FC2ブログ

夏の川遊び!となるはずが・・・(大反省編)

P8160189_convert_20180816144011.jpg

夏のひととき。
遠くから来てくれた旧友とお手伝いの韓国人2人の為にどっかに行こうか!
しかしいつもの通りお昼休みの間しか時間がないので大分県が誇る渓谷美
「由布川峡谷」へと行こうじゃないか!

谷に下りていくとひんやりと冷え込む川辺。
さーて今日も気持ちよく渓谷散歩に行ってみよ~う。

P8160198_convert_20180816144049.jpg

始めは悲鳴が響き渡るくらいに冷えている水も、
段々と慣れてくるから不思議ですねー。

身体の濡れる面積が増える度に、
上がっていくテンション。

P8160205_convert_20180816144136.jpg

川を渡り、岩に登る。
この圧倒的な双璧の中では何をしても愉快なのです。

P8160207_convert_20180816144512.jpg

今回最年少参加の 末娘もみんなに助けられながら次々と難所をクリアー。
そして最終目的地である 「チョックストーン」に40分ほどで到着。

ここまでは・・・、
ここまでは本当にいつもの通りの川遊びだったのです。
まさかこの後に生死の狭間を垣間見るとは・・・。

基本的にここから先は3m程の崖が完全に道を塞いでいるので行けません。
さらにはその手前に深い深い滝つぼがあるのです。

毎回みんなでここを震えながら泳いで遊ぶのです。
そしてその中でも数人の強者だけが水中からこの岸壁へと登ることができるんです。

しかし今までは崖の横に巨大な木が倒れかかっていて、
それを利用して上まで登れるのですがなんと今回この木がないっ!
どうやらいつかの大雨で流されてしまったようです。

するとここに登るには上から流れ落ちる滝の水圧に耐えながら、
直で岩を登るしかないのです。

はっきり言ってこれは相当難しいです。
足がつかない状態で足場を探す段取りだけでも相当厳しいのですが、
そこからはツルツルに滑る岩と上から容赦なく降り注ぐ滝が憎い程邪魔するのです。

しかし遠くからみんなが見守る手前引くに引けなくなった僕は、
ここから驚異の粘りを見せて見事にこの岸壁をクリアー!!

よっしゃぁぁぁ~!!!
我ながらこれは相当快挙ですよ。

P8160232_convert_20180816144322.jpg

しかしこれが韓国人お手伝いのショウの魂に火を点けた。
軍隊上りで若さも体力もある彼は果敢にこの岸壁に挑んできたのです。
大丈夫か・・・?

何度も何度も滝つぼに落下しながらも死に物狂いで岩にしがみつく。

この写真は崖上から僕が撮ったもの。
ここから両脇の崖をスパイダーマンの様に登ってくるのですよ。

そしてもう限界じゃないか?と心配しだしたその時!
ついに上部の岩の突起に彼の手がかかる。
最後は少しだけ僕の助けを借りて見事に彼もこの崖を制覇!
大したもんですよ!

P8160239_convert_20180816144409.jpg

2人で崖上でガッツポーズ。
しかしこの時僕も彼も身体は冷え切り手足は使いすぎた筋肉によってプルプルしていました。
この時にお互いの身体の異常に気が付くべきだったのですが、
残念ながらまったくそこまで頭が回る余裕がなかったのです。

帰りはこの3mの崖からのダイブ。
下から見ると簡単そうに見えるのですが結構勇気いるんですよ。

まずは僕が先に飛び降ります。
ドボーーーーーン!
そして下からカメラを向けてショウのジャンプを撮ろうと思ったのですが、
何かが違う!!
身体が全くこわばって動かないのです。
ヤバい・・・。
何度手足をばたつかせても仰向けになって水に浮こうとしてもひたすら鉛の様に沈む身体。
なんだ・・・?!!これは!
何度も水を飲み、もう写真どころではないと判断して必死でみんなが待つ滝つぼの先まで泳ぐ。

そしてなんとか岸まで辿り着く。
ふー、なんだったんだ?今のは・・・?
ただ結果的に無事だったので少しむせながらもあたかも何事もなかったかのように岸に上がり、
ゆっくりと振り向いて崖の上にいるショウにカメラを向ける。

そしていよいよ次はショウがダイブ!
ドーンと水しぶきが上がり数秒後に浮き上がる頭。
しかしその後一旦浮いたと思った頭は再び水中へ。
そして激しく降られる手と時折聞こえる悲鳴。

ヤバい!!!
あいつ溺れてる!!!

自分の時と同じなのでいち早く状況を察知した僕は、
慌てて彼のもとへと再び滝つぼへと飛びこみました。

しかし先ほどと同様に僕の身体も全く思うように動いてくれない。
しかし目の前のショウはもう今にも沈み切りそうになりながら必死にもがいている。

これが火事場の馬鹿力というものか?
なんとかショウのもとに辿り着き必死に引き上げようと試みる。
しかし足場もない水中ではまったく力を入れる術がないのです。

逆に必死に僕にしがみつくショウと2人で水中に引きこまれる。
この時僕の心を支えていたのは「とにかく冷静になれ!」という強い思いのみでした。
僅か1秒にも満たない時間でフル回転の脳があらゆる方法を考える。
確か溺れている人の正面から助けようとしたら一緒に巻き込まれるとTVで見た!
まさに今だ!これはヤバい!

そして僕に必死に抱きつくショウを一度思いっ切る跳ね飛ばす。
そして2人そろって一旦水面に浮上。
その瞬間を狙って僕は強く彼を岸に向かって押す!
すると水の流れも手伝って彼は少し岸側に移動した。

しかし再び沈む彼。
ただ掴まれない距離を保ちながら再び彼が浮いてくるのを待つ。
そして浮いた瞬間にプッシュ!
また少し移動したぞ!
これしかない!!

しかしまだ岸までは10m以上。
段々浮き上がる彼の動きが少なくなってきた。
本当にこの方法で助かるのか・・・?
そんな泣きたくなる位に鋭い感情が胸に刺さる中必死に彼を押し続ける。

次の瞬間・・・。
一度浮き上がった彼が・・・。
そのまま浮き続けていたのです。
ゲホゲホとむせる彼。

何が起こったんだ・・・?
なんと。足元も全く見えない滝つぼの中に奇跡的に浅瀬があったのです。
なんとかそこに足がつくことができた彼。
助かった・・・。
しっかりと両足に大地の感触を感じながら、
2人で水の中でぐっと抱き合う。

その後助けに来てくれたメンバーの手も借りて何とか岸に上がった僕達。
二人とも足が痙攣してしばらく動けませんでした。

ショウはずっと震えていたのですが、
寒さからなのか、恐怖からなのか・・・。

P8160245_convert_20180816144427.jpg

しかしこんな状況に陥っても彼は全く弱いところを見せず、
結局しばらく休んだ後自力で帰りつきました。

僕も今回ばかりは足がガクガクで帰りの道は悲惨なことになっていましたが。
一応ゴールでは無事に帰り着いて良かったね!の笑顔の一枚。

しかしこの由布川峡谷ツアー。
年に1度開催し毎回あの滝つぼで遊んでいるので甘く見過ぎていました。
絶対に崖上りで限界突破しちゃったんです。
正直今回ショウが生き残れたのはあそこに浅瀬があったという運だけ。
恐らく僕の人生でも3本の指に入るくらいにヤバい瞬間でした。

こんなどうでもいい場面で人の人生を賭けては絶対にいけない!
本当に大反省です。

行くなら浮き輪やライフジャケットなど最低限の装備を持っていくべきでした。
いつもは「大丈夫!大丈夫!」が口癖のぼくですが、
大丈夫じゃない事もあると知ってしまった今日。

なんか夜になった今でもまだ心がザワザワと落ち着かずに彷徨ってます。
そんな際どい一日でした。
ショウほんとごめんね。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

見晴らしが丘へ 夏

P8130152_convert_20180813152605.jpg

確かに忙しいお盆シーズンではありますが。
それでも来週には 湯布院の子供達を集めたこどもサマーキャンプがあってしまうのです。
毎年の事ですがこれが結構色々と準備が必要でして・・・。

今回のお手伝いは 韓国からの若者3人。
山の中の急峻な道なき道を子ども連れで歩くため、
なんとしても彼らにも大体のルートや道程を知って欲しい。

そんなわけで午前中の掃除が終わった直後に急遽組まれた即席登山隊。
よーし行くぞ!

P8130153_convert_20180813152732.jpg

道無き道へと踏み入れて10分。
険しい坂道を手と足を使って獣のようによじ登る出だしで、
早くも女性お手伝いのジュンがギブアップ!
早すぎるやろ~!!

しかし本番の前に彼女の実力が分かって逆に良かったです。
当日はユースホステルの掃除という裏方で彼女には頑張ってもらおう・・・。

そして彼女は一人来た道を引き返していきました。
残ったのは男 3人。
遠慮なくガンガン攻めよう。

P8130156_convert_20180813152747.jpg

急な坂を汗だらけになって登り切った後は岩場も待っています。
深く苔むした岩たちには何か歴史を感じてしまいますね。

誰の足跡も残っていないヴァージンロードはフカフカでとっても優しいです。
頭上から葉っぱの重なる形で幾何学的に落ちてくる陽光を受け、
ずっと鳴き続ける鳥の歌声をバックミュージックに遊ぶ。

ここは本当に贅沢な天然アスレチックだと思います。

P8130161_convert_20180813152806.jpg

そしてここがこのルートの一番の難所。
ラストの崖に挑む!

彼らもまさかこんなにハードなルートだとは思っていなかったらしく、
2人でひたすら笑ってました。

人間想像を遥かに超える出来事に遭遇すると、
気分が高鳴って楽しくてしょうがなくなってしまうようです。

P8130172_convert_20180813152818.jpg

そしてラスボスクリアー後に待っているご褒美がこの広がる大草原です。
「見晴らしが丘」

その名に恥じぬ見渡す限りの絶景を誇る丘です。
山から吹き降ろす風がまた気持ちいーんですよ!

P8130174_convert_20180813152834.jpg

折れた大木がまたいい味出してます。

この青と緑のコントラストがたまらんっす!。

P8130178_convert_20180813152852.jpg

最後は岩の上で智美が作ってくれたおにぎりをぱっくり。
あーうめぇー!
目の前にそびえる由布岳にもコンニチワとご挨拶です。

今回は男3人だったので総ルート2時間で終えてしまいました。
ただ当日はこの3倍の約6時間という時間をこの山中で過ごさないといけません。
それはスケジュールの関係上義務なのです。

ただ歩くだけだと時間が有り余るな・・・。
いかに山の中で無駄にちびっ子達を遊ばせるか・・・?
それが今回のサマーキャンプの大きなカギとなりそうです。

とりあえずルートもお手伝いの力量も確認できたし、
なにより素晴らしい風景に心の疲れが全て吹き飛んだ有意義極まりない中休みでした。

今日ももちろん満室ですよー。
この楽しかった時間を胸にそっと抱いて、
緩むことなくピシッと引き締めて働いていきたいと思います!

湯布院カントリーロードユースホステル  

ま、まさか今日は・・・

P8110132_convert_20180812001529.jpg

いよいよお盆のスタートです。
ありがたいことに満室の中、
夕食の準備をしチェックインを終え夜のツアーに行きと忙しく過ごす夜。
時計を見るともう22時20分。

ふー、今日も無事に終わりそうだな~、
と安堵のため息とともに偶然見たカレンダー。

そして震える!
わ、忘れてた・・・。
今日・・・、山の日や。

これだけお世話になっているお山様。
絶対に忘れてはいけないこの日にやっちまったぁ~!!

いや、ちょっとまて!
まだ今日後1時間40分も残ってるわ!
行くしかない!行っとけ~!

と急遽準備を整え出かけようとした瞬間、
歯を磨いて寝る準備をしているお手伝いのショウに会う。
「ドコカ イクンデスカ?」

「山だよ、山。今日は山の日やからな」

「ヘー。ボクモイッテモ イイデスカ?」

そしてそこからなぜそうなったのか全く分からないのですが、
結局寝ていた他のお手伝いも起こされて3人の韓国人お手伝い全員出発することに。

なんかエライことになってきたぞ・・・。
とにかく急ごう!
今日が終わってしまう!!

P8110136_convert_20180812001548.jpg

この記念すべき山の日に狙うのは最もお手軽な近場の山 伽藍岳。
もうここしか間に合わないのです。

そして山道を全員でガンガン登り見事頂上付近の展望台に到着!
ここからは別府の絶景夜景が見えるんですよー。

ところが周りはガスだらけ・・・。
視界ほぼ 0 です。

がーーーん、何も見えねぇ~。

P8110140_convert_20180812001602.jpg

しかしやっぱりそこは山の日。
山の神様は少しだけ気を使ってくれて、
厚いガスが風によって一瞬だけ飛ばされる。

そしてそこにはうっすらと輝く別府の夜景。
山に響く感嘆の声。
人は見えないものがたまたま見えると、
普通に見えている時よりも断然感動するものですね。

雲の切れ間の光は本当にキレイでした。

P8110148_convert_20180812001614.jpg

そして帰りもガンガン下り、
日付が変わる前にユースホステルに帰ってきましたよ。

近くに山があって本当に助かりました。
しかしまじで焦りましたよ。
来年はきちんと計画を立てて山に御礼登山を捧げたいと思います。
つき合ってくれた韓国人達よ、ありがとね。

湯布院カントリーロードユースホステル  

17サミット再び 暑過ぎた・・・

P8090124_convert_20180809161554.jpg

さーこれから約2週間お休みがない。
この貴重な本日の午前休をどう使うか・・・?
いや、もちろん山に行くのは既に決まっているのですが、
どう心と身体に十分な満足感を与えるか?

考えた結果やはりやり尽くす事が最大の喜びに変わるだろう。
そう信じて昨夜22時30分。
全ての仕事を終えた後車で九重の駐車場へ。
いつもの車中泊のち朝一から登り尽くそう!
と心に決めて目を覚ますと・・・。

とっくに朝は空けていた。
まさかの大寝坊。
ぎょえ~!
慌てて準備するもの出発は6:10分。
全然朝一じゃねぇし。

すでに高い高い山の上まで太陽さんは上がってきていました。

P8090121_convert_20180809161517.jpg

反省しながら大いにブッ飛ばす。
本日 1山目 は 「星生山」
いい具合に太陽が標識と重なってますねー。

P8090117_convert_20180809161537.jpg

2山目は 「久住山」
一番人気の山ですよ。

P8090115_convert_20180809161628.jpg

3山目は 「天狗ヶ城」
この辺りから太陽はサンサンと照りだし、
すでの朝駆けの最大のメリットである涼しさは全くなくなってきています。

P8090112_convert_20180809161645.jpg

4山目は 「中岳」
九州本土最高点。
毎回同じこと呟いておりますが・・・、
「全九州民よ、我が足元でセコセコ生きるが良い!」

P8090109_convert_20180809161701.jpg

5山目は 「稲星山」
途中でトレランをしているお兄さんをぶっちぎる。

P8090106_convert_20180809161718.jpg

6山目は 「白口岳」
ここまで2時間10分。
とてもいいペースです。
今回の登山の目的は 「17サミット」
九重連山にある1700mオーバーの山 10山すべてに登ることをここではこう呼びます。

今年の4月にもやったのですが、
最近身体がなまってきている予感がするので、
ぜひ新記録を狙っていきたいと思っているのです。

気合十分でどんどんいくぞ~

P8090099_convert_20180809161740.jpg

7山目は 「大船山」
こいつが遠いんですよ。
かなり体力を奪われる。
しっかし暑くなってきましたよー。

P8090097_convert_20180809161753.jpg

8山目は 「北大船山」
これはほぼおまけの様に数を稼がせてくれる山です。

P8090088_convert_20180809161810.jpg

9山目は 「三俣山 南峰」
ここがこの登山の最大の難所です。
前回もここでヘロヘロになったのですが、
またもやこのそびえる崖にやられた・・・。
ここでペース激落ち。
汗が止まらないのです・・・、やべぇ。

P8090083_convert_20180809161822.jpg

そして見事10山目は 「三俣山 本峰」
すでに頭は朦朧とし足はガクガクです。
しかし前回の記録を少しでも上回るためにここからが勝負だ!

P8090078_convert_20180809161835.jpg

そして無事にゴールの牧ノ戸峠に到着!
今回の総歩行時間は 6時間45分!

前回は6時間55分だったので 10分縮めた!

しかし・・・。
正直な所前回はあまり記録を気にせずに歩いたんですよね。
そして今回は記録を狙って歩いてみたのですがほとんど変わらなかった。

前半のペースを維持できれば6時間くらいでイケるか??
なんて途中大甘で考えていたのですが三俣南壁が最強すぎました。

あとやっぱ夏はダメですね。
ワサワサと生い茂る草が相当邪魔だし、
なにより歩くだけで体力が奪われる。

しかし9月には当ユースホステルの最強イベント 
「24時間サバイバル登山」がここ九重連山で行われるのです。

今回みんなで目指すのは 「17サミット」を上回る 「16サミット」。
つまり1600オーバーの山を歩き尽くす予定なのです。

今日でも既にボロボロの僕。
いけるのかちょっと不安・・・。

しかし!
できるはず!
現在参加者はまだ2名。
全国の山大好きなチャレンジャーさん、
メンバー 絶賛大募集中でーす。

湯布院カントリーロードユースホステル  

お盆前のお休み

P8080023_convert_20180808203923.jpg

お盆の前に一回休んどこうか・・・。
そうやって得た貴重な休館日をさーてどう使おうかな。

もちろん目指すのは 海だ~!!
と前日から気合い満々でスタンバっていた僕に息子からの鬼の宣告が下される。

「パパ・・・、明日急遽太鼓の演奏が入っちゃった・・・」

ジーザス クライストッ・・・。
せっかく最近海からのお恵みを手にする喜びを分かってきた息子に、
マンツーマンで手ほどきしてやる予定だったのにっ!

何でお休みの水曜日に被るかな~??
しかも木曜日も県庁に表彰と演奏に出かける予定があるのに。
更にはこの日水曜と同時に土曜日の演奏の追加も決定していた。

仕事か・・・?
どれだけ忙しいんだ、君たちは。

しかしこれも日本王者の宿命。
海はすっぱりと諦め本日は夕方までは時間があるので、
息子の希望を優先で聞いてやることにしました。

すると意外にも彼は映画が見たい!と。
本当は明日 児童クラブのみんなで映画を見に行く日なのですが、
彼だけは太鼓の出張の為に行けないのです。

そんな彼がどうしても見たかった映画は「インクレディブル・ファミリー」
よかろう。
今日だけは好きにさせてやろう。

そんな映画鑑賞中の兄を待っている間、
明日その映画を見に行く予定の末娘は1階のプールで大はしゃぎの図。

P8080038_convert_20180808203946.jpg

希望の映画も見れて大満足の息子と、
これまたプールで遊んで大満足の末娘を連れて、
次は近くの公園へ移動です。

そこでまずは最近やっと自転車に乗れるようになってきた末娘の為に積んできた自転車で、
公園内をグルグルとサイクリング。

しかしさすがは大分市。
照りつける熱波が明らかに湯布院とは違うっ。

じわっと汗ばんだ身体を冷やすために、
近くの川に入水だー!

川の水はいつでもじんわりと冷たくて気持ちいいよね。

P8080041_convert_20180808204012.jpg

そして夕方。
いよいよ太鼓演奏の為にお祭りの会場に向かいます。
今日の公演は自衛隊の由布院駐屯地内です。

この駐屯地は普段は関係者以外誰一人通さぬ、
鉄壁の守りを誇る侵入不可能な場所なのですが、
年に数回のお祭りの時だけ一般人も入ることができるのです。

広いグランドの中にポツンと設置されたまるで檻のような舞台。
まずここに一番手として現れたのが 大分県発のアイドルグループ 「チャイモ」です。

どこにでもいますよねー、こういう地元密着のアイドルって。
しかし・・・、チャイモ。

正直名前すら聞いたこともないです。
歌って踊る彼女たちに誰一人近づかない様子からも、
周りも誰一人知らないんじゃないか・・・?

みんな観客は自分たちの目の前のアルコールを消費するのと、
テーブルトークに忙しそうでした。

こんなことでくじけるな、チャイモ。
ラストで歌った「鳥天の歌」はまーそれなりに結構良かった感じがしたような気がするぞ!

P8080049_convert_20180808204032.jpg

そしていよいよ湯布院が誇る 源流太鼓グループの登場です。
すると舞台の周りにはあっというまにたくさんの人だかりができた。
さすがは源流さん!
とよくよく見渡すと周りは知った顔ばかり。
何のことはない。
皆さん出演している子供たちの親族だらけでした。

それでもいいんだ!
何回聞いてもいいものはいいんだから・・・。

そして今夜も再び響く太鼓の音に酔いしれる・・・。

P8080054_convert_20180808204046.jpg

静かに暮れていく太陽。
そして真っ赤に染まる空。

この自衛隊のお祭り。
基本的に自衛官とその家族がゆっくりと飲んで日頃の疲れを癒そうという趣旨のようですね。
きっとお祭りの参加グループへの予算は元から国が組んでいるので、
こうやって気軽にアイドルや源流グループを呼べるのでしょう。

ほとんど舞台を見ている人はいなかったので、
自衛官たちの心にこの歌や演奏が響いたかどうかは定かではないです。

この道楽の為に潰れてしまった僕たちの海。
しかし久しぶりに間近で息子達の演奏を聞けたので良しとしましょうか。

この後は各部隊ごとに自衛官たちが舞台の周りで盆踊りを披露していました。
ここらあたりからは部外者は相いれない世界となってきたのでここで退散です。

しかしこういう激しくない休日もたまには良かったかな、と思う僕でした。
たまーにはですけどね。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫