リベンジ 万年山!

DSCN4528_convert_20170529155135.jpg

まさかの山開きの日とぴったりと被ってしまい、
そのあまりの人の多さに行くことを断念した昨日のミヤマキリシマツアー。

代わりに行った鞍ヶ戸も素晴らしい登山だったのですが、
山開きの受付のお姉さん同士が話していたセリフが頭から離れない。

「こんなに人が多いの初めてよね、やっぱり今年のミヤマキリシマ例年になくキレイに咲いてるからかな・・・」

そうなんすっか・・・。
そんなにすごいんっすか。

それを聞いちゃーじっとしてられない。
朝一からバイクをブッ飛ばし再びこの場所に帰ってきました。
前日の人の群れに比べると少ないですがそれでも9時の時点で既に駐車場は満車。

昨日の借りを返しに来たぜ、万年山!
(僕もいつでも景色と同化できるよう一応ミヤマキリシマカラーできめてきました)

DSCN4531_convert_20170529155155.jpg

和気あいあいと歩くオジサマオバサマの列を抜きまくり、
1人だけこの平和な場に不釣り合いな戦闘モードの男が林道を駆け抜けます。
そしてついに目の前に広がるのは待望のミヤマキリシマのお花畑のご登場~。

す、すばらしー。
まさに今が満開です。
見渡す限りピンク一色。

DSCN4532_convert_20170529155214.jpg

左を見ても、
ドコォーンッ!!とミヤマキリシマ!!

DSCN4534_convert_20170529155319.jpg

右を見ても、
ドガァーンッ!!とミヤマキリシマ!!

DSCN4537_convert_20170529155233.jpg

正面にも、
コレデモカァッ!!とミヤマキリシマ!!

噂に違わぬ咲きっぷり。
さすがにすごかったですね今年の万年山。

いやー、力いっぱい楽しませてもらいました。
あざーーっす。

DSCN4538_convert_20170529155244.jpg

そして最後はお花畑から山頂まで駆け抜けゴール。

この山標高差はほとんどないのですが山頂とお花畑がかなり離れています。
そこで問題になるのがどっち周りで行く方が良いかということですが、
僕のおススメは逆時計回りです。

最初にお花畑に向かい、その後山頂を目指すルート。
なにせ入り口から山頂まではすぐなのですがお花畑だけが遠いのがこの山の特徴。
山頂 ⇒ お花畑 と行ってしまうと最後は目標のない登りをダラダラと歩かねばなりません。
逆に お花畑 ⇒ 山頂 と行くと やり切った山頂からはあとは少し歩いて下ればゴールとなります。

まぁ参考までに。

DSCN4539_convert_20170529155257.jpg

そして最後は満足感溢れる中で帰るだけなのですが、
ここでアクシデント発生・・・。
中々普通には終われない人生。

なんとバイクのエンジンがかからなくなったのです。
ミヤマキリシマに目移りしたことに対する嫉妬か・・・?

汗だくになりながら下りを利用して押し掛けでなんとかエンジンをかける。
その後も気を抜くと消えそうになるエンジンを無暗に吹かしまくりながら、
恐る恐ると慎重に国道を走ります。

今日信号の度にヤンキーの様にブイブイいわせていたバイクを見かけた人。
犯人はこの僕です。

そしてなんとか由布院に帰りつきそのまま直行でバイク屋さんへ。
ふー何はともあれ無事に帰れてよかった・・・。
あとはメカニックの腕に任せるだけです。

どうかまた元気な姿で帰って来てくれよ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

ミヤマキリシマツアー 2017

DSCN4497_convert_20170528215915.jpg

今年もこの時期だけ山をピンク一色に染め上げるミヤマキリシマのシーズン到来です。
今回ユースホステルのツアーで目指したのは隣町にある玖珠の万年山。
これで「はねやま」と読みます。

有名どころの九重連山や由布岳と違い普段はほとんど人が登らない山です。
しかしここにキレイなお花畑があるんですよねー。
きっと皆そんな事ほとんど知らないっしょ。
こっそりと満開のお花を貸し切りかぁ~。

なんていう激甘の考えは山の入り口に立つ警備のおっちゃんによって木端微塵に砕かれる!

「今日は山開きの日なので街中の大駐車場にしか車停められないよ。そこからバスで来てね」

ま、まさか山開きの日と被るとは・・・。
リサーチしてなさすぎだ。
若干不安な気持ちになりながら再び玖珠の街中の川沿い大駐車場に行ってみると、
そこには我が目を疑うほどにびっしりと並んだ車が。

更にはバスを待つ大量の人の列。
なんてこった・・・。

それでもなんとか長い長い列の最後尾に並びながら話を聞いてみると、
大体バスが来るのが30分毎。
今の状況ならあと3台目まで待たないといけない。
更にはここから登山口までもバスで40分くらい。

ちょっと待って下さいよ。すると登山開始まで2時間以上かかるってことっすか??
しかもそれが往復分。

いかん。こんなことに4時間も時間をかけては絶対にいかーんっ!
今回はわざわざこのミヤマキリシマの為に福岡・熊本・兵庫・大阪・台湾からメンバー達が来てくれています。
しかしなんとか状況を説明しこの澄み渡る晴れた一日をより有効に活用するために、
あえて万年山は諦めることにしました。

後ろ髪をビンビン引かれながら駐車場を去る。
サラバ!万年山よ。

DSCN4499_convert_20170528215903.jpg

そして再び30分車を走らせて戻ってきた湯布院。
こうなったら僕のとっておきの穴場に案内してなんとか皆に満足してもらうしかない!

代替え地として選ばれたのは鶴見連山の一角を占める鞍ヶ戸の西面にあるお花畑。
出発地点は鶴見岳の西登山口です。

今回は総勢 16名の大所帯。
すでに時間は11時30分を回っています。
何にもしていないのにまずはランチからスタート!

しっかり食べてさー行くぞ!

DSCN4509_convert_20170528215938.jpg

今回目指す鞍ヶ戸というのは去年の大震災で山の東部分が完全に崩落してしまった山です。
なので今までは鶴見岳から稜線を辿って縦走できたルートが完全に崩れてしまい、
今では山の中腹を通る船底新道という道を使ってぐるっと回り込まないともうこの山の頂上には行けないのです。

しかしこの山の西側には実に見事なお花畑が広がっています。
これを目指してみんなで必死に歩くぞ!
ただし途中何カ所も上から流れ落ちてきた土石によって道は完全に防がれており、
その上を慎重に崩れないように歩いていきます。

ちなみにこのルートはまだ正式には通行可の決断は下されていません。
由布市も別府市もどうしたらいいのか判断しきれずにいるのです。
ただ当然僕は震災後もきちんとルートが通れることを3回来て確認済みなので、
皆さんどうか安心してお進みください。

DSCN4525_convert_20170528215957.jpg

そして荒れたルートを歩く事2時間。
ついに待望のお花畑に到着です!
出迎えてくれたミヤマキリシマはまさに今が満開!
ウツクシ~。

頑張った甲斐がありましたね!
小ぶりの優しい花の絨毯にみんな大満足のご様子です。

DSCN4522_convert_20170528220010.jpg

ここのいいところはミヤマキリシマとそのバックに広がるこの別府の大パノラマです。
まさに今が一番の見頃の日曜日に登っているのは我々だけ。

万年山に行けなかったのは残念ですがもし行っていてもきっとものすごい人の嵐だったでしょう。
そう考えれば今日のこのギリギリでの予定変更は大成功だったとも言えますね。
いいように考えれば。

急な変更にも嫌な顔一つせずについてきてくれた参加者の皆様。
本当にありがとうございました!
「万年山なんてだれも行かないっしょ」
なんてとんでもない失礼な考えでした。
みんな余裕で知ってるんですね。

でもこれは言っても良さそうですよ。
「鞍ヶ戸にはだれも行かないっ!マジで」

比較的標高の低い山のミヤマキリシマのピークはもう終わりそうです。
そして来週はいよいよ人気No1の九重連山のピークが来そうです。
もちろん僕は行きませんよ。
人が多いの嫌いなので。

ただまだ一回も行ってないという人は、
例えそれがどんなにとんでもない人出に巻き込まれようとも。
ぜひ一度は行ってみて下さい。特に平治岳。

あのピンクの世界は感動ものですよー!

湯布院カントリーロードユースホステル  

ニス塗り 2017年

DSC_0041_convert_20170524220455.jpg

この1年間 沢山訪れてくれたお客様を黙ってしっかりと支え続けてくれた床達へ。
踏まれ、汚され、傷つけられても、
いつでもキラッと輝いてくれてありがとう。

ありったけの感謝をこめて、
今年もたっぷりの艶ありニスを塗り込ませて頂きます!

どうかまた新たな光をまとったシャイニングロードへと生まれ変わって下さい。

今年の予定日数は2日間。
スッキリ晴れて乾燥した空もこの作業を大いに応援してくれてます。

DSC_0035_convert_20170524220437.jpg

今年のメンバーは僕達夫婦と、
風邪気味のカナダ人 クリシー。
大雑把なデンマーク人 ジャイス。
手を怪我して不自由なフランス人 アリ。

若干不安なメンバー達ですが黙々黙々と塗り続け、
無事に任務を完遂することができました~。

DSCN4486_convert_20170524220510.jpg

今年も天井の電燈さえも写し込む鏡の様な床をご覧ください。
まだ少しニス特有の匂いが気になりますがどこもかしこもピカピカして気持ちいいですよ。

DSCN4487_convert_20170524220521.jpg

これでまた1年間は大切なユースホステルを守っていってくれるでしょう。
大切な床のケアが終わった後は、
僕の腰のケアが必要ですね・・・・。

ひたすらしゃがみながら塗るので本当に腰が痛い。
なにせ集中しだすと他の事は全く入ってこない性格なもので。

しかし年に一度の大仕事が終わりほっとしています。
今年も協力してくれたみんな、ありがとうね~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

奥さん イカレタように由布岳へ

DSCN4489_convert_20170523152345.jpg

いよいよ本日朝を持って無事に2017年の全館床ニス塗りが終了しました~。
朝から最後に家具を動かし、
もう一度掃除し直してようやくいつものユースホステルが戻ってきました。

しかし朝の掃除開始が8時45分から。
その前の僅かな時間に奥さんが走りに行った。
「今日走れないかもしれないから先走っとくわ」
確かにそう言った。

そして掃除終了後意外に早く掃除が終わったので僕が、
「オレ今日ちょっと由布岳行ってくる」
と告げたところ
「えっ?今日行くの?じゃーあたしも行く」

おいおい、ちょっと待ちたまえ。
お前朝もう8km走ったやろ。
しかも数日前に憑りつかれた様にすでに由布岳に登りに行ったではないか。

そんなことは彼女の理屈には一切通らないらしい。
行きたい時に行きたいとこに行く。
素晴らしい生き方です。

更に僕は1時間ほど一人で筋トレしてから登り出したのですが、
その間時間があるということで数ある登山ルートの中でも最難関の西登山口から彼女はスタート。
もはや正気ではない。

僕はおとなしく王道の正面登山口から歩き出します。

DSCN4491_convert_20170523152358.jpg

途中で見かけたミヤマキリシマ。
由布岳自体ミヤマキリシマの株はほとんどありません。
なので見事なピンクの絨毯とはまったくいかないのですが、
途中にチラホラ色づくピンク色はそれなりにキレイです。

ちなみに今で5分咲きくらいかな。
恐らく今週末位にピークが来そうです。

DSCN4493_convert_20170523152411.jpg

今日も駆け上る事43分。
頂上手前の分岐点 マタエにてここに住み着く山頂モンスターのメスをゲット!
ほんとお前元気やね。

もう由布岳くらいじゃー彼女にとって
「ちょっとコンビニに買い物行ってくる」的な感覚かもしれません。

DSCN4494_convert_20170523152423.jpg

先に下りだした彼女と別れ僕は一人最後の岩場を登り切り東のピークをゲット!
今日のタイム49分。
まぁ50分切ったのでいいでしょう。

実は今日少しだけ頑張ってみたりしたのです。
それは数日前に奥さんが一人でこの由布岳に登っている時。
上から下りてくる超速い男性に出会ったそうです。

その時彼女がその方に尋ねた頂上までの所要時間はなんと・・・、
驚愕の 40分。

これはマジでとんでもない数字ですよ。
こんなタイム聞いたことない。
そもそも1時間を切ったという人ともほとんどあったことはないです。
由布岳を散々登り込んでる僕がいつも50分前後の間で数秒縮めるために魂削って登っているのですが、
40分ってもはや神の領域!

もちろん世の中には超人はたくさんいて、
僕よりもずっと早い人は無限にいることは分かっているのですが、
奥さんの話ではその方は年齢も僕たちと同じくらいらしい。

その話を聞いてから無性に燃え上がっていた心の火。
そして迎えた今日ちょっと本気で挑戦してみたのですがやはりタイムはいつも通りでした。
そう、これが僕の限界値。

これから落ち続けていく体力の中でせめてこの50分前後のタイムの維持だけはこだわっていきましょう。

今日も平日なのにたくさんの人が登っていました。
愛される山由布岳。
ただもしミヤマキリシマを目的に登られるのなら隣の鶴見岳の方がおすすでーす。

湯布院カントリーロードユースホステル  

海へ でもまだ5月

DSCN4469_convert_20170522214854.jpg

今日も朝からひたすら館内のニスを塗り続ける我ら。
黙々と塗って塗って塗りたくった結果。
ついにこの時を迎える!

ニス塗りしゅーりょー。

ついに塗り切った2日間。
しかしこの仕事は塗り終わった時が終わりの時ではないのです。
乾き切ってすべてを元に戻してようやく日常が帰ってくるのです。

足の踏み場すらないので必然的に乾くまでの間どっかに行くしかありません。
この青空の中行くのはやっぱりココだ!
勝手に第2の故郷位に感じてる国東のお気に入りのビーチに行ってきました。

DSCN4467_convert_20170522215141.jpg

青い空と照りつける太陽と広がる海。
まさに「夏」と呼ぶことに微塵の戸惑いも感じないこのシチュエーション。
しかし忘れるなかれ。
今がまだ5月だという揺るぎなき事実を!

そうなのです。
やはり5月の海は寒かった・・・。
それでも気合いで30分潜りまくり震える指で今年初のお恵みをなんとか頂きました。
あざーっす!

しかし寒すぎて調理する手の震えも止まらないほどでした。
しかし相変わらずオーシャンキッチン最高に美味っすね!

ちなみに初体験ながら果敢に40分ほど海に挑みまったカナダ人 クリシー。
そして自信満々で釣竿を抱えて堤防へと消えていったデンマーク人 ジャイル。
ベジタリアンなので最初からなんの興味もなくひたすら散歩してたフランス人 アリ。
全員釣果なしでした・・・。
頼むよほんと。

DSC08729_convert_20170522215128.jpg

そんな誰もいない貸切の海を存分に楽しんだ我らですが、
今夜もまだ休館日なのでまったく帰る時間を気にしなくてもいいこの自由感がたまらん!

またここには何度か帰ってくるよ。
どうかよろしくね~。

DSCN4470_convert_20170522215202.jpg

帰りは空港近くのケーキ屋さん ニコラでカフェターイム。
かなり不便な場所にあるのですがここのケーキ美味しいんですよ。

ちなみに看板を見てフランス人が経営していると勘違いして興奮した、
フランス人のアリが大喜びで入ってきたのですが、
店員が100%国産の日本人だったことにショックを受けて、
結局ケーキは食べずに車内で待ってました。
(ニコラってフランスの人の名前らしい)

DSCN4475_convert_20170522215217.jpg

続いて最近とてもお気に入りの日出町にある「石ころたちの動物園」へ。
石本来の形を活かして精密に描かれた可愛らしい動物達見て、
外国人軍団大喜び!

もう3回目の来園ですがいつ来てもここいいんですよ。
子供連れの家族でもカップルでも1人でも楽しめます。
くれぐれもおススメです!

DSCN4476_convert_20170522215229.jpg

そして日出町がどうも新たな観光資源として力を入れている感が半端なく感じられる、
人間魚雷 「回天」の実物大模型を見学。

結局特攻直前に終戦が決まり使われることはなかったのですが、
その背景や日本人特有の自己犠牲の精神にこれまた外人軍団大感心。

DSCN4482_convert_20170522215240.jpg

最後は別府の湯けむり展望台から夕刻の夜景を眺める。
至る所から吹き上がる噴煙におったまげる。
確かにこんな風景別府以外にないですよ。
このスチームシーンに外人軍団大感激!

フルコースで大分県東部を連れ回し、
ようやく夜になりました。
もうこれでニスは乾いただろう。

あーやっと帰れる。
残す所やるべきことは最後の家具戻しと掃除だけ。
また明日からは営業開始です。
床ピッカピカに輝いてますよ。

短いスカートのお客様はどうか鏡の様な足元には十分にお気をつけてお越しください。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫