FC2ブログ

湯布院スィーツ 2500

PA140702_convert_20181014155124.jpg

日本中の美味しいそうなものが全て集まっているかのようなスィーツ王国 湯布院。
中心通りの湯の坪通りを歩くと右も左も美味しそうなものばかり・・・。

あれにしようか・・・?
いやこれも食べたい・・・!

そんな悩みとも今日だけはお別れです。
さぁーいってみましょう。
「湯布院 スィーツ 2500」

一人2500円づつを支払いその合計金額が全てなくなるまでひたすら食べ続けるという、
夢の様な高カロリー企画です。

このあま~い誘惑に全国から誘われてやってきた計17名のスィーツ好きのミツバチ共が、
これからこの湯布院の街中をブンブンと甘味求めて飛び回りますよ!

PA140691_convert_20181014155107.jpg

しかしさすがに今回17名全員で動き回るのは無理があるので、
3チームに分かれて出発することにしました。

まずは駅前からスタート!!
一番最初のお店で軽くソフトクリームからいかせてもらいます。

まだまだ誰もが余裕をもって完食!

PA140693_convert_20181014155254.jpg

次はドーナッツだ!
人数に対して品数が少ないのですがまだまだこれから先は長いですからね。
みんなまずは写真を撮り終えてからこちらもかる~く完食!

この後 プリン(4種類) ロールケーキ 抹茶ジェラート カヌレ ホワイトチョコソフト
を次々と平らげた辺りでさすがに口の中が甘さで飽和状態となり、
ちょっと箸休めの焼き鳥とエビ焼きを味わう。

今回は「スィーツ 2500」と謳っておきながら、
昨年の苦い記憶より途中の塩味系の買い食いもOKとさせてもらいました。

PA140704_convert_20181014155141.jpg

ちょうど開始から1時間が経ったところで全員一度集合して一度メンバーチェンジです。
また新たな面子が集まり、
気持ちも一新したところでも一回いってみよー!

と言って解散しておきながら最初に3チーム中2チームが、
こっそりと出会ってしまったのが軽く食べられるお蕎麦やさん。
やっぱり甘い物ばかりでは厳しいですなー。

えへへとお互いに愛想笑いでそばをすすりながらそそくさとお別れ。
この後我がチームはさらにどさくさに紛れて鳥天とコロッケとカリーパンを食べる。
これで一気に胃袋はデザートモードに突入。
ここから再び気合い全開だ!

PA140708_convert_20181014155231.jpg

イチゴ大福 蜂蜜ソフト (爆弾タコ焼き) 金箔ソフト と続き、
スヌーピー茶屋の抹茶わらびもちでそろそろお腹がヤバいことになってきましたな・・・。

ここで再び時計の針はちょうど一回転してしまう。
1時間が経つのは本当に早い!

そして最後のメンバーチェンジをおこない、
また新たなる顔ぶれと一緒に出発だ~。

ここで持ち金は残り約5分の1。
頑張りましたね!いよいよラストスパートです!

PA140714_convert_20181014155216.jpg

最終ラウンド一発目は大好きな喫茶店 Naya さんのタルトをいただき、
さっきの組み合わせでは食べられなかったから・・・。
と言うメンバー1名の強い要望でもう一回蕎麦を食べてそのまま川沿いをまったり散歩。

PA140720_convert_20181014155154.jpg

歩き回って消化器の働きを助けながら最後は駅前の「銀の彩」へ。
この時最後の持ち金が1,250円。
そしてここのエクレアが 一個 250円(税込)
なんと一人一個づつ買ってまさかの持ち金全使い切りと言う奇跡を起こす!!

しかし最後に3チーム無事に集まり、
聞いてみると他のもう1チームも残金 0の使い切り!
もう1チームは無念の 残金 3円と言う事でした。
凄すぎやね・・・、みんな。

最後の最後まで湯布院の味覚とお金を使い切った3時間半でした。
しかし普段何も考えずに歩くと普通のお土産通りなのですが、
いざ何かを買おうと考えながら歩くとなんて多くの物が売っている町なんだとびっくりです。
まだまだ食べられなかったもの山ほどあります。

さすがに昨年の「スィーツ 3000」 から 「スィーツ 2500」に格下げしたこともあり、
去年よりはかなり余力が残っているような気がしました。

やり切った感ともう当分甘味はいいよ感を心から堪能するにはやっぱ「3000」が妥当かな??
また来年に向けて要検討しておきます。

参加人数を見ても分かる通りさすがに食べ物系のイベント強い!
移り変わりシティ湯布院はきっと来年はまた相当リニューアルして待ってくれていると思います。
また来年もこの日だけはカロリー気にせずに食べ歩きましょー!
参加者の皆様。
明日からまた節制して生きていってくださいね。
ありがとうございました~。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

長崎くんち 2018

PA080641_convert_20181008231855.jpg

台風が無事に通過してくれ、
3連休が盛況のうちに終わり、
見上げると見事な秋晴れの今日。

そんな積もった喜びを噛みしめるために本日は思い切って遠出することにしました。
掃除終了後の11時過ぎから車を弾丸のように走らせ向かったのは長崎だっ!

そう今はちょうど「長崎くんち」のお祭りの真っただ中なのです!
午後2時前には異国情緒溢れる街中に降り立つ。
しかしやはりすごい人ですね・・・。

毎年ランタンフェスティバルには欠かさずにやってくる僕ですが、
おくんちは初体験なのです。
ワクワク・・・。

PA080652_convert_20181008231920.jpg

この長崎くんちは各地域の人たちが持ち回りでそれぞれの持ちネタの蛇踊りや山車などを披露して回るお祭り。
今日はその3日間あるお祭りの中のちょうど中日。
様々な山車が街中のお店に感謝の舞をしながら周っていました。

そんな中まず最初に発見したのが一番人気の「コッコデショ」。
1tあるという山車を「コッコデショ」という掛け声とともに空中に投げては、
それを受け止めるダイナミックな舞いが特徴です。
実はこの地域の出し物の順番が回ってくるのは7年に1度。

つまりこの「コッコデショ」が見れるのは基本的に次は7年後なのです!
こりゃWカップの比じゃないぞ!

いきなりしょっぱなから一番見たかった「コッコデショ」に出会ってしまう・・・。
こりゃ今年そうとうツキがきてますよ!(あと3カ月しかないですが)

たまたま見つけた立体駐車場の2階と言う絶好のスポットから、
その勇壮な舞いの迫力を存分に楽しめました。

PA080659_convert_20181014154822.jpg

それ以外にも街中にはこんな中国船や・・・、

PA080663_convert_20181008232010.jpg

こんなオランダ船の山車なども回っており行く先々で多くの観光客に囲まれて大賑わいでした。

PA080656_convert_20181008232058.jpg

それぞれの舞いの迫力も楽しみ、
人ごみで程よく疲労させてもらいったので、
ちょっと祭りから離れて通常の観光も少し・・・。

御存じ眼鏡橋でーす。

PA080669_convert_20181008232040.jpg

女性陣はまだまだ街中で山車を追いかけたい!
と言うことだったのですが体力が有り余り、
少し飽きてきた男性陣は自由時間をいただき、
3人で(僕・息子・台湾人お手伝いのウェン)長崎の坂道を駆け回ってみることにしました。

そして名もなき小さな丘の上の公園で夕日に心洗われ中。

PA080678_convert_20181008232242.jpg

とにかくひたすら歩き続けた長崎市内5時間。

最後はウェンの為に定番の稲佐山の山頂からの長崎の夜景を見に行きました。
言わずと知れたここ長崎の夜景は「函館」「神戸」と並ぶ日本3大夜景の一つです。
その名に違わぬ輝きだ!

しかし山頂の看板にはでかでかとこんな事が書かれてるではないですか。
長崎の夜景 「香港」「モナコ」と並んで世界3大夜景に認定!!

おいおい、長崎よ・・・。
確かに君は素晴らしいと思うよ。
しかし世界3大はないやろ・・・。
いつからそんな誇大妄想を叫ぶような子になっちゃったんだ・・・?
もっと謙虚になりなさい!

日本3大でほんとに十分魅力的だから。
見え張りすぎてもいいことないよ!

としっかりと注意をしたところでここから一気に湯布院に向けて運転再開です。
そして夜の11時前には無事に帰ってまいりました。
チビたちはもちろんそのままバタンキューです。

しかし今回もいい発見ありました。
午後休だけでも大分遊べますね!
またぜひこの僅かなお休みを有効に走り回りたいと思いま~す。

湯布院カントリーロードユースホステル  

でかい台風が来る前に・・・

P9280615_convert_20180928161641.jpg

またまたでっかい台風が来てますね。
しかも丁寧に日本列島一筆書きコースですよ・・・。

最近の災害は被害がデカすぎです。
どこで何が起こるのか全く予想できないため、
もうこの日本には安全な場所なんてないのです。
つまりどこでもいつ死んでも悔いがないようにしなければいけないということ。

本日見上げるととても気持ち良い秋晴れ。
こんなお天気の日に悔いのないようにするには・・・、
やっぱり海ですな!

そんなわけで掃除終了後ダッシュでいつもの海岸までやってきました。
チェックインの16時までの僅かな自由だ。
さー泳ぐぞ~。

P9280618_convert_20180928161725.jpg

しかし残念ながらちょうど満潮後だったのと、
すでに台風の小影響の為か風が強く、大いに荒れる海。

グルングルンとかき混ぜられた海中は視界が大変悪ーございました。
それでも中々のサイズのお恵みをいただき、
一人きりの海中遊泳時間をぷかぷかと堪能。

その間一緒に来た奥さんはいつもの通り10km手前で降りて海岸を爆走中。
同じく連れてきたお手伝いのヒロはまったく海に入る気配もなくひたすら浜で砂遊び中。

P9280628_convert_20180928161759.jpg

前回は見事な砂の美女を作り上げた芸術家肌のヒロですが、
今回の作品はこれまたリアルな男像??
いやこれは完全に「水死体」だな。やばすぎやろ。

この時僕はまだ海面をユラユラと漂い中。
なので彼の作品は全く見ていません。
この写真は走りついた奥さんが撮影。

P9280624_convert_20180928161745.jpg

この後海から上がった僕は寒さのあまりまっすぐに陸に上がり、
そのまま焼ける様なアスファルトの上で暖を取りながら気を失っていました。
(マジで数分間熟睡中)

その時の僕の寝格好とヒロの今回の作品が・・・、
完全に一致した!!
奇跡だ・・・。
いや写真を撮った奥さんのテクを褒めるべきなのか・・・?

寝ている間何人か自転車や人が僕の横を通ったようですが、
つまりはみんな「水死体」に見えてたってことですよね・・・。

P9280630_convert_20180928161812.jpg

1時間半ほどビーチで夏の名残を味わいつくし、
そのまま直帰となるはずだったのですが、
途中にある唐揚げ屋さんで思わず肉を購入。

ここ大分県は鶏肉の個人の消費量が宮崎と並んで全国トップって知ってました?
至る所に唐揚げ専門店があるんです。
ちょっと驚きの数です。

最初ここに移住してきたばかりの時は、
「そんな唐揚げだけって食えるか・・・?」
と思ったものですがここに住んで11年。

「からあげ」の看板を見つけると思わず衝動買いしてしまいます。
ちょっとつまむのがめちゃ旨いんです。

もうすっかりと大分県民。
「一番好きな肉は・・・?」
と聞かれると、
「トリッ!!」
と即答できる自信満々です!

県外の皆さんはぜひ大分県来たらからあげ食べまくって下さいネ。

湯布院カントリーロードユースホステル  

とりあえず由布岳

P9260587_convert_20180926130634.jpg

今朝も朝一の電車に長女を送り、
そのまま前夜から準備していた装備でどっか遠くの山に行く予定だったのですが、
起きるタイミングが悪かったのか、連日の寝不足が貯まってきたのか、
眠すぎて目がまったく開かねぇ~。

とりあえず一旦家に戻ると時間はまだ5時半。
目の前に横たわる布団と言う名の桃源郷。

そりゃー寝ますよね。
そして余裕の2度寝をかましてしまい、
しょうがないので第2便のチビ共を小学校の集団登校の場所に送ってから再出発。

この時間から行ける場所はもうここしかないっしょ。
はい。由布岳です。

奥さんと一緒に出掛けたのですが彼女は駐車場からとっとと先に出発し、
準備にもたついた僕は10分遅れでいざ山へ。

ではいってまいります。

P9260588_convert_20180926130704.jpg

少々の小雨がぱらつく中、
特に書くような楽しいことも起こらず、
いつも通り淡々と登っては極める東の山頂。

たいしてやる気もないので今日の登山は55分でした。
その時ピークに一人だけいたオジサマ。
ゼーゼー言いながら駆け上がってきた僕を見て言い放つ。

「おー、兄ちゃん速いね!そのペースだと大体30分位で登ってきたの??」

「えっ・・・30分・・・?いや・・・、55分位っす・・・」

「あー、・・・そう」

そんな何とも言えない気まずい雰囲気のまま山頂を後にする。

30分ってあの人は絶対にヒマラヤ山中に住んでる最強の山岳民族の人が、
仕事の都合で日本に移住してきた2世かなんかの人だよ。
そうに違いない。

と自分に言い聞かせながら・・・。

P9260589_convert_20180926130717.jpg

途中で奥さんも合流しこの曇りまくっていて景色も何もなかった本日の登山は終了~。
もとより景色なんて全く見てないので本当はどうでもいいのですが。

もうこの山には何の感動も新鮮味も感じないのですが、
逆にとてつもない安心感は常に感じてます。

今日もいつも通りトレーニングさせてもらってありがとう。
またちょくちょくよろしくね!

湯布院カントリーロードユースホステル  

運動会の振り替え休日だぁ~

P9250554_convert_20180925191501.jpg

前日にお泊りした「ふるさと体験村」を
朝の7時半には出発しそのまままずは由布院に一旦帰宅。

ここでお手伝いの韓国人達を一旦降ろします。
そのうちの1人 ショウはここでお別れです。
次の場所 鳥取県に向けて旅立っていきました。
2か月間ありがとうな!

そしてチビ達を連れて今日は近場の「城島高原パーク」にやってきました。
湯布院から車で15分。
こんなどうしよーもない時に助けてくれるとてもお手軽な遊園地なのです。

早くも園内はハロウィーン一色に染まり出していました!
さー力の限り遊ぼう。

P9250561_convert_20180925191522.jpg

今日は男子 4人組と 僕と末娘の2チームに分かれて行動します。
昨日の雨が嘘のように秋晴れの本日。

僕も愛娘と2人っきりの崇高な時間を過ごさせていただきました。

P9250574_convert_20180925191553.jpg

2年位前に来たときはなかった新しいアトラクションができていました。
これです。
「フラッシュ バトル K」

施設内には丸いボタンが沢山あって、
それがランダムに光っていくので、
そのボタンをいくつ叩けるかでポイントを競う体育会系のアトラクションです。
これは燃えますね~。

今日僕たちが狙いを定めたのは「グループプレイ」でのハイスコア。

1つの部屋に数人が入ってその得点を競うというもの。
最初に行った時の本日のハイスコアは6000点台。

よーしこれを抜いてやろう!
と6人で挑んだ結果早くも2回目で10000点突破のハイスコアをマーク!
気分上々で他のアトラクションを回り午後に帰ってくると・・・、
なんとハイスコアが塗り替えられていた。

そのスコア 16000点オーバー。
ここで一気に挑戦者魂に火がつく!!

今日は・・・、
これ抜くまでやりつづけるぜぇ~!!

P9250573_convert_20180925191540.jpg

しかしそこからが長かったのです。
やはり12000点くらいはすぐにいくのですがその先が難しい・・・。
最初の数回は何度もとにかくやってみるというスタイルだったのですが、
どうにもならないと悟った結果、
毎回終わった後に大ミーティングを決行。

個々の動きや光るボタンの習性などを考え抜き、
対策を練りに練って挑戦を重ねます。
こんなどうでもいいことに真剣そのもの(ほとんど僕が。ですが)

そして8回目の挑戦で出たのがこの記録です!!
18272点!!
ふたたび取り返した本日のハイスコア―!!
やったぜ!!
みんな汗だくで足もフラフラ・・・、疲れたなー。

しかしこの歴代ハイスコア―ってどうなってるんですかね??
20人以上が部屋に入って出した記録らしいですよ・・・。
挑戦しようという気にもならない。

P9250576_convert_20180925191613.jpg

夕方 そろそろ乗るものもなくなってきたので、
御存じスプラッシュマウンテンで度胸試しをすることにしました。

水しぶきが来るのをどこまで我慢できるかってあれです。
どの遊園地でもみんな必ずやりますよね。
城島のスプラッシュマウンテンはとっても良心的な設計になっていて、
通常はまずほとんど水は来ません。

午前中に来たときも通路には一滴たりとも水は辿り着いていなかったのですが、
なぜか夕方に来てみると一か所だけが明らかに濡れているのです。

風向きが・・・、
変わったのか・・・?

そう思いながらビビりながら橋の上に立つ5人。
そしてボートが下りてきて水しぶきが上がったその瞬間!!
まさかの瞬時に逃げ出した3人。

P9250578_convert_20180925191627.jpg

結局最後まで逃げずに踏ん張った正直者の2人。
エライ!!
君たちこそ本当の勇者だ!

しかし得たものも大きかったが失ったものも大きかったな・・・。
2人とも全身見事に全ずぶ濡れ。
あまりの濡れようにこれ以上の遊び決行は不可能と判断し、
このまま遊園地遊びは終了となってしまいました。

でもまーほとんどのアトラクションに乗ったし閉園まであと30分位だしいいだろう。
風邪ひくんじゃないぞ。

久々に来た「城島高原パーク」は思いのほか楽しめました。
近すぎるんでなかなか「さぁまた行こうか!」とはならないんですが、
こりゃーもうちょっと頻繁に来てもいいな。

運動会の振り替え休日も無事終わり、
明日からは僕達も子供達も日常生活へとお帰りなさいです。
また謙虚に1週間頑張りましょうね。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫