらそのまま5周を連続で走り切り仲間の待つゴールへ歓喜の帰還!

レース後は足本気で痙攣してヤバかったです。

IMG_7379_convert_20170313080958.jpg

そして見事一般部で3位入賞です!
イエーイ!
後でわかったのですがラスト30分で7分あった2位との差もあと3分くらいまで縮めてたんですよね。
惜しかったな。
それでもスタート前からは考えられない望外の結果にみんな大満足でした。
ちなみに総合でも6位です。

帰りは全員少しの階段を歩くのすら厳しい状況でした。
それでも人生でここまで真剣に戦う事ってあまりないですもんね。
とても心地よい疲労感に包まれて今年の4時間耐久ママチャリレース終了でーす。

また一つ新たなトロフィーがユースホステテルの食堂に飾られるとこになりました~。

IMG_7446_convert_20170313081059.jpg

レース後は黒川温泉で疲労回復。

今回も外人の参加はほとんどなかったので、
彼らはたくさんのTV局からインタビューを受けてました。
ひょっとしたらどっかのTVに彼ら映るかもしれないですね。

また次の参戦は来年です。
このレース本当に楽しいです。
次は皆さんもご一緒にいかがですか?
ぜひぜひお待ちしていまーす!

湯布院カントリーロードユースホステル  

開所 10周年記念ドライブ

DSCN3864_convert_20170305212051.jpg

本日は記念すべき10周年を祝うドライブツアー!
のはずだったのですがなんとまったくそんなことは知らない人達ですでに早くから土曜日の予約が埋まってしまい、
なんと参加者 0人となってしまった悲しい朝。

ただ誰もいなくても絶対的にツアーは開催されます。
なにせこのツアー自体が僕がしたいことにお客さんを乗っけてるだけなので、
当然いつなんどき何があろうともやるのです!

そんなわけで今日も掃除を終わらせた後、
我が家族と父と母とタイとドイツのお手伝いを乗せた車は西へ西へと走っていきました。

まずは腹が減ったので日田にある「花の木ガルデン」という超美味しいバイキングのお店に寄ってみると、
なんとまーさーかの1時間以上待ち~!!

そうか。
ここ、こんなに人気があるんかい。

しかしもうここまで来たら引き下がれない。
そんなわけで奥さん1人を人質として現場に残し、
残りのメンバーは近くのひびきの郷に梅鑑賞へ。

これがまた8分咲位で中々良かった。

DSC_3271_convert_20170305212107.jpg

そして再び大混雑の戦場へ舞い戻り、
待つことさらに20分。

ようやく食料にありつけました。
時間は既に2時過ぎ。
待つことがこの世の中の何よりも嫌いな僕が見せつけた奇跡の忍耐力。
人間やりゃーできますね。

そしてなによりやっぱりここの料理は美味かった。

DSCN3866_convert_20170305212129.jpg

この後は大分県が誇る焼き物里。
小鹿田焼きの里へと買い出しに出かけたのですが、
この日がまさかの年に5回だけしかない窯入れの日でした。

ここの登り窯に火が入ってるの初めて見た・・・。
しかしこの一大イベントの為にほとんどの職人さんが駆り出されており、
店は閉まってるわ作品はほとんどないわと散々たる買い物タイムとなってしまいました。

結局お客さん用の食器は買えなかったのですが、
格安品で売っていた抹茶碗に大いに感動したドイツ人のヤンは4つも大人買いしてました。
ドイツまで持って帰れるのかな??

DSCN3868_convert_20170305212151.jpg

この後日田の街で開かれているお雛様祭りをギリギリの時間で見て回り、
最後に高塚地蔵尊に立ち寄りました。

ここは願いが何でも叶うという超太っ腹なお寺(と神社が混ざってるらしい)

とにかく聞き入れてほしいと願う人々の怨念のような願い紙の山が、
壁の至る所に張り付けてあります。
そんな人々の心の弱さってついつい覗き見してしまいますよねー。

今日一番心に残ったのは小さい子が書いたと思われる一途な願い。
「新しいぱぱができますように」
その願い叶うといいね。

[広告] VPS


最後は小鹿田の里を散策中の動画でお別れでーす。
この天然のパワーを利用した打木で土をこねるようで、
山の中には常にゴンゴンという乾いた音が響いています。

いよいよ来週は「4時間耐久ママチャリレース」
忙しくなるぞ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫