M O J I K O へ

PA230264_convert_20171023200939.jpg

数年前に京都からここ由布院に移住してきた僕の父母。
仕事も終わりのんびりと好き勝手な老後生活を実に楽しそうに過ごしています。
そんな父の楽しみは飲むこと。

先日も京都の旧友と飲むためにいそいそとフェリーで関西に旅立っていったのですが・・・。
この男がやらかした・・・。
しこたま飲んで酔って転んで頭切ってそのまま手術。
なんとか無事だったそうですがそのまま新幹線でまっすぐに湯布院に帰ってきました。
頭には包帯グルグル。
まぁ残り少ない彼の人生なので好きなように生きて貰えればいいと基本的には思っています。

しかし今回はまた大問題が残っていた!
彼が福岡県の門司港に乗っていった車がそのまま置きっぱなしなのです。
誰かが取りに行かないといけない。
いや、誰かってもう僕達しかいないのです!

そんなわけで本日は朝一から智美と2人で一気に車をブッ飛ばして門司に到着!

PA230268_convert_20171023201001.jpg

ここ門司はレトロな建物が街中に残る観光名所なのです。
せっかく来たので観光をしていこうという事になったのですが、
ここ数日ずっと降り続いていた雨がやんでくれたので運動もしたい!

そんな切なる希望を両方叶えるために本日はまずここ福岡県門司から、
海を越えた先の山口県下関まで走って目指すことにしました。

行くぞ~!出発だ!
まずは門司の街中を駆け抜け海沿いの道を走る。
目の前に架かる関門海峡大橋の先にあるのがもうお隣の山口県です。

さてあそこまでいったいどうやって渡るのか・・・?

PA230271_convert_20171023201018.jpg

正解はここ!
海中の中を通る人道があるのです。
その距離780m。
人は無料。自転車と原付バイクに関しては20円。
2人でこの海底トンネルを走りぬけると、
あっーーーーーっという間に、

PA230274_convert_20171023201036.jpg

下関に到着~!
ここにきて空も晴れてきましたよ!

少し火の山の中腹に建つユースホステルに挨拶を済ましてから、
下関が誇るシーサイドエリア 「カモンワーフ」へ。
もちろん下関と言えばふくだ!

唐揚げ・天ぷらを美味しく頂きました。

PA230279_convert_20171023201053.jpg

そこから2人でフェリーに乗り込む。
風があるためか海峡の渦に巻かれてか船は激しく揺れ動き、
飛び来る波の飛散に身体ビチョビチョです・・・。

上下左右に揺られる事10分。
辿り着いたのは、
そう!あの世紀の対決が行われたあの場所。

PA230282_convert_20171023201208.jpg

厳流島です!
武蔵と小次郎のかっちょいー像が迎えてくれました。

といってもこれ以外ほとんど見るものはないので、
小さい島を2人で走り回った後次の船が来るまでで岩場で波をぼーっと見ながら待機。
次から次へとやってくる巨大なコンテナ船を見るだけで面白かったです。

PA230292_convert_20171023201333.jpg

そして再び船に10分揺られて元の門司へと帰還。
ゆっくりと街を見て回りました。
しかしこの門司っていう街。
どっかで見たことがあるぞ・・・。
これは・・・。
湯布院そっくりっ!!!

お店のラインナップがほとんど同じ!
オルゴール館・石ころ館・金賞コロッケ・ダンボールハウス。
いっしょや・・・。

大量に歩いている韓国の旅行者・中国系に旅行者というエキストラまで同じ!
平日だというのにたくさんの観光客で溢れているのも同じです。

写真は門司港レトロハイマートの最上階の展望台からの眺望。
夜来たらキレイでしょうね!

PA230293_convert_20171023201346.jpg

最後に定番の焼きカレーをいただきまーす。
若干観光料金でしたが観光客気分で心地よく払っておきました。
でも味は観光仕込みじゃないですよ。
本格的でほんと美味しかった!
そしてやっと本来の目的の父の車を拾い夜6時に湯布院に帰ってきました。

しかし門司を少し甘く見ていました。
こことてもいい場所じゃないですか!
何より船で下関とこんなにも気軽に行き来できるのがいい!
更には歩いてもレンタル自転車でも下関に行けちゃいます。
また平日なのにあれだけの外国人が来ているということは伸びますね。
これからまだまだ伸びる観光地です。

湯布院のように温泉という強みはないですがここには夜景という武器があります。
こんな素敵な場所とは知らなかった門司・下関エリア。
侮れませんね。
今日はまたとてもいい勉強になりました。

今度はぜひ夜にも来てみよう!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

日本太鼓ジュニアコンクール大分県大会 優勝!

PA220251_convert_20171022215918.jpg

湯布院が誇る 源流太鼓 という超有名な和太鼓チームが、
次世代育成のために子供チームを立ち上げたのが去年の話。

当初は遊び半分で集まってきたちびっ子たちが、
好き勝手にはしゃぎまくっていたあの時から1年半が経過。

紆余曲折を乗り越えて厳しい練習に耐えて残ったメンバー達が今年2度目の大分県大会に挑む!
まだ叩き始めて数か月での参戦となった去年は、
とにかく無我夢中で叩きその勢いだけで見事に準優勝を奇跡的に勝ち取った彼ら。

しかし今年は少し違う。
今年の3月に経験した全国大会で自分たちの立ち位置をしっかりと確認した上で、
確かに築きあげてきた自分たちの技と曲。

昨年の様な迷いはなく揺るぎない自信と誇りに溢れています。

今年の参加は全12チーム。
6歳児から高校3年生まで幅広い人材が揃いました!
それ程参加チームは多くないのですがただ一つ言えるのが
誰もが、どのチームもがこの大会の為に全力で無心に練習に取り組んできたという事。

演奏の内容はどのチームも素晴らしくハイレベルです!

各チームの持ち時間は4分。
息も詰まるような緊張感の中5番目で登場した息子のチームは、
気後れするそぶりなど一切見せずに練習してきたすべてを披露!
今ある力を出し切りました!
久々父は泣いた!
(母は練習でもたまに泣く)

そしてその運命の今年の結果は・・・。

PA220262_convert_20171022215940.jpg

見事 優勝~!!
2年目にして大分県を制する!
おめでとう!

ただ圧勝かと問われると聞き手としてはかなり僅差だったような気もします。
例えば演奏の前の仕草や演奏中の掛け声などもっともっと洗練されていたチームもありました。
これは逆に言えばまだまだ伸びしろがあるという事。

この後彼らを待ち受けるのは12月に宮崎である全九州大会。
そして大分県を代表して戦う来年3月石川県で行われる全日本大会。

先生達ははっきりと日本一を目指せ!
と言っています。(ちなみに先生達はかつて日本一になっている)
今日の優勝は通過点だと。

またこれでしばらく息子の太鼓づけの日々は続きそうです。
更に来年の3月また奥さんは息子について行かないといけないので地獄の一人週末営業も確定。

息子よ。
お前も頑張ってるけど父も影で頑張ってるんだぜ。

演奏が終わり親の元に帰ってくるとただの可愛い子供なのですが、
もうステージの上では別人のように凛々しい彼。
今日だけはお前の好きなサーモンを好きなだけ食わしてやろうではないか。

本当におめでとう!

[広告] VPS


これが大分県を制した 3代目 源流少年隊の演奏だ!
真ん中の右側がゐなせです。

湯布院カントリーロードユースホステル  

雨の福万山

PA160241_convert_20171016144614.jpg

先日お泊りのお客様が山登り初めだったらしく電話で質問の嵐でした。
それに全てお答えしてようやく来られた日が生憎の雨。
万全の装備で来られたその方が
「雨ならもちろん山は無理ですよね~」
と当たり前のように言われたので、

「四季折々の良さが山にはあるように雨の日にしか味わえない山もあるんですよ。
 ようは心がけ次第!どんな山も愛してください!」

と半ば強引におススメした僕。
(結局行かれなかったのですが)

そしていつもの山曜日の月曜、本日は朝から雨だ・・・。
しかし・・・。
自分であぁ言った以上まさか行かないわけにはいくまい。

最近毎朝来週の駅伝の早朝練習の為に早出の娘を中学校に送った6時40分。
そのままの勢いで出発だ!

といっても山は近場の福万山でお許しください。

PA160249_convert_20171016144708.jpg

この山の登り口付近がが必ず悲劇を引き起こすツルッツルの土壌。
転ばない方がおかしい設定に僕もおとなしく転んどきました。
ここはマジで危険です。

そのツルツル地帯を抜けると落ち葉がキレイな森の中へ。
もうすっかり秋ですね~。

PA160244_convert_20171016144629.jpg

全身ずぶ濡れになると気分は一気に高まってきます。
人間何かを守ろうとしている時が一番弱いような気がします。
何も守らなくて良くなった時の開放感は尋常じゃないですよ。

森はしっかりと水分を貰い緑はいつもよりも生き生きと映えてきます。
この静寂と深い緑のコラボが雨の日の登山の醍醐味ですね。

PA160248_convert_20171016144657.jpg

森林地帯を抜けると最後は開けた山の稜線をひたすら歩く。
本来ならこのコースはここから一気に両側に視界が開け天空の散歩道となるのですが、
本日は当然視界ゼロ。
しかも風も強い!

それでも耳から聞こえる音楽にノリノリになりながら45分で山頂を極める。
いつもながら登山後は気分スッキリです。
またこれで今週も頑張れそうです。
といっても今週は人入ってないんですよね。

まぁ溜った事務仕事や館内掃除に全力を傾けましょう!
しかし芯から冷え切った身体。
風邪引かないようにしないとねー。

湯布院カントリーロードユースホステル  

サラバ ホッシ~!

22550872_1336904653104669_754265109_o_convert_20171016144552.jpg

長年一緒にフットサルをやってきた ☆(ほっしー)がついに湯布院を去ることに。
新しく人が入ってきては去っていくというサイクルを繰り返すこの町で、
もうかなり長い間主力としてチームを引っ張っていってくれた彼も、
新たな世界へと旅立っていきます。

そんな彼を見送るのはやっぱり最後もフットサルでしょ!
その類まれなサッカーセンスと誰とでも打ち解ける性格ゆえに、
いろんなチームに係わってきた☆を慕って昨夜も沢山のフットサラーが集まってくれました。

最近は旅立ちの準備で中々一緒にプレーできなかった彼とも、
この夜はみんな2時間みっちりと最後の時間を堪能しました。

22560935_1336904659771335_1785338059_o_convert_20171016144603.jpg

ほぼ休みなく1時間半行われたフットサルでみんなフラフラ。
でも最後の最後まで股を抜きに来る☆のプレーは憎らしいが上手い。

最後にメッセージ入りのボールを手渡して終了。
この日みんなが来ているこのTシャツはこの夜の為だけに作られた、
オリジナルお別れTシャツなんですよ!
果たして今後の使い道は・・・。

この夜の大会の召集及びTシャツの作製・そしてジュースの差し入れまでしてくれた
SへいAきちゃん夫婦にも大いなる感謝です!

22523752_1336904646438003_2042807391_n_convert_20171016144538.jpg

生まれ育った鹿児島に帰るという☆ですが、
湯布院 ⇔ 鹿児島 って車で4時間くらいっしょ。
いつでも戻って来れるね。

この抱かれている逞しい赤ちゃんは彼の隠し子の可能性もあるそうです・・・。
また新しい世界でも良い挑戦とフットサルを続けていってくれよ!

今まで本当に有難う!
(フットサルメンバー一同より)

湯布院カントリーロードユースホステル  

お気に入り追加

B612_20171013_115946_convert_20171014232707.jpg

何かしらの流れが来ている由布院。
絶え間なく続くお客様に感謝しながらもどこかで抜かないといけない人疲れのガス。

抜くなら昼間の一時の時間しかない!
僅かな時間に今回選んだのが湯布院から車で15分。
やまなみハイウェイ沿いから入り込んだ山の中にある 蕎麦処「ゆふそら」です。

3年くらい前にオープンしたこの店。
もちろんチェック済みだったのですが過去に2回来て2回とも閉まっていたため、
すっかりと印象が悪くなりその後は来たことがなかったのです。

B612_20171013_112624_convert_20171014232726.jpg

しかしFacebookにてある人が「すっごい良かった!」と書きこんでいるのを、
ずっと前に見たのを思い出し今回改めてチャレンジすることにしました。

細いダートを走り辿り着いたお店は・・・、
ついに開いてたっ!

周りにはほとんど何もなくポツンと建つ建物にはオシャレな車や椅子が並んでいます。
中々雰囲気はいいですね。

食べ物ってその味以外にも周りの環境によって満足度が大きく変わりますよね。
その点ではここはいきなり大きなアドバンテージがあるといえるでしょう。

B612_20171013_114444_convert_20171014232536.jpg

そしてここの売りの蕎麦のガレットを注文。
う、旨し!

更に販売しているパンを買うとオーブンで温めて出してくれるんですが、
これまた超絶旨し!

あまりパンに感動することはないんですがここのパンは心底美味しかったです。
思わずお持ち帰り用も買ってしまう位に。
料理が出てくるタイミングもとても早く、
いつも時間に追われている僕達にもぴったり。

B612_20171013_113226_convert_20171014232917.jpg

でもここの一番の売りはこの由布岳と由布院を一望できるこの眺望なんですよね。
いつもとは違う角度で山を眺める。

気に入ってしまいました。
相当良かったです。
来るのが遅すぎた・・・、と今まで来なかった過去を悔や程に。

ガレットもパンもサクサクです。
ここは間違いなく僕たちの通うであろうお店リストに記入され、
自信を持ってお奨めできます。

今度は蕎麦も試さねば。

蕎麦喫茶 「ゆふそら」
ぜひ行ってみて下さ~い!

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫